FC2ブログ
スクウェア・エニックスノベルス『スタンプ・デッド』1~5巻&コミック版、『太陽で台風』1・2巻発売中!
ガンガンノベルズ『魔法少女アーヤ☆アミー』発売中!
徳間デュアル文庫『魔王さんちの勇者さま』1~4巻発売中!
徳間文庫『欠陥妖怪住宅』、『パラレル家族計画』発売中!
ぽにきゃんBOOKSライトノベルシリーズ『ブチ切れ勇者の世界征服』1~2巻発売中!
HJ文庫『カンスト勇者の超魔教導』1~3巻発売中!
ファンタジア文庫『お助けキャラに彼女がいるわけないじゃないですか』1~3巻発売中!
JUMP j BOOKS『ぼくたちは勉強ができない 非日常の例題集』発売中!

受賞歴:
2004年、第1回スクウェア・エニックス小説大賞『入選』
2008年、第5回トクマ・ノベルズEdge新人賞『徳間デュアル文庫特別賞』
2017年、第11回HJ文庫大賞『銀賞』
2017年、ジャンプ小説新人賞’16 Winter 小説フリー部門『銀賞』
2017年、第30回ファンタジア大賞 『金賞』

«  | ホーム |  »

TRPGしたいだけなのにっ! 異端審問ハ ソレヲ許サズ (上) 純血のダークエルフ

どうも、はむばねです。
Twitterの方でも書きましたが。
ラノベニュースオンラインアワード2018年8月刊投票アンケートの締め切りが、明日にまで迫っております。
明日9月27日20:00が締め切り時間ですので。
『お助けキャラに彼女がいるわけないじゃないですか3』も対象となっておりますため、よろしくお願い致します。
このラノの投票も終わったばかりで、お願いが多くて恐縮ではございますが……。

まぁ、それはそうと感想です。
まぁまぁ終盤のネタバレがなくもないかな?

TRPGしたいだけなのにっ! 異端審問ハ ソレヲ許サズ (上) 純血のダークエルフ (電撃文庫)
おかゆまさき
KADOKAWA/アスキー・メディアワークス (2014-11-08)
売り上げランキング: 965,503


あらすじはAmazonより抜粋。
>魔王級ヴァンパイア、リュドミナによる突然の生徒会長立候補の理由。
>それは全生徒に『T(テーブルトーク)RPG』を布教するためだった!?
>リュドミナを始末すべく学院を訪れていたヴァンパイアハンター・刀儀野祇園が、生徒会室にいる彼女を滅殺しようと刃を向けたその瞬間、異空間へと飛ばされてしまう。
>そこは、TRPGが大好きなリュドミナの能力により創り出された『TRPGルールが支配する冒険世界』だった。
>さあ始めよう、奇蹟のセッションを!TRPG“プレイ”小説の賽は投げられた!!

おっ、綺麗なおかゆまさき先生かな?(プロローグを読んで)
おっ、比較的綺麗なおかゆまさき先生かな?(1章を読んで)。
おっ、大体いつものおかゆまさき先生だな(2章を読んで)。

と、読んでて印象が変遷していきました。
1章くらいまでは、基本的にヴァンパイア狩りのシリアスな流れなんですけども。
リュドミナさん(ヒロイン)が本格的に出てきて、TRPGの流れになってからが本番でしたね。
しかしぜのん様といい、おかゆまさき先生のポンコツのじゃ口調はクッソ受けるw
祇園くん(主人公)のツッコミ(避けないと死ぬ)も冴えてる。
ていうか、祇園くんも結構ポンコツである。
だが、彼らとは一線を画する枢さんのぶっ飛び具合よ。

ヴァンパイアの能力が、遊技に関連することが多いという設定も面白いですね。
不死ゆえに時間がありあまってるからゲームに精通していき、それを能力にまで昇華すると。
なんちゅーか、強者ゆえの舐めプ感があって良いですね。
ただ、リュドミナさんの場合はガチで遊びたいだけですがw
しかしそれでもガチエリートである祇園くんが能力を解除出来ないという強者感よ。
まぁ、その上で物理的には祇園くんたちの方が強いようですが。

しかし少なくとも上巻の時点では、ヴァンパイアとのガチバトルというよりはTRPGのチュートリアル的側面が強いですね。
あとがきによると、そこは下巻でも変わらなそうですが。
ちな、私はTRPG未経験。
まーそら全く何も知らないというわけでもないですが、フワッとした印象しか持ってないです。
なので本作において実際にTRPGをやるのを、なるほどこういう流れなのかーと思いながら読んでました。
ま、本作においてはTRPGの世界にダイブする感じなので、実際にやる場合はもっと違った雰囲気になるのでしょうけれど。

そういう特性なので、基本的にはリプレイ的な読み口になってると思います。
いや、リプレイ作品読んだことねーのですけれど。
おかゆまさき先生らしい笑いも随所に見られて、面白かったです。
上巻の山場が『交渉』というのもいいですね。
なるほど、サイコロを振るだけでなくまさしく『トーク』することもTRPGの醍醐味であると。

他方、TRPGやってるだけではなくもちろんヴァンパイア問題についても裏では祇園くんが暗躍しており。
リュドミナさんが祇園くんの過去にどう関わってくるのか、そして完全にアホモードに入ってるリュドミナさんはシリアスに付いてこれるのか、こちらの面でも続きが楽しみです。

総じて。
単純に、TRPGの世界の中で交わされるやり取りが楽しく。
一方で水面下で動いているシリアスの行方も気になる上巻でございました。
スポンサーサイト



«  | ホーム |  »

プロフィール

hamubane

Author:hamubane

たぶんライトノベル作家的なもの


Twitter

既刊情報

最新コメント

最新記事

カレンダー

08 | 2018/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

月別アーカイブ

カテゴリ

ジャンルランキング

[ジャンルランキング]
日記
402位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
165位
サブジャンルランキングを見る>>

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR