FC2ブログ
ファンタジア文庫『世話好きで可愛いJK3姉妹だったら、おうちで甘えてもいいですか?』11/20発売!
JK文庫『異世界からJK転生した元妹が、超グイグイくる。』11/30発売!
JUMP j BOOKS『ぼくたちは勉強ができない 未体験の時間割』12/4発売!

スクウェア・エニックスノベルス『スタンプ・デッド』1~5巻&コミック版、『太陽で台風』1・2巻発売中!
ガンガンノベルズ『魔法少女アーヤ☆アミー』発売中!
徳間デュアル文庫『魔王さんちの勇者さま』1~4巻発売中!
徳間文庫『欠陥妖怪住宅』、『パラレル家族計画』発売中!
ぽにきゃんBOOKSライトノベルシリーズ『ブチ切れ勇者の世界征服』1~2巻発売中!
HJ文庫『カンスト勇者の超魔教導』1~3巻発売中!
ファンタジア文庫『お助けキャラに彼女がいるわけないじゃないですか』1~3巻発売中!
JUMP j BOOKS『ぼくたちは勉強ができない 非日常の例題集』発売中!

受賞歴:
2004年、第1回スクウェア・エニックス小説大賞『入選』
2008年、第5回トクマ・ノベルズEdge新人賞『徳間デュアル文庫特別賞』
2017年、第11回HJ文庫大賞『銀賞』
2017年、ジャンプ小説新人賞’16 Winter 小説フリー部門『銀賞』
2017年、第30回ファンタジア大賞 『金賞』

«  | ホーム |  »

野生のラスボスが現れた!

どうも、はむばねです。
うぅん……どうにも、なんか調子が良くないですねぇ……。
体調ではなく、進捗的な意味で。
なんか、微妙に創作脳に切り替わりきらない感じがするんですよね。
最近は、結構意識してインプットもしてるはずなんですが……。

……うん、これはもしかしてアレか。
艦これのイベントが気になって集中出来てないパティーンか。
そろそろ情報も出揃ってるだろうし、先にサッと終わらせた方が良いのかもしれませんね(サッと終わるとは言っていない)。


そんなこんなで、感想です。
直接的な言及は避けているつもりですが、かなり重要なネタバレ要素を含んでおりますのでご注意を。


野生のラスボスが現れた!

異世界転移モノ……かな?
ゲームの世界に、自分の作った強キャラとして入っちゃった系です。
一応、体としては。

こういう系では、完全に異世界人として白紙の状態で放り出されるか、なんとなくの設定を世界が空気を読んで(?)合わせるというパターンが多いと思うのですけれど。
ルファス様(主人公)、全力で自分でキャラ設定からストーリーテーリングまでやってたんかいwww完全に自業自得じゃねぇかwww
まぁとはいえ、公式まで巻き込んでの半公式設定だったようですからね、仕方ないね。
というかそういう巻き込み方が出来る辺り、ただの中二病ではないコミュ力を感じる。
ちゅーか、ここまで来ると実質自分で作ったというよりは周囲との合作ですよね。

にしても、口調も勝手にロールプレイされるのかwww
これは地味に新しいなwww
そういうキャラでいくにしても、不可抗力的なアレで後戻りできなくなるパティーンが多いと思うのですがw
まぁでも、そこ含め割と本人速攻ノリノリでワロタw

……と、かなりコメディチックなスタートからの。
蓋を開けてみれば、(掴みで感じた印象よりは)シリアス路線でしたね。
いや、これをシリアス路線というのもどうかとは思うんですけども。
ドタバタ無双コメディかと思いきや、意外と……というと失礼ですが、真面目なストーリー。
割とマジで世界が危機に瀕してて、そのうち何割か(結構比率重い)はルファス様のせいなので、それの尻拭いをしていく……と、いうのが序盤のストーリーラインですかね。

あと、まぁまぁ勇者くんサイドにも尺が割かれるんですが、ここがノーストレスというのがデカい・オブ・デカい。
勇者くんが、よくある正義感勘違い野郎とかじゃなくて、正義感はあるけどちゃんと常識に照らし合わせて冷静に状況を見れてるんですよね。
ここが、デカい・オブ・デカい(二度目)。
まぁ、ぶっちゃけ旅立ち直後にルファル様と魔神王様の超常対決を見てしまったからという要素はあるにせよw
というか、その要素があるからこそ説得力があります。
ルファス様の無双展開の裏で、力なき者が力はなくとも出来ることを探しあがいていく様を描くという。
これは上手い構成。

合流も思ったより早く、そして穏やかでしたね。
勇者くんサイドの心境はともかくとして(特にクルスさん辺り)。
ここで変に揉めたりしなかったのも好ポイントです。
まぁ、そっからルファス様の出番が露骨に減ったのはちょっとアレですが。
ベネト様との戦いは普通に熱くて良かったですけどね。

そして何より、アリエスちゃん覚醒回はルファス様無しでないと成り立ちませんでしたしね。
そう考えると、納得ではある。
微妙微妙と言われていた蟹さんが、ここ一番での活躍を見せただけでなく最後のキーになったというのも熱い。
戦闘不能だからこそ輝く蟹さんのアシストよ。
いや、普通に考えると蟹さんも無茶苦茶強キャラなんですけどね……。

いやぁ、しかしこの辺りからは熱いバトルが多かったですね。
特に、復活英雄さんたちとの戦い。
ベネト様だけでなく、レオン様まで参戦してきたところは「うぉぉぉぉぉぉぉぉ!」ってなりましたね。
正直この展開は全然予測してなかった。
ちゅーか最初はこの二人も蘇ってきたんだと思ったんですが、よく考えたらベネト様はともかくレオン様は死んでなかったわw

うーむ、しかし終盤は怒涛の種明かしといいますか。
伏線回収に次ぐ伏線回収でしたね。
まさか、本記事で一番最初に書いたツッコミポイントすら伏線だったとはな……。
その他、ギャグで流してたツッコミ所が尽く伏線という。
これは綺麗に騙されましたね。
……え? 蟹さん? 蟹さんは……まぁ……そう、そうねぇ……。

ほんで、そっからは作者さんご本人もネタにされていた通りインフレの嵐よw
グレンラガンだってここまではやってねぇぞ! と、いうレベルの戦い……もはやこれは戦いなのか? という次元のサムシングを超えて。
最後は、期待した通りのウルトラハッピーエンドでした。
尻すぼみになるでもなく、ぶん投げるでもなく、大変綺麗な終幕だったと思います。
しかし、開幕のネタっぽい始まり方からは考えられないエンディングでしたねw
これは、良い意味で綺麗に騙されました。

総じて。
笑いアリ、蹂躙アリ、しかしなんだかんだで努力・友情・勝利な物語。
話の規模は加速度的に壮大になっていきつつも、王道的な熱さを存分に堪能出来る作品でございました。
スポンサーサイト



«  | ホーム |  »

プロフィール

hamubane

Author:hamubane

たぶんライトノベル作家的なもの


Twitter

既刊情報

最新コメント

最新記事

カレンダー

08 | 2018/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

月別アーカイブ

カテゴリ

ジャンルランキング

[ジャンルランキング]
日記
68位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
27位
サブジャンルランキングを見る>>

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR