FC2ブログ
スクウェア・エニックスノベルス『スタンプ・デッド』1~5巻&コミック版、『太陽で台風』1・2巻発売中!
ガンガンノベルズ『魔法少女アーヤ☆アミー』発売中!
徳間デュアル文庫『魔王さんちの勇者さま』1~4巻発売中!
徳間文庫『欠陥妖怪住宅』、『パラレル家族計画』発売中!
ぽにきゃんBOOKSライトノベルシリーズ『ブチ切れ勇者の世界征服』1~2巻発売中!
HJ文庫『カンスト勇者の超魔教導』1~3巻発売中!
ファンタジア文庫『お助けキャラに彼女がいるわけないじゃないですか』1~3巻発売中!
JUMP j BOOKS『ぼくたちは勉強ができない 非日常の例題集』発売中!

受賞歴:
2004年、第1回スクウェア・エニックス小説大賞『入選』
2008年、第5回トクマ・ノベルズEdge新人賞『徳間デュアル文庫特別賞』
2017年、第11回HJ文庫大賞『銀賞』
2017年、ジャンプ小説新人賞’16 Winter 小説フリー部門『銀賞』
2017年、第30回ファンタジア大賞 『金賞』

«  | ホーム |  »

M-1グランプリ2017

どうも、はむばねです。
タイトル間違ってません。
(去年の)M-1の感想です。
あえてキング・オブ・コントの直後にM-1の感想を投下するスタイル。

え? 今更かよかって?
こ、今年のM-1までに間に合えばセーフやから……(震え
ぶっちゃけM-1の感想って滅茶苦茶時間がかかるんで、ついつい後回しにしちゃってたらもう今年のM-1すら割と目の前という体たらくよ。

とにもかくにも、早速いってみましょう。


・ゆにばーす
うん、非常に成長した姿を見せてくれたと思います。
去年の敗者復活の印象だと明らか決勝レベルではなかったんですけども、この出来なら十分かと。
まぁ、とはいえ、『決勝進出コンビの名に恥じない』レベルではあってもそこまでで留まってしまったかなーって感じ。
トップバッターとして全く問題なく大会を盛り上げてくれましたけれど、まだ優勝争いするにはちょっと笑いの総量が足りてないかなって印象でした。
つーか正直、松本さんも言ってましたけど客層に助けられてたところがある気がしますよね。
邪悪なちびまる子ちゃんでの掴みは、結構スベる可能性孕んどるで。
ただ、「3~4人だったら3人か4人か覚えとけ」の辺りからエンジンかかってきた感はあった。
デカい動作からのフェイント系のボケや、ツッコミによって「なるほどそういう動きだったのかw」というのがわかる系のネタは個人的に凄く好きです。
「1階やぞー!」でオチるのも、よく考えたら既出ネタなはずなのに、上手いこと「確かにーwwww」と思わされました。
オチのレベルだけで言うと、今回最上位クラスなのでは?
正直リアルタイムで見てた時は「点数高すぎでは?」と思わないでもなかったのですが、改めて観ると技術も高いしトップバッターということも踏まえてこの点数にも納得。


・カミナリ
このコンビも、去年より良くなってた印象です。
天丼構成は、ハマると強いですよね。
反面展開が予測出来るところはあるんですけども、その上でちゃんと笑わせてくれたと思います。
唐突に挟まるリアル視点のツッコミ、好きw
まなぶくんの知恵のくだりの連続ツッコミも面白かったけど、ただ個人的に激しいツッコミで笑わす系はあんまり好きじゃなかったりするんですよねー……。
まぁこれはホントに個人の好みなんですけど。
去年カミナリの評価が低かったのも、そこがデカい。
ただ今年は単にパチンパチン叩くだけじゃなく、ワード選びもしっかりしてたし去年より技術面での成長を見せてくれたと思います。
全裸だから警察、のくだりは予想の範疇ではありましたが。
あと、オチもちょっと弱すぎますねー。
モグラ、っていうチョイスもよくわからんですし……いや、よくわからんチョイスというところがハイセンスなのか……?
これについては、私がついていけてないだけという可能性も微レ存ではある。
つーかぶっちゃけ、正直上沼相談員の点数とコメントが一番の見どころだった説はあるw
ツッコミに物申した点は、完全に同意。
ただ去年に引き続きこのコンビ、敗退コメントには定評があるなw


・とろサーモン
当時も書きましたが、まぁとろサーモンですね。
とろサーモンですね、としか言いようがない雰囲気。
ただ、今までだとネタが途中から異様な雰囲気になるのがとろサーモンの通例だったんですけども。
そこを、変な方向に行き過ぎる前に軌道修正してる感じはありました。
これまた当時も書きましたが、この辺の一般に寄せた感じが上手いことハマったのではないでしょうか。
そういう意味で、ガチのとろサーモンファンがこのネタをどう評価してるのかはちょっと気になるところではあります。
奇声のくだりも、たぶん今までだったらあと十秒はやってたんじゃねーかな。
礼二さんの言ってた「(久保田くんが)安定してた」というのも、こういうとこを指してるんですかね。
カマキリのくだりとかは、かなりギリギリな感じですがw
あと、久保田さんがちょいちょい笑いそうになってるの、正直嫌いじゃないw
うん、こう書いてて思ったけど、私は自分で思ってたよか結構とろサーモン好きだったのかもしれないな……。
だから、このネタ(大人しめのとろサーモン)が高得点を取った時になんか複雑な感情を抱いたのかもしれない。


・スーパーマラドーナ
これも当時も書きましたが、これ正直舐めプしてますよね?
最終決戦に向けてネタを温存してる感がハンパない。
ちゅーか、全体的に作りが甘いんですよ。
まず、『おネェがいる』という掴みが弱いというか「えっ……? で?」感が凄い。
お客さんも、なんか戸惑ってる雰囲気でしたよね。
本来ここで「どういう状況やねん!」感を出さないといけないと思うのですが、ぶっちゃけて言うと「そうか、おネェがいたんか……まぁ、そういうこともあるんちゃう?」程度にしか思えないというか。
ていうか『先方(女性陣)の一人が実はおネェだった』と観客に思わせるのが前提だと思うのですが、前情報が薄すぎて少なくとも私は「こっち(男)側におネェがいたんかな?」と思ってしまって、オチが全く機能しなかった。
これはなんというか、脇が甘いと言わざるをえないのではなかろうか。
いきなりのセクハラネタも微妙だし、「すいませーん!」もツッコミで説明されてようやくわかるネタだし、ちょっと田中さんのキャラがトリッキー過ぎる感。
いや正直、凡百のコンビがこのネタやったら「おっ、面白かったやないか!」と思うと思うんですよね。
でも、スーパーマラドーナは既にそういう段階じゃないだろうという。
期待値が高すぎたところもあるとは思いますが、しかしそれを踏まえてもスーパーマラドーナの大舞台でのネタとしては下から数えた方が早い出来じゃないですかね……。
王様ゲームのくだりは結構笑いましたがw
いやしかし、改めて観ると、これは舐めプしたというよりもチャレンジし過ぎた結果ハイセンスになりすぎて私がついていけなくなってた可能性もワンチャンある気がしてきたな……。
クスリやってんのかい! のツッコミが割と全てを表しているのかもしれない。
もしスーパーマラドーナで初めて見たネタがこれだったら、こういう方向性のコンビとしてそれはそれで私も結構応援してたような気がする。
あと全体としては、大吉先生の「最後にもう一ネタあれば」が妥当。


・かまいたち
え、これ面白くない?
無茶苦茶笑ったんですけど。
うん、まぁ、私がこういう『お約束とされているものに常識的視点でツッコミを入れるボケ』系のネタが好み過ぎるというのはあるかもしれませんが。
ボケなのに、観点が妥当すぎて草生え散らかすw
ちょっと前の和牛も、そういう観点で凄い好きだったんでね……(今の和牛はもっと好きですけどね)。
閑話休題。
スキンヘッドの卍マッチョのくだりも、漫画的表現が頭の中に速攻で浮かんでクッソ笑いましたw
でもこれも考えてみれば、あんま漫画読まないとかで、そういう素地的なものがない人からすればイメージしにくいネタなのかもしれませんね。
そういう意味で、個人的に刺さりまくるクリーンヒットなネタだったというだけという説は微レ存。
いやけど、「私情なんか挟むかこんな話に!」のくだりとかめっちゃ面白くなかったですか?
手が出るのが伏線になってるのも凄い良かったし。
まぁ、顔のすぐ前でガスガス指差してからの「なんで怖ないねん!」のくだりはこれ絶対やらないといけないやつなの? という気は(割とかまいたちのどのネタ見ても)してますが。
あと、オチはまぁ多少弱くはあるかな。
小朝師匠の「勝ち切るネタじゃなかった」っていうのは、そういうとこなのかなー。
でもそれを踏まえても、個人的には和牛と並んで一番面白かったレベル。
ネタ後のコメント(にゃんこスターのアレ)もクッソ笑いましたw
こいつら、完全にそこもネタとして練ってやがったwwww
なんやったら、そこが一番笑ったまであるわw


・マヂカルラブリー
いや、個人的には好きでしたよw
実は客だったネタの延々天丼とかw
野田ミュージカルが始まった時は、完全に(去年の敗者復活を思い出して)放送事故かと思いましたがw
ただ、M-1で勝てるネタではねーよwwww
というか、これはもう草を生やす以外の反応が出来ねぇわwww
まぁとはいえ、最下位は妥当と言わざるをえない。
一組くらいはいてもいいけど、二組いるとキツいやつ。
ただ、ネタ後の態度はクソワロタw
あと、上沼相談員のコメントがハイライトw
マジで最初から最後まで一番のネタ枠やったな……ある意味貴重やで……。
今年のキング・オブ・コントで理知的なネタも出来るところを見せてくれたので、今度はそっち方向での漫才も見てみたいですね。
ちゅーか、なんかやけにネタ時間短くなかった?


・さや香
今回唯一の初見コンビ。
ネタの視点がなかなかにシャープでしたね。
かまいたちでも書きましたが、こういう新しい視点というか常識的観点からの切り口は凄い好きです。
ただまぁ、テンションで押し切った感は否めないですよね。
いや、そのテンションが魅力でもあるんですけどw
うーん、しかし良くも悪くも勢い重視。
今後どう化けるかに期待、といったところですね。
ネタ後の審査員視点でのコメントは面白かったw
結構トークもいけそうな気配を感じるんですが、どうなんですかね。


・ミキ
うーん……まぁ、チャキチャキ系の漫才……では、あるのかなぁ……?
個人的には、さや香以上にちょっと勢い重視が過ぎる感がありましたかねぇ……。
一度ノれれば最後までいける系なのかな……?
そういう意味では、個人的にちょっとノりきれませんでした、としか言えないのかもしれない。
なんだろうなー……もう、感性が若くないのかなー……と、個人的に不安になるコンビでした。
ちゅーか、普通に聞き取りづらくない?
これも個人的な感覚、あるいは年齢のせいか……?
どうでもえぇけどこの感想、『個人的には』の文言多いな!


・和牛
個人的に(また出た)、今大会最高点(個人的にっつーか、普通に審査員の皆さん的にも最高点ですが)。
昨年ともまた違った方向性で、進化し続ける姿に感動すら覚えました。
水田くんが勝手にシチュエーションに入るという従来の掴みから始まり、変なプランを提案し続けるプランナーというのは割と従来の和牛的なオーソドックスな流れ。
しかし、この時点で十二分に面白い。
いちいち視点がシャープというか、『こんな披露宴は嫌だ』を的確に突いてくるんですよね。
ちょくちょく出てくる水田くんのアレなムーブも草w
正直、もうこの段階で最終決戦進出レベルだと思います(巨人師匠的にはギリだったようですが)。
で・す・が!
からの後半、前半のボケを再利用して爆発的な笑いに繋げる上手さよ。
いやマジで、これちょっと技術点高すぎへん?
単純に前半だけでも面白いのに、その前半を完全再利用した上で後半で新しい笑いにしてるんですよ。
この構成の妙は、本当に感動するレベル。
「ちゃんとやってんか」で点火とか、細かい文言レベルでの仕込みも素晴らすぃー。
なんだかんだでスタッフの指示通りにやってあげるミユキさんも、めっちゃ好きw
元々和牛は技巧派なところがあったと思うのですが、今回ので一皮も二皮も剥けたかなって思いました。
いやぁ、これを最終決戦に持ってきてたら間違いなく優勝だったんじゃないですかねー。


・ジャルジャル
ジャルジャルですねぇ。
ホント、ジャルジャル。
ジャルジャルとしか言いようがない、マジで。
個人的にはめっちゃ好きだけど、これもM-1で勝てるネタちゃうやろwwww
ていうか、労力に見合ってないやろウケ具合がwww
まーでもねー、好きですよホントに。
前半で提示した条件が後半に合致する瞬間とか、特にね。
こっちとしても「どっかで絶対来るやろうな」と思って待ち構えてるところにズバリ来る気持ちよさよ。
ただ、ホントにジャルジャルすぎてこの方向はM-1では無理やろ(5行ぶり2度目)。
前回M-1向けにカスタマイズしてきたかと思ったのに、どうしてこうなった……。
いや、繰り返しになりますが、個人的には凄い好きなんですけどね。
でもこれ、別にふざけてるわけじゃなくてガチでM-1取りに来てるんですよねー。
点数出た直後の後藤さんのボケに対する福徳さんの「ようボケれんな今……」のコメントが印象的です。




・とろサーモン(2本目)
個人的に好きなネタでした。
掴みの、あの気持ち悪い動きが好きw
あと、これは流れ星もよくやるアレなんですが、「ツッコミにしか聞こえない声量のボケの囁き」っていう体のネタも好き。
ただ、今までやってきたネタの継ぎ接ぎですよねーこれは。
「こちらこそ」で始まり、肩がぶつかるの掴みからの、石焼き芋のネタ+ちょい時事ネタ。
まーでも、その組み合わせ方は良かったですね。
「すいもせん」は初見では聞き取れんかったですがw
しかしそっからは、言い間違い連打からの久保田さん節炸裂で本領発揮という感じ。
ツッコミで長い芋のイメージを説明して焼き付けてくるところもグッド。
「もうえぇわ」から続けるのは天丼ではありますが、バリエーションがあるのも良いですね。
最後は、正直なんかもう意味わからんけど勢いで乗り切った感があったなw


・ミキ(2本目)
うーん……はい。
正直、ちょっとマイナスの印象が付いてるので全体的にマイナス補正がかかってしまうところは否めないですね。
掴みの家族ネタからして客観的に見ると面白いはずなんですけど、ちょっとツッコミがあまりに狙いすぎたコテコテ感を感じちゃって入り込めませんでした。
あと、そうなってくるとちょくちょく噛んでるのも気になってしまった。
とはいえ、暴れん坊将軍に導く流れは面白かったですw
無理やりでも、こういう流れは好きですよ。
ただ、やっぱり勢い重視過ぎるというか……これも、文字にすると面白くないタイプの笑いなんですよね。
まぁ、好みの問題ではあるんですけど。
最後も、ちょっと弱さは否めませんね。
これについては、今年は別にミキに限ったことでもなかったですが。
いずれにせよ、ちょっと雑味が強すぎるというか、まだM-1で優勝する器ではないかなーという印象でした。
審査委員票が一票も入らなかったのも、そういうことなんじゃないですかね。


・和牛(2本目)
あえて言おう。
これは、残念な出来。
いや、滅茶苦茶高いレベルではあるんですよ。
去年の和牛より、純粋により面白くなっている。
でもねー。
一回目のアレを見てしまうとねー。
それを超えるものを見たくなるのが人情というものでしょう。
二重の構造の美しさを見せてくれた一回目に対して、ここではあくまでも『ムカつく客』という一元的な視点なので物足りなさを感じてしまいました。
あと、この『ムカつく』という点が和牛の最大の欠点だと思うんですよねー。
見てる方が普通に苛立つっていうか、創作で言うsage展開的な感じ。
いや、個人的にはめっちゃ好きなんですよ。
純粋に、ある種の正論言ってる感があるんです(空気を読めているかは別として)。
でも、今まで以上に『ムカつく』という要素をより顕著に押し出してきた点についてはちょっと疑問(個人的には特に『ムカつく』とまでは思わなかったので、もしかすると私の気にしすぎなのかもしれませんが)。
和牛に限ってそこに気付いてないとは思えないのですが、ちょっと調整をミスってた感が無きにしもあらず。
いや、たぶん、『ムカつく客』VS『ちょいアレな仲居さん』というどっちもアレな構図にするための強調なのでしょうけれど。
まー、それはともかく。
これを1回目でやっても最終決戦行けたと思うし、さっきも書きましたけど1回目のネタを最終決戦でやってたら優勝出来たと思います。
が、しかし。
個人的には、そうならなくて良かったという思いもあります。
和牛は、毎年進化を……そう、『進歩』ではなく『進化』を見せてくれているので。
同じネタの延長線上ではなく、それどころか時に芸風すらも変えてくる。
そんな和牛のネタが来年も見れることを、むしろ幸運に思います。
願わくば、来年は最高の進化を見せてぶっちぎりで優勝していただきたいところ。
誤解無きように言っておくと、今回のネタそのものも滅茶苦茶面白かったです。
水田くんがブツブツ言ってるところに入ってくるツッコミの間とか、凄く好き。
オチも、なかなかバチッと決まってましたね
でも、和牛の可能性はこの程度では留まらないに違いない(という願い)の話。
あと、本筋とは一ミリも関係なけどじゃらんの社員ってそこまで一目置かれる存在なんだろうか……。





・総評
コンビ歴15年まで上限を上げた影響か、新しくなってからホントにレベルが底上げされてますね。
基本的に、ハズレネタがない。
13ネタ、全て楽しめる内容でした。
落ちた時の悲喜こもごもな模様も、実にエンターテイメントしてる。

ただ、個人的にはやっぱ和牛の1本目が終わったとこが番組としての頂点でしたねー。
今回の最終決戦は、正直悪い意味で誰が優勝するかわからなかった感じ。
その中では、とろサーモン優勝というのは個人的には一番良くはありましたけれど。
ぶっちゃけ消去法的というか、和牛かミキが優勝しなくて良かった、という意味で。
先にも書いた通り、私はミキはまだ優勝に相応しい器じゃないと思ってますし、和牛には更に進化した姿を見せてほしいので。
とろサーモンが面白かったのも事実ですしね。
だから優勝そのものは全然文句ないんですけども、『納得』よりも『安堵』に近い感情を抱いている感なきにしもあらず。

ちゅーかとろサーモンに関しては(大吉先生も番組後に言ってたらしいですが)なんで今年に限って(?)決勝まで進めたのかもよくわかんないんですよね。
それくらい、今まで準決勝で落ち続けてたネタとあんまり変わらなかった。
いや個人的には、むしろあれが毎年落ち続けてた方がおかしいとは思ってたんですけど。
まーでもその点含めて、この年は『とろサーモンの年』だったのかなーという感じ。

と、最後の方はちょっと不満点が多くなってしまいましたが。
全体としては、今回も大変笑わせていただきました。
今年も楽しみです!
スポンサーサイト



«  | ホーム |  »

プロフィール

hamubane

Author:hamubane

たぶんライトノベル作家的なもの


Twitter

既刊情報

最新コメント

最新記事

カレンダー

08 | 2018/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

月別アーカイブ

カテゴリ

ジャンルランキング

[ジャンルランキング]
日記
152位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
61位
サブジャンルランキングを見る>>

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR