FC2ブログ
HJ文庫『異世界からJK転生した元妹が、超グイグイくる。』既刊2巻発売中!
ファンタジア文庫『世話好きで可愛いJK3姉妹だったら、おうちで甘えてもいいですか?』既刊2巻発売中!
JUMP j BOOKS『ぼくたちは勉強ができない 未体験の時間割』発売中!

スクウェア・エニックスノベルス『スタンプ・デッド』全5巻&コミック版、『太陽で台風』全2巻発売中!
ガンガンノベルズ『魔法少女アーヤ☆アミー』発売中!
徳間デュアル文庫『魔王さんちの勇者さま』全4巻発売中!
徳間文庫『欠陥妖怪住宅』、『パラレル家族計画』発売中!
ぽにきゃんBOOKSライトノベルシリーズ『ブチ切れ勇者の世界征服』全2巻発売中!
HJ文庫『カンスト勇者の超魔教導』全3巻発売中!
ファンタジア文庫『お助けキャラに彼女がいるわけないじゃないですか』全3巻発売中!
JUMP j BOOKS『ぼくたちは勉強ができない 非日常の例題集』発売中!

受賞歴:
2004年、第1回スクウェア・エニックス小説大賞『入選』
2008年、第5回トクマ・ノベルズEdge新人賞『徳間デュアル文庫特別賞』
2017年、第11回HJ文庫大賞『銀賞』
2017年、ジャンプ小説新人賞’16 Winter 小説フリー部門『銀賞』
2017年、第30回ファンタジア大賞 『金賞』

«  | ホーム |  »

完全なる徒労

どうも、はむばねです。
えー、昨日の今日でアレなのですが。
GMOのキャッシュバック案内メール、来ました。
それも、(契約時にGMOから発行されたアドレスじゃなくて)普通に登録したメールアドレス宛てに。
あー、なるほどね?
(どういう算出式かは知らんけど)6月送信っちゅーのは合ってたわけね?
ほんで、いちいちクソシステムにログインしなくていいように予め転送設定もしてたわけね?
はー、なるほどなるほど。
スマンな去年のワイ、お前の対応は完璧やったわ。
普通に引き継ぎも正確だった……。
転送設定しててもワンチャン案内メールだけは来ないというクソムーブもありうるので、リマインダーはやっぱ設定しておいた方が良くて。
6月の何日に送られてくるかがわからないなら、1日にしておくのが無難ですからね。
過去の自分、大体正しい説。
そして私は、未来の自分は今の自分より成長していると信じていつも作業をぶん投げる。
つまり、いつだって今の自分が一番クソなのである。

にしても、結局昨日の一連の作業は史上稀に見るレベルで徒労に終わったな……。
いやまぁ、結果登録出来たんでいいんですけどね。
昨日の時点では翌日に来るとはわかっていなかったわけで、昨日確認したこと自体は間違ってなかったと思いますし。
クソみてーな仕様にしてるGMOが悪い(責任転嫁)。
あと登録フォームもまぁまぁアレで、何よりわかりにくい表記でデフォルトで新サービスに加入させようとしてくる辺りでGMOへの殺意は更に高まりました。
スポンサーサイト



引き継ぎは正確に

どうも、はむばねです。
ブログにも書きましたが、去年WiMAXの契約をSo-netからGMOに切り替えまして。
決め手の一つが、キャッシュバックまで含めるとあの時点で一番安かったからなんですけども。
キャッシュバックを受けるためには11ヶ月後に送られるメールに1ヶ月以内に反応して口座登録しないといけないという、本当にキャッシュバックさせないことだけを目的としたことを隠そうともしないクソシステムなんですよね。
正直だいぶイラッとはしたんですけど、まぁそれでも安いならとGMOに決めたのです。
んで、忘れるのは確実なのでGoogleKeepでリマインダを設定しまして。
6月の頭に、そのリマインダ通知が来てたんですね。
ただ、その時点でメールを漁ってもそれらしきメールは見当たらず。
1日じゃなくて月半ばのタイミングで来るのかな? と思って放置してたんですよ。

しかし、もう6月も終わろうかという今になってもメールが来ない。
流石に不安になって色々なワードでメール検索してみたんですが、やっぱり見当たらない。
と、そこでふと思い出したんですね。
あぁそういえば、登録してるメールアドレスじゃなくて契約時に発行されたアドレスにしか来ないんやっけか。
ホンマにキャッシュバックさせないための工夫にだけは余念がねぇなと思いつつも、GMOのWEBメールシステムにログインしようとググったんですよ。
したら、出てきたページが↓みたいになってまして。

2_2020062920362103f.png

??? どういうことや?
契約したサービスによって違うっちゅーことか……?
と思って、説明ページに飛びますと


3_202006292036205be.png

ドメインによって、ログインURLが異なるとのこと。
………………。
…………。
……正気か?

いや、わかる、わかるよ?
たぶん、違うサーバに振り分けてるんだろうね。
でも、それをフロント段階でまで分ける???
普通、入り口は共通にして内部で振り分けるよね……?
えっ、なに、実装する技術がないの???

その振り分けもドメインに付与された番号(1~3)によって識別するという、素人が考えた命名規則か? ってな感じのものだったんですが、それはともかく。
とにもかくにもWEBメールシステムにログインすると、大量のメールが。
どうやら、宣伝メールとかも送られてきているようです。
それはまぁいいんだけども、じゃあ検索しようかとあちこちイジっているうちに気付きました。
ははーん? さてはこのメールシステム、検索機能が存在しねぇな?
正気か???
えっ、なに、実装する技術がないの???
ってなりますよね。

しかしまぁ、ないもんはしゃーない。
クソめんどいけど1件ずつ目視で確認していった結果、結局見当たらねぇ。
は? まさか、メールそのものを送らないという最強のクソムーブをかますつもりか???
と、この時点で3/4ギレくらいの気持ちだったんですけども。
もう一度色々と確認しているうちに、気付いたんですよ。
GMOと契約したの、去年の8月だったんですよね。
ってことは、メール送られてくるの7月じゃねぇか。
おい去年の自分、引き継ぎするならちゃんと引き継ぎしろ。
このクソほど忙しい中、マジで時間を無駄にしてしまった……。

GMOさん、クソムーブを疑ってすまんかったやで!
ただ、それ以外の部分のクソさは変わらんけどな。
元々速度低下が著しかったり挙動が不安定だったりで3年経ったら乗り換えるのは心に決めてたんですが、今回の件でますますその決意が固まりました。
今にして思えば、So-netは優良企業やったな……。

らーめんおいげん の特上醤油(国産黒毛和牛肉のせ)

どうも、はむばねです。
はい、というわけでね。
本日は当ブログ初出、らーめんおいげんさんのご紹介です。
ちょいちょい通る道にあるお店なので、前から気になってはいたのですけれど。




兼虎さんとコラボ中なので、せっかくなのでこの機会に行ってみることにしました。

moblog_1e6ae4da.jpg

今回は、特上醤油(1000円税込み)を注文。
福岡では大変貴重な醤油ラーメン……! なぜ期間限定なのか……!
ちなみに、おいげんさん自体はトンコツのお店です。
そういう意味ではもう一個の豪快豚骨を注文した方が店の本来の味に近いのでしょうけれど、醤油欲に逆らえなかったのだ……。

と、いうのはともかくとして。
トッピングは、ネギ・メンマ・海苔・お肉と比較的シンプルな構成……うん、まぁ、流石にこれをシンプルと言うのは無理があるか。
とにもかくにも、スープ表面の大部分を占めるお肉が特徴です。
ていうか君、公式の写真よりだいぶデカいな??? ってなりましたよね。
ただ、Twitterで検索してみると昨日までは普通に公式の写真程度のデカさだったっぽい……?
今日からデカくなったのか……?
コラボも終了間近だし、最後にサービスって感じなんだろうか……。

と、いうのはともかくとして(2回目)。
店内では『和牛チャーシュー』と表現されていましたが、まぁローストビーフですね。
これが横にデカいだけじゃなく肉厚で、非常に食べごたえがあります。
ていうか、ラーメンに乗せるようなものじゃなくない……? というレベル。
しかし超豪華なチャーシュー代わりという感じで、しっかりとラーメンに合ってるのは流石です。

やや甘めの醤油スープは、あっさり目ながらも濃厚。
矛盾する表現ですが、ホントにそんな感じなんですよね。
「旨っ!」ってなるんですけど、全然しつこくはないのですよ。
(健康面・容量面から)私は普段あんまりスープは飲まないようにしてるんですが、これはかなりグイグイいっちゃいました。
生姜がまた、良い仕事してます。
味変というか、より爽やかな味わいになるのですよ。
麺は細縮れ麺で、これがまたスープとよく絡んでグッド。
ペロリと食べてしまいました。
替え玉で別種類の麺を頼むことも可能っぽいので、物足りない方はそちらも試してみてくださいな。

という感じで、大変美味しい一杯だったのですけれど。
兼虎さんとのコラボ要素ってどこなんだぜ……?
麺もスープも違うし、辛い系メニューでもなければ兼虎さんで和牛チャーシューをやってるわけでもない。
というか、コラボって言ってるのに兼虎サイドでは特にメニューが増えるわけでもないというのもよくわからん……。
兼虎さんが開発に協力したメニューってことなんだろうか……?

ラノベニュースオンラインアワード2020年5月刊アンケート、明日6/28(日)20時までです!

どうも、はむばねです。
はい、というわけでね!
先日お知らせ致しましたラノベニュースオンラインアワードのアンケート投票、締切は明日まででございます!
明日いっぱいではなく、明日20時〆ですのでご注意を!

ラノオン5月刊


今回は、『異世界からJK転生した元妹が、超グイグイくる。2』が投票対象となっております!
面白いと思っていただけた皆様におかれましては、是非ともご投票いただけますと幸いでございます!
1作品から投票可能です!
少しでも多くの方に届くよう、どうぞよろしくお願い致します!
というか本作に限らずなんですが、今回はタイミング的にコロナの影響直撃作品リスト状態ですので気に入った作品があれば是非ご投票くださいな!


以下、恒例の説明です(使いまわし)。

投票はリンク先に埋め込まれてる↓フォームより直接入力いただけます。

2_201711271521490cd_20180218192919652.png


下記の通り、『Your answer』と表示されているところが入力フォームとなっております。
バッテンを打ってるところじゃないのでご注意を。
『Your answer』って指示の下にテキストボックスが入ってるように見えますが、書いてあるところこそがテキストボックスです。

3_20171127152148fbe_20180218192918c56.png


また、同じ作品を入力出来るのは3箇所までです。
それ以上の項目に入力すると無効になる可能性があるようなのでご注意を。

今回も、清き一票をどうぞよろしくオナシャス!

りゅうおうのおしごと! 6

どうも、はむばねです。
今日も時間がねぇので、サクッと感想です。
今月はマジでヤバい(ヤバい)。


4797391898
白鳥 士郎(著), しらび(イラスト)
SBクリエイティブ (2017-07-14T00:00:01Z)


あらすじはAmazonより抜粋。
>「重度のロリコンですね。治療法は死ぬしかありません」
>竜王防衛を果たし、史上最年少で九段に昇った八一。二人の弟子も女流棋士になれて順風満帆……と思いきや、新年早々問題発生!?
>不眠症や変な夢に悩まされ、初詣で怪しげなおみくじを引き、初JS研では小学生全員に告白され、弟子の棋士室デビューは大失敗。
>おまけにあいはロリコンを殺す服を着て既成事実を作ろうと迫る。殺す気か!!
>そんな中、銀子は奨励会三段になるための大一番を迎えるが――
>
>新キャラも大量に登場! 熱さ急上昇で新章突入の第6巻!!
>新時代の将棋の歴史は、ここから始まる。

前巻の感想はこちら

ついに姉弟子回か……!?
というくらい、表紙からスタートから姉弟子モードですね。
にしても、師匠も当初は姉弟子を妖精の類やと思ってたんやなぁ……まぁ、今でも妖精と見紛うことしばしばなんですけども。

と、ロリ姉弟子から始まりロリコンの流れで草w
……とか思ってたら、現実を小説に取り入れる流れで更に草ぁ!www
いや、これは……えぇのんか?wwwもう、ほぼまんまやけどもwww

からの、シモネタ全開で大草原www
最近シリアスが続き気味だったから、バランスを取っているのか……?w

しかし、姉弟子としてはいきなりハードモードのスタート。
にしても、なるほど。
女流棋士の世界は、ある意味では男より厳しいものでなのですね。
プロに『なってしまえば』、少ない勝負の場で勝ち続けるしかないという。

ほんで帝位は、現代では切っても切れぬアレに関係する方でしたか。
そらまぁ、最初の一人目ってのはキツいよな……。
しかしそれだけに、タイトルホルダーまで復帰してきただけの強さを感じます。
にしても、そこを全く意に介さず曝け出す天衣ちゃんの恐れ知らずさも草w

というか、今回のテーマは『復帰』なのかな?
最初の姉弟子の相手からそうでしたし。

ほんで、竜王戦を終えての師匠の制御不能なまでの才気煥発っぷりよな……。
危うさは示唆されているものの、読者としてはワクワクがそれを上回ります。
そして、ますます遠く離れていくのを感じる姉弟子の切なさよ……。

からの、魂の叫び。
ついに姉弟子の鬱屈した想いが師匠にも伝わりましたかー……。
……いや、あんま伝わってねぇ気もするな?
姉弟子が桂香さんを奮起させたように、師匠が姉弟子を奮起させんとするものの……。

からの、またロリコンの話かいwww
ていうか、今回めっちゃロリコンの流れ推してくるなwww
前回であいちゃんが正妻の座に近づいたからね、仕方ないね。

ともあれ。
姉弟子については、なるほどそう来ますかーという感じ。
勝ったけど負けたがゆえに、むしろ絶望が深いという。
ちゅーかまぁ確かに、次のステージに行ったら今まで以上の将棋星人ばっかなわけですからね。
仮に今回のような形じゃなくても、結局は絶望みが深い。

ほんで、その魔境を中学生で突っ切ってそのまま頂点にまで上り詰めた師匠の凄さも間接的に示された形ですね。
しかし、今回初登場のニュージェネレーション将棋星人。
今後は、彼が台風の目的存在になっていくのでしょうか。

という感じで、総じて。
将棋の神様と、姉弟子の話メインの6巻。
結果だけを見れば上々ではありますが本当の地獄の始まりという感じで、ここからどう転がっていくのかますます楽しみです。

兼虎のクレイジータイガー(激辛魚介とんこつ坦坦麺)

どうも、はむばねです。


はい(説明完了)。


moblog_5d0f61a1.jpg

というわけで、こちらがクレイジータイガー(900円税込み)です。

えー、まず始めに注意事項なんですが。
今回は、マジで辛いぞ。
言うて辛辛魚の基本程度やろー、と舐めて注文するとやられるので気をつけろ!(やられた者より)
今までだと辛い系のメニューの時は辛さが選べたのですが、今回はその制度もないようです。

いやね、最初に食べた瞬間は「ん……? まぁこんなもんか……」って感じなんですよ。
食べた瞬間に「辛っ!?」ってなるタイプではない。
いや、言うて食べた瞬間もそこそこ辛かったですけど。
しかしこいつぁ、じわじわとなぶり殺しにしてくれる系のやつだぜ。
食べる毎にダメージが蓄積していき、一口で受けるダメージも倍増していく感じ。
途中から、これはもう食事というより攻撃を受けているのでは……? という気分になりました。
粘性の高いスープで、スルッとは入ってこないところも殺意が高い。

が、しかし。
それだけじゃないのが兼虎さんですよ。
辛い、けど同時に美味い。
こんだけ辛いのに、しっかりと旨味が感じられるのです。
まぁ、だからこそ厄介とも言えるのですが。
苦しい、でも食べ進めちゃう……!(ビクビクン!

いや本当にね、口の中をこんだけ蹂躙されても美味しさって感じられるんですねってちょっと感心したレベル。
たっぷりの挽き肉を始めとして、具だくさんなのも良いですね。
麺ほどダメージも来ないので、ちょっとした休憩にもなります(ダメージを受けないとは言っていない)。
意外とというか、スープもそこまでダメージ与えてきません(受けないとは以下略)。
ドロッと濃厚で、複雑な味わい。
辛さでやられた舌でも、しっかりと感じることが出来ました。

なお、店を出た後は速攻でコンビニ駆け込んで牛乳を買いましたよね。
ていうか、牛乳ってホントに辛さでやられた口に効くんですね……。
気休め程度かと思いきや、ガッツリ痛みが引いてビックリしました。
意外と後に引かないタイプの辛さだったからというのもあるかもしれませんが。

という感じで、兼虎さんの本気を垣間見た気がする限定メニューでございました。
まぁ言うて辛さ耐性がそこまであるわけでもない私でも(途中からお酢を大量投入しつつも)食べ切れたレベルなので、真の辛い好きからすれば物足りないレベルではあるのでしょうけれど。
本当に辛味の名手である兼虎さんならではの辛い・けど辛いだけじゃない美味さので、是非お試しくださいな。
ただ兼虎さん、なんで月内限定メニューを月末に始めるんだぜ……?

キミと僕の最後の戦場、あるいは世界が始まる聖戦

どうも、はむばねです。
今日も今日とてクソほど時間ないので、サクッと感想に入ります。
割と隅から隅までネタバレしているのでご注意を。


4040723074
細音 啓(著), 猫鍋蒼(イラスト)
KADOKAWA (2017-05-20T00:00:01Z)


>「降伏しろ」
>「降伏なさい」
>帝国最強の剣士イスカ。皇庁が誇る魔女アリス。
>二大国が激突する戦場で二人は出会い、共鳴しながらも敵対する。
>追い求める理想の世界のために。
>細音啓、渾身のヒロイックファンタジー!

おっ、最強VS最強って感じでスタートから燃えますねぇ。
それぞれ異なる力を持ち、それぞれその頂点に立つ存在というのも熱い。
互いに、最終的な志が同じところにあるのも良きです。
にも拘らず、致命的な部分で相容れられないってとこも。
なんというか、好きポイントが詰め込まれている。

からの、ラブコメ展開よ。
いや、コメではないのか? むしろロミジュリ的な悲恋?
まぁ少なくとも中盤でやってることはラブコメなんですけども。
ここが普通に明るいラブコメだけに、二人の立場を思うと余計に苦しい気持ちになりますね。
というかもっと引っ張るのかと思ってたら、意外とあっさり再会したな?

ともあれ。
この手の『終わらない戦争』をやってる物語だと、上層部が無能に描かれがちかと思うのですけれど。
その点、本作は普通に有能ムーブを続けてくれるところも好き。
まぁ、間違っても善人ではないわけですが。
そこも含め、偉い人であることに説得力がある。
ちゅーか、国家反逆罪で終身刑言い渡されてたイスカくんを一年で釈放する時点でメンツとかよりも実利を優先してる感。
めちゃくそな競争社会みたいだし、さもありなんといったところである。

からの、急にラスボス出てきたな!?
えっ、ガチのラスボスやん……。
そのうち戦うのかなー、とか思ってたら1巻でもうやるのか……。
からの共闘も、いつかやるんだろうなーと思ってたら以下略。
なんという展開速度……。

ともあれ、最強の大魔女と言われるだけあってガチやべぇな。
しかし覚醒しきってないとはいえ最強相手に戦えたのが100年前には存在しえなかった『剣士と星霊使いの共闘』だからというのも熱いアンサー。
つーかアリス様、一点特化とはいえ普通に最強の魔女に競り勝てるのヤバすぎでは……?
ラストで色々ときな臭い動きも示唆されており、果たしてここからどういう展開になっていくのか全く読めません。

という感じで、総じて。
敵対する二国の『最強』同士が出会うことから始まる物語。
1巻時点で恐るべきスピード展開で、果たしてこの物語、この二人はどこに向かっていくのか、続きを読むのも楽しみです。

串かつや屋ふみ勝今泉店のランチ

どうも、はむばねです。
はい、というわけでね。
本日ご紹介するのは、ふみ勝今泉店さん。
どうでもえぇけどリンク先のサイト、公式のはずなんですけども。
潔いほどにコンテンツが少ないというか、メニューすらないのは凄いな?
店舗情報とお知らせしか存在しない……。

と、いうのはともかくとして。
夜の時間帯には何度か行ったことあるんですが、最近ランチも始まったということでお昼にも行ってみました。

moblog_f376f432.jpg

メニューはこんな感じ。
今回は、ふみ勝定食(880円税込み)を頼んでみました。

moblog_a24ad549.jpg

ご飯、味噌汁、キャベツ、漬物は共通だと思います。
ご飯は、麦飯混じり。
味噌汁は赤だしで、(日によって変わるのかは知らんけど)私が行った時の具はなめこでした。
キャベツは塩ダレがたっぷりかかっています。


moblog_8377b34b.jpg

串カツその1。
左から、ささみ、もち巻きチーズ、豚バラ、ナス。

moblog_1f1c6d54_2020062313054719e.jpg

串カツその2。
左から、レンコン、エビ、ロースハム。

正直、最初はね。
ランチで串カツか……という感じだったのですよ。
どうしても、お酒のお供ってイメージが強いのでね。
でもまぁ当然のことながら、カツがご飯に合わないわけがないですよね。
どれも大振りで、食べごたえがあるのもグッド。
ご飯がガンガン進みます。
ちな、(私はしませんでしたが)ご飯はおかわり自由。
存分にカツとご飯のハーモニーをお楽しみください。
個人的には、キャベツに加えて漬物も付いてくるのがありがたかったですね。
赤だし含め、串カツの油を中和してくれる感じがします。

何気に、串カツ屋でランチって珍しい……の、かな?
串カツ屋が多い地域でランチ探索したことないからわからん。
しかし普通の居酒屋だと言うてランチメニューも似通ったものが多い中、全力で串カツオンリーというのは差別化が図れてると思います。
昼から串カツが食べたくなった時は、是非行ってみてくださいな。
いつ見ても全然客が入ってないので、密になる心配もないぞ!
いやマジで全然客入ってないので、行ってあげてください……。
この時は、12時台だったのに私が滞在してる間他に一人しかお客さんいなかったんでね……。
なお、昼間っからビール飲みたくなるのでその点はご注意ください。

【悲報】SDカード、逝く?

どうも、はむばねです。

moblog_3f7b7e03_2020062221203733b.jpg


moblog_54581f77.jpg

スマホがSDカードを認識しなくなりました。

ぐえー、今までに撮り貯めた写真たちがー。
………………。
…………。
……。
……まぁ、ほぼブログに上げる用の写真しか撮ってないのでぶっちゃけ全部消えたところで……って感じでではあるのですが。

最初はスマホ側の認識の問題かと思って何度か再起動かけたんですが、状況変わらず。
ただね。
KindleデータもSDカードに保存するように設定してるんですが、Kindleが読み込めてる時点で普通に読み込める状態にあるのでは……?

という気がしたので、一旦パソコンで読み込んでみようと思ってカバーとか外したのですが。
そ、そうだった……!

moblog_0771457e_201908231909593ae_20200622124849250.jpg

SHV44くん、↑の器具がないとSDカード取り出せないんだった……。
いや、やっぱこれ欠陥設計では……?
SDカードを取り出すのにいちいち器具が必要って何やねん……。

ちなみに購入当時の記事には、「言うてシャーペンとかで代用効くやろー」的なことを書いたんですけども。
結論から述べると、代用は効きませんでした。
当初手元に専用器具がなかったんでまずシャーペンで試したんですが、シャーペンのガイドパイプでは長さ的に届きません。
なぜそんな深くに作ったし。
しゃーないので裁縫道具を引っ張り出して針で押そうと思ったのですが、針の形状だと上手く力が入らず押せません。
なぜそんなに強く作ったし。
ちゅーか専用器具を用いてもまぁまぁ力を入れる必要があり、針であれだけの力を加えるのは普通に怖い。
マジで専用器具化するのやめていただける?

ちなみにこの器具、当時財布に入れとこうかどうか迷った末にまぁまぁ嵩張るので入れるのやめたという経緯があるんですけども。
財布に入れてたら普通に詰んでたよね。
詰みそうなムーブをしながらもギリギリで詰みは回避する、悪運のはむばねっぷりである。
いやまぁ、流石にauショップとかで新しいの入手出来るとは思いますけども。


と、無駄に苦労しつつも取り出しに成功してPCへ接続。

1_20200622131612008.png


やっぱ普通に見えるやんけ草ぁ!

とりあえずは、ホッとしました。
しかし中に入ってるデータ見て改めて思ったのですが、このSDカード初代スマホから使ってるやつなんですよね。
つまり、現在7年目。
SDカードの寿命は5~10年くらいだそうなので、まぁ不具合が発生してもおかしくはないですよね。
一旦フォーマットしたところで使えるようになるかわからないですし、新しいの買いますかー。
Kindleのデータぶっ込んでると、64GBだと物足りなくなってたところですしね。
しかし、次は128GBにするか256GBにするかで迷うな……。
そんな頻繁に替えないものだから256にするか、言うて5年で替えるんだったら128でえぇやろと考えるべきか……。

超人高校生たちは異世界でも余裕で生き抜くようです! 5

どうも、はむばねです。
不眠発動中です(説明終了)。

例によって、続刊モノはネタバレ配慮薄めです。


4797392789
海空 りく(著), さくらねこ(イラスト)
SBクリエイティブ (2017-06-14T00:00:01Z)


あらすじはAmazonより抜粋。
>エルム共和国を成立させ、通貨の発行によってその基盤を確かなものとした超人高校生たち。
>だが、異世界の人々に国を委譲するための選挙を始めようとした矢先、亡国《ヤマト》の皇女カグヤが現れた。
>エルムの基本理念『万民平等』をタテに、帝国に苦しめられている自分たちへの援助を求めてきたのだ。
>司は旧ヤマト領の扱いについて帝国への介入を始めようとするが――
>「俺はその方針には反対だ」
>勝人が地球への帰還を優先するため、帝国元帥ネウロとの敵対を避けるべきだと言い出し、超人高校生たちの間に不協和音が流れ始める!
>激動の異世界革命物語第5弾!!

んんっ……? 急に何が始まった……? と思ったら、冒頭これ番外編か……。
えっ、冒頭が番外編……?
どういう構成なんだってばよ……。
にしても、パンジャンドラム現地自力開発は草w
確かに、天才ではあるんでしょうけどね……。
というか、なんだかんだちゃんと実用化した辺りガチの天才なのでしょう。
現地の方にも、特異点的な存在が現れ始めた予感?

ともあれ、続く本編。
ただの亡国の姫君かと思いきや、割と決定的な『何か』を持つ存在っぽい?
まぁ、ネウロさんとの関係がこのまま穏やかに進んでいくとも思ってはいませんでしたが……。

ほんで、ここで選挙がそう効いてきますかー。
まぁ、この上なくわかりやすい『民意』を問う議題ではありますよね。
確かにそれこそ、司くんの望んだところ。

からの、ショーニンくんのフラグ回収ですか。
しかし、暁くんの気持ちもわかりますよね……というか、読者の代弁的な。
『最強の7人』が揃っているからこその、この物語……という感じがありましたからね。
そしてその役割が暁くんというのも、納得感があるというか。
実際、彼だけが覚悟決まってない感ずっとあったんですよね。
いやまぁ、本来はこんな状況で覚悟決まってる方がおかしいんですけども。
そんな暁くんに対して、ショーニンくんがそれはそれで良いのだと諭すのが熱く……だからこそ、その直後の秘めた冷たさが際立っている気がします。

んでんでんで。
ヤマトもよくわからん状況の中で、国内の選挙ではなるほどそういう流れですか。
まぁ、司くんもそら『わかって』ますわな。
何より、最前線でそれと戦ってきたわけですから。
ちゅーか、ここに来てもう物理的な無双はほとんどなくなりましたね(冒頭の番外編はそのフォローなのか……?)

という感じで、総じて。
内外共に、不穏要素のバーゲンセール。
いよいよ『民主主義』の闇も出てきたところで、ますます次の巻を読むのが楽しみな5巻でございました。

«  | ホーム |  »

プロフィール

hamubane

Author:hamubane

たぶんライトノベル作家的なもの


Twitter

既刊情報

最新コメント

最新記事

カレンダー

05 | 2020/06 | 07
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

月別アーカイブ

カテゴリ

ジャンルランキング

[ジャンルランキング]
日記
217位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
84位
サブジャンルランキングを見る>>

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR