FC2ブログ
ファンタジア文庫『世話好きで可愛いJK3姉妹だったら、おうちで甘えてもいいですか?』2巻3/19発売!
HJ文庫『異世界からJK転生した元妹が、超グイグイくる。』2巻準備中!
JUMP j BOOKS『ぼくたちは勉強ができない 未体験の時間割』発売中!

スクウェア・エニックスノベルス『スタンプ・デッド』1~5巻&コミック版、『太陽で台風』1・2巻発売中!
ガンガンノベルズ『魔法少女アーヤ☆アミー』発売中!
徳間デュアル文庫『魔王さんちの勇者さま』1~4巻発売中!
徳間文庫『欠陥妖怪住宅』、『パラレル家族計画』発売中!
ぽにきゃんBOOKSライトノベルシリーズ『ブチ切れ勇者の世界征服』1~2巻発売中!
HJ文庫『カンスト勇者の超魔教導』1~3巻発売中!
ファンタジア文庫『お助けキャラに彼女がいるわけないじゃないですか』1~3巻発売中!
JUMP j BOOKS『ぼくたちは勉強ができない 非日常の例題集』発売中!

受賞歴:
2004年、第1回スクウェア・エニックス小説大賞『入選』
2008年、第5回トクマ・ノベルズEdge新人賞『徳間デュアル文庫特別賞』
2017年、第11回HJ文庫大賞『銀賞』
2017年、ジャンプ小説新人賞’16 Winter 小説フリー部門『銀賞』
2017年、第30回ファンタジア大賞 『金賞』

«  | ホーム |  »

エロティカル・ウィザードと12人の花嫁 1

どうも、はむばねです。
去年読んだ本の感想もまだ全部更新出来てないわけですが、並行して今年読んだ本の感想も上げて参ります。
というわけで本日の感想は、今月発売のHJ文庫の新刊。
前回のHJ文庫大賞『銀賞』受賞作ですね。

一応、ネタバレはそんなにしてないつもり。


エロティカル・ウィザードと12人の花嫁 1 (HJ文庫)
太陽ひかる
ホビージャパン (2020-01-31)
売り上げランキング: 128,390


あらすじはAmazonより抜粋。
>少年が引き継いだ魔王の力はエロ限定!?
>
>東京の魔法学校に通う一ノ瀬隼平は、適性魔法が判明しない落ちこぼれ。そんな彼の前に突如美しき魔女メリルが現れ、告げた。
>
>「“魔王"の転生体である君の力が必要なの――」
>
>自らに魔王の力があると知った隼平。さらに、その秘密が勇者の末裔である美少女ソニアにばれてしまう。
>魔王になる気はない隼平はソニアを説得し、彼女相手に正しい力の使い方を習うことに。
>しかし、魔王の力とは最強最悪の『エロ魔法』だった――!!
>美少女たちとHな魔法を極める、ハーレム学園バトル、開幕!!

『エロ魔法使い』という字面のパワーワード感よw
しかしメタ的に見れば、エロコメの主人公は皆エロ魔法使いなのかもしれない。
リトさんとかコガラシさんとか辺りは、強力なエロ魔法使いっぽいですね。

閑話休題。
魔法使いが希少な世界で、魔法使いには各種制限が付くというのはさもありなんという感じ。
普通であれば力の代償ってところなのでしょうが、隼平くんの場合はその『力』が実質使い物にならず制限だけが課せられてるってのが辛いところですね。
ちゅーか学校の中でも図抜けて落ちこぼれてるその状況で、よく今まで十年サボりもせずにやってきたな……。
自分が原因で家族関係も壊れてるとか、背負ってるものも重い。

閑話休題(2回目)。
服によって魔法の系統が変わるタイプの魔法使い、というのも面白いですね。
なんか、装備で使えるスキルが変わるゲーム的というか。
そして、確かに実際このタイプだったら『便利で不便』だろうなと思いますw

そしてエロ魔法、そのキャッチーな名称とは裏腹にえげつなくて草w
ラッキースケベ誘発程度かと思いきや、精神操作やら肉体変質までアリの実質エロゲの設定やりたい放題みたいな魔法とは。
しかしそういう意味では、確かに『エロ魔法』というワードはかなり適切でもあるんだよな……。

とはいえ、銃が人を殺すのではなく人が人を殺すのだ的なお話で。
エロ魔法も、使う人次第ですよね。
字面通りのちょっとアホっぽい『エロ魔法』で勝負が決する様も、王道的で面白かったです。
もっとも、かの『魔王』も最初はまともな人だったようで。
隼平くんが、今後本当の意味でエロ魔法と向き合っていく物語にもなっていくんですかね。

にしても隼平くん、ある意味で生まれながらに『責任』を背負わされててワロタw
カラーイラストでメリルさんの六変化が描かれてたんで「あぁ、タイトルの『12人の花嫁』って1人で12人分担当するってことなんか」とか思ってたら、ガチで12人おるんかいw
果たしてこれからどんな『花嫁』たちと出会っていくのかってー部分にも期待ですね。

という感じで、総じて。
『エロ魔法』というアレな字面ながら、実のところ重い力と運命を背負った少年の物語。
これから出会っていくのであろう12人の『花嫁』含め、今後の展開が楽しみです。
スポンサーサイト



«  | ホーム |  »

プロフィール

hamubane

Author:hamubane

たぶんライトノベル作家的なもの


Twitter

既刊情報

最新コメント

最新記事

カレンダー

01 | 2020/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

月別アーカイブ

カテゴリ

ジャンルランキング

[ジャンルランキング]
日記
220位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
88位
サブジャンルランキングを見る>>

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR