FC2ブログ
ファンタジア文庫『世話好きで可愛いJK3姉妹だったら、おうちで甘えてもいいですか?』2巻3/19発売!
HJ文庫『異世界からJK転生した元妹が、超グイグイくる。』2巻準備中!
JUMP j BOOKS『ぼくたちは勉強ができない 未体験の時間割』発売中!

スクウェア・エニックスノベルス『スタンプ・デッド』1~5巻&コミック版、『太陽で台風』1・2巻発売中!
ガンガンノベルズ『魔法少女アーヤ☆アミー』発売中!
徳間デュアル文庫『魔王さんちの勇者さま』1~4巻発売中!
徳間文庫『欠陥妖怪住宅』、『パラレル家族計画』発売中!
ぽにきゃんBOOKSライトノベルシリーズ『ブチ切れ勇者の世界征服』1~2巻発売中!
HJ文庫『カンスト勇者の超魔教導』1~3巻発売中!
ファンタジア文庫『お助けキャラに彼女がいるわけないじゃないですか』1~3巻発売中!
JUMP j BOOKS『ぼくたちは勉強ができない 非日常の例題集』発売中!

受賞歴:
2004年、第1回スクウェア・エニックス小説大賞『入選』
2008年、第5回トクマ・ノベルズEdge新人賞『徳間デュアル文庫特別賞』
2017年、第11回HJ文庫大賞『銀賞』
2017年、ジャンプ小説新人賞’16 Winter 小説フリー部門『銀賞』
2017年、第30回ファンタジア大賞 『金賞』

«  | ホーム |  »

百錬の覇王と聖約の戦乙女 18

どうも、はむばねです。
記事ストックがほぼ消滅してヤバい。
まぁ、(これだけ連続で消費してれば)そうなるな。
ネタ……というか主に感想を書いてない作品は結構溜まってるんですが、記事に落とし込むのがめんどいんじゃぁ……。
というかここ最近忙しい忙しい言うてますが、マジで忙しくてやってる暇がないのだ……。
明日までの作業が終わればワンチャンか……というか、明日でストックが切れるのでどうにかするしかないのだ……。

そんなこんなで、サクッと感想です。
いつも通り、ネタバレはアリアリで。


百錬の覇王と聖約の戦乙女 18 (HJ文庫)
鷹山誠一
ホビージャパン (2019-05-31)
売り上げランキング: 94,762


あらすじはAmazonより抜粋。
>ユグドラシル最大の決戦、その行方は!?
>
>大陸の覇権を目指す《炎》の信長と、大陸の救済を目指す《鋼》の勇斗。
>両雄が神都の南で相対する一方で、宗都イアールンヴィズでもリネーアが猛将シバによる襲撃を受けていた。
>かつてない強敵たちとの戦いの中で、果たして《鋼》は人々を護り切ることができるのか!?
>ユグドラシル崩壊の序曲が響く中、史上最大の決戦は佳境へと向かっていく――

前巻の感想はこちら

さて、今回はいよいよ戦直前というところから始まりまして。
3倍という絶望的な戦力差は、流石に勇斗様率いる軍なれどあちらこちらで不安が生まれているようですね。
そして前回は敵方に不和の気配がありましたが、今回は味方にですか。
にしても、まだ《狼》時代のメンバーにそんな人が残っていたとはな……。
もっとも、それだけに失敗の気配しか感じませんが。
逆に敵さんサイドの不和の方が、一時的にせよ解消される感じ?
むしろこちらの方が不気味ですね。

からの、ロプトさんのコメディ顔いただきましたーw
これも、だいぶ砕けてきた証なのでしょうかw
まぁロプトさんでなくともいきなりの長城出現はビビるからね、仕方ないね。
しかし、リアカーがそんな文明の利器だったとは。
私も、漠然と昔っからあるようなものだと思ってましたわ。
ほんで、それがあっても『人』がいなければ事は成せないというのもさもありなん。
各種勢力を吸収して、優秀な人材も増えてきてますねー。
何回か書いてますが、私はこの優秀なユニットが集まっていく展開がSMG的で凄く好きなんですよね。

ともあれ。
勇斗様の策も、ある意味で信長様を信頼してのことなのですね。
そして信長様も、そこまで理解してなおあえて乗ると。
正面からぶつかり合う様は、まさしく『天下』を争う戦いって感じがします。

ほんで、双紋エインヘリアルを有しているという点でも互角。
もっとも、勇斗様のそれはほぼ封印状態なわけですが。
そういう意味では、現時点では信長様の方が分があると言えるのかもしれません。
ちゅーか、ホムラさんの力がマジでチート級ですからね……。
(今の所)戦に役立つ類のものではないものの、戦の前準備が何倍もの速度で終えられるっていうね。
まさに戦略級。

しかしブルーノさん、てっきり裏切りフラグかと思いきやそうきましたか……。
野心ではなく、本当に《狼》のためを思っていたのですね。
正直ここまであんまりいいとこがないと思ってましたが、最期に格を爆上げしていきましたね……。

ってかアレクシスさん、勇斗様の手先になってたんかい!?!?!?
これまでの彼の立ち位置から、その発想はなかったですね……。
てっきり、今回も怪しい立ち回りをするもんだと疑ってなかったぜ……。
しかしまぁ確かに、勇斗様が神帝となった今となっては彼の立場的に従うのは当然……なの、か……?
どうにも、疑いは晴らせませんがw
ちゅーか前巻で勇斗様が鏡を持ち出したところで、信長様を送還する線か……? とも思っていたのですが、流石予想を超えてきますね……。
とはいえ、信長様の裏切られ歴を鑑みれば確かに言われてみればさもありなんという感じではある。
ここが、勇斗様と信長様との決定的な違いでもあるのでしょうね~。

という感じで、総じて。
いよいよ開戦。未だお互いに総大将は出ることなく、しかし早くも激戦は始まっており。
まずは『人』がキーになる展開を経て、これからどう決着に向かっていくのかますます目が離せない18巻でございました。
スポンサーサイト



«  | ホーム |  »

プロフィール

hamubane

Author:hamubane

たぶんライトノベル作家的なもの


Twitter

既刊情報

最新コメント

最新記事

カレンダー

01 | 2020/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

月別アーカイブ

カテゴリ

ジャンルランキング

[ジャンルランキング]
日記
220位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
88位
サブジャンルランキングを見る>>

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR