FC2ブログ
ファンタジア文庫『世話好きで可愛いJK3姉妹だったら、おうちで甘えてもいいですか?』11/20発売!
JK文庫『異世界からJK転生した元妹が、超グイグイくる。』11/30発売!
JUMP j BOOKS『ぼくたちは勉強ができない 未体験の時間割』12/4発売!

スクウェア・エニックスノベルス『スタンプ・デッド』1~5巻&コミック版、『太陽で台風』1・2巻発売中!
ガンガンノベルズ『魔法少女アーヤ☆アミー』発売中!
徳間デュアル文庫『魔王さんちの勇者さま』1~4巻発売中!
徳間文庫『欠陥妖怪住宅』、『パラレル家族計画』発売中!
ぽにきゃんBOOKSライトノベルシリーズ『ブチ切れ勇者の世界征服』1~2巻発売中!
HJ文庫『カンスト勇者の超魔教導』1~3巻発売中!
ファンタジア文庫『お助けキャラに彼女がいるわけないじゃないですか』1~3巻発売中!
JUMP j BOOKS『ぼくたちは勉強ができない 非日常の例題集』発売中!

受賞歴:
2004年、第1回スクウェア・エニックス小説大賞『入選』
2008年、第5回トクマ・ノベルズEdge新人賞『徳間デュアル文庫特別賞』
2017年、第11回HJ文庫大賞『銀賞』
2017年、ジャンプ小説新人賞’16 Winter 小説フリー部門『銀賞』
2017年、第30回ファンタジア大賞 『金賞』

«  | ホーム |  »

ディスキャラ メグルくん オタクがラップでギャルとバトったら、青春ラブコメ始まった!?

どうも、はむばねです。
ほいさー、今回も去年のファンタジア大賞受賞作の感想ですよっと。
本作は、審査員特別賞ですね。
今度こそは早めに感想書けたで……!(今月17日発売)
なお、先月発売された銀賞作品(甘えてくる年上教官に養ってもらうのはやり過ぎですか?)の感想はまだ書けていない模様。
鉄は熱いうちに打てと言いますか、読んですぐ感想書かないと後回しにどんどんなっていっちゃいますよね……。

と、とにもかくにも、まずはこちらの感想から。
割と隅から隅までネタバレしておりますのでご注意を。




あらすじはAmazonより抜粋。
>弱気でオタク。
>周囲の目を気にする一方でリア充を呪い、不満を「ディスノート」に書き込んで、こっそり発散。
>そんな陰キャ極まる俺、廻裏メグルに美少女・燦心からまさかの告白。
>「君に私を…ディスってほしいの!踏んでみて!(韻を)」
>変態な彼女の秘密を知って、「ラップ」を始めることに!
>なにそれ、Yoでチェケラってやつ?
>だけど、燦心といつも一緒に過ごすようになったおかげで学園生活に変化が起きた。
>オタク由来の語彙力、溜め込んだディス。
>意外に秘めた才能でBボーイをバトルで倒し、周りから一目置かれて、ラブコメ到来!?
>ラップって、もしかして学園生活最強の攻略スキル!?

本作の主人公であるメグルくんは、まぁ、割とリアルな感じで陰キャラでして。
その密かな行いも、「お、おぅ……」という感じではあるのですけれど。
それこそが燦心さん(ヒロイン)の琴線に触れたというのが面白い展開ですね。
ていうか燦心さん、独特の感性でワロタw
ラップでディスられるのが好きっていうヒロイン像は新しいなwww
ほんで、『ディスノート』言うなwww
にしても、メグルくんのアレを見てラップの練習だと思うとか発想が天使すぎるぜ……。
……あるいは、ラップバカと呼ぶべきなのかもしれませんがw

ほんで、自分が興味のあることに誘うために、相手のの好きなものついて先に調べて共有して語ってもらうとかマジ大天使。
コミュ力お化けかよ……マジでコミュニケーションのお手本じゃねぇか……。
……と思ってたら、やっぱりラップバカで草w
とはいえメグルくんの好きなものについて調べたのはガチですし、的確にディスれるのもちゃんと読み込んだからでしょうからね。
方向性はちょいアレながらも、天使なのは間違いない。
ほんで、そんな彼女がラップにハマった理由もある意味でメグルくんに通ずるものがあったというのも作劇が美味いですね。

にしても、メグルくんの適応力が凄いなw
全く望んでなかったにも関わらずそれなりに韻を踏んだラップを即興で作れるとか、割とラップに愛されし男なのでは?
恩と後ろめたさがあるとはいえ、なんだかんだ真面目にラップについて勉強するのもグッド。
ここでグダグダ言わず、前向きに取り組むところが好感度高いですね。

何気に部室(?)の許可を公式に取ってたってところも好感度高い。
地味ですが、こういうとこのリアリティがキッチリしてる物語、個人的に凄く好きです。
まぁ、燦心さんの管理状態はアレだったわけですがw
そこをメグルくんがフォローすることで、表面上だけじゃないwin-winの関係が出来上がってくところも好き。

ほんで、初のラップバトルでは当然メグルくんはビビるわけですが。
そこで奮い立つきっかけとなったのが、燦心さんが『自分の好きなものをちゃんと読み込んでくれている』のがわかったから、というのが良いですね。
これは、オタクとしても共感出来ますし。
燦心さんの天使っぷりも際立つ。
ほんで、メグルくんがオタクらしさを前面に出したからこそ勝てたという展開も熱いです。
MC金剛さんが普通に良い人なのも好き。
ていうかこの人、見た目はともかく登場時からずっと好感度高かったですからね。
なんというか、別にそこまでage描写があるわけでもないんですが、sage描写になりそうなとこがキッチリ潰されてる辺りこの作品の上手さを感じます。

というか、キャラの好感度が総じて高い。
大天使燦心さんは言わずもがな、メグルくんもちゃんと頑張れる子ですし。
部活連の西島さんも、お固そうに見えて……というかお固いはずで、実際自分の趣味趣向とは合わないと言いつつも、それでもメグルくんたちの実績をちゃんと実績として見做してくれるんですよね。
こういうとこで、「こんなのは認められません!」とかの安易な展開に行かないのも個人的に凄くこの作品の好きなところです。

榁姫さんとの確執(?)も、思ったよか穏やかといいますか。
いやまぁ榁姫さん本人からすればたまったものではないのでしょうけれど、割としゃーないというか誰も悪くない感じですし。
それでも榁姫さんのことを思えば彼女が引きこもってしまうというのも(特に陰キャなら)わかるというこのバランスが非常に上手いです。
しかし、メグルくんに接触してきたのがオタク繋がりだったからなのは草w
まぁしかし、これもオタクなら気持ちもわかるところではある。
同志の存在は貴重ですからね……。
そして、同志だからこそ自分と同じになってほしくないという榁姫さんの優しさもよくわかります。
にしても、ラップでオタク語りするんかーいwww
これはホント、この作品ならでは光景ですね……w

そして、燦心さんも榁姫さんもお互いに嫌い合ってるわけではなく。
だからこそ難しいところもあるわけですが、双方の気持ちを理解出来るメグルくんだからこそ間に入るのが最適なわけですね。
これは、ここまでの展開も上手く活きてると思います。
そして二人のため、ある意味で最大の天敵であるリア充グループに話しかけるメグルくんも熱い。
いやもうホント「ただ話しかけるだけやんけ」という話ではあるのですが、序盤のメグルくんを見てれば成長著しいことがわかるんですよ。
等身大の頑張り、という感じで非常に良いと思います。
ほんでリア充グループの皆さんも、なんだかんだでいい子たちなんだろうなと思えるのがね。
繰り返しになりますが、こういうところが個人的にこの作品の好きなところです。
優しい世界というか、変に物語のために歪められてない世界というか。
世界って思ってるより優しいものなんだぜ、というのを教えてくれているような気分になるのです。

にしても、金剛さんホントにいい人だなw
一度会っただけのメグルくんに、真摯にアドバイスまでしてくれるとは。
けれど彼との絆もメグルくんが頑張ってバトったから得られたもので、なんというか頑張りがちゃんと報われてる感があってとても良いと思いました(小並感)。
しかし、金剛さんの存在が西島さん攻略に繋がる流れはワロタw
そして、最後のアシストまでしてくれて草w
金剛さん、滅茶苦茶重要なポジションだなwww

ともあれ、金剛さんのサポートもあってメグルくんの言葉が最後のきっかけとなり。
二人が和解する流れは、うんうん良かったね……という気持ちになれました。
からの、ディスノートのくだりも燦心さんらしいものであり。
最後の『告白』から展開される三人の、これからの関係も楽しみになるラストでございました。

という感じで、総じて。
小説とラップという一見組み合わせの悪そうな題材ながら、読んでいると頭の中にリズムが再生され。
陰キャがラップを通じて前向きに青春していく様が眩しい、とにかく楽しい気分で読めるラップラブコメでございました。
スポンサーサイト



«  | ホーム |  »

プロフィール

hamubane

Author:hamubane

たぶんライトノベル作家的なもの


Twitter

既刊情報

最新コメント

最新記事

カレンダー

04 | 2019/05 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

月別アーカイブ

カテゴリ

ジャンルランキング

[ジャンルランキング]
日記
212位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
84位
サブジャンルランキングを見る>>

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR