FC2ブログ
スクウェア・エニックスノベルス『スタンプ・デッド』1~5巻&コミック版、『太陽で台風』1・2巻発売中!
ガンガンノベルズ『魔法少女アーヤ☆アミー』発売中!
徳間デュアル文庫『魔王さんちの勇者さま』1~4巻発売中!
徳間文庫『欠陥妖怪住宅』、『パラレル家族計画』発売中!
ぽにきゃんBOOKSライトノベルシリーズ『ブチ切れ勇者の世界征服』1~2巻発売中!
HJ文庫『カンスト勇者の超魔教導』1~3巻発売中!
ファンタジア文庫『お助けキャラに彼女がいるわけないじゃないですか』1~3巻発売中!
JUMP j BOOKS『ぼくたちは勉強ができない 非日常の例題集』発売中!

受賞歴:
2004年、第1回スクウェア・エニックス小説大賞『入選』
2008年、第5回トクマ・ノベルズEdge新人賞『徳間デュアル文庫特別賞』
2017年、第11回HJ文庫大賞『銀賞』
2017年、ジャンプ小説新人賞’16 Winter 小説フリー部門『銀賞』
2017年、第30回ファンタジア大賞 『金賞』

«  | ホーム |  »

完璧美少女な天才ショタがダダ甘お姉ちゃんと業界仰天のゲームを創りながらゲーム作りの怖いお話を聞かされています!

どうも、はむばねです。
ブログのネタを作るために日々インプットを続けております。
というわけで、本日ご紹介するのは竹井10日先生の最新作でございます。
つっても、もう発売から1ヶ月以上経っちゃってますが。
竹井10日先生ファンとして、これは反省すべき。

まぁ、とにもかくにも感想です。
割と隅から隅までネタバレしておりますのでご注意を。




あらすじはAmazonより抜粋。
>この物語は、美人のダダ甘お姉ちゃんズにおはようからおやすみまでくまなく甘やかされつつも、駄目人間にならずに世界が驚くすんごいゲームを作り出した天才ショタのお仕事小説なのである!
>―神より賜ったが如き芸術方面の才能をそれぞれ持つ二人のお姉ちゃん、美咲と咲良が南紀白浜で出会った天涯孤独の美少年、天河蓮。
>二人が成り行きとお節介からともに暮らすうちに蓮がとてつもない数学方面の才能を持つことに気付く。
>才能の発露故かいつのまにか同人で評判になっていた蓮お手製のゲームを、商業ゲームとして本気で世に出すことを決意した美咲と咲良に蓮…ダダ甘お姉さんと天才ショタ。
>苦難に塗れダダ甘にとろけるゲーム作りの日々が始まった!!

竹井10日先生作品といえばダダ甘お姉ちゃん、と言えるくらいダダ甘お姉ちゃんには定評のある竹井10日先生ですが、今回は滅茶苦茶全面に押し出してきたなw
そして、『完璧美少女なショタ』とは……?
つーか、タイトル長ぇな!?
……と、タイトルの時点でツッコミどころ満載で草w

そして本文は、綺麗な竹井10日先生から始まり。
かと思えば、速攻で安定のお姉ちゃん(お姉ちゃんとは言っていない)の出現でまた草生えましたw
からの、今度こそ綺麗めな流れでいくのかと思いきや初っ端から意味不な状況でワロタw
マジで安定の竹井10日先生すぎるぜ……。

ともあれ。
本編としては、まさに天才のバーゲンセールという感じです。
ノーベル賞受賞が珍しくないレベルの一族(岐阜在住)とは……。
しかし無駄に田舎設定になってるわけではなく、天才を数多く排出する家系ながらも田舎ゆえの閉鎖的な部分が物語のスタートに寄与しているところが上手いですね。
そのせいで、序盤はちょっと陰鬱な雰囲気もありますが。
お姉ちゃんたちが比較的イカレてるので、その辺のバランスも取れている説。

というのはともかくとして、絵の天才と文学の天才なお姉ちゃんたち、そして数学の天才である蓮くん(主人公)がタイトル通りゲームを作るお話なわけですが。
お姉ちゃんたちは普段はアレだけど、既にその道で世界に知れ渡ってるレベルなので、天才が初めて世間に出た時のあれこれを既に経験しているというのが頼もしいです。
普段はマジでアレだけど。
ちゅーか、ハートマーク多いな!?
お姉ちゃんたち、蓮くんと話してる時の語尾をデフォでハートマークにすんなwww

閑話休題。
作中には創作論的なものも出てくるわけですが、この辺りは創作者であれば頷けるところも多いのではないでしょうか。
お姉ちゃんたちも最重視してるけど、特にモチベーションは重要ですよね……。

あと例によって竹井10日先生の他作品とのクロスオーバー要素もあるわけですが、誉められて神軍はこの世界ではゲーム扱いなのか……?
確かに、すげぇゲームだったら面白そうだなとは読んでる時から思っていましたけれど。

再び閑話休題。
にしても、ゲーム業界の話は生々しいな……。
竹井10日先生はゲーム畑の方でもあるので、実体験に基づいている部分もあるのだろうか……。
……と思ってたら、そういうわけでもないのね(あとがきより)。
ともあれ、生々しい話が出ているだけに、世界レベルの天才が集まって、そこに目を付ける業界人が出てきて、経験豊富な人たちもやってきて……という流れは、凄く『何かやってくれそう』感があって熱い展開でした。
とりあえず金策のためにソシャゲを作るという部分もまた、現代の業界の闇という気もしますが……。

んでんでんで。
とりあえず1巻の時点では、そのソシャゲの完成までが描かれるわけですけども。
最後に書かれた『比喩的ではなく』『現実世界そのものを一変させてしまう』伝説を作るって部分から察するに、またファンタジー方向に進んでいくのでしょうか。
続きがどう展開されていくのかも楽しみです。
……と思ってたら、基本は1巻完結なんかーい!www(あとがきより)

という感じで、総じて。
ダダ甘やかしお姉ちゃん(お姉ちゃんとは言っていない)に定評のある竹井10日先生作品の中でも有数の甘やかされっぷりに加え。
『闇』を含めたゲーム業界のアレコレも知れる、お得な(?)一作でございました。
スポンサーサイト



«  | ホーム |  »

プロフィール

hamubane

Author:hamubane

たぶんライトノベル作家的なもの


Twitter

既刊情報

最新コメント

最新記事

カレンダー

08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

月別アーカイブ

カテゴリ

ジャンルランキング

[ジャンルランキング]
日記
374位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
157位
サブジャンルランキングを見る>>

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR