FC2ブログ
スクウェア・エニックスノベルス『スタンプ・デッド』1~5巻&コミック版、『太陽で台風』1・2巻発売中!
ガンガンノベルズ『魔法少女アーヤ☆アミー』発売中!
徳間デュアル文庫『魔王さんちの勇者さま』1~4巻発売中!
徳間文庫『欠陥妖怪住宅』、『パラレル家族計画』発売中!
ぽにきゃんBOOKSライトノベルシリーズ『ブチ切れ勇者の世界征服』1~2巻発売中!
HJ文庫『カンスト勇者の超魔教導』1~3巻発売中!
ファンタジア文庫『お助けキャラに彼女がいるわけないじゃないですか』1~3巻発売中!
JUMP j BOOKS『ぼくたちは勉強ができない 非日常の例題集』発売中!

受賞歴:
2004年、第1回スクウェア・エニックス小説大賞『入選』
2008年、第5回トクマ・ノベルズEdge新人賞『徳間デュアル文庫特別賞』
2017年、第11回HJ文庫大賞『銀賞』
2017年、ジャンプ小説新人賞’16 Winter 小説フリー部門『銀賞』
2017年、第30回ファンタジア大賞 『金賞』

«  | ホーム |  »

ひげを剃る。そして女子高生を拾う。

どうも、はむばねです。
第31回ファンタジア大賞の結果が発表されましたね。
自分の受賞からもう一年経ったって考えると「ファッ!?」っとなります。
マジで光陰矢の如し。
しかし、今回の受賞者の皆さんは誰もTwitterをやってらっしゃらないご様子?
全員というのは珍しい気がしますね。
まぁ、懸命ではあるのでしょうけれど。

と、いうわけでね。
そんなに話も広がらなかったので、感想だ!
ネタバレは、そんなにないつもり。

ひげを剃る。そして女子高生を拾う。 (角川スニーカー文庫)
しめさば
KADOKAWA (2018-02-01)
売り上げランキング: 44,876


あらすじはAmazonより抜粋。
>5年片想いした相手にバッサリ振られたサラリーマンの吉田。
>ヤケ酒の帰り道、路上に蹲る女子高生を見つけて―
>「ヤらせてあげるから泊めて」
>「そういうことを冗談でも言うんじゃねえ」
>「じゃあ、タダで泊めて」
>なし崩し的に始まった、少女・沙優との同居生活。
>『おはよう』
>『味噌汁美味しい?』
>『遅ぉいぃぃぃぃぃ』
>『元気出た?』
>『一緒に寝よ』
>『…早く帰って来て』
>家出JKと26歳サラリーマン。
>微妙な距離の2人が紡ぐ、日常ラブコメディ。

まーあらすじからもタイトルからもわかる通り、おっさんと女子高生の同居モノなわけなのですけれど。
口はちょっとアレですが、吉田さん(主人公)が基本的に紳士なのが良いですね。
後藤さん(上司)のおっぱいに未練ありすぎなのはワロタですがw
ぶっちゃけ何の因果も責任もない女子高生を自宅に何の打算もなく置いてあげるくらいに優しくて。
なんだかんだ、色々と気遣いも出来るお気遣いの紳士。
でも、それゆえに沙優さん(女子高生)の深いところには踏み込めない感じなんですよねたぶん。
ほんで沙優さんもものっそい気遣いというか遠慮してて、お互いがそういう感じなので、この微妙な距離感が読んでる方からするともどかしくもあり、これからそれがどう変化していくのか楽しみでもあります。

というか吉田さんの言、女子高生を見ると保護者目線になってしまうっていうのは割と共感出来るところですねー。
いや、まぁ、私は長らく高校生の方と話してすらいないんですけども。
社会人なりたての頃ですら、そんな風に感じましたからね。
ちゅーか私の社会人なりたてイコール二十代中盤なわけで、ちょうど吉田さんと同じくらいなわけですしね。
今なら、尚更そう感じそう。
ぶっちゃけ、実際同い年でそろそろ子供が高校生になるって人もいなくはないでしょうしね……。

『髭を剃るのが面倒になる』のがオッサン、というのもなるほどなぁ……という感じ。
ぶっちゃけ、最近の私は結構そうなっている。
いやまぁ、会う人が極端に限られる環境だからっていうのも大きいんですけどね。
前職時代は、ちゃんと毎朝剃ってたで。
い、今も最低2日1回は剃ってるから……(引きこもり期間除く

……と、だいぶ話が逸れました。
橋本さん(同僚)、良き相談相手レベル高ぇな!?
基本愚痴に付き合ってくれるし、冗談も言い合えるし、的確な指摘もしてくれる。
これは理想の相談相手やでぇ……。
沙優さんの携帯選びにも付き合ってくれるとか、付き合い良すぎワロタw
なんだったら、吉田さんの彼女ポジじゃねぇかw
しかもこの男、奥さんに5回振られてもアタックし続けるガッツ持ちである。
いや、これに関してはアプローチ次第ではストーカー案件になりかねない気もしますがw
逆に、この橋本さんを5回も振った奥さんとは……。

遠藤さん(同僚その2)も、いいキャラしてる。
ちゅーか、基本職場の同僚に恵まれてますよね吉田さん。
自分の仕事さえ終えれば帰ろうと思えば定時で帰れるみたいだし、実はこの職場結構ホワイトなのでは……?

閑話休題。
元がカクヨム連載ということもあって、割と短いスパンで話が区切られてるのが読みやすくて良いですね。
読みやすいっつーか、中断しやすいっちゅーか。
最近は読書における集中力も落ちてきてて、息つく暇もない系の物語は逆に読むハードルが高くなってしまっているのだ……。

……と、また話が逸れました。
沙優さんも、普通に良い子ですよね。
吉田さんも言ってますけど、ホント『普通に』良い子なんですよ。
まぁそらお世話になってるから遠慮してるって面はあるのでしょうけれど、そもそも、ちゃんとお世話になってるから遠慮しないと恩を返さないとって思えてる時点で全く身勝手ではない。
だからこそ、この子がなぜ家出少女などに……? というのが吉田さんと共に読者としても疑問なわけですが。
今回は、明かされずじまいでしたか。
三島さん(後輩)や後藤さんとの関係性含め、今後が楽しみですね。
後藤さん関連は、まだ真実(?)も明示はされてないですしね……。

総じて。
微妙な距離感ながらも徐々に打ち解けていくリーマンと女子高生の関係が、微笑ましくて心地よく。
職場の人たちとの絡みも含め、今後の人間関係がどうなっていくのかが楽しみな作品でございました。
スポンサーサイト



«  | ホーム |  »

プロフィール

hamubane

Author:hamubane

たぶんライトノベル作家的なもの


Twitter

既刊情報

最新コメント

最新記事

カレンダー

08 | 2018/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

月別アーカイブ

カテゴリ

ジャンルランキング

[ジャンルランキング]
日記
204位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
84位
サブジャンルランキングを見る>>

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR