FC2ブログ
スクウェア・エニックスノベルス『スタンプ・デッド』1~5巻&コミック版、『太陽で台風』1・2巻発売中!
ガンガンノベルズ『魔法少女アーヤ☆アミー』発売中!
徳間デュアル文庫『魔王さんちの勇者さま』1~4巻発売中!
徳間文庫『欠陥妖怪住宅』、『パラレル家族計画』発売中!
ぽにきゃんBOOKSライトノベルシリーズ『ブチ切れ勇者の世界征服』1~2巻発売中!
HJ文庫『カンスト勇者の超魔教導』1~3巻発売中!
ファンタジア文庫『お助けキャラに彼女がいるわけないじゃないですか』1~3巻発売中!
JUMP j BOOKS『ぼくたちは勉強ができない 非日常の例題集』発売中!

受賞歴:
2004年、第1回スクウェア・エニックス小説大賞『入選』
2008年、第5回トクマ・ノベルズEdge新人賞『徳間デュアル文庫特別賞』
2017年、第11回HJ文庫大賞『銀賞』
2017年、ジャンプ小説新人賞’16 Winter 小説フリー部門『銀賞』
2017年、第30回ファンタジア大賞 『金賞』

«  | ホーム |  »

ゲーマーズ!10 天道花憐と不意打ちアップデート

どうも、はむばねです。
ほいさー、本年一発目の感想記事ですよっと。
いやまぁ読んだのは去年ですし、この記事自体も結構前から書き上がってたんですけどね。
体調がgdgd気味なのもあって、微妙に上げる機会を逸していたのだ……。
あ、ちなみに本日はアホみたいに寝て体調は万全です。
マジで、福岡に戻ってきてから初めてかもしれんねレベル。

というのはともかくとして、感想です。
例によって、続刊についてはあまりネタバレ配慮をしておりませんのでご注意を。


ゲーマーズ!10 天道花憐と不意打ちアップデート (ファンタジア文庫)
葵 せきな
KADOKAWA (2018-05-19)
売り上げランキング: 87,001


あらすじはAmazonより抜粋。
>真音とのボスバトルをクリアし、自分に足りない恋愛観を自覚した雨野に訪れるバレンタイン。
>ぼっちには本来縁遠いイベントのはずだが、女子の知り合いが出来た今年は事情が違う。
>「去年とはチョコ『ゼロ』の重みが段違いすぎる!」びびるぼっち。
>そして頭を抱えているのは彼だけではなく…
>「私にはもう分かりません。自分の能力も…チョコの定義も」
>勝手に追い詰められて心が折れかけているポンコツ、天道花憐。
>そんな相変わらずの足踏みを続ける二人を尻目に、一人密かな意識改革を進行させていく人物。
>彼女の決意と行動が今、勘違いに彩られた恋愛模様を大きく『上書き』する―!

前巻の感想はこちら

ファーwww
初っ端から、実に『ゲーマーズ!』で笑うしかないwww
いやぁ、そうですよね。
前巻のラスト、あれは実に『雨野景太』でしたよね。
ホントに、雨野くんらしさ以外の何者でもない。
だからこそ、前巻の引きは気持ち良かったんですけども。
だからって、ゲーム同好会(プラスα)の皆さん喜びすぎワロタw
雨野くんのファンかよwww
……いや、まぁ、実際、このメンツは雨野くんこファンみたいなもんですよね。
ここ最近『らしく』ない行動が多かったからこそ感動も一入、という上原くんの言もわかろうというものです。
まぁ、それにしてもテンションがアレでしたがw

ともあれ、回想にて前回の続きに戻るわけですが。
雨野くんとアグリさんのやりとりが、また吹きますねw
マジでこの二人に関してはフラグとか一切立たない感。
ていうか雨野くん、アグリさんに対してだけ塩対応すぎて笑うw
普通はドギマギするようなところでも、アグリさん相手だとむしろ引きリアクションになる徹底っぷりよ。
もっともだからこそ、これはこれで特別感があるわけで。
かつて周囲が疑いの目を向けたのも、さもありなんって感じですね。
あと雨野くんの喩えが逐一上手すぎるw

ほんで、負けたんかーいwww
うん、いや、まあそうなるな……って感じではありますがw
>真音とのボスバトルをクリアし
勝利でクリアしたとは言っていない。
負けイベントだからね、仕方ないね。

それはそれとして、いつの間にか回想を聞くオーディエンスが増えてるのはワロタw
どういう状況やねんwww

閑話休題。
魔王様……もとい、真音さんのバックボーンについては、なるほどという感じ。
いやホント、なるほどと思えてしまうところがズルいですよね。
納得せざるをえないといいますか、これまでのこと含めて一気に評価が逆転して上がる感じ。
葵せきな先生の手の平の上で転がされてる感よ。

んでんでんで。
星丿守姉妹との邂逅も、いつも通りのノリ……と見せかけて、かーらーのー! ファッ!? っとやられました。
これは完全に予想外の流れというか。
はえー、ここできましたかー、という感じ。
もうちょい色々と色々な感じでいくのかと思ってたので、これは不意打ちでしたね。
ここも、サブタイ通りってところか。

からの、それはそれとしての笑いどころの嵐でした。

〉聞かせたくないならモノローグにすれば!?
いや、その通りなんだけどもwwwモノローグ言うなwww
ついに『ラブコメなら聞こえない流れのセリフに反応する雨野くん』へのツッコミが入ったはいいけど、その言い草よwww

図書室(チョコ)って、どういう概念なんだよwww新しすぎるわwww
いやこれは確かに、天道さんでなくとも想い人に渡すかどうか迷うラインかもしれんw
普通に考えれば、普通に好感度下がるアイテムに思えますからねw
まぁとはいえ見てる方からすると、渡す相手が色んな意味で普通ではないんで、そこは安心なのですがw

と、存分に笑わせてもらってからの。
ラストは、なるほど『不意打ち』からの更なる『不意打ち』。
最近はしばしば忘れがちなとこもあっただけに、まさしく不意打ちでした。
そう、この二人は元々至極似てるんですよねー。
元の感性も、その成長の軌跡も。
だからこそ、同じ学びを目の当たりにすると思考も同じような方向に向くと。
納得……ではあるけども、ここからどうなんのこれ!?

という感じで、総じて。
いつもの面子の変わらない部分に笑い、かと思えば思わぬ行動に驚き。
特に最後の『不意打ち』はまさしく予想外で、はてさてここからどう転んでいくのか、毎度のことながら続きが気になりすぎる10巻でございました。
なお、11巻もとっくに出ている模様(というか既に読み終わっている)。
スポンサーサイト



«  | ホーム |  »

プロフィール

hamubane

Author:hamubane

たぶんライトノベル作家的なもの


Twitter

既刊情報

最新コメント

最新記事

カレンダー

12 | 2019/01 | 02
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

月別アーカイブ

カテゴリ

ジャンルランキング

[ジャンルランキング]
日記
379位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
158位
サブジャンルランキングを見る>>

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR