FC2ブログ
スクウェア・エニックスノベルス『スタンプ・デッド』1~5巻&コミック版、『太陽で台風』1・2巻発売中!
ガンガンノベルズ『魔法少女アーヤ☆アミー』発売中!
徳間デュアル文庫『魔王さんちの勇者さま』1~4巻発売中!
徳間文庫『欠陥妖怪住宅』、『パラレル家族計画』発売中!
ぽにきゃんBOOKSライトノベルシリーズ『ブチ切れ勇者の世界征服』1~2巻発売中!
HJ文庫『カンスト勇者の超魔教導』1~3巻発売中!
ファンタジア文庫『お助けキャラに彼女がいるわけないじゃないですか』1~3巻発売中!
JUMP j BOOKS『ぼくたちは勉強ができない 非日常の例題集』発売中!

受賞歴:
2004年、第1回スクウェア・エニックス小説大賞『入選』
2008年、第5回トクマ・ノベルズEdge新人賞『徳間デュアル文庫特別賞』
2017年、第11回HJ文庫大賞『銀賞』
2017年、ジャンプ小説新人賞’16 Winter 小説フリー部門『銀賞』
2017年、第30回ファンタジア大賞 『金賞』

«  | ホーム |  »

彼女がフラグをおられたら 冥土の土産よ、最期に卒業式のことを教えてあげるわ

どうも、はむばねです。
予約更新です。
この記事が更新される頃にはとっくに音信不通となっていると思います。
もしお電話等いただいておりましたら、ご対応出来ず申し訳ございませんでした。
まぁ、そんな謝罪をここに書いたところでという感じではありますが。
結局徹夜になってしまったので、流石に早めに落ちさせていただいたのでした……。

そんなこんなで、感想です。
結構序盤から重要なネタバレを連発しているのでご注意を。



あらすじはAmazonより抜粋。
>破滅へのカウントダウンから世界を救うべく、元凶たる“グリモワール”内の仮想世界へとダイヴした颯太と親友ギルガメス。
>孤独な戦いの果てに颯太が辿り着いたのは“第83462仮想世界”―死亡フラグに怯える自分を癒やしてくれた少女達と過ごした、あの懐かしい場所だった。
>心ならずも去った日々が再び始まり、順調に時は過ぎてゆく…
>進級、出会いと別れ、後輩の登場―喪われたはずの毎日が颯太を満たすにつれ、次第に颯太は“現実世界”に生還する意欲を失っていく…
>この仮想世界には「彼女」がいないのに、だ!!
>そして迎えた卒業式当日、颯太に巻き起こった驚愕の出来事とは…!?
>史上最高最大のクライマックス、シリーズ最終第16巻!

前巻の感想はこちら

表紙、菜波さんなのか……というのが、まず最初の印象でしたね。
まるでメインヒロインのようなじゃねぇか!
いやメインヒロインだよ!?
……メインヒロインだよ?

ま、まぁ菜波さん問題はともかくとして……。
お菊ねぇは、本当にもう駄目だな……w
なんというか、ポンコツとかそういうのを通り過ぎて一周回って『格』すら感じるぜ……。
あと『格』といえば、ギルさんはポンコツの洗礼を浴びつつも圧倒的強者の余裕がそれすらも『格』に感じられるのが流石ですね……。

閑話休題。
いやしかし、もう一度『あの』旗ヶ谷に戻ってくるという展開は超胸熱でした。
これは完全に予想してませんでしたね。
でも考えてみれば、確かにこの世界のことはある意味で放りっぱで帰ってきちゃったわけですもんね……。
あぁ、そういえば『この』世界の彼女たちはこんな風だったなぁ……と、非常に懐かしい気持ちになりました。
現実に帰ってきた当初はそっちが違和感でしたが、こっちに戻ってきたらきたでこっちにまた違和感を覚えるというのも不思議な気持ちです。

しかし、ここに来てせりきゃん全面推しとはな……!
せりきゃん好きとしては、大歓迎やで!
まぁぶっちゃけ、結末が見えているからこその儚さはありましたけどね……。
しかし実際訪れたそれは想像していたよりもずっと優しいもので、『優しさ』が1巻からずっとキーになっているこの物語らしいなぁと思いました。

からの、茜さんですか……。
このままリレー形式で行くのかと思いきや、茜さんで終了なんですね。
実質のメインヒロインということか。
実質のメインヒロイン言うなや、実質じゃないメインヒロインがいるみたいじゃねーか(棒)。

再び閑話休題。
世界有数の強力な面子の力を受け取った『普通の少女』たちこそが救いとなる、という展開も熱かったです。
これ、『普通の少女j』要素だけでも熱いんですけど、前提としてこれまで培ってきた強者たちとの絆があってこそっていうのが更に熱い要素なんですよね。
なお、黄道器にも『少女』認定された恵よ。
誰よりも可愛いからね、仕方ないね。
そして、『普通の』少女認定された鳴さんよ。
言うて諜報部員だからね、仕方ないね。
ていうかもう、後半判定ガバガバでワロタwww

ともあれ。
なんというか、学園と厨ニワールドと力技で合わせて終わらせた最終巻って感じでしたね。
なんだかんだ、最後まで『フラグ』という形がキーになるのも良かったです。
また、颯太くんが学んできた『優しさで殴りつける』というのが最終回答となるのも。
最後の最後まで、非常にこの作品らしいラストだったと思います。
菜波さんが果たしてメインヒロインなのかという疑惑を持ち越したままという点も含めて。
いやちゃんとラストカットは飾っただろ、いい加減にしろ!
スポンサーサイト



«  | ホーム |  »

プロフィール

hamubane

Author:hamubane

たぶんライトノベル作家的なもの


Twitter

既刊情報

最新コメント

最新記事

カレンダー

06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月別アーカイブ

カテゴリ

ジャンルランキング

[ジャンルランキング]
日記
204位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
84位
サブジャンルランキングを見る>>

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR