FC2ブログ
スクウェア・エニックスノベルス『スタンプ・デッド』1~5巻&コミック版、『太陽で台風』1・2巻発売中!
ガンガンノベルズ『魔法少女アーヤ☆アミー』発売中!
徳間デュアル文庫『魔王さんちの勇者さま』1~4巻発売中!
徳間文庫『欠陥妖怪住宅』、『パラレル家族計画』発売中!
ぽにきゃんBOOKSライトノベルシリーズ『ブチ切れ勇者の世界征服』1~2巻発売中!
HJ文庫『カンスト勇者の超魔教導』1~3巻発売中!
ファンタジア文庫『お助けキャラに彼女がいるわけないじゃないですか』1~3巻発売中!
JUMP j BOOKS『ぼくたちは勉強ができない 非日常の例題集』発売中!

受賞歴:
2004年、第1回スクウェア・エニックス小説大賞『入選』
2008年、第5回トクマ・ノベルズEdge新人賞『徳間デュアル文庫特別賞』
2017年、第11回HJ文庫大賞『銀賞』
2017年、ジャンプ小説新人賞’16 Winter 小説フリー部門『銀賞』
2017年、第30回ファンタジア大賞 『金賞』

«  | ホーム |  »

魔王を倒した俺に待っていたのは、世話好きなヨメとのイチャイチャ錬金生活だった。

どうも、はむばねです。
オゴゴゴゴ……結局今日は、クソ事務作業のみで一日が終わってしまった……。
なお、未だに終わってはない模様。
今週から修羅場になると思っていて、実際タスクは降ってきてるんですけども、未だ修羅場の突入さえ出来てないっていうね。
いや、修羅場にすら未だ到達出来てない時点で既に修羅場なのかもしれませんが。
オゴゴゴゴ……修羅場とは……(哲学

というわけで、サクッと感想です。
一応、そんなにネタバレはしてないつもり。

魔王を倒した俺に待っていたのは、世話好きなヨメとのイチャイチャ錬金生活だった。 (HJ文庫)
かじいたかし
ホビージャパン (2018-05-31)
売り上げランキング: 54,677


あらすじはAmazonより抜粋。
>かつて魔王を倒した勇者イザヤは、魔王から受け継いでしまった膨大な魔力を隠しひとり暮らしていた。
>ある日、錬金術師の少女ヨーメリア(ヨメ)を助けたイザヤは、膨大な魔力に気づいたヨメに同居をせがまれる。
>魔力の少ないヨメにイザヤの魔力を分けて欲しいというのだが、魔力を渡す唯一の方法はスキンシップを繰り返すというもので…!?
>「じゃ、手握るぞ」
>「あ、もう、イザヤさんっていつも突然なんですから」
>照れ臭く、恥ずかしく、でも嬉しい日々が始まり―。
>いちゃラブが強くする、ふたりのスイート錬金生活!!

1ページ目から主人公が女性に襲われているという安定のぶっ飛びっぷりで、なんか安心しましたw
『犯されちゃう』『無理やりパパにされる』『男の純潔を散らされる』など、しょっぱから飛ばしてんなwww
ていうか、ヨメって名前(愛称)なのかよ!

と、なかなかに頭おかしい展開(褒め言葉)からのスタートですが。
全体としては、どっちかっていうと落ち着いた雰囲気のほのぼの系ですね。
主人公のイザヤさんが草食系(物理)で、いきなり文字通りに道草を食いだしたりもしますが。
ていうか、草食ってるっつっても流石に厳選してるのかと思いきやマジでその辺に生えてる草食ってるのかよ!
……うん、まぁ、そこ含め、ほのぼのやから(震え

にしてもイザヤさん、過去を見ると悲劇の主人公なはずなのに、あんまそういう感じしないですね。
変に暗い感じにならないのが個人的に好ポイント。
単に無頓着なだけでは? という気もしないではないですがw
ていうか、結構今の生活満喫してるだろこの人www
ノリノリで趣味の木彫りとかしてて笑うwww
全体的に無頓着な感じなのにぷちあにさん(木彫り人形)に対するこだわりだけガチなのも草www

というか、イザヤさんはヨメさんのことを猫っぽいと称していますけれど、この人の方が猫っぽい気がしますよね。
野生のオス猫。
あんまり人に懐かないけど、割とチョロめに餌付けされるっていうね。
十三歳からソロでダンジョンに潜り続けていただけあり、野生化が進んでいるのかもしれない。
タイトルからヒロイン保護する系かと思ってたのですが、これは実質ヒロインに保護されてる系ですねw

ていうかイザヤさん、むしろ十三歳までどうやって生きてきたんだろう……。
……と思ってたら、やっぱりそこそこ悲惨な少年時代だったようですね。
ただ、やっぱりそんなに悲観はしていないようですが。
というかこの人、ソロに慣れすぎ問題である。

そんなイザヤさんが、『誰かと一緒にいる』ことの楽しさを知るというのは良いお話ですね。
人が遠ざかった原因となった力が、今度は人と近づくきっかけとなったってところもグッド。
ただ、結局実質ヒモ状態になるところがなんともイザヤさんらしく感じられますねw
いやまぁ、オンリーワンの働きはしているわけではあるのですけれど。

というか、ヨメさんの嫁力が高すぎ問題である。
嫁力というか、ダメ人間製造力ですがw
これは、イザヤさんじゃなくてもヒモになってしまいますわ……。
でも、イザヤさんが(一応)その状況を良しとせずちゃんと働く意志を見せているのがグッドですね。

そんな主役組だけでなく、周囲のキャラたちも魅力的です。
ヨメさんのお姉ちゃん的ポジションであるエリカさんも、まぁヨメさんが関わってくるとなかなかにアレではあるのですが、普通に有能で良い人なんですよね。
出会いからして、監査官としてちゃんとしてましたし。
多少ヨメさん贔屓なところはあっても、イザヤさんのことも偏見や決めつけで見たりしませんし。
かじいたかし先生のこの、ぶっ飛んでるように見えてなんだかんだ全員根っこのところは結構まともってバランス感覚、凄く好きです。

ていうか、エリカさんよりむしろ本当の意味でめんどいのはヨメさんですよねw
何気に結構なヤキモチ焼き。
しかも、本人は(少なくとも言葉では)その点について否定的っていうね。
ただ、尋問(?)で叩くのが相手じゃなくて自分のふとももというところが彼女らしい。

んでんでんで。
ライバル的存在であるマリーさんとの対決となる、晩餐会が始まるわけですが。
これ、実質一番楽しんだのイザヤさんやろwww
ぷちあにさんを披露出来る、この上ない機会である。
いや、やるとは思ってましたがw
にしても、ぷちあにさんに初めてまともに反応してくれたのが王族とはな……。

終盤からラストにかけての展開も、実にこの作品らしいといいますか。
なんというか、『一人じゃなくていい』『誰かと一緒にいるって楽しいものだよ』と言われているような暖かい気持ちになります。

総じて。
魅力的なキャラたちが織り成す、笑える、けれど暖かい物語。
イチャイチャに照れる二人が初々しく、ラブコメとしてもファンタジーとしても楽しい作品でございました。
スポンサーサイト



«  | ホーム |  »

プロフィール

hamubane

Author:hamubane

たぶんライトノベル作家的なもの


Twitter

既刊情報

最新コメント

最新記事

カレンダー

08 | 2018/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

月別アーカイブ

カテゴリ

ジャンルランキング

[ジャンルランキング]
日記
374位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
157位
サブジャンルランキングを見る>>

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR