FC2ブログ
スクウェア・エニックスノベルス『スタンプ・デッド』1~5巻&コミック版、『太陽で台風』1・2巻発売中!
ガンガンノベルズ『魔法少女アーヤ☆アミー』発売中!
徳間デュアル文庫『魔王さんちの勇者さま』1~4巻発売中!
徳間文庫『欠陥妖怪住宅』、『パラレル家族計画』発売中!
ぽにきゃんBOOKSライトノベルシリーズ『ブチ切れ勇者の世界征服』1~2巻発売中!
HJ文庫『カンスト勇者の超魔教導』1~3巻発売中!
ファンタジア文庫『お助けキャラに彼女がいるわけないじゃないですか』1~3巻発売中!
JUMP j BOOKS『ぼくたちは勉強ができない 非日常の例題集』発売中!

受賞歴:
2004年、第1回スクウェア・エニックス小説大賞『入選』
2008年、第5回トクマ・ノベルズEdge新人賞『徳間デュアル文庫特別賞』
2017年、第11回HJ文庫大賞『銀賞』
2017年、ジャンプ小説新人賞’16 Winter 小説フリー部門『銀賞』
2017年、第30回ファンタジア大賞 『金賞』

«  | ホーム |  »

ラスボスちゃんとの終末的な恋愛事情(ハーレム・ルート)2

どうも、はむばねです。

1_20190121202302c05.jpg

第31回ファンタジア大賞受賞作第一弾、福岡では(たぶん)本日発売やでー!


お助けキャラに彼女がいるわけないじゃないですか (ファンタジア文庫)
はむばね
KADOKAWA (2018-01-20)
売り上げランキング: 388,948


去年発売された、金賞受賞作もよろしくやで!
隙あらば宣伝するスタイルや!


というわけで、感想です(何事もなかったかのように
例によって、ネタバレはしてるけど感想だけなら実質ネタバレにはなってないやつ。

ラスボスちゃんとの終末的な恋愛事情(ハーレム・ルート)2 (GA文庫)
伊藤 ヒロ
SBクリエイティブ
売り上げランキング: 709,166


あらすじはAmazonより抜粋。
>ブカツ・ウォー勃発!! 新たなラスボスも!?
>
>ラスボスの少女3人が転校して来て、混乱を極めた東京都立北膳寺高等学校。
>しかし、意外とフレンドリーなラスボスちゃん達に生徒はすっかり馴染み、平穏を取り戻す。
>そして再開される、部活動。だがこの部活が、ラスボスちゃんたちの闘争心に火を付けて……。
>
>ちょっぴりノスタルジーな、ハイテンション・コメディの第二弾。
>普通の高校生男子・鳥居慎一のもとに押し掛けてきた、恐怖のラスボス少女3人との共同生活は混迷をきたしていく……。
>
>「ラブコメ最終戦章(ハルマゲドン)」、さらなる拡大のとき!!

前巻の感想はこちら


では、まずはツッコミダイジェストです(さも当然の如く

初っ端から寝ビーム(※寝言的概念)で天井消滅ワロタw

朝は痴漢欲より睡眠欲の方が上回るwww
痴漢欲を三大欲求の一つのように言うなwwwいや、実質性欲だから合ってるのかもしれんけどwww
あと、当然の如くラブクラフト(性行為)言うなwww
もはや注釈とかツッコミすらねぇじゃねぇかwww
ほんで、ボ○シュ社とかアメリカのスクールカーストとか、ちょいちょい社会派(?)ネタ盛り込んでくるのも草w

アズアトス様、その口調あえて大魔王っぽく喋ってたのかよwww
いや確かに、回想だと普通に喋ってたけどもwww
あとシンイチくん、その口調を日本語がおぼつかないがゆえのものだと思ってたのかよwww
日本語おぼつかなかったら逆にその口調にはならねーだろwww

いちいち漫画で喩えるなwww
ほんで、『一般男子にモテているという記号』とか言うなwww
それ、漫画の中でも言っちゃダメなやつwww

今回のロングパスはメカクレ要素かいw
言われてみれば確かに………………とはならねぇよ!wwwその程度の対策で大丈夫のかよwww
からの、モロゾフwww
正直、こっちはロングパスしてくるような気はしてたぜwww
あと、おやつに食べようと思ってプリン持ち歩いてる御前様かわいいなwww
ていうか、ラスボス勢の間におけるプリンの評価高すぎワロタw


以上、それでは普通の感想です(さも当然の如く
あ、ちなみにここからは普通にネタバレしてますので(?)ご注意を。

1巻の感想で「しがら御前様の出番に期待」的なことを書きましたが、なんと2巻はしがら御前様回でしたか。
これは完全に私得。
まぁ、1巻ではだいぶ割食ってた感がありましたしね……。
ただ、ネタキャラ化はむしろ加速する方向で草www
マジでタヌキだったのかよwww
『しがら姫』で『しがらき』とか、事ある毎にタヌキと絡めていくと思ってたらwww
今までのタヌキ弄りがガチだったとかwwwこれも一種のロングパス伏線かwww
ていうか、知らなかったの本人のみかよwww

ともあれ、しがら御前様はやはり嫁ポイント高し。
確かに、嫁というよりはオカンかもしれませんがw
そして、『まともに家事ができるラスボス』という言葉のパワーワード感よw

閑話休題。
ハーレム系の物語では、ヒロイン同士の喧嘩はある種の風物詩とも言えるものではありますけども。
本作の場合その性質上、喧嘩=世界規模の危機、という構図になるのが笑えますw
そして、その状況に既に慣れきっているクラスメイトの皆さんの順応性よw
ていうか、教室から逃げた程度じゃどうしようもないだろこの場合www

ほんでアズアトス様、やっぱり基本はいい子といいますか。
意外と(?)、普通の感性してますよね。
可愛そうだからってお金のやり取りは良くないとか、なんだったら一般人よりしっかりした考え持ってる。
……と思ってたら、ホントに地球の一般人の方がしっかりしてなくてワロタw

ともあれ、新キャラは『深窓の令嬢だったが家が落ちぶれて一文無しのまま路頭に迷っている薄幸のお嬢様タイプ』の後輩……いやだから説明が長ぇな!?
まぁともかく、深窓の(以下略)ヒロインであるチカ後輩もまた、地味系少女と見せかけて地味にキャラが濃いですね。
ただ、エロ後輩って呼ぶなw
というかアズアトス様、何にでもエロスを感じるなwwwだから男子中学生かwww
うん、いや、まぁ、エロ後輩に関してはエロスを感じるのも仕方なきことではあるような気もしますが……。

んで、委員長は今回欠席……?
こっちは、前回から割を食いっぱなし感ですね……。
……と思ってたら、ちゃんと復活してきた。
いや、やっぱり割は食ったまま感満載ですけどw
もはやヒロインレース脱落ってレベルじゃねぇぞwww
あとシンイチくん、自分でも自覚してはいるけどツッコミどころが微妙にズレてて草wいや、確かにマント作るポイントはそこ(鳥取)じゃねぇよとは思うけどもwww

あと今回はしがら御前様との過去編が入り、これでヴォネ姫様だけがシンイチくんとの過去が描かれてないわけですが、やっぱり続刊で明らかになるんですかね?
………………うん、まぁ、例によって、発刊状況から考えるに続刊は……(察し)ですが。

ともあれ、総じて。
一見アホなことをやっているように見えて……いやまぁ何度見ようとアホなことをやってるんですが、何気に戦略的な見どころも多かったブカツ・ウォーに、不覚にもワクワクし。
今回もヒロインにニヨニヨしつつ、もちろんいつも通り大いに笑わせてもいただきました。
あと、カラーイラストのチアガール姿がめっちゃエロ可愛かったです。

ラスボスちゃんとの終末的な恋愛事情(ハーレム・ルート)

どうも、はむばねです。
日曜なのに、普通に(家の真ん前で)工事をしている……だと……?
前にもあった気がするけど、やはり遅れが出ているのだろうか……。
建物自体は、もう出来上がってるように見えるんですけどね……。
……うん、まぁ、ていうか、マジでいつ終わるんだよこの工事。
私の『年始終了』という記憶が定かなら、流石にそろそろ終わるはずなんですが……まさか、2019年の年始ですらなかったというオチはないですよね……?

などといった話とはもちろん関係なく、感想です。
そこそこネタバレはしてるけど、この感想だけ見ても意味わかんねーと思うので以下略。


ラスボスちゃんとの終末的な恋愛事情(ハーレム・ルート) (GA文庫)
伊藤 ヒロ
SBクリエイティブ
売り上げランキング: 637,892


あらすじはAmazonより抜粋。
>ラブコメ最終戦争(ハルマゲドン)、接近!!
>
>――ラスボスだって、恋くらいします――
>極々普通な男子高校生・シンイチと、世界を滅ぼす力を秘めた
>最強のラスボスちゃんたちのちょっぴりビターな純愛ラブコメ、始まります!!
>
>「我こそは大魔王アズアトス! 万物の王にして原初の混沌。――そして、汝の妻となる者なり! 」
>鳥居慎一が17歳になった朝、ラスボスを名乗る謎の少女がやって来た。
>さらには畳みかけるように幼女系の銀河皇帝、
>田舎ヤンキー娘系の妖怪王も婚約者として押し掛けてくる。
>
>三人のラスボス少女は、それぞれ『結婚してくれないなら人類を滅ぼす』と宣言!!
>驚いたG8各国の介入もあって鳥居家のお茶の間と世界は大混乱に。
>「お前ら、喧嘩すんな! 仲良くしろ……コラ!! ビームで壁壊すな! 」
>慎一とラスボスたちによる、人類存亡を懸けたキャッキャッウフフな共同生活が、今始まる!?
>結婚か滅亡か、ラブコメ最終戦争、接近!!

おっしゃ、まずはツッコミダイジェストいくよー(もはや注釈さえ入れないスタイル

初っ端から、おっぱいにのしかかれながらも冷静な分析ワロスwww
シンイチくん、『普通の男子高校生』って言ってるけどこの時点で割と普通じゃないだろwww
ていうか、全体的に状況適応能力が高すぎるwww

魔王様、エロスへの興味が漏れ出すぎwww
と思ってたら、宇宙皇女様もエロスに興味津々なのかよwww
なんで、二人共揃って男子中学生思考なんだよwww
フトモモの分割によって保たれる平和www
世界の平和はシンイチくんのフトモモにかかっているwww

お母様、緩いなw
と思ってたら、先代魔王様も緩かったw
どっちも飽きたんかいwww

外殻はビジネスマナーwwwみんな守ってるしマジでスタンダードなんかいwww
ていうか、由来を伏せ字必要なアレにするなwww

大統領、いちいち上手いこというなやwww
あと全員、ラブクラフト(性行為)ラブクラフト(性行為)言うなwww
なんかもうラブクラフトがマジでいかがわしい単語に見えてくるだろwww
ラスボス勢はともかく、なんで地球勢も当然の如くラブクラフト(性行為)って言ってるんだよwww

ほんでイタリア首相、熱いなwww
言ってることは割とアレだけど、アレなだけで正論であるwww
やっぱり最後までアレだったけどwww

そして、ラストまで男子中学生っぽさ全開www
ここはラブコメのラブが来るところじゃねーのかよwww
シンイチくんじゃなくてイタリア首相のエロス発言で立ち直るなwww
最後までラブクラフトを押すんじゃないwww

本作においてもロングパスが健在でワロスw
いや途中までは確かに何らかの何かで彼女も出てくるんだろうなと思ってたけど、これは予想外だったわwww
名前の伏線も完全にスルーしてたwww
そして、ラッキースケベと痴漢行為がキーとなって決着するバトルwwwこれは酷いwww


という感じで、以下普通の感想です。

伊藤ヒロ先生作品の高貴系ヒロインといえばポンコツなのがお約束ですが、今回のラスボス勢もやはり随所から漂うポンコツ臭よ。
ただアズアトス様とかは、シンイチくんの前だとテンションがアレなだけで意外にも割と常識派(?)。
自分がやらかしたことに自覚的で、後で悶てたりしますしね。
そういうとこも含めて、男子中学生か!w

そして主人公たるシンイチくんもまた、伊藤ヒロ先生作品名物『勘違いするなと言われたから勘違いしない系主人公』っぷりが健在。
ただ、アズアトス様の気持ちには仄かに気付いてるのになんで委員長の方は欠片も気づいてないんだよwwwやっぱ、本人に勘違いするなって言われてたからかwww素直すぎるわwww
まさか、「勘違いするな」と言わないだけで勝ちへの道が開けるとはな……。
なお、勝てるとは言っていない。

にしても、ヒロイン勢が性欲に忠実すぎるwwwマジで男子中学生かよwww
でも後で後悔してるところを見ると「可愛いな」と思えてしまうので美少女は強いですね。
ていうか、『モテない男子っぽくて共感できるヒロイン』って新しいな!? なんだその萌えポイント!?
でも、実際萌えるから仕方ない!

ただ、しがら御前様の影がイマイチ薄かったのは個人的にちょっと残念だったかも。
嫁力高いヤンキー、好きなんですけどね……。
やはり、常識人サイドのラスボスの宿命か……。
いや、常識人サイドのラスボスって何やねんって話ではあるのですが。
1巻は出番が遅かった影響もあるとは思うので、2巻での活躍に期待。
委員長のアレが判明した時点で山田さんがアレなことはわかっていましたが、総理もアレだったとは……という点も含めて、続きを読むのが楽しみです。

という感じで、総じて。
男子中学生系ラスボスヒロイン、という新境地(?)。
しかし、これが可愛く思えてしまうから美少女は卑怯ですね。
もちろん伊藤ヒロ先生の笑い力は健在オブ健在で、本作でも大いに笑わせていただきました。








ちな、今なら(いつまでかは知らんけど)1・2巻共に紀伊國屋電子書籍さん……だけでなくAmazonとかでも半額になってるっぽいので、お買い得やで!(ダイマ

ただし、彼はヤンデレにさえモテません2

どうも、はむばねです。
ほげぇ……KADOKAWAさんの新年会、まだまだ先やと思ってたらもう余裕で1週間切っとるやんけ……。
飛行機とかホテルの予約はしてるけど、逆に言うとそれしかしてねーんですよね……。
特に作業調整が微妙……今回、飛行機ということもあって荷物は極限まで減らしたいのですが……。
まぁとはいえ、なるようにしかならんのでとりあえず目先の作業から片付けていきます(適当

そんなこんなで(もちろん前段の内容とは関係ない)、伊藤ヒロ先生作品感想祭り第一弾、継続中。
本日は第一弾の三番目、二巻の感想です(ややこしさ上昇中
例によって続編はネタバレに配慮していませんが、それ以前にたぶんこの感想だけ読んでも意味不明だと思われるという例のアレ。


ただし、彼はヤンデレにさえモテません2 (MF文庫J)
伊藤 ヒロ
メディアファクトリー (2013-12-21)
売り上げランキング: 998,379


あらすじはAmazonより抜粋。
>モテたくてモテたくてしょうがない普通の男子高校生であるところの御厨シンイチはストーカー気質の幼馴染、犬神サチ、自称恋愛マスター、宇佐美たんぽぽ、守ってあげたくなる系男子、長政秋彦、ほか沢山の変人に囲まれ謎のモテ期を迎えていた。
>そんななか、番長というあだ名が付いているクラスメイト、岩井九頭子に呼び出しを受ける。
>彼女は典型的な『萌え系四コマ漫画によく出てくるような、本当はただ背がデカくて目つきが悪いだけで、不良と誤解されているせいで皆から避けられて困っている、みたいな人』っぽいキャラの風貌だったが、その実態は?
>はたしてシンイチはどうなってしまうのか! ?
>空前絶後のドタバタ冷やしラブコメ(?)第2弾! !

前巻の感想はこちら

またしても乳首から始まる導入www
ほんで、授業中やったんかいwww
授業中に乳首イジられるとか、上履きの匂いを嗅がせるとか、プレイが高度すぎるwww
というかサチさん、乳首だけじゃなく上履きの匂い嗅がせるのも常習犯だったんかいwwwホンマに上級者すぎるやろwww

という感じで冒頭からツッコミどころしかなかったので、早速ですが恒例のツッコミダイジェストいきましょう。


一人シュッポッポwww確かに、初耳オブ初耳だけど意味はわかるwww
けど、なんで女性陣には当たり前のようにその呼称が広まってんだよwww
ていうか、連呼すんなwww

宇佐美さんのキャラクター紹介のパラメータに『足の臭さ』の項目入れんなwww
しかもちょっと高いしwww
仮にも美少女ラブコメのヒロインやろwww

だんだん雑になっていく夢ワロスw
とりあえず乳首突っついときゃいいってもんじゃねぇぞwww
『とりあえず乳首突っついときゃいいってもんじゃねぇぞ』ってツッコミ何なんだよ!(セルフツッコミ

TSSS(ただ尻を触られただけで好きになる)www
確かに、(男女逆にして)痴漢モノなら見たことあるけどwww
謎の説得力持たせるなしwww

ストーキングBOOKの年度の違いは流派の違いみたいな扱いなのかw
ていうか、なんで全員当然の如く別冊少女はなやか読者なんだよwww
別冊少女はなやかの読者だからヤンデレになるのか、ヤンデレだから別冊少女はなやかを読むのかwww因果関係はどっちだwww

くwwwそwww
終盤は、状況的にはそこそこシリアスなはずなのにwww
次々と変態共の変態性が暴露されるせいで笑いしか起こらねぇwww
もうこれ、ただの変態発表会じゃねぇかwww

そして、サチさんが実は隠れ巨乳ですらなかったという新事実www
1巻冒頭からの、まさかの巻すら跨いだロングパスかよwww
確かにちょいちょい、隠れ巨乳関連の表現には微妙なとこがあるような気はしてたけどwww


……ふぅ、とりあえずこんなところですかね。
以下、普通の(?)感想。


相変わらず、シンちゃんが男前ですね。
自らも危機であると認識しながら、先にサチさんを助けることを長政(弱)くんに願う男っぷりよ。
まぁ、その危機自体がそもそも勘違いだったわけではあるのですけれど。
あと、相変わらずの『勘違いしないでと言われたから勘違いしない』芸も健在で笑うw

にしても、サチさんはまぁシンちゃんのことがアレなんで、方向性はともかくとしてストーキング行為もアレの表れとしてまぁいいんですけども(よくはないけど)。
むしろ、好奇心オンリーでサチさんと同等の行為を行っている宇佐美さんの方がヤバくなーい?
地味に、この子が作中で一番ヤバみ高いのでは???
ただ、全員が拗らせてる中である意味一番真っ直ぐでもあるんだよな……人間関係の機微にも聡いし……。
トリックスターと見せかけて黒幕ポジションだった、ってオチでも全然不思議はないぜ……いや、この物語における『黒幕ポジション』って何やねんって話ではあるんですけども。

ともあれ、今回加わった新たなメンバーである祝さんは『萌え系四コマ漫画によく出てくるような、本当はただ背がデカくて目つきが悪いだけで、不良と誤解されているせいで皆から避けられて困っている、みたいな人』で……いや、説明(本文ママ)長ぇな!?
まぁ、言わんとしていることは過不足無く伝わりますが。
ただ、萌え系四コマ(以下略)の文言を連呼すんなwwwいちいち長ぇわwww

閑話休題。
山田さんに関しては、未だよくわからん感じですね……立ち位置というか、意図というか……。
一応ラストで明かされはしましたが、果たしてこれが全てなのだろうか?
つーか、洗脳という意味ではサチさんの方が酷いのでは……w
シンちゃんの男女の関係についての常識がちょいちょい改変されとるやんけw

という感じで、より拗らせメンバーが増えたメンツでこれからどうなっていくのかが気になる……の、ですが……。
現状を鑑みると、続刊は……そういうこと、ですよねぇ……。
うん、まぁ、切り替えていこう。

というわけで、総じて。
新たな面子も加わり、ますますカオスっぷりが増した2巻。
変態大決戦とでも呼ぶべき様相に、毎度のことながら大いに笑わせていただきました。

ただし、彼はヤンデレにさえモテません

どうも、はむばねです。
昨日に引き続き、伊藤ヒロ先生作品感想祭り第一弾、継続中です。
第一弾の、二番目です。
ややこいけど、昨日書いた通り『第一弾』は去年読んだ分で『第二弾』は今年読んだ分という区分だからね、仕方ないね。
……『第一部』とか『去年の部』とかいう呼び方の方がわかりやすかったのでは? という気もしないではないけど、今更なので気にしない。

というわけで、感想です。
そんなにネタバレはしてないつもり……というか、そこそこネタバレはしてるんだけど恐らくこの感想だけ読んでも何のこっちゃわからんのではなかろうかと思うのでセーフという昨日に引き続きの理論。


ただし、彼はヤンデレにさえモテません (MF文庫J)
伊藤ヒロ
メディアファクトリー (2013-08-22)
売り上げランキング: 1,057,375


あらすじはAmazonより抜粋。
>モテたくてモテたくてしょうがない普通の男子高校生であるところの俺、御厨シンイチは、少し“変わっている"幼馴染、犬神サチに付きまとわれているため、普通の女の子に相手にされない悲しい日々を送っていた。
>けれどある日、サチが俺の友人、長政秋彦に恋心を抱いていることを知り、そこで俺は気づくことになる。
>サチと他の男が付き合い始めたら、サチが俺から離れてくれるのではないかと!
>かくして、俺とサチの共同戦線が幕を開けた。
>「……シンちゃん、早くしないと、長政くんのストーキングに遅れちゃう」
>前代未聞のドタバタ冷やしラブコメ(?)、スタート! !

一ページ目のラスト、
>沈む太陽に照らされながら、俺は天を仰いで涙を流す。
>小鳥は、俺の乳首を突っついていた。
ここを読んだ時点で、「おっ、伊藤ヒロ先生の平常運転だな」と思って謎の安堵感を抱きましたよね。
ほんで、ページ捲ったらまた乳首いじられててワロタw

そして飛び出す、『多数派の貞子さん』というパワーワードw
確かに、貞子さんと『ヤンデレストーカーっぽい』はほぼ同義語かもしれんけどもwww
まず貞子さん自体が多数は存在しねぇよwww

更に続く、『幼なじみなのに可愛くない幼なじみなのに可愛くない詐欺』とかいうワードwww
これについては、もう意味がわからんwww

とかとかね。
例によって伊藤ヒロ先生の作品は全部にツッコミを入れてたらキリがないので、以下ツッコミダイジェスト。

ストーキングの練習って、マジで『練習』なんかいw

ほんで、シンちゃん(主人公)もストーキング行くんかいwww
『ストーカーを新しい対象に押し付けるために一緒にストーキングする』という新しい概念www
本人も言ってるけど、なかなかクズいなwww
でも確かに、(これまた自分でも言ってる通り)私利私欲のためとはいえ付き合い良いなwww

しかも、ストーキング対象本人の了承も得とるんかいwww
なんだよこの『ストーキング対象本人了解の元にストーキングする二人』っていう構図www

宇佐美さんとサチさんの通じっぷりがやべぇなwww何なのその謎の共通認識www
普通に日本語で話してるはずなのに、この二人だけ微妙に違う言語で話してる感すらあるわwww

あと、結構な頻度でサチさんが素になるのも笑うw
確かに常識的観点なんだけども、お前が言うなオブお前が言うなであるwww


って感じですかね、とりあえず。
以下、普通の(?)感想。

シンちゃん、学力152%増し程度で難関校に合格出来るってエロパワー抜きでも割と素で高スペックなのでは?
でもまぁ、エロパワーでブーストかかったからといって2倍3倍まで学力アップするのも現実的ではないですからね。
ぶっ飛んだところはクッソぶっ飛んでるんですけど、何気にそれ以外のところは結構常識的というかリアリティがあるんですよね。
この辺りの伊藤ヒロ先生のバランス感覚、好き。

あとシンちゃん、何気に思いやりの紳士でもある。
『ストーキング対象を乗り換えることでのストレス』とかどういう概念やねんwwwとかいう話ではあるんですが、方向性とはともかくとして普通にサチさんへの気遣いがパねぇんですよね。
なんだかんだ、サチさんをストーカーの星にするまでは面倒見るつもりでいますし。
いや、マジで何言ってんだって話なんですけどもw
>俺のためなんだ、法律くらいは破ってもらうぞ
とか、クズ以外の何者でもないこと考えてたりもするんですけども。
でも長政くん(ストーキング対象)に対してにも、罪悪感を感じて度々自分の中で疑問を呈したりしてますし。
>ヤンデレの方向がちゃんと長政の方に向いている。なかなかやるな。
とか考えたりもする部分はやっぱりクズムーブだったりするんですけども。
……ていうかやべぇなこの物語、ほぼ全員が拗らせすぎてるせいで字面だけ見るとカオスしかねぇわ!?
……と思ったけど、普通に読んでてもカオスしかなかったぜ!

いやー、相変わらずの人前で読んではいけない禁書っぷりですね。
「ふへへっw」ってキモい笑い声出たわ。
サチさんとちょっとシンクロしてたわ。

ほんで、ラストはね。
まぁ、伊藤ヒロ先生ですからね。
何かしら仕掛けてくるとは思ってましたけども。
しかし、予想を遥かに超えるオチの酷さだな!?(褒め言葉
すげぇ、力技(ダブルミーニング)でこのゴタゴタを収めやがった……。
というか、何も収まってない……と見せかけて、実のところ確かにシンちゃんの記憶さえ無くなれば収まる話ではあるんだよなこれ……他の人にとっては既知の事実の確認でしかなかったわけだし。
しかし、乳首がキーポイント(物理)になるとはな………………うん、正直知ってた。
このロングパスでオチを強引に決めに行く感じ、嫌いじゃないぜ……。

かーらーのー、ラストのラストでもニヤリとさせられる展開でございました。
まだ明らかになってない事実もある感じですし、2巻を読むのも楽しみです。

という感じで、総じて。
乳首に始まり概ね乳首に終わる物語(嘘は言っていない)。
実に伊藤ヒロ先生の平常運転という感じで笑わせてもらいつつも、ラブ方向でも大変にニヨニヨ出来るお話でございました。

女騎士さん、ジャスコ行こうよ (4)

どうも、はむばねです。
伊藤ヒロ先生作品感想祭り第一弾、はっじまっるよー\(^o^)/

説明しよう!
伊藤ヒロ先生作品感想祭りとは!
大体字面そのままである!

はい、というわけでね。
伊藤ヒロ先生の作品は、これまで散発的にいくつか読んできたわけなんですけども。
コメディ力(こめでぃちから)が足りない! という昨今の己の状況を鑑みて、比較的最近発売された作品でまだ読んでないのをまとめて購入して読むことにしたのでした。
ちな、『第一弾』と称しているのは去年読んだ分についてです。
とりあえずガガッと近日中に第一弾分を更新して、しばらくして第二弾(今年読んだ分)について更新する予定。

そんなこんなで、第一弾の初手はジャスコの4巻です。
ネタバレは……まぁ、してるけど、うん、たぶんこの感想だけ読んでも何のことかはわからないと思うのでセーフ(?)。

女騎士さん、ジャスコ行こうよ (4) (MF文庫J)
伊藤 ヒロ
KADOKAWA/メディアファクトリー (2015-09-25)
売り上げランキング: 592,139


あらすじはAmazonより抜粋。
>「え? いよいよ平家町にジャスコができるって!?」
>地道な活動によって平家町民に努力を認められたオーク社長、ダイナマイトジョニー。
>ついにダイナマイトジョニー2号店、いわゆる“ジャスコ"を平家町に建設する許可が出た!
>はしゃぐポー姫に連れられて建設予定地を見に行った麟一郎だったが地面の下からとんでもないものが見つかってしまう……。
>時を同じくして、女騎士クラウは騎士を辞めて専業主婦になると言い出して―――
>平家町のジャスコ建設は、そして麟一郎の運命は!?
>話題沸騰の女騎士系田舎日常コメディ、風雲急を告げる第四弾!

前巻の感想はこちら

カラーイラストに水神さんがいない……だと……?
アカン、至極普通のことやのにちょっと動揺してしてしまった……完全に、前の2巻分で調教されている……。
普通に考えればクラウさんシャワーシーンイラストの深夜アニメあるあるとか露骨なツッコミ所なのに、「おっ今回は普通のサービスシーンなんやな」とか思ってしまったわ……。
表紙も、普通やし………………いや普通じゃねぇよ! これ祖母ちゃんだからな!
マジで、『水神さんさえ出なければまぁ普通』という価値観に毒されすぎている……。
というか、もはや一ミリも影すら出てきてない状態ですら水神さんの存在に惑わされるようになっている……。

ま、まぁ、ともあれ。
今回はカラーイラストも普通(当社比)やったし、本文もツッコミ所少なめなんやろうなぁ………………とかぶっちゃけ思ってすらなかったけど、案の定そんなことはなかったぜ!
というわけで、今回もツッコミダイジェスト。

女騎士法wwwラブコメのお約束を条文に組み込むなwww
相変わらず、ガチファンタジー世界の住人のはずなのに全力でメタファンタジーやっとるなこの人たちwww
ちゅーかラッキースケベ時の光も、魔法の力なのかよwww
DVDやブルーレイにはそれを打ち消す力がある(から謎の光や煙が消える)とか、無駄にちゃんと理屈通ってるところが草www
くそwwwほんでバトルへの転用を言及されたとこで「おっ、これは恒例のロングパス伏線で使うやつかな?」と思ったらwww本編で先回りして言及されたwww
ていうか、本編でロングパス伏線言うなやwww

リンイチローくんも言ってるけども、もはや「くっ殺せ」も語尾みたいになってるじゃねぇかw
そして、クラウさん安定のムッツリっぷりよwww
いや、これもうムッツリっていうかフルオープンだわwww堂々と本人に言ってるしwww

二章の冒頭早々でwww後の展開のネタバレすんなwww
いや、しかし、これがロングパスである可能性も否定できんしな……。
とか、疑心暗鬼になってまうやろがwww

田舎に嫁が来ない理由を一人で体現する祖母さんwww
ちょいちょい社会問題を(猛烈な勢いで)取り込むなwww

R-山本(二九歳、独身)さんwww結婚したら、R-山本(二九歳、既婚)に変わるんかいwww
一瞬「まぁ、それはそうやな……」とか思ってしまったけど、まぁそれはそうやなじゃねぇわwww
瀬田さんとこに嫁入りしちゃのに山本の部分は変わらねぇのかよwwwなんで結婚有無の情報だけ書き換わるんだよwww結婚してるかどうかってバージョン違いみたいな扱いなのかよwww
あと、R-山本(二九歳、独身)さんのことを『女教師』って言うなwww

コザクラさんwwwこの人も禁キュウリでキレるカッパなんかいwww
ていうかもう、「禁キュウリさせられてる若妻(カッパ)」という概念がパワーワードすぎるwww
そして、『若い奥さんたち』の構成員がカッパ・バステト神・ロボ、というメンバーであると言われても特に疑問を抱かなかった自分に恐怖すら覚えるわwww

Nび太さんとGャイ子とSズカちゃんとSワシくんの関係性の推測www納得出来てしまうからやめてくれwww
ていうか、章の冒頭毎にツッコミ所入れるのやめーや!w

クラウさん小学生並みの性知識って言われてるけど、知識レベルはともかくとしてその行動(コップ舐めたり下着で遊んだり)は小学生レベルを逸脱しとるやろwww
ただ確かに、そんなクラウさんにエロゲをやらせたりエロネタを振ってきた姫様は反省してどうぞ。
いや、もっと反省すべき点がある中でそこだけは素直に反省すんのかいって話ではあるんですがw
ちゅーかクラウさん、エロゲをやる中でなぜ知識が培われなかったのか……。

モテモテ仙人、3巻で使い捨ての設定やなかったんかいwww
しかし、リンイチローくんの鈍感っぷりは英才教育の賜物であったか……。
『自分を鈍感ではないと思い込んでいる鈍感主人公』自体はある種の定番ではありますが、ここまで理由付けされてるパティーンも珍しいなw

邪馬台国関連を全部ダジャレで処理しようとすんなwww
そしてwww水神さんに似た触手www
触手に似た触手という概念なんなんだよそれwww
ほんで、触手関連についてのリンイチローくんのボケっぷりがガチすぎるwww
ていうかそれ以前に、まず触手関連の話題がそんなに出てくるライトノベルって何なんだよwww

確かにリンイチローくんが何か良いこと風なこと言ってクラウさんが戦うようになるのは今までのパターンだけど、それも本編で言うことじゃないだろwww
まぁ結局最終的にはリンイチローくんの存在がクラウさんを戦いに赴かせることにはなったわけだけど、その理由が『賢者タイム(物理)になったから』というのも酷いw

結局今回のロングパスはそこかwww
言われてみれば予想して然るべきだった気もするけど、これは完全に意表突かれたわwww
くっ、フェイントにまんまと騙された……と思いきや、やっぱあっちもロングパスやったんかいwww
いや確かに、これも使い方的には意表を突かれたけどもwww『光属性魔法を打ち消す』って、例の光だけじゃなくて文字通り光魔法全般を指してたんかいwww
そして、今回ロングパス多いなwwwちゅーか、祖母ちゃんもリンイチローくんの裸で興奮すんのかよwww

ほんで、ジャスコでいい話風に締めんなwww締まってないわwww
触手ちゃん(?)のオチも酷いwww
だがしかし、そう考えるとリンイチローくんは単に触手の性別で判別しているわけではなく水神さんだからこそ判別出来ているということであり、彼の愛が真実のものであることの証左とも言えるのかもしれいない。
……いや言えねぇよ!(セルフツッコミ

そしてwww遺跡のオチもwwwロングパスwww
これも予想外wwwこれは酷いwww(褒め言葉)
ジャスコどころの話じゃねぇぞ!(法務部の強さ的な意味で)

ほんで、最後の最後までツッコミどころwwwあとがきに本編混ぜんなwww
かと思えば本編からシームレスにあとがきに移行すんなwww
あと、結局途中のネタバレが嘘ネタバレだったのにも草w
いや、クラウさん本人が懲りたわけではないだけで専業主婦の大変さは(ある意味で)描かれてましたがw


って、ツッコミどころ多すぎて過呼吸起こすわ!?
なんかもう他が濃すぎて、クラウさんが(新婚夫婦への間違った知識によって)枕元で傷んだネギを延々包丁でトントンしている程度の奇行とか、タイムマシンの形状が軽トラとかくらいなら「まぁそういうこともあるかな……」って気がしてくるわw
というか、ツッコミダイジェストだけでクソ長くなってしまったな……。
というわけで、以下は残りの感想(?)です。


流石に、前巻のラストはちゃんと今回に繋がる引きでしたか。
本作(というか伊藤ヒロ先生作品)においては、ワンチャン放り投げる可能性もちょっと疑ってたんですけどね。

ともあれ。
本編1イラスト目から速攻でぶち込まれる本文とのコラボレーションよ。
なんというかこの辺り、謎の安心感がありますね。
リンイチローくんのツッコミ役としての機能が停止するまでの爆速っぷりも定評通り(?)である。

ポー姫さまの、悪巧みにかけての知恵者っぷりも健在。
マジでこの人、人心を惑わすことにかけては有能だなw
為政者として正しい資質なのかもしれませんが、概ねその利用先が私利私欲とジャスコのためというのがw
というか、ジャスコの件も結局は私利私欲やしなw

しかし古代の祖母ちゃんは、マジで祖母ちゃん本人だったのか……。
むしろここがフェイントだと思ってたんで、またも意表を突かれましたね。
しかし、年齢詐称の規模が雄大すぎて笑うw


にしても霜月えいと先生の画力はマジで凄まじいな……。
ただ上手いだけじゃなく、何というか表現力がやべぇ。
水神さんがあのビジュアルで最終的に可愛く見えた(洗脳されたとも言えるのかもしれない)のもそうだし、今回の祖母ちゃんも何というかロリババアというか『バアちゃん』みが強いんですよね……。
あと、姫様の泣き顔のガチっぷりも凄い。
仮にもヒロインのする顔じゃねぇけど、その分無念さが無茶苦茶滲み出ている……。
流石、祖国を追われた時にすら泣かなかった人が泣いただけのことはあるぜ……と思わされる迫力。
まぁ今回泣いてる理由、ジャスコだけど……。

そしてその直後の水神さん(触手)とミヤさんが並んだイラストについては、なんか水神さん(触手)の方が可愛く見える気がするという……ダメだ、完全に洗脳されきっている……。
からの、ダイナマイトジョニーさんの嘆きの顔よ。
いやこれも迫真なんだけども、なんでここを挿し絵指定してんだよwww
ヒロインのカットを削ってでもオークのおっさんの泣き顔を指定するというライトノベル編集部判断、相変わらず頭おかしい(超褒め言葉)。
かーらーのー、次の挿し絵がまたもヒロインと触手(今度は古代)のツーショット!
なんで触手メイン回でもないのにこんなに触手のイラストがあるんだよwww
いや、『触手メイン回』とかいう狂気が実現されてた前巻も異常だったんだけどもwww

しかし、確かにこの触手は水神さんに比べればイケメンっぽく見えるんだよな……。
マジでどうなってるんだ、霜月えいと先生の表現力……。
触手を描き分けられるイラストレーター……だと……。


閑話休題。
ラストはこれ、マジでこれどうすんのofどうすんの案件。
ついにシーズベッドも本格的に絡んできそうですし……。
……という締めで終わってるこの巻が、2015年9月末刊行。
で、2019年も始まって続刊が刊行されておらず、同レーベルから別作品が出ているということは……まぁ、そういうことなんでしょうね……。
個人的には伊藤ヒロ先生だけでなく編集さんも頭おかしくて(褒め言葉)霜月えいと先生のイラストとの連携も完璧という、奇跡的な作品だと思うのですが……。
まぁ、今更言っても仕方ないことではありますね。
(別の伊藤ヒロ先生作品に)切り替えていこう。

という感じで、総じて。
伊藤ヒロ先生の狂気(褒め言葉)、編集さんの頭のおかしさ(褒め言葉)、霜月えいと先生の異常なまでの表現力(普通に褒め言葉)、それら渾然一体っぷりがますます加速していた4巻。
今回も大いに笑わせていただきました。

ゲーマーズ!10 天道花憐と不意打ちアップデート

どうも、はむばねです。
ほいさー、本年一発目の感想記事ですよっと。
いやまぁ読んだのは去年ですし、この記事自体も結構前から書き上がってたんですけどね。
体調がgdgd気味なのもあって、微妙に上げる機会を逸していたのだ……。
あ、ちなみに本日はアホみたいに寝て体調は万全です。
マジで、福岡に戻ってきてから初めてかもしれんねレベル。

というのはともかくとして、感想です。
例によって、続刊についてはあまりネタバレ配慮をしておりませんのでご注意を。


ゲーマーズ!10 天道花憐と不意打ちアップデート (ファンタジア文庫)
葵 せきな
KADOKAWA (2018-05-19)
売り上げランキング: 87,001


あらすじはAmazonより抜粋。
>真音とのボスバトルをクリアし、自分に足りない恋愛観を自覚した雨野に訪れるバレンタイン。
>ぼっちには本来縁遠いイベントのはずだが、女子の知り合いが出来た今年は事情が違う。
>「去年とはチョコ『ゼロ』の重みが段違いすぎる!」びびるぼっち。
>そして頭を抱えているのは彼だけではなく…
>「私にはもう分かりません。自分の能力も…チョコの定義も」
>勝手に追い詰められて心が折れかけているポンコツ、天道花憐。
>そんな相変わらずの足踏みを続ける二人を尻目に、一人密かな意識改革を進行させていく人物。
>彼女の決意と行動が今、勘違いに彩られた恋愛模様を大きく『上書き』する―!

前巻の感想はこちら

ファーwww
初っ端から、実に『ゲーマーズ!』で笑うしかないwww
いやぁ、そうですよね。
前巻のラスト、あれは実に『雨野景太』でしたよね。
ホントに、雨野くんらしさ以外の何者でもない。
だからこそ、前巻の引きは気持ち良かったんですけども。
だからって、ゲーム同好会(プラスα)の皆さん喜びすぎワロタw
雨野くんのファンかよwww
……いや、まぁ、実際、このメンツは雨野くんこファンみたいなもんですよね。
ここ最近『らしく』ない行動が多かったからこそ感動も一入、という上原くんの言もわかろうというものです。
まぁ、それにしてもテンションがアレでしたがw

ともあれ、回想にて前回の続きに戻るわけですが。
雨野くんとアグリさんのやりとりが、また吹きますねw
マジでこの二人に関してはフラグとか一切立たない感。
ていうか雨野くん、アグリさんに対してだけ塩対応すぎて笑うw
普通はドギマギするようなところでも、アグリさん相手だとむしろ引きリアクションになる徹底っぷりよ。
もっともだからこそ、これはこれで特別感があるわけで。
かつて周囲が疑いの目を向けたのも、さもありなんって感じですね。
あと雨野くんの喩えが逐一上手すぎるw

ほんで、負けたんかーいwww
うん、いや、まあそうなるな……って感じではありますがw
>真音とのボスバトルをクリアし
勝利でクリアしたとは言っていない。
負けイベントだからね、仕方ないね。

それはそれとして、いつの間にか回想を聞くオーディエンスが増えてるのはワロタw
どういう状況やねんwww

閑話休題。
魔王様……もとい、真音さんのバックボーンについては、なるほどという感じ。
いやホント、なるほどと思えてしまうところがズルいですよね。
納得せざるをえないといいますか、これまでのこと含めて一気に評価が逆転して上がる感じ。
葵せきな先生の手の平の上で転がされてる感よ。

んでんでんで。
星丿守姉妹との邂逅も、いつも通りのノリ……と見せかけて、かーらーのー! ファッ!? っとやられました。
これは完全に予想外の流れというか。
はえー、ここできましたかー、という感じ。
もうちょい色々と色々な感じでいくのかと思ってたので、これは不意打ちでしたね。
ここも、サブタイ通りってところか。

からの、それはそれとしての笑いどころの嵐でした。

〉聞かせたくないならモノローグにすれば!?
いや、その通りなんだけどもwwwモノローグ言うなwww
ついに『ラブコメなら聞こえない流れのセリフに反応する雨野くん』へのツッコミが入ったはいいけど、その言い草よwww

図書室(チョコ)って、どういう概念なんだよwww新しすぎるわwww
いやこれは確かに、天道さんでなくとも想い人に渡すかどうか迷うラインかもしれんw
普通に考えれば、普通に好感度下がるアイテムに思えますからねw
まぁとはいえ見てる方からすると、渡す相手が色んな意味で普通ではないんで、そこは安心なのですがw

と、存分に笑わせてもらってからの。
ラストは、なるほど『不意打ち』からの更なる『不意打ち』。
最近はしばしば忘れがちなとこもあっただけに、まさしく不意打ちでした。
そう、この二人は元々至極似てるんですよねー。
元の感性も、その成長の軌跡も。
だからこそ、同じ学びを目の当たりにすると思考も同じような方向に向くと。
納得……ではあるけども、ここからどうなんのこれ!?

という感じで、総じて。
いつもの面子の変わらない部分に笑い、かと思えば思わぬ行動に驚き。
特に最後の『不意打ち』はまさしく予想外で、はてさてここからどう転んでいくのか、毎度のことながら続きが気になりすぎる10巻でございました。
なお、11巻もとっくに出ている模様(というか既に読み終わっている)。

お腹の 調子が 乱れる!

どうも、はむばねです。




一昨日にこのツイートをしましたが、未だにお腹の調子が復活しません。
単純に、水分のとりすぎなんだろうか……?
ただ、同じく一昨日から唇もえらい勢いで荒れててですね。
こっちの対策として、水分摂取は継続しときたいところなんですよね……。

………………。
…………。
……。
……うん、まぁ、というか。
一昨日からほとんど寝てねーので、冷静に考えると治る要素もないですね。
昨日に至っては、徹夜からの飲酒からの不眠発動の超コンボ☆

いや、ていうかですね。
実家から戻ってきてからの不眠発動率がエグくて、これ睡眠成功率5割切ってるのでは? というレベル。
ついこないだも、不眠+発熱のコンボが発生しましたし。
ダイスがファンブっとるんか???
ていうか、そもそも睡眠の成功率ってどういう概念やねん。
最悪任意発動はしなくてもいいけど、体力がヤバなってきたら自動で発動せーや。

ここ最近、TwitterのTL上では「若い時に徹夜してた周りの奴らは早死しとるぞお前ら徹夜すんなよ寿命削れるぞ」的な話題を何度も見かけますけども。
『睡眠』コマンドを選択してるにも拘らず勝手に不眠状態になって寿命が削れていくって致命的なバグすぎへん?
いわゆる『進行に致命的な影響が出るレベル』で速攻パッチ出されるやつやろ。

と、いう感じでね。
相変わらず不眠の時は頭が働かないので、今日はここまで。

成人式の思い出

どうも、はむばねです。
本日は、成人式だそうですね。
暦の概念から離れてもう久しく、TL上で話題になっていなければ気付くことすらなかったでしょうけれど。
せっかく認識したので、私の成人式の思い出について語ってみましょうか。

ま、つってもね。
成人式そのものは、実に普通のものだったと思います。
暴れる人こそいなかったものの、まぁあんまり壇上の人の話を聞いている人もおらず。
懐かしい顔と再会し、式の後でちょっとした同窓会的なものを行い。
私はその日が帰省ラスト日だったので、そのまま(当時在住の)滋賀に帰還。
多少慌ただしくはあっても、どこにでも溢れる光景だったことでございましょう。
唯一変わった点があるとすれば、人生でベスト3に入るくらいクソな酔い方をして死ぬほど人に迷惑をかけた翌日だったってことくらいかな☆
成人式で久々に会った友人に「酒臭っ!?」って言われまくったよね。

ちな、そういやその頃にはブログ始めてたよな……と思ったら、やっぱり当日の様子について書いた記事がありましたね。
私の20代以降の出来事は、概ねブログに記載されているのだ……この一点だけでも、個人的にはブログを続けてきた価値があると思っている。
ちゅーか、思ってた8倍くらいは慌ただしい感じで草w

なお、前日について言及した記事もあるわけですけれど。
この中には、『人生の最大級の恥』との記載がございます。
しかし、本日の記事にはね。
『人生でベスト3に入るくらいクソな酔い方』と書いてありますよね。
そうだね、その後の人生で少なくともあと2回ほどはあの時と同等以上のクソな飲み方をしたシーンが発生したわけだね。
あと『酒は控えます』とも書いていますが、その後どうなっているかは既に皆さんもご存じの通りですよね☆
まぁ、そもそも先述の記事自体酒飲みながら書いとるしな。

とはいえ、あれから13年。
私もそれなりに大人になり、あの頃ほどは無茶な飲み方も(あまり)しなくなりました。
単に、出来なくなっただけとも言いますが。
と、いうわけでね。

moblog_e7d5c70b.jpg


本日は、昼間っから酒飲むはwwww

何が『というわけで』なのか(はむばねさんにありがちな用法

もつ鍋専門店 元祖もつ鍋楽天地 福岡天神西通り店

どうも、はむばねです。
こいつ、急に飯の話ばっかするようになりやがったな。
うん、まぁ、正直、昨日の記事チョイスはもうちょっと考えるべきだったかと反省している。

それはそれとして、昨日ふくし氏と新年初天神飲みに行ってきたお店のご紹介ですよっと。
国体道路沿いに割と大きめの看板が出てるので、天神歩いてる時に見覚えのある方も多いのではないでしょうか。
楽天地 福岡天神西通り店です。
どうでもえぇけどリンク先(食べログ)、トップの画像が全部楽天ショップ感強すぎへん?
まさか、『楽天』繋がりの高度なネタなのか……?

ま、まぁそれはともかく。

moblog_9d4c92f3.jpg

moblog_ca43ee24.jpg

はい、ドーン。
こちらが、メインのモツ鍋です。
……うん。
ぶっちゃけ、量多くない?
これで二人前なんですけど、他店なら四人前で出されてもおかしくない気がします。

モツも、めっちゃたっぷり入っててですね。
掘れば掘るほどにモツが出てくる感じ。
結局、締めのチャンポンに至るまでずっとモツを楽しむことが出来ました。

ちな、締めのチャンポンは食べ放題です。
何玉でもオッケー。
そんなに食えねーよということで、我々は二玉だけに留めましたが。
最後のチャンポンまで、大変美味しくいただきました。

あと楽天地さんの特徴と致しましては、ガッツリとにんにくが入っているという点が挙げられるでしょう。
アメトークのにんにく芸人回でも紹介されたそうですね。
画像には写ってないと思いますが、マジでスライスにんにくがこれでもかってくらい入ってます。
これまた、締めのチャンポンに至るまでずっとにんにくを楽しむことが出来ました。
モツ好きな方はもちろん、にんにく好きな方にも大変オススメですね。


moblog_1f83e7d4.jpg

前菜として、酢モツとキムチからどちらかを選べます。
画像は酢モツ。


moblog_5c5d6586.jpg

机上の端末から、追いモツも可能。
メニューを撮るの忘れたんですが、マジでモツ鍋しかメニューにない潔いお店です。
今回はスタンダードなモツ鍋(?)を頼みましたが、モツのグレードが上がるちょい高級路線のメニューもありました。
つっても、そんなに高いわけでもないですけどね。
スタンダードが2000円くらいで、グレード上げるとプラス500円くらい? だったかな?
どちらのコースでも、前菜とチャンポン食べ放題は共通です。

と、いう感じでね。
福岡のモツ鍋では有名店の一角らしく。
お手頃な価格でガッツリとにんにくの効いたモツ鍋をガッツリ食べられる、大変に満足度の高いお店でございました。


ちな、その後はふくし氏宅でまた飲んだのですが概ねいつ通りなので割愛。
店に入ったのが20時半くらいで、結局ふくし氏宅で1時過ぎくらいまで飲んでたのかな?(私はその後ももうちょい飲んでましたが
久々にゆっくり飲んで、大変楽しい時間を過ごして参りました。

四文屋 福岡天神1号店

どうも、はむばねです。
はい、というわけでね。
今度こそ、新年初『天神周辺グルメ』カテゴリの記事ですよっと。
今回ご紹介するのは天神駅ちょい東のお店、四文屋 福岡天神1号店さんです。
最近は兼虎とか新天町倶楽部の別メニューの紹介が多かったので、完全新規店舗は久々ですね。
私は知らなかったんですが、東京発? の全国チェーンみたいです。


1_20181201174120542.jpg

2_20181201174119424.jpg

メニューはこんな感じ。
価格帯といいフォーマットといい、(故)ふぐ酒場を思い出しますね……。

というのはともかくとして。
地味に面白いのが、2枚目の右の方に見えてる黒いやつ。
これ、マジックテープなんですよ。
テーブルの脇に貼り付けるところがあって、平時はそこにぶら下げとけるようになってるんですね。
割と雑然とした店内でテーブルも小さめな中、スペースを有効活用する知恵ですね。
これは何気に新しいのでは?

まぁそれはそうと、今回頼んだメニューの一部をご紹介。

moblog_fabee1c6.jpg

焼とん串。
タン、ハツ、ハラミ……かな? たぶん。
全部100円というのが嬉しいところ。


moblog_cf916f25.jpg

にんにくの芽を頼んだら、これも串で出てきますw
この形も新しいなw


moblog_96e0ac94.jpg

冷製肉、豚タン。
これも珍しいメニューですね。


moblog_297ab097.jpg

サーロインステーキ。
このラインナップの中に『サーロインステーキ』が並んでいることの違和感よ。
しかも350円というね。
なのに、全然悪い肉ではないのですよ。
で、出たーw普通に考えたら原価だけで提供価格越奴www


moblog_2fb3cb7d.jpg

福岡限定(らしい)、にらめんたい。
肉に疲れてきた頃にちょうどいい感じ。


moblog_eb113fa5.jpg

そして、個人的に最も『ちょうどいいオブちょうどいい』と思ったメニューがこちら。
ふくし氏からオススメされたメニューでもあるのですけれど。
長芋の浅漬けです。
長芋の……浅……漬け……? ってまずメニュー見た時点で思うんですね。
で、食べてみて「長芋やな」って思うんですよ。
思ったよか浅漬け感がないというか、長芋をそのまま食べてる感。
けどなんか、これが癖になってくるといいますか。
食べてるうちに、不思議と味が濃く感じ始めるというか浅漬け要素が増してくるんですよね。
今回結局2皿頼んだんですけど、2皿目とか「こんな味濃かったか……?」と思いながら食べてましたもんね。
ワンチャン2皿目で味が足されたことを疑うレベルですが、同じ皿の中でも味が変わってくんですよねぇ……。
最初はあんまり漬かってなかったとか、そんなチャチなもんじゃあ断じてねぇ(ような気がする)。


と、いう感じでね。
全国チェーンなのに天神の頭のおかしさを感じられるお店、四文屋さんのご紹介でございました。

«  | ホーム |  »

プロフィール

hamubane

Author:hamubane

たぶんライトノベル作家的なもの


Twitter

既刊情報

最新コメント

最新記事

カレンダー

12 | 2019/01 | 02
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

月別アーカイブ

カテゴリ

ジャンルランキング

[ジャンルランキング]
日記
215位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
91位
サブジャンルランキングを見る>>

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR