FC2ブログ
ファンタジア文庫『世話好きで可愛いJK3姉妹だったら、おうちで甘えてもいいですか?』11/20発売!
JK文庫『異世界からJK転生した元妹が、超グイグイくる。』11/30発売!
JUMP j BOOKS『ぼくたちは勉強ができない 未体験の時間割』12/4発売!

スクウェア・エニックスノベルス『スタンプ・デッド』1~5巻&コミック版、『太陽で台風』1・2巻発売中!
ガンガンノベルズ『魔法少女アーヤ☆アミー』発売中!
徳間デュアル文庫『魔王さんちの勇者さま』1~4巻発売中!
徳間文庫『欠陥妖怪住宅』、『パラレル家族計画』発売中!
ぽにきゃんBOOKSライトノベルシリーズ『ブチ切れ勇者の世界征服』1~2巻発売中!
HJ文庫『カンスト勇者の超魔教導』1~3巻発売中!
ファンタジア文庫『お助けキャラに彼女がいるわけないじゃないですか』1~3巻発売中!
JUMP j BOOKS『ぼくたちは勉強ができない 非日常の例題集』発売中!

受賞歴:
2004年、第1回スクウェア・エニックス小説大賞『入選』
2008年、第5回トクマ・ノベルズEdge新人賞『徳間デュアル文庫特別賞』
2017年、第11回HJ文庫大賞『銀賞』
2017年、ジャンプ小説新人賞’16 Winter 小説フリー部門『銀賞』
2017年、第30回ファンタジア大賞 『金賞』

«  | ホーム |  »

彼女がフラグをおられたら 少し疲れたわ…次の夏休みまで眠らせてもらうね…

どうも、はむばねです。
感想記事が続きますが、まぁつまりそういうことです。
これから、またサイゼでラストスパートや!
というわけで、サクッと感想いきましょう。

ネタバレ要素は、そんなにないはず……と思ったけど、ラスト付近でサラッと重要なネタバレしてたので一応ご注意を。



あらすじはAmazonより抜粋。
>『栄光の神竜兵団』を率いて、故国を「天界」~異世界の侵略者から奪還したブレードフィールド公国王子・旗立颯太。
>国を挙げての祝祭が続く傍ら、再び現れたサクラメントの導きにより、自らの封印された過去と対面する。
>解き明かされる出生の秘密、“仮想世界”で颯太を学園へ誘った男の思い~あの日自らを縛った運命の真実とは!?
>そして旧世界以来の強敵ギルガメスと剣を交えた颯太は、運命を自在に操る“神竜”の能力に完全覚醒する。
>しかしその戦いは、来たるべき真の最終決戦への序章に過ぎなかった…
>「この世界には守りたい人達がいるんだ」
>愛すべき人たちの住まう世界を守り抜くため、颯太が選んだ危険な手段とは!?
>怒涛の夏休み編第15巻!

前巻の感想はこちら

案の定というべきか、前回の引きから考えると割とゆるふわで始まったな……。
とはいえ流石にか、早々にシリアスに入りましたが。
シリアス……? うーん……まぁ、シリアス(当社比)。

いやー、しかし。
これは、思ったよりも豪快な『解答編』でしたねー。
この巻で、ほぼ全ての伏線を回収しに来た感じ?
起こってることは一部悲劇的ながらも、未来に繋がる感じであり、かつ一緒に来ているガールズがゆるふわな感じなのでバランスが取れてますね。
ほんで、全てが繋がった時にはゾワッとした感覚が。
あーそうかー、全てはそこに繋がってたのかー、と。
これは、これまで積み重ねてきたものがあってこそですねー。
颯太くんにとって救いの始まりとなった存在は、本当に颯太くんにとって……な人だったんだなと。
そして、……な人も颯太くんがいたからこそそこに至れたわけで。
回る因果的なものを感じましたね。

んでんでんで。
まおん(シャルロット)VSジュジュライト卿とかは、因縁の対決もう一度という感じ?
というかあれ(東京皇帝)、やっぱ並行世界的なアレでの話なのか?
そういう意味じゃ、あの時絶望的な敵として立ちはだかったまおんさんが今回は味方というのはかなり熱い展開ですよね。
ただこれ、東京皇帝呼んでない人はポカンやろ……。
いあやまぁ、さらっと地の文で流されてるしそういうもんって受け入れるだけかな。
たぶん、私も他の部分についてはそうやしな。
ちゅーか、やっぱ味方サイド強すぎ説ですよね……。
絶対存在2人(+半覚醒1)は無体すぎんよ……。

んでんでんで(2回目)。
一時の休息的なものも挟みつつ。
いや、マジで怒涛の解答編だな!?
ちょっと休憩挟んだらはい次の解答、って感じじゃないですか!
果たしてこれは竹井10日先生が好き放題やった結果なのか、ぶっちゃけ早期に畳まなければならない必要性が生じたからなのか……。

閑話休題。
いやー、しかしなんと申しますか。
竹井10日先生は、(少し悪い言い方になりますが)ポッと出のキャラを速攻で重要人物に仕立てる術が本当に鮮やかですよね。
ギルさんとか、一応名前は出てたけど本格的に出てきたのこの巻からじゃないですか。
なのに、この巻が終わる頃には一番の相棒感すら出てますもんね。
実力を鑑みても、この人しかない、みたいな。
まぁ、ここで下手に女性陣連れてってても流石にアレですしね……。

ともあれ。
次々に謎が解き明かされる快感アリ、相変わらずのゆるふわアリ。
いよいよ終盤に向かっていく感じがワクワクする、怒涛の15巻でございました。
スポンサーサイト



«  | ホーム |  »

プロフィール

hamubane

Author:hamubane

たぶんライトノベル作家的なもの


Twitter

既刊情報

最新コメント

最新記事

カレンダー

06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月別アーカイブ

カテゴリ

ジャンルランキング

[ジャンルランキング]
日記
68位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
27位
サブジャンルランキングを見る>>

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR