FC2ブログ
HJ文庫『異世界からJK転生した元妹が、超グイグイくる。』既刊2巻発売中!
ファンタジア文庫『世話好きで可愛いJK3姉妹だったら、おうちで甘えてもいいですか?』既刊2巻発売中!
JUMP j BOOKS『ぼくたちは勉強ができない 未体験の時間割』発売中!

スクウェア・エニックスノベルス『スタンプ・デッド』全5巻&コミック版、『太陽で台風』全2巻発売中!
ガンガンノベルズ『魔法少女アーヤ☆アミー』発売中!
徳間デュアル文庫『魔王さんちの勇者さま』全4巻発売中!
徳間文庫『欠陥妖怪住宅』、『パラレル家族計画』発売中!
ぽにきゃんBOOKSライトノベルシリーズ『ブチ切れ勇者の世界征服』全2巻発売中!
HJ文庫『カンスト勇者の超魔教導』全3巻発売中!
ファンタジア文庫『お助けキャラに彼女がいるわけないじゃないですか』全3巻発売中!
JUMP j BOOKS『ぼくたちは勉強ができない 非日常の例題集』発売中!

受賞歴:
2004年、第1回スクウェア・エニックス小説大賞『入選』
2008年、第5回トクマ・ノベルズEdge新人賞『徳間デュアル文庫特別賞』
2017年、第11回HJ文庫大賞『銀賞』
2017年、ジャンプ小説新人賞’16 Winter 小説フリー部門『銀賞』
2017年、第30回ファンタジア大賞 『金賞』

«  | ホーム |  »

博多だるま の だるま弁当

どうも、はむばねです。
ちょい久々の、臨時テイクアウトシリーズ。
本日ご紹介するのは、博多だるまさんです。
有名店(のはず)で、かつて第1回卒業旅行で我々が真っ先に食べに行ったラーメン屋さんでもあります。
こちらは、その総本店(のはず)。
正直ここがテイクアウトやるっつーのは意外だったんですが、割と本格的にやってらっしゃいます。

メニュー

ちょっと見づらいですが、メニューはこんな感じ。
なんでラーメン屋なのにトンテキ弁当があるのだろう……。
個人的に、一番気になるのもトンテキなのですが。

ともあれ。

moblog_36ba45f3.jpg

裏っかわにもあります。


moblog_2c55a42b.jpg

そして今回注文したのは、だるま弁当(700円税込み)。

まず、端的に申し上げましょう。
これを700円(税込み)で売るとか、正気か???
唐揚げ、揚餃子、チャーシュー、そしてご飯は炒飯。
こんなん、完全にオールスターですやん。
当然、お味の方も超クオリティ。
唐揚げは、柔らかジューシー。
マヨネーズが付いているのもありがたいですね。
味変するのに、丁度良い感じです。
完全に罪の味になりますがw
揚餃子も、カラッと上がって食感もグッド。
具もたっぷり詰まっています。
写真では伝わらないかと思いますが、チャーシューは肉厚!
めっちゃ食べごたえがあります。
更に、こんなに入ってて大丈夫??? というレベルでデカい。
しかも2枚。
そして、炒飯。
当たり前ですが、ラーメン屋の炒飯です。
好きなんですよね、ラーメン屋の炒飯。
チャーシュー、卵にネギと玉ねぎ。
比較的シンプルながら、そうそうこれでいいんだよって感じです。

うん、まぁ、ていうかね。
炒飯単品が600円で揚餃子3つで300円なのに、この構成で700円ってバグってない???
流石に炒飯は量が違うのかな? とも思いますし、まぁ単品よりセットの方がお得というのはわからないでもないのですけれど。
にしても、唐揚げ2個、揚餃子2個、チャーシュー2枚、炒飯も体感的には、一人前くらい十分ある気がする。
に加えて、ポテサラに漬物まで付いてるんですよ?
このご時世でヤケになったのか? と思われても仕方ないレベル。
このポテサラがまた、居酒屋の手作りポテサラって感じで美味しいのですよ。
この重量編成メニューの中で、漬物もいい仕事してくれる。

という感じで、総じて。
ザ・ラーメン屋のオールスターという感じのお弁当。
ボリュームも文句無し……というか個人的にはオーバーキルなレベルで、更にこのバリエーションで700円(税込み)は完全に頭おかしい(褒め言葉)。
スポンサーサイト



りゅうおうのおしごと!3

どうも、はむばねです。
はい、というわけでね。
今日も今日とて感想なわけですけども。

479738817X
白鳥 士郎(著), しらび(イラスト)
SBクリエイティブ (2016-05-13T00:00:01Z)


文庫版の画像、クソすぎへん???
ものっそい暗い画像しか表示されねーんだけど、ウチの環境だけなのか……?
メルカリでももうちょっとマシな画像貼っ付けるのでは? というレベルなんですが……。
もし上記画像が普通に表示されているようでしたら、通じないネタですみません。
一応、こっちの環境でも綺麗に表示されるKindle版のリンクを正規リンク(?)として貼っておきます。

なお今回は、続刊ってことを加味した上でなおかなりのネタバレ要素を含んでおりますのでご注意ください。


B01FCRKTKQ
白鳥 士郎(著), しらび(イラスト)
SBクリエイティブ (2016-05-12T00:00:00.000Z)


あらすじはAmazonより抜粋。
>「あいも師匠と一緒に『おーるらうんだー』めざしますっ!!」
>宿敵“両刀使い”に三度敗れた八一は、更なる進化を目指して“捌きの巨匠”に教えを乞う。
>一方、八一の憧れの女性・桂香は、研修会で降級の危機にあった。
>急激に成長するあいと、停滞する自分を比べ焦燥に駆られる桂香。
>「私とあいちゃんの、何が違うの?」
>だが、あいも自分が勝つことで大切な人を傷つけてしまうと知り、勝利することに怯え始めていた。
>そして、桂香の将棋人生が懸かった大事な一戦で、二人は激突する―!
>中飛車のように正面からまっすぐぶつかり合う人々の姿を描く関西熱血将棋ラノベ、感動の第三巻!!

前巻の感想はこちら

(比較的)綺麗な将棋小説だった前回から一転、今回は初っ端から汚くて草w
ほんで、またおしっこの話してる……。
何なの? 1巻につき1回はおしっこの話を入れないといけない縛りなの?
……白鳥先生のことなので、マジでそんなノルマを課しているとしても驚かないぜ。

と、いうのはともかくとして。
表紙からして、今回は姉弟子回?
と思ってたら、もう完全に彼氏の部屋に入り浸る女の行動してて草ぁ!w
まぁ、そうなるな(知ってた)。

あと1巻の時からそうだったけど、歩夢きゅんと仲いいな師匠www
もう、完全に親友くらいのポジションやん。
師匠、割と事あるごとに歩夢きゅんのこと思い浮かべる傾向にあるしな。
まぁ、東京との繋がりで一番手軽なとこだからというのもあるのでしょうけれど。

んでんでんで。
今回は、基本師匠がメインのお話なわけですけれど。
あいちゃんの脳内の盤面ヤバすぎて草ぁ!w
2巻の時もそうでしたけど、勝負じゃないところで間接的に才能のエグさを表現するのがめっちゃ上手いですね……。
流石すぎるぜ……。
姉弟子でさえも、師匠とあいちゃんの才能を認めているというのも……姉弟子の立場からするとアレですが、説得力は凄い。

ちゅーか、今回のテーマは『才能』ってやつですかね。
しかしそんな中、『努力』の極地のような人が今回の師匠のお相手ですか。
実際、師匠を完全に追い詰めるところまでいった努力はガチofガチ。
それこそ、将棋に全てを捧げているレベル。
にも拘らず、結局のところそれを押しつぶす師匠の才能よ。
これは確かに将棋星人ですわー。

からの、終盤は桂香さんメインなわけですが。
あるいは師匠をも超えるかもしれないあいちゃんの才気が炸裂した形ですね。
ちゅーか表紙のもう一人は誰なんだぜ? と思っていたら、かつての桂香さんなのね。
ともあれ、負けはすれども次に繋がる良いラストでございました。

という感じで、総じて。
どれだけ美辞麗句を並べようと純然と存在する、『才能』という壁。
それに愛された者、愛されなかった者、どちらにせよ自分に与えられたものの中で必死に戦うしかない人たちの、今回も熱い戦いでございました。あと、今回もやっぱりおしっこでした。

超人高校生たちは異世界でも余裕で生き抜くようです! 2

どうも、はむばねです。
不眠発動中です。

というわけで、感想です。
例によって、続刊はあんまりネタバレ配慮はしてません。


4797386916
海空 りく(著), さくらねこ(イラスト)
SBクリエイティブ (2016-02-13T00:00:01Z)


あらすじはAmazonより抜粋。
>地方領主をいともあっさりと打倒した超人高校生たちは、冬の終わりとともに始まるだろう帝国との全面対決に向けて、準備を開始する。
>そんな彼らが最初にとった方策は『宗教』!?
>天才マジシャンのプリンス暁が現人神・ゴッド暁として奇跡の御業を示し、さらに桂音の医療技術や葵の武力など、それぞれが能力を生かして人々に実利を与えることで信仰を集め、超人高校生たちは急速に勢力を拡大していく!
>帝国の理不尽な圧政に苦しめられてきた人々を、地球最高の叡智と技術で導く異世界革命物語第2弾!

前巻の感想はこちら

自分がいなくなった時のことまで想定している司くん、流石すぎるな……。
流石に異世界転移は想定外でしょうけど、まぁ確かに暗殺の危険には常に晒されていたわけですからね……。
にしても三年後まで見通す(暫定)とか、予言者ではないと言いつつもほぼ予言者のレベルやろw

からの、今回は『宗教』ですか。
まぁそうなるな、という手段ですね。
そしてここでも、自分たちがいなくなった後のことまで考えている司くんがやはり流石である。
ちゅーか、もはや彼には『ゴール』までの道筋が見えているのでは……? と疑うレベル。
ほんでこの人、指揮官なのに割と自分で身体張るよね……。

1巻から引き続き、敵方にも優秀な人がいるというのも良き。
いや、今はもう敵じゃないんですけども。
からの、クッソ無能だけど厄介な敵の出現という采配よ。
結局、脳筋こそが一番やべぇ説。
物理的に強い奴はやっぱり強いぜ……。

……とか思ってたら、こっちの対策も最終的には脳筋戦法で草w
そうだね、こっちにも脳筋の極みがいたね。
にしても、魔法すらも使わず純然たる物理で無茶を現実にしてて笑うわw
しかし、今までの実績からして納得出来るのも草w
あの司くんですらも信じがたいことを、「自分が出来るって言ってんだから信じろ(意訳)」で説得する(?)豪腕っぷり(物理)よ。

ともあれ、予想外の被害は出つつも今回もどうにか乗り切ったわけですが。
今回は噴出しなかったものも含め、不穏の種はあちこちに蒔かれている感じで。
からの、ラストはそう来ますかーって感じ。
攻めを忘れぬこの姿勢、次巻も大きく状況が動きそうですね。

という感じで、総じて。
内政は順調なれど、順調なだけではなく思わぬ一撃も食らい。
ますます加速していく状況に、次巻を読むのも楽しみです。

オンライン飲み会をしました

どうも、はむばねです。
昨日は、鉄乃蜘蛛先生にお付き合いいただきオンライン飲み会をやりました。
なお、余裕で途中から記憶が飛んでいるしいつ終わったのかも全く覚えていません。
何か失礼がございましたら、大変申し訳ございません……!

ちな、そんな鉄乃蜘蛛先生の(?)受賞作は7/1に発売だぞ!
私も速攻で買いに行く予定なので、みんなもよろしくな!
勇者は魔王の門番人 ~ブラックな勇者業辞めて、ホワイトな魔王の下で働きます~ (HJ文庫)
※Amazonが思いっきりお漏らししているので、一応画像付きリンクは控えておきます。


それはそうと。
前回ZOOMで飲み会やった時に、定期的に『マイクが機能していません』って表示されてマイクが使えなくなってたんですよ。
なのでイヤホンマイクの調子が悪いのかな? と思って新しいのを買いに行ったんです。
しかし、今回色々と試してたぶんわかったんですけども。
ははーん? これ、一定時間以上音が入らない場合に表示されるやつだな?
自分一人の状態の時、一定時間で確実に表示されてたんでたぶん間違ってないんじゃないかな。
んで、だとするとですよ。
だからって、マイクの機能をオフにするのはおかしない???
いや、なんでだよ。
マジでなんでだよ。
『マイクが機能してないかもよ?』くらいのアラートでえぇやん。
なんでそっちからマイク切るの? バカなの?
まぁ今後も考えるとイヤホンマイク自体は複数あっても良いのですが、マジお前……! という気持ちにはなりましたよね。

あ、ちなみに前回はZOOM飲み会の後で不眠が発動したので「ワイにとっては飲み会帰りの道中が必要なクールダウン期間やったんかもな……」と思ったわけですけども。
今回のように飲み会中にハチャメチャに酔っ払えば普通に眠れることが判明しました。
飲み会中にハチャメチャに酔っ払うな。


ともあれ。
鉄乃蜘蛛先生、お付き合いいただきありがとうございました!

果てしなくめんどい

どうも、はむばねです。
クレジットカードは、全て発行し直した。
免許証も再発行した。
保険証も手に入れた。
マイナンバーカードは……そう……まぁ……そうねぇ……。

と、いう感じでね。
とりあえず、最低限生活するのに必要なものの再発行は一通り終わったと思うわけですが。
各種ポイントカード・会員カードの作り直しが、死ぬほどめんどくせぇ。
幸いにしてと言うべきか、カードホルダーは別で持ってて大半のカードは手元に残ってるんですけどね。
普段よく使うカードは、全部財布に入れてたからね。
財布を失くす時は全てを失くす時、ゆえに財布だけは失くさない……というロジックでやってきたんですが、まさか本当に失くすとはな。
それも、こんな形で。

流石にちょっと想定外すぎんよー。

まぁ、ともあれ。
とりあえず今日は、ビックカメラに買い物に行ったのでポイントカードを作り直してきました。
本当は電話で紛失手続きしてから行こうと思ってたんですが、全然繋がらなかったんで「まぁ直接行ったらなんとかなるやろ」の精神で。
したら、結局窓口で同じとこに電話しないといけないらしくってクッソ待つことになって草ぁ!w
とはいえ自分のスマホであんなに待たされてたらかなり電話代かかったでしょうし、まぁ行って正解ではあったんじゃないですかね。
念のため、かなり時間に余裕がある時を見計らって行って良かったぜ……。
まぁ、その間ガッツリ拘束してしまった店員さんには申し訳なかったですが……。
ていうか、社内窓口的なところはないのだろうか……。

ともあれ。
電話が繋がってからは、非常にスムーズに再発行完了。
とりあえずこれで、nanacoとビックカメラのポイントーカード(だけ)は復活したぜ(なおnanacoの引き継ぎ手続きは終わっていない模様)!
………………
…………。
……残りが果てしなさ過ぎて考えるだけで憂鬱になりますね。
まぁこればっかりは、順次やっていくしかないですね……。
あと面倒そうなのは、クリーニング屋さんかなぁ……。
間に悪いことにというか今ちょうどクリーニングに出してる分があって、それも財布の中だったからマジ面倒なんだよな……。
まぁ、身分証明証さえあればなんとかなるやろ……やはり、身分証明証こそが最強……。

と、いう感じでね。
財布くん、怒らないから今からでも出てきなさい。
という気持ちで、日々いっぱいです。

財布を買うべきか、買わざるべきか

どうも、はむばねです。
先日、Twitterでも書きましたが。




普通に恥ずかしいのだが?

ただこれ、バリバリ財布が恥ずかしいってのは一般的な感覚なんですかね?

     ∧_∧
     ( ゚ω゚ ) 支払いは任せろー
 バリバリC□l丶l丶
     /  (   ) やめて!
     (ノ ̄と、 i
        しーJ

結局、このAAがあるから恥ずかしいという扱いになっているだけなのでは……?
いやでも、一般的に恥ずかしいと思われてるからこそこんなにこのAAが流行ったんだろうしな……。

とはいえ、別に人がバリバリ財布使ってたところで何も思いませんけどね。
つまりは、自意識過剰。
ではあるんですけども、普通に使う上でもカードポケットが少なすぎて早くも不便に感じ始めてるんですよね……。
やはり、新しい財布を買うべきか。
しかしこれは私の意地というか願掛けみたいなところもあり、「あくまで財布が見つかるまでの繋ぎである」というスタンスなんですよね。
新しい財布を買っちゃうと、行方不明の財布を諦めてしまうみたいで……。
とはいえ流石に出版社とかのパーティーにこの財布で行くのは自意識過剰であろうとハチャメチャに恥ずかしいので、それまでに見つからなかったら買わざるを得ない。
………………。
…………。
……。
……うん、まぁ、たぶん少なくとも今年いっぱいはどこの出版社もパーティー注意だと思いますけどね。
たくさん猶予があってよかったね(白目

毎年新鮮なツッコミどころを提供してくれる君

どうも、はむばねです。
先日、ふくし氏が確定申告しようとしている場に居合わせたのですが。
なんか、e-Taxに入れないとのことでして。
調べて見たら、ファッ!? e-Taxって普段は大体の土日(と祝日)利用出来ねぇの!?
※確定申告期間は全日24時間稼働。

いや、ちょっと待って?
もうこの際だ、改修しろとは言わん。
行政のシステムだと、改修も(色んな意味で)大変でしょうし。
ただ、理由だけ教えて?
マジでどういう理由で設定されてんのこれ……。
窓口が開いてない期間でもWEBなら出来るよってのがメリットの一つだと思ってたんですが、そこがほぼ完全に潰れとるやん……。
というのを置いとくとしても、毎回停止させる方が逆にめんどくない?
システムなんてーのは一工程増える度にバグと障害のリスクが増えるわけだし、定期ジョブとか一つでも減らしたいと思うのがSEだと思うのですが……。
本当に、どういう設計思想なのかが理解出来ない……。
昔はハードの制約でずっと動かすことが出来なかったとかなんだろうか……。
しかし、確定申告期間中ずっと動かせるならそれ以外の期間でも動かし続けて問題ない気もするが……。
確定申告期間中だけサーバ増強してるとかも考えづらいというか、だとしても確定申告期間以外はアクセスがガクッと落ちるだろうしそもそもわざわざ土日に止める理由にはならんよな……。
考えれば考えるほど、意味がわからん……。
何か深い理由でもあるのかと思えば、平成29年の税理士会連合からの要望に普通に利用時間の拡大について書かれとるしな……。
ちゅーか、平成29年に要望出てるのに直してないんかい……。

いやー、しかしアレですよね。
言うて私も、もう結構長い間e-taxを利用してるわけなんですけども。
毎年、何かしらのツッコミどころは発見されるな?
毎年ブログネタを提供してくれるありがたい存在、e-Tax……。
なお、概ねありがたさの10倍程度ムカつく模様。

伊原20days / 伊原20days’ / 雪美DAIFUKU

どうも、はむばねです。
さて、最近の恋するワンピースは比較的穏やかな回が続いていますね(なお学校水没&校舎破壊)。
なにせ恋ピ、人も物も破壊しない回とかほとんど存在しないので人的被害がないだけで穏やかに感じてしまう……。
#なお、ジャンボジャンボさんに関しては無事生還を果たしたので被害にカウントしないものとする(丸一日空に放り出されてたけど)。
いやマジで、何も壊れなかった回とが全体として5話も存在しないのでは……?
もはや、校舎破壊程度では驚かなくなりましたよね。
第1話で不良にガチ火炎星してついでに校舎まで全焼させたのを見て「えぇ……? ギャグとはいえ流石にこれはアカンやろ……」とか思ってた頃が懐かしいぜ……。
あ、念のため書いておきますがワンピーススピンオフ漫画の話です。
未読の方は、まずは第1話から読んでみよう!
でぇじょうぶだ、最初はドン引きするかもだけどだんだんマヒってくる(倫理観が)。

さて、それでは本日の本題ですが。
今更ながらジャンプラに掲載されている伊原先生の過去作も読んでみたのでその感想です。
ちゅーかジャンプラ、作家名からその作家さんの作品一覧に飛べるとか別作品を表示する機能とか存在しないのね……。
コメントで見るまで、伊原先生の他の作品がジャンプラにあるのを知らんかったわ……。

ちな、全部無料で読めるので是非読んでみてくださいな!
こっちは、ワンピース本編を知らなくても大丈夫だぞ!(まぁ恋ピの方もたぶん本編読んでなくても大丈夫だし、なんなら本編読んでる上で何言ってんのかわからんねーけどな!


伊原20days / 伊原20days
別作品扱いではありますが、普通に繋がってるので感想はまとめて書きます。
恋するワンピースが好きな方なら、確実にこちらも好きだと思います。
実質、恋ピからワンピを引いたみたいな作品。
恋ピのやべぇところはあれだけワンピースネタをメインに扱っていながら「これワンピース要素なくても成り立つのでは?」と思わせるとこだと思うのですが、こっちがまさにそういうノリです。
ざっくりと言うと、やべぇ奴たちのラブコメ。
まぁ、破壊を伴わない嘘風亜種みたいなのがいっぱいいると思って(なお普通に破壊行為も行われる模様)。
ただ、しょーじきに言うとね。
序盤は、ちょっと弱めかな? と感じてしまうかもしれません。
でもキャラが沢山出てきてからが本番なので、最低でも5話目くらいまでは読んでいただきたい。
純一くん辺りは、作中ではむしろかなり常識人だなってのがわかってきますので。
『旅行中の事故で2週間ジャングルで過ごしただけで生まれた時からジャングル育ちみたいな雰囲気を出してくるやべぇ奴』が常識人寄りに分類されるというこの狂気を感じてくれ。
なお、たぶん本作で一番の常識人(人とは言っていない)は悪魔(あだ名とかじゃなくガチで召喚された方)さんだと思います。

と、こう書くと狂人のバーゲンセールみたいな漫画かと思われるかもしれませんが。
というか、まぁそう言っても過言ではない気がしますが。
ガチでやべぇのはボマー西岡(爆弾魔)くらいだから安心してくれ。
他は特殊な設定持ってたり特殊な性癖持ってたり特殊な肉体持ってたり特殊な恋愛観を持ってたり特殊な技術を持ってたり特殊な価値観持ってたり特殊な種族だったりするだけだから。
うん、しかしこうやって並べるとそのほとんどを背負っている気がする嘘風は改めてやべぇな?
なんというか、本作の後に恋ピが生まれたというのは物凄く納得出来る経路だわ……。

と、いうのはともかくとして。
個人的にすげぇと思うのは、こんなクッソ濃い奴らが意外なほどにキッチリ『ラブコメ』をやってるところなんですよね。
そんな、あからさまにラブ感が出ているわけではないんですよ。
というか、基本的にはギャグなんですよ。
しかしそんな中でも、「ほほーん? この二人……」みたいなニヤニヤ出来る描写が多いんですよね。
2話毎に新キャラを紹介していく形でどんどん新キャラが出てくるんですが、それと絡めて既存キャラの深堀りもされていくのですが。
そんな中で、「えっこの二人が……?」みたいな新たな関係性が見えてきたりもしまして。
まさしく、『世界が広がっていく』感じが凄く気持ちいいです。
毎回「えー、もっとコイツを掘り下げてくれよー」と思うところで2話分終わって、すぐに「いやコイツも面白ぇな!?」と新キャラも好きになっていくという連鎖に、既存キャラもガンガン放り込まれてきまして。
2話毎に新キャラに話題を移していく、という難易度の高い形式でこれをやる構成力はバチクソに凄いです。
というか、そういう形式だからこそこう転がっていくのかな?
何気に恋ピ読んでても思うのですが、伊原先生は細かいとこで構成の妙を見せてくれるんですよね。

コメントでも沢山書かれていましたが、これで40話終了というのは本当に勿体ない。
これまでに出てきたキャラだけでも、もっと描いていただきたいです。
本当に、掘り下げられそうなところが山程あってですね……。
恋ピもめちゃくそ好きだからずっと続いてほしいですけど、いつかこの続きも書いていただきたいところです。


雪美DAIFUKU
一方、こちらはかなりラブコメ色が強い作品でございます。
……うん、まぁ、『脳内彼氏が物理的に脳から飛び出してきたけどだいぶ設定と違う姿だった』という話の時点で、ラブ……コメ……? という感じではありますが。
いや、読んでみるとちゃんとラブコメやから……(震え

と、設定こそ実に伊原先生らしいぶっ飛んだものですが。
むしろ、イメージは少女漫画に近いですね。
少女漫画も結構ぶっ飛んでるのあるしな……。
やはり、基本はギャグメインなんですけども。
ヒロインが今みたいになった理由とか、ピンチに颯爽と駆けつけるヒーローだったりとか、お前が出張るんかい!? という展開だったりだとか、突然どうした!? ってなる展開だとか、こいつ飯食うか破壊以外の行動ほとんどしてなくね? というヒーローだったりとか……うん、書いてて思ったけど流石に少女漫画に近いは無理があったかもしれんわごめん。
いやほんとに、大枠のストーリーラインだけ切り取ると王道少女漫画的ではあるんですけどね……。
伊原先生の味付けが濃すぎるぜ……。
ただそれでも伊原先生感はかなり抑えめで、初心者にもオススメ出来る作品です。
……ホンマか?

まぁ、とりあえず読んでみて。
それも、出来れば最後まで。
何を言ってもネタバレになりそうなんで詳しくは書けませんが、終盤の怒涛の展開は流石伊原先生すぎる……。



と、いう感じでね。
どちらもオススメなんですけども。
雪美DAIFUKU、伊原20days、恋ピと、だんだん今のスタイルに近付いていってるのも面白いと思いました。
そしてこれを書いてた伊原先生にワンピースのコラボをやらせるとか、私がずっと抱いてる「恋ピの関係者で一番理性の営業が終了してるの編集さんでは?」説がより強固になりました(褒め言葉)。
その結果あの傑作が誕生してるんだから、編集さんも伊原先生も許諾した尾田先生も関係者全員が天才すぎるんだよなぁ……。
まぁ、これが恋ピをスピンオフと呼んで本当に良いのかという問題はあるけども……。

りゅうおうのおしごと!2

どうも、はむばねです。
諸々立て込んでおりますため、サクッと感想に入ります。
例によって、続刊はネタバレ配慮あんまりしてないのでご注意を。


4797386762
白鳥 士郎(著), しらび(イラスト)
SBクリエイティブ (2016-01-14T00:00:01Z)


あらすじはAmazonより抜粋。
>「私はあなたを師匠だなんて呼ばないから」
>『竜王』九頭竜八一の前に現れた黒衣の少女は高飛車にそう言い放った。
>夜叉神天衣。小学4年生。
>弟子と同じ『あい』という名を持つJSの教育を将棋連盟会長より依頼された八一は密かに特訓を施す。
>だがそれが弟子にバレた時―かつてない修羅場が訪れた!
>「ししょう…?だれですか?その子…?」
>はじめてのライバル、はじめての修羅場、そしてはじめての家出…幼い師弟に訪れた危機を乗り越え、二人のあいを救うことができるのか!?
>悲しみの雨に閉ざされた少女達の心に、若き竜王の角が虹を描く!!

最初から将棋の話をしている……だと……?
※将棋小説です。
今回はプロローグでアマチュア戦、本編は詰将棋からと、まるで将棋小説のようなスタートですね。
※将棋小説です。

いやしかし、今回は本当に序盤から真面目だな。
詰将棋一つ取っても色んな側面があったり、プロ棋士のお仕事とかについてわかりやすく書かれてて勉強になる。
駒落ちのプロ相手にずっと指してきたからこそ、その形が最も得意になる人がいるというのもなるほどという感じ。
そんな人が現実にいるのかは知りませんが、とにかく説得力がありますね。

えっ、ていうかマジで真面目だな……?
ちょっとロリコンネタが入った程度で、ずっと将棋やってるじゃねぇか。
……ずっと将棋をやってることに驚いてしまう将棋小説とは?
1巻の罪だからね、仕方ないね。

ともあれ、基本的に2巻はあいちゃんともう一人のあいちゃんの話なわけですが。
要所要所で存在感を出しまくってくる姉弟子に草w
出番自体はそんなに多くないのに、エピソードが毎度濃すぎんよー。
ちゅーか、四歳にしてトッププロ棋士に殺気感じさせるとかどういうことなのwwwマジのモンスター(魔物的な意味で)じゃねぇかwww

とか思ってたら、あいちゃんも殺気放ってて草w
そしてJSのお漏らしで、今回もおしっこの実績解除です。
前回はおっさんの放尿だったので、ランクアップしているね!
※将棋小説です。

んでんでんで。
今回は師匠の対局は最後までないわけですが、大師匠(師匠の師匠)によって間接的に師匠の才覚が示されたのも良きですね。
ちゅーか、マジで最上位の称賛やないかい。
やっぱ、竜王を取ったのもまぐれじゃないってことですね。
まぁそら、まぐれで取れるような称号ではないわけですからね。
その後の不調も、どっちかっつーと盤外のことが理由なわけですし。
いずれにせよ、大師匠が凄く師匠してたのがエモい。
1巻で放尿してた人と同一人物とは思えないぜ……。

閑話休題。
今回はあいちゃんに対する天衣ちゃんというライバルが現れるのがメインなのですが。
色んな意味で正反対でいて、根は共通しているこの二人。
初戦から、クソ熱い展開でした。
将棋のことはぶっちゃけよくわかんねーけど、熱いことだけはわかった。

からの、師匠の対局もまた熱かったですね。
そして、ずっと前から始まっていた運命の輪よ。
ちゅーかこのエピソードとか、マジで師匠の才気ヤバすぎへん……? って感じです。
なんでこの人、最近負けがこんでたの?
いや、盤外が理由ってもう結論は出てるんだけども。

という感じで、総じて。
今回は、最初から最後までかなり将棋小説(でもおしっこは出るよ)。
めちゃくちゃ熱い展開の連続で、読んでいて燃えました。

りゅうおうのおしごと!

どうも、はむばねです。
Twitterでも書きましたが、メンタルクリニックと各種金融機関のキャッシュカード再発行手続きは一通り終わらせました。
マイナンバーカードは……そう……まぁ、そうねぇ……(北上様並感
ていうか初回の申請はネットで出来たと思うんですけど、再発行もネットで出来ねぇのかな……。
出来ない理由がないと思うんですけど、行政の場合は出来ない理由がなくとも出来ないと言われれば納得してしまう程度には信用がない……。
とりあえず区役所に電話で聞いてみるか……。

というのはともかくとして、感想です。
まぁまぁネタバレ要素がありますので、ご注意を。


4797384840
白鳥 士郎(著), しらび(イラスト)
SBクリエイティブ (2015-09-12T00:00:01Z)


あらすじはAmazonより抜粋。
>玄関を開けると、JSがいた―
>「やくそくどおり、弟子にしてもらいにきました!」
>16歳にして将棋界の最強タイトル保持者『竜王』となった九頭竜八一の自宅に押しかけてきたのは、小学三年生の雛鶴あい。きゅうさい。
>「え?…弟子?え?」
>「…おぼえてません?」
>憶えてなかったが始まってしまったJSとの同居生活。
>ストレートなあいの情熱に、八一も失いかけていた熱いモノを取り戻していく―
>『のうりん』の白鳥士郎最新作!監修に関西若手棋士ユニット『西遊棋』を迎え最強の布陣で贈るガチ将棋押しかけ内弟子コメディ、今世紀最強の熱さでこれより対局開始!!

一ページ目の一行目から疑似シモネタで草w
流石は信頼と実績の白鳥先生やでぇ……!
からの、回想でも一行目からシモネタで草ぁ!www
最初の方、将棋要素よりシモネタ要素の方が強いやないかw
そして、おしっこでなんかいい話風に締めんなwww

とはいえ、これまた流石に取材力はガチオブガチ。
こんだけふざけておきながら、将棋については超真面目です。
そして、師匠(主人公)は最年少・デビュー最短でのタイトル獲得という現実離れした実績を持っているわけですけれど。
白鳥先生ご本人もおっしゃってますが、藤井七段の出現によって現実の方がそれを超えつつあるっていうねw
まさに事実は小説より奇なりを地でいっている。

ともあれ。
華々しいところだけじゃなく、裏方が重要とかそういうとこも描いてくれてるのも良きですね。
リアルな将棋界という感じ。
幼女が内弟子というとなんかラノベ感が増しますが、将棋界の年齢層を考えるとリアルでも普通にある事例なのでは?(知らんけど

閑話休題。
師匠も大概チート級の実績持ちですが、あいちゃんの才能はマジモンの歴代最高レベルと。
しかし、経験の少なさゆえにガチ実戦では不利になるというのもリアルですね。
しかも相手は、師匠と共に研鑽した姉弟子。
師匠が奨励会に入ってヌルく感じたと思う辺り、その激しさも伺えます。
そして、作中で言及されている『最も棋士に必要なのは折れない心』という部分。
そこが見る者の心を打つ、というのも良いですね。

……とか思ってたら、そっからのウルトラQ展開で草w
なるほど、そう来ますかー。
いやはや、色んな意味でのうりんとはまた違った側面で面白く、しかし実に白鳥先生らしい作品だと思いました。

という感じで、総じて。
将棋とロリ、時々おしっこ。
色んな要素ごった煮にも思えますが、笑いと熱さが金沢カレーの如く絶妙なバランスで仕上がっているのが流石オブ流石でした。
……うん、作中の要素に絡めてちょっと上手く言おうとしたのは認める。

«  | ホーム |  »

プロフィール

hamubane

Author:hamubane

たぶんライトノベル作家的なもの


Twitter

既刊情報

最新コメント

最新記事

カレンダー

04 | 2020/05 | 06
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

月別アーカイブ

カテゴリ

ジャンルランキング

[ジャンルランキング]
日記
258位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
103位
サブジャンルランキングを見る>>

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR