FC2ブログ
ファンタジア文庫『世話好きで可愛いJK3姉妹だったら、おうちで甘えてもいいですか?』11/20発売!
JK文庫『異世界からJK転生した元妹が、超グイグイくる。』11/30発売!
JUMP j BOOKS『ぼくたちは勉強ができない 未体験の時間割』12/4発売!

スクウェア・エニックスノベルス『スタンプ・デッド』1~5巻&コミック版、『太陽で台風』1・2巻発売中!
ガンガンノベルズ『魔法少女アーヤ☆アミー』発売中!
徳間デュアル文庫『魔王さんちの勇者さま』1~4巻発売中!
徳間文庫『欠陥妖怪住宅』、『パラレル家族計画』発売中!
ぽにきゃんBOOKSライトノベルシリーズ『ブチ切れ勇者の世界征服』1~2巻発売中!
HJ文庫『カンスト勇者の超魔教導』1~3巻発売中!
ファンタジア文庫『お助けキャラに彼女がいるわけないじゃないですか』1~3巻発売中!
JUMP j BOOKS『ぼくたちは勉強ができない 非日常の例題集』発売中!

受賞歴:
2004年、第1回スクウェア・エニックス小説大賞『入選』
2008年、第5回トクマ・ノベルズEdge新人賞『徳間デュアル文庫特別賞』
2017年、第11回HJ文庫大賞『銀賞』
2017年、ジャンプ小説新人賞’16 Winter 小説フリー部門『銀賞』
2017年、第30回ファンタジア大賞 『金賞』

«  | ホーム |  »

キング・オブ・コントを見ました

どうも、はむばねです。
はい、というわけでね。
昨日は、キング・オブ・コントを(人んち)で(人に焼いてもらった)肉や秋刀魚に舌鼓を打ちつつリアルタイム視聴したわけですが。
まず、最初に言っておきます。
昨日の私は、ライスが優勝した時とほぼ同じ気持ちを抱いていたね。
1本目が納得しかねるレベルで点数が高く、2本目は普通に面白かったけど1本目が微妙すぎたせいで素直に優勝を祝福出来ないやつ。
ちな、その年の私の感想はこちら

あの時とちょっと違うのは、ライスの1本目が「なんだかんだ上位レベルではあるな……」だったのに対して、ハナコは「いやこれむしろ最下位レベルでは……?」という印象だったこと。
2本目も、ライスが「文句無しに今日イチレベルで面白かった」のに対してハナコは「まぁこっちは普通に面白かったかな」程度だったことですね。
なので、より納得出来ない感が強い。
好みの問題は多分にあると思いますが、個人的には2本目すらさらば青春の光に届いてなかった印象。
つーか、さらば青春の光が残ってたら普通に捲ってたんじゃないですかね……。

ついでに言うと、ハナコの1本目について抱いたのはシソンヌの2本目について思ったのと同じ種類の感想なんですよね(私の当時の感想はこちら)。
共通するのは、文字に起こすと一ミリも面白くないという点。
もっと言うと、演者を変えるだけで笑ところが一つも無くなるんですよ。
シソンヌの場合はキムタクと松たか子(古い喩えで恐縮ですが、まぁ世代ということで)にするとただのメロドラマですし、ハナコの場合はそれこそ犬にそのままナレーション付けるとただの志村動物園なんですよね。
シソンヌの時は「ははっ、演技がお上手ですね」としか言えなかったし、ハナコについては「ははっ、犬の気持ちをよく表現していらっしゃいますね」としか言えない。
全く、お笑いの指標ではないというのが個人的な感想です。
まぁ「オッサンがやるから面白い」というのは王道ネタではあるのでそれそのものを完全否定するつもりはありませんが、それに高評価を付けるのはなぁ……という感じ。
まぁハナコの場合はある程度ワード選びのセンスとかは感じたので、個人的にはシソンヌよりだいぶ上ではあるのですけれど。

ただね。
一応、考察というか予想的なものはありまして。
我々オタクとしては、この手のネタはもう腐るほど見ててきたものなわけじゃないですか。
手書き文字とかで犬の気持ちを表現する漫画とかアホみたいにたくさんありますし、それを美少女でやるパターンも擬人化にせよ人化にせよ使い古されきったネタですし、なんだったらオッサンでやるパターンだってもう見飽きた。
でもそうじゃない人からすれば、新鮮で斬新なネタに映ったんじゃねーかなって。
まぁ、完全にただの妄想ですけど。

ていうか、私としてはてっきりそれを逆手に取ったネタなのかと思ってたんですけどね。
あー、犬とご主人様の生活と見せかけて実は……! っていうネタなんやろうなー、と。
すぐに思いつくのは実は犬の擬人化でもなんでもなくて見た目通りオッサンを飼ってるってネタだけど、切り口が斬新とか言ってたしそんなありきたりな展開ではないんだろなー、と。
にしても前振り長ぇなこのただの犬の生活垂れ流してて大丈夫かよっぽど凄いどんでん返しが来るのか? と。
おっ、3人目が来たなこれでついに新しい展開になるんやろうなー………………って、そのまま終わるんかい!? と。
ちゅーかこのネタ、3人目の存在ビタイチ必要なくない?
他人に吠える犬ネタの代わりに、いくらでも犬あるあるは存在するわけですし。
もっかい出かける理由も、独り言でも言えば済む話ですし。
まぁ、事前映像の「コンビより一人多く使えるからトリオは強い」的な発言からして前振りでそれを回収するというネタだったとしたら多少評価を改めるところではありますが。

閑話休題。
そういう意味で、逆にマヂカルラブリーは見てる方にループものの知識が存在することを前提にしていたせいで点数が伸びなかった可能性はあるかもしれませんね。
しまいには、「へー」と感心されてしまう始末よ。
まぁ、個人的にはそこそこ妥当な点数ではあったと思いますけれど。
確かに、「こんなとこじゃなくない!?」の掴みは抜群だった。
つーか、思ったよか新しいマヂカルラブリーでちょっと驚いたわ。
こんな理性的なネタが出来るのに、なんでM-1で選択したネタは野田劇場なんだよwwww
でも、個人的にマヂカルラブリーの評価はグンと上がりましたね。
敗退時のリアクションはともかくとしてw

あとは、ハナコとは反対にさらば青春の光はもうちょっと伸びても良かったのでは? という気がしましたね。
個人的には一番面白かったし、2本目も是非とも見たかった。
でもまぁ、掴みまでが長すぎた感はあったかなーという気はしますよね。
これは今回に限らず、さらば青春の光の明確な欠点だと思いますけれど。
なので納得出来なくはないし、自滅の一種かなーという気もする。
ただ、ハナコの点数があんなに跳ねなければ行ってたのはさらば青春の光なんですよねー。
私がハナコの点数について文句たらたらなのは、この部分も大きいです。

いやホントもうねー、ハナコの点数が出た瞬間に「これはライスの時の流れか……?」って凄い嫌な予感がしたんですよね。
んで、さらば青春の光が抜けなかった時点で正直半ば諦めたところがある。
その後、チョコレートプラネットとわらふぢなるおが抜いた時は、ちょっと「おっ」って思ったんですけどね。
でも、ハナコを最終決戦にまで行かせるとマズい気はしてたんですよ。
確かにチョコプラもわらふぢも面白かったけど、確変中感が凄かったというか「大丈夫? 2本目も同じくらい面白いやつある?」と不安しかありませんでしたからね。
したら、案の定ですよ。
チョコプラに至っては、まさしく私が事前に指摘してた『大道具小道具に頼りすぎるきらいがある』という点がこれでもかってくらい前面に出てて草しか生えない。
ていうか、まつもっさんも全く同じこと言っててワロタw

あとチョコプラに関してはねー。
ハナコの優勝を阻止して欲しかったからまぁえっかって思ってたけど、これも点数高すぎない? とは思いましたね。
ちゅーか、真っ先にインパルス板倉さんの↓のネタを思い出してぶっちゃけ「あっちの方が面白かったかな……」と思ってしまったんですよね。



チョコプラの勢い重視なところは良かったですし、オチで二重構造になっている構成も好きでしたけれど。
でも、閉じ込められた側が見えないからこその面白さ的なものがあるんですよね板倉さんの方には。

と、だいぶ話が逸れてしまいましたが。
逆に、だーりんず・ロビンフット・ギースはもうちょっと伸びても良かったんじゃねーかなーと思うのですが。
まぁ、さらば青春の光を超えたのかと言われれば微妙なので妥当っちゃ妥当なのですけれど。
でも、ハナコよりは上だったと思う(一応全部2回観たけど)。
そういう意味で、ホントにハナコがさらばを上回ちゃったとこだけがおかしく感じられるんですよねー。

……ん? やさしいズとGAG? あの2組は……まぁ、そう……そうねぇ……。
でも、今回一番美味しかったのはやさしいズじゃないですかね。
番組後にGYAO!でやってた打ち上げまで観ましたけれど、結構オファー来てるみたいでしたし。
GAGは……うん、やっぱ去年のが完成形だったんじゃないですかね……。

あと打ち上げといえば、やさしいズのツッコミの人以上に(バイきんぐの)西村さんが喋ってなくてワロタw
これもう、小峠さん一人でえぇやろ!
あとさらば青春の光(の、主に東口さん)が来年以降も参戦する伏線を露骨に張りに来てたのもちょっと笑いましたが、実際格好悪くても良いので彼らには優勝するまで出続けて欲しいでちねぇ……。


……と、いう感じでね。
ちょっと、愚痴っぽくなってしまいましたけども。
各組の感想は、また別途上げることとしまして。
全体としては、今回も楽しく視聴させていただきました。
ハナコの1本目の点数さえ除けばな!(最後まで言い続けるスタイル
あと、結局ダウンタウンが番組通して一番面白かったのではなかろうか疑惑。
スポンサーサイト



«  | ホーム |  »

プロフィール

hamubane

Author:hamubane

たぶんライトノベル作家的なもの


Twitter

既刊情報

最新コメント

最新記事

カレンダー

08 | 2018/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

月別アーカイブ

カテゴリ

ジャンルランキング

[ジャンルランキング]
日記
68位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
29位
サブジャンルランキングを見る>>

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR