FC2ブログ
ファンタジア文庫『世話好きで可愛いJK3姉妹だったら、おうちで甘えてもいいですか?』11/20発売!
JK文庫『異世界からJK転生した元妹が、超グイグイくる。』11/30発売!
JUMP j BOOKS『ぼくたちは勉強ができない 未体験の時間割』12/4発売!

スクウェア・エニックスノベルス『スタンプ・デッド』1~5巻&コミック版、『太陽で台風』1・2巻発売中!
ガンガンノベルズ『魔法少女アーヤ☆アミー』発売中!
徳間デュアル文庫『魔王さんちの勇者さま』1~4巻発売中!
徳間文庫『欠陥妖怪住宅』、『パラレル家族計画』発売中!
ぽにきゃんBOOKSライトノベルシリーズ『ブチ切れ勇者の世界征服』1~2巻発売中!
HJ文庫『カンスト勇者の超魔教導』1~3巻発売中!
ファンタジア文庫『お助けキャラに彼女がいるわけないじゃないですか』1~3巻発売中!
JUMP j BOOKS『ぼくたちは勉強ができない 非日常の例題集』発売中!

受賞歴:
2004年、第1回スクウェア・エニックス小説大賞『入選』
2008年、第5回トクマ・ノベルズEdge新人賞『徳間デュアル文庫特別賞』
2017年、第11回HJ文庫大賞『銀賞』
2017年、ジャンプ小説新人賞’16 Winter 小説フリー部門『銀賞』
2017年、第30回ファンタジア大賞 『金賞』

«  | ホーム |  »

のぞきめ

どうも、はむばねです。
ホラー小説を読んでみようキャンペーン、第二弾だよー\(^o^)/
人生で(たぶん)3本目となるホラー小説は、三津田先生の『のぞきめ』です。
『残穢』よりページ数は多いですが、個人的には『残穢』より読みやすかったですね。
やっぱ、会話文が多いからでしょうか。
ちゅーか、単純に残穢より空白が多かったのかもしれない(多いってほど多くはないけど)。
あと残穢は固有名詞の多さが、読むのに必要なカロリーを増していたような気がする。

というのはともかくとして、感想です。
なお、隅から隅まで、かなり重要な部分までネタバレしておりますのでご注意を。
ぶっちゃけそれを知ってるかどうかで読み味がかなり変わってくると思いますので、マジで今回は未読の方はご注意くだい。

なお、基本的に私は読みながらリアルタイムでメモってくスタイルでして。
後の方を読んで間違いだとわかったことについては、感想更新時に修正したり該当部分を削除したりするのですけれど。
今回はなかなか衝撃がデカかったというか、「ワンチャンそういうことかと思ったらホンマにそういうことやったんかい!?」という衝撃が大きかったので、大体読んだ時のリアルタイム感想をそのまま残してあります。


のぞきめ (角川ホラー文庫)
三津田 信三
KADOKAWA/角川書店 (2015-03-25)
売り上げランキング: 231,362


あらすじはAmazonより抜粋。
>辺鄙な貸別荘地を訪れた成留たち。
>謎の巡礼母娘に導かれるように彼らは禁じられた廃村に紛れ込み、恐るべき怪異に見舞われる。
>民俗学者・四十澤が昭和初期に残したノートから、そこは“弔い村”の異名をもち“のぞきめ”という憑き物の伝承が残る、呪われた村だったことが明らかとなる。
>作家の「僕」が知った2つの怪異譚。
>その衝撃の関連と真相とは!?
>何かに覗かれている―そんな気がする時は、必ず一旦本書を閉じてください。

三津田先生、奈良県出身なのか……。
小野先生といい、何かしら繋がりがあると親近感が湧きますねw
ただ、ホラーだけに『これは果たして偶然なのか……?』みたいな恐怖もちょっとあったりなかったりw
あと、杏羅町ってどこや……? 奈良県民やけど知らんのやけど……。
……と思って調べたら、架空の町なんですかね。

と、いうのはともかくとして。
序章の話からして、本作の怪異も直接的な害は及ぼさない系なんですかね?
むしろ、直接害を及ぼす型の方が特殊事例なのか?
まぁでも、存在感を示すだけで効果があるというのは確かにそうですよね。

しかし、序章は前書き的サムシングなのかな? と思って読んでたんですが、ここで既に楔を打ち込んでくるとは……。
怪異に取り憑かれたような人物でさえ『それ』にビビってるというとこで、否応無しに期待と恐怖が高まってきます。
しかも、かなりの時代を隔てた二つの怪異譚を『たまたま』蒐集してしまったというのだから尚更ですよね。
全然全く一ミリも怪異そのものの話が出てきてない序章の段階で、既にまぁまぁ怖い。
やっぱり私の怖さ耐性、低すぎ……?

ともあれ。
本編が始まり、廃村に行くくだりでは「おぉっ……」とゾワゾワきましたね。
まだまだ、始まりなのですけれど。
あ、これはアカンとこに入ったな……感がヤバい。
にしても、彩子さんの頼れっぷりはパねぇなw

あと、本作も直接的な害は及ぼさない系なのか疑惑は割と早々に間違いだとわかりましたね。
普通に死んではりますやん……。
いや、まぁ、とはいえ『直接』ではないか確かに……。

とかビビってた中、拝み屋さんのパワフルさがすげぇなw
寺生まれのTさんばりの救世主っぷりやないか……。
しかし、それで解決かと思いきや……でしたね。
ほんで、最後の最後で彩子さんまで……?
えっ、ていうか、この話、ここで終わりなの……?
救いは……救いは無いのですか……?

ま、まぁ、とにもかくにも次にいってみよう……ということで、2つ目の『終いの屋敷の凶』に移ってくわけですが。
こっちは四十澤さんの語り形式なんですね。
ノートそのまんまということですか。
四十澤さん、自分がクッソ恐怖体験しておきながらそこそこ冷静にノートを記してるところが民俗学者のサガを感じますね。
ほんで、1本目との繋がりである『鞘落』が早速出てきてゾワッとしました。
それはそうと、人見知りな四十澤さんにちょっと親近感も覚えたりw

まぁ、それはともかく。
鞘落家の因縁は、早速怪異が出てくるのかと思いきや思ったよか俗っぽいというかリアルな話だな……。
……と思ってちょっと油断してたら、おぅふ。
1本目で謎だったとこの原因が早速明らかになったじゃないですかやだー。
ほんで、そら怪異にもなりまっせ、という内容ですな……。
しかも、一度だけじゃなくその後何度も怪異が強化されるようなことが繰り返されているとはな……。
怪異を弱めるために始めたはずのことが、逆に怪異を強める結果になったというのも皮肉な話ですね。
まぁ一代目はともかく、集られるようになった二代目さん三代目さんの気持ちはわからんでもないですが……。
ともあれ、それが現代に至るまで続き……惣一さんに至っては、自分で見るまでの『実在』っぷり。
ここに来て、表紙の女の子の絵が俄然怖くなってきたぜ……。

それはそうと、四十澤さんが火葬の場に追い詰められて行く様は不謹慎ながらちょっと笑ってもうたw
裏目裏目にもほどがあるやろーいwwwコメディかよwww
とかまたも油断してたら、そこからの怪異体験ですよね。
しかしこの時点では、そこまでではなく。
住職さんが出てきた時の安心感はパなかったです。
拝み屋さんとか住職さんとかが出てくると、途端に心強くなりますね。
まぁ、1本目については拝み屋さんが出てきた後もあれだったわけですが……。

ともあれ、住職さんが帰ってしまった後はやはり心細さが増しますね。
まして、『あれ』が見えるようになっちゃってますし。
……うん、いや、ちゅーか、思ったよか普通に見えるんやな。
もっとこう、いると見せかけていないと見せかけてちょっとその存在が垣間見える、程度かと思っていたのですけれど。
めっちゃガッツリ見えてますやん。
ワンチャン、マジで隠された子供が実際にいるのかと思ったレベル。
というか、実はみんなガッツリ見えてるけどガン無視してるだけなのか……?

にしても四十澤さん、マジで時々クソ度胸を発揮するなw
『あれ』に覗かれた後で普通、(酒の力もあったのかもだけど)自ら『あれ』が存在した証拠を探そうとする……?
ほんで、巡鈴堂の中身まで確かめようとする根性よ。
そして、そこで恐怖を感じたにも関わらず祠の方まで。
……いや、これについてはもう憑かれての行動だったのだろうか?
四十澤さんの性格自体がなかなかアレなので、微妙に判別がつかんぜ……。

ともあれ、四十澤さんの惣一さんへの友情は本物な感じがしますよね。
所々で、彼のこの村での扱いを想像して憤る姿なんかを見るに。
村人たちに見つめられる恐怖の中、惣一さんを想って怒りを覚えられるのは大したもんですよ。
この友情が、ちょいちょい読んでる方の恐怖も和らげてくれてる気がします。
友情パワーで恐怖に打ち勝つとか、ジャンプ漫画かな?

しかし、惣一さんが『あれ』を祓う方法を模索していたというのはちょっと意外だったポイント。
完全に諦めムードなのかと思いきや、前向きに行動していたのですね。
けれど、それを察知した『あれ』に殺されたというのは……マジで、なんか普通の殺人事件みたいな動機(?)になってきたな……。

閑話休題。
『あれ』が四十澤さんに憑いたの、『物珍しかった』からなんかーいwww
しかも、そのうち飽きる目処とかwww
マジで、行動原理的には普通の女の子なのか……。
じっと見てるだけだし、むしろなんかちょっと可愛く思えてきたぞ……?
うん、いや、まぁ、惣一さんのことは殺っちゃってるわけなんですけども。
ただ、なんかこの二つはホントに同じ人物(?)が引き起こした事象なのか……? という疑問は湧かないでもない。
……とか思ってたら、またも『あれ』による殺人事件? が発生ですか。
今度はお父さんが死んじゃったわけですが、これについてはイマイチ動機が不明ですね。
いやまぁ、怪異が殺したという推測に対して『動機』を考えるっちゅーのもなかなか変な話ですが……。

そして、ここでも家の人たちに見つからず御遺体に手を合わせにいこうとする四十澤さんの行動力よ。
なんか、これはこれでサイコパスなのでは? という気がしてきてちょっと怖くなりましたよね。
おい、本筋と関係ないところで怖がらせるな(たぶんそんな意図は無い)。

からの、パンデミック的死亡連鎖は……。
なんというか、派手すぎて逆に恐怖はあんま感じなかったですね……。
季子さんと昭一くんまで亡くなってしまったのは確かに痛ましいんだけども、ちょっとQ展開すぎて頭に入ってこなかった感……。
「ファッ!?」っていう戸惑いの方が大きかった。
近いのは、(ハンターハンターで)ページをめくったらボマーがリリースしてたのを見た時でしょうか。
……ワイは、いちいちジャンプ漫画を引き合いにせんとホラー小説の感想が書けんのか?

ま、まぁそれはともかく。
個人的にむしろ恐怖を覚えたのは、屋敷の人が全員死んで、住職さんまで亡くなって、村人が押し寄せてきて完全に暴動に発展せんとしてる中逃げる最中に、その状況でなお祠の中を確かめようとする四十澤さんに対してですよね。
やっぱこの人サイコパスなのでは???
のぞきめちゃんについては、むしろ『興味があるから』ってだけで四十澤さんだけ生かしてくれるというデレ(?)を見せてくれたことで萌キャラ化が更に進んだわ。
ていうか、この大量死はホントにこの子の仕業なの……? と、冤罪疑惑まで抱きましたよね。

ちゅーか、この毒草はどっから出てきたんや……?
ほんで、なんで毒草を食べたら身体が捻れて死ぬんや……?
のぞきめちゃんが毒草を食事に混ぜ込んで、殺した後に捻ったんか……?
そもそも、怪異が毒草とか用いるもんなの……?
いくらなんでも、物理的に影響しすぎてない……?
冒頭で述べられてた、『直接的な害は及ぼさない』とは何だったのか。
ジャンプなら、のぞきめちゃんがむしろ守り神的存在で実はより強大な怪異から守ってくれてた展開やろ。
だから、なぜいちいちジャンプを引き合いに出すのか。
いや、どっちかっつーとひぐらしっぽいのでガンガン系か(そういう問題ではない)。

ま、まぁそれはともかく(2回目)。
終章で、何十年か越しの類似点に更に言及されるところはなるほどという感じ。
ただ、改めて城戸くんはちょっととばっちりすぎでは……?
言うて、住職もそんなに因縁があったようには思えんのやけど……。
あの村の関係者(の血縁)というだけで、もうアウト判定なのだろうか……。

……とかとかとか。
色々と疑問に思いながら読み進めてたんですけども。
かーらーのー。
えぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇ!? やっぱりのぞきめちゃん、実在の人物やったん!?
ってなりましたよね。
途中で思った『実は全員見えてるけどガン無視してた説』、当たってたのか……。
ちゅーことは、やっぱりのぞきめちゃんは萌えキャラやったんやんけ!

しかしそうなってくるとこの物語、少なくとも2本目に関してはホラーというよりは事案な気がするんやが……。
住職さんの言動についても、マジのガチで『子供やから』っちゅう意味やったんか……。
一番怖いのは生きてる人間、というアレか。
ていうか、マジで一気に『現実』の事件の話になってきたな……。
ただ、毒草で殺したのはともかくとして、捻れてたのはやっぱりのぞきめちゃんが物理的に捻ったん……? という疑問が……。
それとも、捻れて死ぬ毒草があるんやろか……。

いやしかし、各種ピースが一気に当てはまって新たな図を描き出すところは普通にアハ体験でしたね。
ほんで、(あくまで推理が当たっていれば、の話ではあるのでしょうけれど)のぞきめちゃんが幸せに暮らしたのだったらそれは良かった。
………………うん、まぁ、ここも若干の事案臭が漂わなくもないけど、積極的に目を瞑ろう。
時代も時代だからね、あの時代的にはたぶんセーフだね。
全然関係ない人たちもぶっ殺しまくってるけど、なんかその辺りがQ展開だったのもあって許せる感が出てしまった。
本来なら、ここが怖気を覚えるべき部分なんだろうか。

むしろ、のぞきめちゃん(仮)が歳を経てからも若干のヤンデレ気質だったのに正直ちょっと笑ってもうたw
ほんで四十澤さん、当初は偏屈なじーさん的な感じで描かれてたけども、全て終わってみると普通に主人公の器やな……。
基本的に例の怪異について語りたがらなかったのも、奥さんを想ってがゆえなのか。
んで、邪な目的を持って接してきた南雲さんのことも助けてくれる優しさよ。

いやー、なんだかんだで良い恋愛小説でしたね。
………………。
…………。
……。
いや、のぞきめちゃん(仮)が最終的に幸せに余生を過ごしたんやったらマジで1本目の話で死んだ方々は何やったん!?
リアルのぞきめちゃん(?)とは別に、怪異のぞきめちゃん(?)も別に存在するということなのか……?
惣一さんが亡くなったことから考えても、たぶんそういうことではあるのでしょうけれど。
だとすれば、怪異のぞきめちゃんの方には住職さんの血縁を恨む筋は特になくない……?
城戸くん、マジでなんで死んでもうたん……?
いや、住職が怪異のぞきめちゃんをどうにかしようとしてたのは事実なはずなので、その線なのか……?
だとしても、流石にとばっちりすぎるやろ……。
ていうか全体的に、1本目の人々完全なるとばっちりやない……?
『行ったらアカンと言われてたところに行った』という罪なんだろうか……。
リアルのぞきめちゃんは普通に実在してたけど、それはそれとして怪異のぞきめちゃんは別途ずっと存在してて、なんやかんやあって(祠とかも例の騒ぎでぶっ壊されたのか?)村人たちの恨みパワーも足されてパワーアップして触ったらあかんやつに進化してたんで、触ったらやばいんやで……と、いう話……で、いいのかな……?
アカン、これについてはマジで自分の解釈に自信がないぞ……。

と、とにかく、総じて。
ただ単に『見られる』というだけ、しかしそれがこの上ない恐怖を掻き立ててくるホラー。
日常が、人が、『侵食』されていく感じがめちゃ怖かったです。
そして、その起源を巡る途中で示された真実(の一端?)は完全に予想外で。
終盤は驚きの連続で、しかし今までの疑問が氷解していく感じが気持ちよかったです。
スポンサーサイト



«  | ホーム |  »

プロフィール

hamubane

Author:hamubane

たぶんライトノベル作家的なもの


Twitter

既刊情報

最新コメント

最新記事

カレンダー

02 | 2019/03 | 04
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

月別アーカイブ

カテゴリ

ジャンルランキング

[ジャンルランキング]
日記
212位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
84位
サブジャンルランキングを見る>>

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR