FC2ブログ
ファンタジア文庫『世話好きで可愛いJK3姉妹だったら、おうちで甘えてもいいですか?』11/20発売!
JK文庫『異世界からJK転生した元妹が、超グイグイくる。』11/30発売!
JUMP j BOOKS『ぼくたちは勉強ができない 未体験の時間割』12/4発売!

スクウェア・エニックスノベルス『スタンプ・デッド』1~5巻&コミック版、『太陽で台風』1・2巻発売中!
ガンガンノベルズ『魔法少女アーヤ☆アミー』発売中!
徳間デュアル文庫『魔王さんちの勇者さま』1~4巻発売中!
徳間文庫『欠陥妖怪住宅』、『パラレル家族計画』発売中!
ぽにきゃんBOOKSライトノベルシリーズ『ブチ切れ勇者の世界征服』1~2巻発売中!
HJ文庫『カンスト勇者の超魔教導』1~3巻発売中!
ファンタジア文庫『お助けキャラに彼女がいるわけないじゃないですか』1~3巻発売中!
JUMP j BOOKS『ぼくたちは勉強ができない 非日常の例題集』発売中!

受賞歴:
2004年、第1回スクウェア・エニックス小説大賞『入選』
2008年、第5回トクマ・ノベルズEdge新人賞『徳間デュアル文庫特別賞』
2017年、第11回HJ文庫大賞『銀賞』
2017年、ジャンプ小説新人賞’16 Winter 小説フリー部門『銀賞』
2017年、第30回ファンタジア大賞 『金賞』

«  | ホーム |  »

魔王様の街づくり!~最強のダンジョンは近代都市~

どうも、はむばねです。
不眠! 感想! 以上!

……ってね。
そろそろ、このくらいの説明(?)で大体のことは伝わるのではないでしょうか。
伝わると思って、今日はもうこのまま感想に入ろうと思います。

というわけで、感想です。
割と隅から隅までネタバレしてるのでご注意を。


魔王様の街づくり!~最強のダンジョンは近代都市~

異世界転生……と見せかけた、異世界現地モノ。
途中で転生じゃないことが明かされたのは、個人的にちょっと意外だったポイントではあります。
まぁ、実質的に記憶がない(知識はある)異世界転移モノと見做してもよい気はしますが。
ダンジョンを近代都市化していく魔王様が、なんだかんだで他の魔王と覇を争う感じのお話です。

んでんでんで。
生まれてから一年は、『親』魔王によるチュートリアル付きというなかなかの親切設計。
魔王様的にも、読者的にも。
限定的とはいえ、おこづかいまであるとか草w
ていうか、序盤はマジで怒涛のチュートリアルですね……。

ともあれ。
魔王様は、生まれつき属性というか能力的なものを持ってるわけなのですが。
プロケル様(主人公)の【創造】、チートすぎワロリンヌw
内部構造とか知ってなくても、存在さえ知ってれば作り出せるっていうね。
金策も無限に出来るし、ソフト入りのノーパソまで作り出せるとか、なんでもアリ感がすげぇ。
そして、それを見た瞬間に使いこなす【万物の担い手】さんもマジチート性能。
基本、スキルがあればなんでもござれ的な感じです。

にしても、生まれた時のランクによって永久に格差が生まれるというのはなかなかにアレですよねー。
ソシャゲやったらリセマラ必須やで。
そういう意味で、プロケル様の引きの強さは異常。
部下もSSR級揃い踏みですしね。
まぁ、配下の幼女たち血の気多すぎ問題は多少ありますがw

そして、(元)ワイトさんイケメンすぎ問題よ。
誓約の魔物から外れた時は「お、おぅ……」となりましたが、なんだったらそれ以上の存在になりましたね。
この、読者の期待に余すことなく応えてくれるところは流石。
とはいえ、ここまで色んな意味で中心人(?)物になるとまでは思ってませんでしたがw

魔物の皆さんが、妄信的に魔王様を信望するだけでなくちゃんと各々で状況を理解して自分に出来る最適な行動を取ろうとするとこもグッドですね。
ロロノさんのオリハルコンゴーレムのくだりとか、かなりグッときました。
その場で制裁するのではなく、ちゃんと魔王様の意図を汲んだ上でその意に沿った行動をしてるんですよね。
ていうか、戦力面におけるロロノさんの貢献度マジパねぇな。
本人の戦闘能力こそ他の誓約の魔物さんたちに劣るものの、実質主力オブ主力やんけ。
これは上手いバランス。

最強の魔王様方も、皆いいキャラしてます。
特にダンタリアン様が、なんか人間らしくて個人的には好き(魔王だけど)。
【刻】の魔王である彼が、最も過去を悔いているというのもなんとも皮肉なもので。
だからこそ未来を望みたいと思う気持ちがグッときます。
ちゅーか登場時にはミステリアスで格上感が凄かったダンタリアン勢が、こんな面白軍団になるとは思ってませんでしたねw
幼女強し。
でも、そんな面白軍団がクッソ強いというのがエモい。
ほんで、ダンタリアン様マジイケメン。
女性を一途に思いつつ彼女の選択を何よりも大切にする。
これはホンマえぇ男ですわー。
そして、お父様としても優秀。
しかし、その実どっちも全然割り切れてないところが笑うw

ストラス様もイケメン女性ですしねー。
己が決めた大切なことを、何より大切にするという。
ほんで、個人的には一番恋に情熱的なんじゃないかって印象。
なんかもう、この人がメインヒロインなんやない?
いや実際、メインヒロインポジ割とワンチャンある感じやで。
既に他にリードを許している状況ではありますが……。

閑話休題。
宗教のくだりは、割とガチ悪質でワロタw
これ、手口だけ見たらむしろこっちの方が邪教じゃねぇかw
まぁ、とはいえ、元々別に綺麗事だけで運営してるわけでもないですからね。
むしろ人間的にも、正しく管理されるならwin-winの関係(ユートピア感)。

しかし全体的に結構長いんですが、ダレることなく常に街の進化か戦争やってるところも良いですね。
ただ、ラストはちょっと駆け足気味だったかな? という気もしますが。
まぁ、そこもこの作品らしいっちゃこの作品らしい感じと言える。
第二部も構想中とのことで、第一部としてはちょいどよい区切りだったのではないでしょうか。
……とか書いてるうちに、第二部も始まってるっぽいですね。

総じて。
爆速で進んでいく街の発展、そして自軍の強化が心地よく。
それでいて常に緊張感が保たれ、ずっと続きが気になりワクワクする物語でございました。
スポンサーサイト



«  | ホーム |  »

プロフィール

hamubane

Author:hamubane

たぶんライトノベル作家的なもの


Twitter

既刊情報

最新コメント

最新記事

カレンダー

08 | 2018/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

月別アーカイブ

カテゴリ

ジャンルランキング

[ジャンルランキング]
日記
68位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
29位
サブジャンルランキングを見る>>

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR