FC2ブログ
ファンタジア文庫『世話好きで可愛いJK3姉妹だったら、おうちで甘えてもいいですか?』2巻3/19発売!
HJ文庫『異世界からJK転生した元妹が、超グイグイくる。』2巻準備中!
JUMP j BOOKS『ぼくたちは勉強ができない 未体験の時間割』発売中!

スクウェア・エニックスノベルス『スタンプ・デッド』1~5巻&コミック版、『太陽で台風』1・2巻発売中!
ガンガンノベルズ『魔法少女アーヤ☆アミー』発売中!
徳間デュアル文庫『魔王さんちの勇者さま』1~4巻発売中!
徳間文庫『欠陥妖怪住宅』、『パラレル家族計画』発売中!
ぽにきゃんBOOKSライトノベルシリーズ『ブチ切れ勇者の世界征服』1~2巻発売中!
HJ文庫『カンスト勇者の超魔教導』1~3巻発売中!
ファンタジア文庫『お助けキャラに彼女がいるわけないじゃないですか』1~3巻発売中!
JUMP j BOOKS『ぼくたちは勉強ができない 非日常の例題集』発売中!

受賞歴:
2004年、第1回スクウェア・エニックス小説大賞『入選』
2008年、第5回トクマ・ノベルズEdge新人賞『徳間デュアル文庫特別賞』
2017年、第11回HJ文庫大賞『銀賞』
2017年、ジャンプ小説新人賞’16 Winter 小説フリー部門『銀賞』
2017年、第30回ファンタジア大賞 『金賞』

«  | ホーム |  »

百錬の覇王と聖約の戦乙女10

どうも、はむばねです。
寒くない???(いつもの
いやね、寒いのはまぁいいんですよ。
いや良くはないんですけども。
ただ、実家だと寒さを防ぎようのないゾーンが生じるといいますか。
これも何回も書いてるし、ついこないだTwitterでも書きましたが、トイレ行くだけで身体が冷え切るんですよ。
単純な気温以上に、ワンルームマンションの3倍くらい寒い(体感)。
毎度『冬と夏にはあんまり実家帰りたくない』と言ってるわけですが、やっぱ冬の方が圧倒的に辛ぇわ。
なお、夏に帰省したら『やっぱ夏の方が辛ぇわ』と言ってる可能性も(まぁまぁ)あるので皆その時はツッコミ入れてくれよな!

そんなこんなで、感想です。
全体的にまぁまぁネタバレしておりますのでご注意を。


百錬の覇王と聖約の戦乙女10 (HJ文庫)
鷹山誠一
ホビージャパン (2016-02-27)
売り上げランキング: 458,508


あらすじはAmazonより抜粋。
>勇斗、結婚!? そして謎の影の正体がついに!!
>
>季節は流れて夏も盛り。族都ギムレーに凱旋した勇斗を待っていたのは、熱狂的な市民の歓声と、愛する美月の笑顔だった--
>《豹》の征伐を終えたつかの間の平穏の中で、湧き起る食糧問題にリネーアは如何に立ち向かうのか。
>美月の体調不良の原因は?
>そして《炎》と《雷》の宗主がついに激突する!
>!--世界がターニングポイントを迎える第10巻。

前巻の感想はこちら

前巻ラストで提示された滅びの運命が、より具体的に、そう遠くない未来であると明示され。
『あの御方』? も動き出し、いよいよ話が大きくなってきた気配を感じる冒頭。
『おめでた』のニュースもあり、なんというか『少年編』から『青年編』に入ってきた感がありますね~。
とはいえ、急に勇斗様から勇斗くんに戻った感もありますがw
やはり、子供関係って父の方が動揺してしまうものなんですかね(知らんけど

あとヒルドールヴちゃん、完全にワンコ化してて草w
ほんで美月さんも《狼》に溶け込んでる……というか、着々と『女将』としての立場を固めていってますねー。
人たらし力なら、勇斗様以上説まであるでw
まぁもちろん、勇斗様の奥方として最初からだいぶプラスイメージだからってのも大きいのでしょうけれど。

ともあれ。
今回は、平常モード……というか、戦からの復興モードってとこでしょうか。
リネーアさんの有能っぷりが光りますね。
流石は、勇斗様をして『平時であれば稀代の名君』と言わしめるだけのことはあります。
ちゅーかマジで、今回は勇斗様より活躍してる説。
内政なので動きとしては地味ですが、ある意味では戦で勝つよりも重要な役割ですよね。

他方、『あの御方』のご活躍は流石。
あのステインソールさんを相手に、完全に手球に取るとは。
しかも、勇斗様との戦いでステインソールさんも学習した状態ですからね。
むしろ、逆にそこをこそ突いてくるとは。
まぁ実のところ、実質勇斗様のチートの大元のような人ですしね……。
さもありなん、というところである。

んでんでんで。
ロプトさんは、もうすっかりロプトさんに戻った感じなのですね。
フヴェズルングになった経験があったからこそ、フェリシアさんの心の闇がよくわかるというのもなるほど。
にしてもこの方、もう完全に隠居みたいな空気ですけど、ホントに引退なんですかね?
今の状態なら、味方になると心強いと思うのですが。
まー、これまでの所業を考えると難しいところではあるのでしょうけれど。
仮面被ってても被ってなくても罪人だからな……。

からの、フェリシアさんと一気にそこまでいくとはw
まーとはいえ、それこそ3年越しなわけですしね。
ユグドラシルに召喚された当初からの仲と考えれば、むしろ遅いくらいか。
にしても、最後の一線を超えるのが美月さん主導とはw
宗主の妻として覚悟完了してるだけのことはありますねー。

と、《狼》サイドは比較的穏やか……かと思いきや、最後の最後で風雲急を告げる流れで。
あの御方……信長様もついに名前が明かされ、知識チートの権化たるアレも登場して、ついに巨星堕つ……ですか。

という感じで、総じて。
比較的穏やかな日常と、激しい戦場が同時に描かれまして。
ついに名が明かされた方、退場していく方、色々と世界が大きく動き始め、更なる激動を予感させる10巻でございました。
スポンサーサイト



«  | ホーム |  »

プロフィール

hamubane

Author:hamubane

たぶんライトノベル作家的なもの


Twitter

既刊情報

最新コメント

最新記事

カレンダー

01 | 2020/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

月別アーカイブ

カテゴリ

ジャンルランキング

[ジャンルランキング]
日記
220位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
88位
サブジャンルランキングを見る>>

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR