FC2ブログ
スクウェア・エニックスノベルス『スタンプ・デッド』1~5巻&コミック版、『太陽で台風』1・2巻発売中!
ガンガンノベルズ『魔法少女アーヤ☆アミー』発売中!
徳間デュアル文庫『魔王さんちの勇者さま』1~4巻発売中!
徳間文庫『欠陥妖怪住宅』、『パラレル家族計画』発売中!
ぽにきゃんBOOKSライトノベルシリーズ『ブチ切れ勇者の世界征服』1~2巻発売中!
HJ文庫『カンスト勇者の超魔教導』1~3巻発売中!
ファンタジア文庫『お助けキャラに彼女がいるわけないじゃないですか』1~3巻発売中!
JUMP j BOOKS『ぼくたちは勉強ができない 非日常の例題集』発売中!

受賞歴:
2004年、第1回スクウェア・エニックス小説大賞『入選』
2008年、第5回トクマ・ノベルズEdge新人賞『徳間デュアル文庫特別賞』
2017年、第11回HJ文庫大賞『銀賞』
2017年、ジャンプ小説新人賞’16 Winter 小説フリー部門『銀賞』
2017年、第30回ファンタジア大賞 『金賞』

«  | ホーム |  »

オットー・フォン・ハイデッカーはゲーム脳。

どうも、はむばねです。
さぁ、過眠の翌日は不眠ですYO!
まぁ、めっちゃ寝たゆえに眠れなくなるというのはわからんでもない。
しかし、普段の起床~就寝までくらいの時間が経過しても眠れないのはどういうことなのか。
……と思ったけど、普段から眠れねぇのが平常運転やったな。

そんなこんなで、感想です。
一応、ラストのネタバレ要素が……なくもない、か……?


オットー・フォン・ハイデッカーはゲーム脳。

異世界転生モノ……かな? 一応。
転生先の人格と転生元の人格が混じり合ってるというか、転生先ベースの人格に転生元の記憶がある、という感じですが。
アドベンチャー魔法学園シュミレーションRPGゲームの悪役に転生したことに気付き、バッドエンドを防ぐために奔走する話……かと思ったら、そんなことはなかったぜ!
いやまぁ初期はそんな雰囲気もあるのですが、割と早期段階でオットー様(主人公)がやりたい放題にやる物語って感じになってた気がします。

んで。
パロネタ、ネットスラングありあり。
考えるな感じろタイプの、勢い重視の文章です。
VIPのSSとかに近いノリですね。
普通に顔文字入ってきたりもしますし。
だからこそ、私は好きだったんですが……正直、かなり好みは分かれると思います。
スラング多用にネタと更に誤字も混じって、めっちゃカオス。
仮にも作家としてこの物言いは本当にどうかとは思うのですが、ぶっちゃけ読み流す程度に読むのが正解かなーという印象です。
相当ポイント取ってるはずなのに書籍化してないっぽくて、なんでだろうなー……? と最初は思ってたんですが、読んでるうちに「まぁ、そうなるな」って気になってきました。
書籍化に値しないという意味ではなく、難易度的な意味で。
ネット小説の申し子というか、これを書籍で読める形にしようとすると割と根本から修正する必要があるのではなかろうか。
たぶんこのポイントでどっからも打診が来てないってことはないだろうし、作者さんの方から断ってるんじゃないですかね。

閑話休題。
科学系の知識については割とガチに思えますね。
化学系に医療系に天文系まで、幅広い知識が出てきます。
まぁ私はにわか理系なので、実際はどの程度の難度の知識なのかもよくわかっていないのですけれど。

しかし、知識無双かというと微妙にそうでもなく。
いや、半分くらいは知識無双なんですよ。
10歳くらいで心臓の難手術を成功させるとかゴッドハンドっぷりを発揮したりしてますし。
けど、もう半分は肉体(物理)無双ですね。

ちゅーか、物語開始早々からゴリゴリマッチョ路線でワロタw
知識チート有りとはいえ、純粋にここまで筋肉を鍛えるパティーンは珍しいですね。
魔法も、己の拳を破壊しながらの鍛錬と並行して行ってますし……いや、まぁ、効率的ですね(白目)。
ていうか、全体的に脳筋思考が凄いな!?
やってることの半分くらいはインテリ方面なはずなのに、どうしてこうなった……。

ほんで、入学早々に暴力でスクールカースト制圧しててワロタw
世紀末思考かよ!www
前世の知識が断片的……そしてやたら偏ってるからね、仕方ないね。
基本は貴族思考がベースやからな……平民を従えるのに躊躇がない。
ま、まぁでも、番長マインドではあるけど一応舎弟(?)には心を配ってるから……。

あと、ハーレムの増え方もマッハでワロタw
割と手当たり次第感よ。
と思っていたら、悪魔のせいだったのか……と思ったら、そんなこともなかったぜ!
い、一応相手は選んでるから多少はね……。

と、いう感じでね。
生徒を傘下に収めたり女性に手を出したり新商品開発して金儲けしたりで、学園生活を過ごすのがメインなわけですけども。
ラストは……「お、おぅ……おぅ……?」という感じ。
いや、うん、続編があるなら全然アリな終わり方だとは思うのですが……。
たぶんこれ、続編の気配ないですよね……。
一応、エピローグ的に伏線が回収されただけ綺麗な終わり方……なの、か……?
まーでも、徹頭徹尾オットー様がひたすらオットー様の世界でオットー様の力だけを使ってオットー様のために事を成すという意味ではこの作品らしいラストではあったのかもしれませんね。
下手に(元のゲーム的な意味での)主人公とか敵さんとかガッツリ登場させちゃうと、その辺の雰囲気がブレちゃうかもですしね。

というわけで、総じて。
総じて……えー………………総じづらい作品だな!?
と、ともあれ。
扱ってるネタとしては割と典型的な転生主人公無双モノではあるのですが、文体のせいもあって雰囲気は結構独特のもので。
オットー様のオットー様によるオットー様の物語、といった感じの怪作でございました。
スポンサーサイト



«  | ホーム |  »

プロフィール

hamubane

Author:hamubane

たぶんライトノベル作家的なもの


Twitter

既刊情報

最新コメント

最新記事

カレンダー

08 | 2018/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

月別アーカイブ

カテゴリ

ジャンルランキング

[ジャンルランキング]
日記
281位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
115位
サブジャンルランキングを見る>>

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR