FC2ブログ
ファンタジア文庫『世話好きで可愛いJK3姉妹だったら、おうちで甘えてもいいですか?』11/20発売!
JK文庫『異世界からJK転生した元妹が、超グイグイくる。』11/30発売!
JUMP j BOOKS『ぼくたちは勉強ができない 未体験の時間割』12/4発売!

スクウェア・エニックスノベルス『スタンプ・デッド』1~5巻&コミック版、『太陽で台風』1・2巻発売中!
ガンガンノベルズ『魔法少女アーヤ☆アミー』発売中!
徳間デュアル文庫『魔王さんちの勇者さま』1~4巻発売中!
徳間文庫『欠陥妖怪住宅』、『パラレル家族計画』発売中!
ぽにきゃんBOOKSライトノベルシリーズ『ブチ切れ勇者の世界征服』1~2巻発売中!
HJ文庫『カンスト勇者の超魔教導』1~3巻発売中!
ファンタジア文庫『お助けキャラに彼女がいるわけないじゃないですか』1~3巻発売中!
JUMP j BOOKS『ぼくたちは勉強ができない 非日常の例題集』発売中!

受賞歴:
2004年、第1回スクウェア・エニックス小説大賞『入選』
2008年、第5回トクマ・ノベルズEdge新人賞『徳間デュアル文庫特別賞』
2017年、第11回HJ文庫大賞『銀賞』
2017年、ジャンプ小説新人賞’16 Winter 小説フリー部門『銀賞』
2017年、第30回ファンタジア大賞 『金賞』

«  | ホーム |  »

異世界建国記

どうも、はむばねです。
さぁ、本を読む時間がなくなって参りました!
昨日の今日でこれである(白目
いやまぁ、削るとこ削れば読書の時間くらい捻出出来ると思うんですけどね……主に、艦これとか艦これとか艦これとか……。
とはいえあれば完全にながらでやってるもんなので、単純に削れば時間を回せるかというとそれも微妙なんですけどね。
ていうかむしろ、そろそろイベントも出撃せないかんですしね……。

まぁ、そんなこんなで感想です。
ネタバレはしてるけど、まぁそれを言うと目次ページのあらすじからして自らネタバレしてるようなもんだしな本作の場合……。


異世界建国記

異世界転生モノ。
ほぼドン底なスタートから、猛烈な勢いで成り上がる系です。

ちな、どのくらいドン底からのスタートかというといきなり飢餓状態で死にそうなところかスタートです。
人外転生でもないのにいきなりムカデ生食とは、なかなかハードなスタートやなw
背に腹は代えられないからね、仕方ないね。
その割に『不味い』程度で住んでいるのは転生前からハードだったということなのか。

ただ、スタートの状態こそドン底ですが環境的にはそこまで絶望的ってわけでもありません。
環境というか、運?
この世界で最初に出会った存在であるグリフォンさんが、割と普通にいい人(人じゃねーけど)なんですよね。
いやまぁ超常の存在ですし、ホントに『善人』というわけではないんですけども。
本人が言を借りると、「飢えた子犬が縋ってきたら拾う」程度にはいい人。
そんな感覚で主人公たちが拾われたわけですね。
ぶっちゃけ育てるのは主人公に丸投げ気味ではあるものの、ちゃんと(一応)庇護下には置いてくれるしなんだかんだ結構相談にも乗ってくれる。
最初に出会ったのがこの存在である辺り、確かに神は見捨ててなかったのかもしれませんね。
いやまぁ実のところ、普通にこの方がいわゆる『神』と呼ばれる存在の一つなんですが。
ありふれた魔物かと思ってたら、世界の存在に関わるレベルの大物でワロタw

閑話休題。
基本、偉い人が有能なのが個人的な好ポイントです。
ロサイス王さんなんかは立場的には完全に味方サイドではあるんですけど、決して無条件に味方というわけではないんですよ。
というか、隙あらば自分の利になるよう立ち回ろうとする。
ただ、善性で動いているわけではないんですが、しかし善性がないわけでもないんですよね。
統治者としての正解を選んでいるし、人間的にも好感を持てる感じ。
このバランスが上手いです。
実質の最初の敵だったフェルム王とかも、舐めプが過ぎた感があったとはいえやってること自体貴族としてはまともっちゃまともですしね。
最後の最後で非情になりきれなかったのが実質の敗因っていうのも好き。
え? リガル様やアルド様? その辺は……まあ……そう……そうねぇ……(目逸らし
言うて彼らは、実際ただの世襲なわけですしね……。

ともあれ。
味方サイドの有能勢揃い感もヤバいですね。
加護の恩恵をフルに受けてる初期メンバーズに、感覚派・理論派の両輪で呪術を発展させるお嫁さんズ(開発も出来るよ!)、軍事面でなんだかんだ世界有数のバルトロさんにアレクシオスさん、外交無双のイアルさん、内政補助のライモンドさん、隠密特化のアリスさん。
自分で育てたメンツはともかく、この部下ガチャでSSR引きまくり感よ。
特にイアルさん、この人の働きヤバすぎやろwww
実質、作中でメインで描かれてないことのほとんどを裏でこの人がどうにかしてる感がある気さえする。
ジェバンニってレベルじゃねぇぞ……。
本来、大した教育も受けてないただの村人……どころか難民だったはずなのに……。
外交に関してはアルムス様(主人公)の加護も関係ないでしょうし、実質この人が素のスペックでは最強なのでは……?
ちゅーか、最初は「他に人員もおらんし、しゃーなしで行ってくれや」的な感じだったのになにいつの間にか「外交と言えばお前や! お前なら大丈夫やろ!」的なポジに収まってるんだよwwww
いやマジで、作中で描かれてないか、私が見逃してるだけでどっかで覚醒イベントでもあったんだろうか……。
……と思ってたら、途中であとがきでも似たようなこと書かれててワロタw

にしても、この手の物語で主人公が戦下手ってのも珍しいですね。
いやまぁ比較対象がやべーだけで、下手というわけでもないんですけど。
技術革新なんかもやってたのは最初の頃だけで、外交なんかでも奇策を提案するのはイアルさんとかですし。
アルムス様、本人も言っている通りある程度のオールラウンダーではあっても得意分野がないんですよね。
単騎戦力としては最強クラスなんですが、流石に王がそんな前線出るわけにもいきませんしね……(ちょいちょい出てるけど)。
ぶっちゃけて言うと、地味。
にも拘らず存在感は常にあって、要所で見せ場もあり、ちゃんと主人公してるところが上手いです。

ただ個人的にちょっと引っかかったところは、作中で建国される国が長く繁栄することが本編内外で明言されてまして。
そういう意味で、先が読めてしまうという部分はありました。
ま、お約束ではあるのでホントに『明言されてるかどうか』の違いだけではあるのかもしれませんけれど。
これも、ストレス展開を嫌う読者さん向けの配慮なんですかねー。

しかし、その当初に示された終着点に向けてキッチリと走りきった印象。
これはお疲れ様でした、って感じですね。
ま、妖精さん関連についてはやや中途半端感がなきにしもあらずですが……ここも、エピローグ的なのである程度は補完されていますし。
後の世にも関わってくるのであれば、アルムス様時代に片付けるわけにもいきませんしね……。

ちゅーかこのエピローグというか、後日談……という範囲では収まらないので、『歴史』ですかね。
そんなに尺が割かれているわけではないのですけれど、めっちゃ濃厚でワロタw
後の時代のことについては、本編中でもちょくちょく出てきてましたが……。
しっかり考えられてるんだなーと思いました(小並感)。

ともあれ、総じて。
一人の男の人生を描いた英雄譚であり、一つの国の起こりを記したタイトル通りの建国記であり、そして長く続く時代の一部を切り取った歴史書でもあり。
結構な作中期間を描いているのですが中だるみもなく、激動の時代を共に体感しているかのように感じられる物語でございました。
スポンサーサイト



«  | ホーム |  »

プロフィール

hamubane

Author:hamubane

たぶんライトノベル作家的なもの


Twitter

既刊情報

最新コメント

最新記事

カレンダー

08 | 2018/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

月別アーカイブ

カテゴリ

ジャンルランキング

[ジャンルランキング]
日記
68位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
27位
サブジャンルランキングを見る>>

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR