FC2ブログ
HJ文庫『異世界からJK転生した元妹が、超グイグイくる。』既刊2巻発売中!
ファンタジア文庫『世話好きで可愛いJK3姉妹だったら、おうちで甘えてもいいですか?』既刊2巻発売中!
JUMP j BOOKS『ぼくたちは勉強ができない 未体験の時間割』発売中!

スクウェア・エニックスノベルス『スタンプ・デッド』全5巻&コミック版、『太陽で台風』全2巻発売中!
ガンガンノベルズ『魔法少女アーヤ☆アミー』発売中!
徳間デュアル文庫『魔王さんちの勇者さま』全4巻発売中!
徳間文庫『欠陥妖怪住宅』、『パラレル家族計画』発売中!
ぽにきゃんBOOKSライトノベルシリーズ『ブチ切れ勇者の世界征服』全2巻発売中!
HJ文庫『カンスト勇者の超魔教導』全3巻発売中!
ファンタジア文庫『お助けキャラに彼女がいるわけないじゃないですか』全3巻発売中!
JUMP j BOOKS『ぼくたちは勉強ができない 非日常の例題集』発売中!

受賞歴:
2004年、第1回スクウェア・エニックス小説大賞『入選』
2008年、第5回トクマ・ノベルズEdge新人賞『徳間デュアル文庫特別賞』
2017年、第11回HJ文庫大賞『銀賞』
2017年、ジャンプ小説新人賞’16 Winter 小説フリー部門『銀賞』
2017年、第30回ファンタジア大賞 『金賞』

«  | ホーム |  »

りゅうおうのおしごと!

どうも、はむばねです。
Twitterでも書きましたが、メンタルクリニックと各種金融機関のキャッシュカード再発行手続きは一通り終わらせました。
マイナンバーカードは……そう……まぁ、そうねぇ……(北上様並感
ていうか初回の申請はネットで出来たと思うんですけど、再発行もネットで出来ねぇのかな……。
出来ない理由がないと思うんですけど、行政の場合は出来ない理由がなくとも出来ないと言われれば納得してしまう程度には信用がない……。
とりあえず区役所に電話で聞いてみるか……。

というのはともかくとして、感想です。
まぁまぁネタバレ要素がありますので、ご注意を。


4797384840
白鳥 士郎(著), しらび(イラスト)
SBクリエイティブ (2015-09-12T00:00:01Z)


あらすじはAmazonより抜粋。
>玄関を開けると、JSがいた―
>「やくそくどおり、弟子にしてもらいにきました!」
>16歳にして将棋界の最強タイトル保持者『竜王』となった九頭竜八一の自宅に押しかけてきたのは、小学三年生の雛鶴あい。きゅうさい。
>「え?…弟子?え?」
>「…おぼえてません?」
>憶えてなかったが始まってしまったJSとの同居生活。
>ストレートなあいの情熱に、八一も失いかけていた熱いモノを取り戻していく―
>『のうりん』の白鳥士郎最新作!監修に関西若手棋士ユニット『西遊棋』を迎え最強の布陣で贈るガチ将棋押しかけ内弟子コメディ、今世紀最強の熱さでこれより対局開始!!

一ページ目の一行目から疑似シモネタで草w
流石は信頼と実績の白鳥先生やでぇ……!
からの、回想でも一行目からシモネタで草ぁ!www
最初の方、将棋要素よりシモネタ要素の方が強いやないかw
そして、おしっこでなんかいい話風に締めんなwww

とはいえ、これまた流石に取材力はガチオブガチ。
こんだけふざけておきながら、将棋については超真面目です。
そして、師匠(主人公)は最年少・デビュー最短でのタイトル獲得という現実離れした実績を持っているわけですけれど。
白鳥先生ご本人もおっしゃってますが、藤井七段の出現によって現実の方がそれを超えつつあるっていうねw
まさに事実は小説より奇なりを地でいっている。

ともあれ。
華々しいところだけじゃなく、裏方が重要とかそういうとこも描いてくれてるのも良きですね。
リアルな将棋界という感じ。
幼女が内弟子というとなんかラノベ感が増しますが、将棋界の年齢層を考えるとリアルでも普通にある事例なのでは?(知らんけど

閑話休題。
師匠も大概チート級の実績持ちですが、あいちゃんの才能はマジモンの歴代最高レベルと。
しかし、経験の少なさゆえにガチ実戦では不利になるというのもリアルですね。
しかも相手は、師匠と共に研鑽した姉弟子。
師匠が奨励会に入ってヌルく感じたと思う辺り、その激しさも伺えます。
そして、作中で言及されている『最も棋士に必要なのは折れない心』という部分。
そこが見る者の心を打つ、というのも良いですね。

……とか思ってたら、そっからのウルトラQ展開で草w
なるほど、そう来ますかー。
いやはや、色んな意味でのうりんとはまた違った側面で面白く、しかし実に白鳥先生らしい作品だと思いました。

という感じで、総じて。
将棋とロリ、時々おしっこ。
色んな要素ごった煮にも思えますが、笑いと熱さが金沢カレーの如く絶妙なバランスで仕上がっているのが流石オブ流石でした。
……うん、作中の要素に絡めてちょっと上手く言おうとしたのは認める。
スポンサーサイト



«  | ホーム |  »

プロフィール

hamubane

Author:hamubane

たぶんライトノベル作家的なもの


Twitter

既刊情報

最新コメント

最新記事

カレンダー

04 | 2020/05 | 06
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

月別アーカイブ

カテゴリ

ジャンルランキング

[ジャンルランキング]
日記
217位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
84位
サブジャンルランキングを見る>>

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR