FC2ブログ
スクウェア・エニックスノベルス『スタンプ・デッド』1~5巻&コミック版、『太陽で台風』1・2巻発売中!
ガンガンノベルズ『魔法少女アーヤ☆アミー』発売中!
徳間デュアル文庫『魔王さんちの勇者さま』1~4巻発売中!
徳間文庫『欠陥妖怪住宅』、『パラレル家族計画』発売中!
ぽにきゃんBOOKSライトノベルシリーズ『ブチ切れ勇者の世界征服』1~2巻発売中!
HJ文庫『カンスト勇者の超魔教導』1~3巻発売中!
ファンタジア文庫『お助けキャラに彼女がいるわけないじゃないですか』1~3巻発売中!
JUMP j BOOKS『ぼくたちは勉強ができない 非日常の例題集』発売中!

受賞歴:
2004年、第1回スクウェア・エニックス小説大賞『入選』
2008年、第5回トクマ・ノベルズEdge新人賞『徳間デュアル文庫特別賞』
2017年、第11回HJ文庫大賞『銀賞』
2017年、ジャンプ小説新人賞’16 Winter 小説フリー部門『銀賞』
2017年、第30回ファンタジア大賞 『金賞』

2019-10

«  | ホーム |  »

九州卒業旅行記 ~滋賀→博多 半死半生・往復するは黄泉への旅路編~

どうも、はむばねです。
書く書くと言っていながら書いていなかった旅行記まとめ。
いい加減記憶が限界な気がしますので、さすがにそろそろ書いてみることにします。


・1日目(3月9日)
出発前、幹事・雪魔氏からまさかの欠席連絡。
「ちょwww」と思いつつ、ダッシュで研究室に行って資料の印刷とかしてみる。
しかしまぁ当たり前のことながら、後になってみれば全然足りず。
私は基本的にアクシデントに弱いんだぜ。
つーか、20時前の電車に乗るのに16時起床だった私にいったい何ができたっていうんだぜ?
でもまぁ、なんだかんだで何とかなったのでたぶん良し。

ちなみにこの時、研究室の追いコンで前日(というか当日の朝)まで飲んでおり、私の体調もあまりよろしくありません。
しかしTAKKON氏若干の遅刻などのイベントがありつつも、夜行バスまでは無事に到着。
あとは、夜行バスに揺られて到着を待つだけ……なのですが、本来は。
実のところ、この旅最大の山場はここでした。

ここ十年ほど車酔いなんかしなかったので(夜行バスの経験も何度かありますが、酔いはなし)油断していたのですが。
まさかの二日酔いとのコンボで、体調がえらいことに。
いや、ありゃ参りましたよね……
ただでさえ時間が経つにつれ二日酔いがきつくなってきてたってーのに、バスに揺られてちゃ気軽にリバースさえできませんもの。
ともあれ、2つ目のインターチェンジあたりで胃の中身を全部出し切った後は比較的すっきり。
あとは快適……とはちょっと言いがたいですが、普通にバスの旅。


・2日目(3月10日)
7時前くらい? 博多到着。
乗ってた時間の割には結構早く着いた印象です。
毎度、夜行バスって暇をもてあます印象があったのですが。
今回は、極力寝ようという努力をし、実際ちょっとウトウトくらいはできたからでしょうか。
もっとも、もちろんただでさえバスの中で眠れない私が16時起床状態でまともに眠れるわけはありませんでしたが。

車酔いで消費した体力も合わさって正直若干グロッキーな中、博多駅に移動。

080310_0713~0001.jpg

駅内のマクドナルドで朝食を済ます。
私はフィレオフィッシュを頼んだわけですが、食べてる最中ずっと寄生虫事件を思い出してあんまり食が進まなかったのは内緒のシミツ。
なんであえてフィレオフィッシュを頼んでしまったのだろう……


と、一段とグロッキーになる中大宰府に移動。
電車と徒歩での移動となったわけですが、朝ということもあって人は少なかったです。
途中で商店街を通ったりもしたわけですが、なんかその微妙さがどこか熱海を彷彿とさせました。

そんなこんなで、大宰府到着。

080310_1015~0001.jpg


080310_1026~0001.jpg


時間のせいか平日のせいか、そんなにうじゃうじゃ人がいなくていい感じでした。

ついでに、牛なんかも撮ってみました。
なんか昭和60年(私が生まれた年)に奉納されたらしく、私が丑年ということもあり何か感じるものがあったのです。

080310_1013~0001.jpg


あとは、基本どおりにお守り買ったりおみくじ引いたり。






お守りは、院での研究が上手くいくように学業御守。

おみくじは中吉だったわけですが、一部抜粋すると↓のような内容

・願望:後には叶えども急には叶い難し
・失物:遠くにあり 手に入り難し
・争事:解決し難し 好機を待て
・転居:急ぐな
・建築:急がぬがよし
・商業:利を急がざれば吉
・縁談:まとまり遅けれど成る
・求職:急がねば成る

おいおい、中吉の割に微妙じゃね?
とりあえず、とにかく急いじゃいけないことだけはわかった。



んで、このあたりで私を含め3人にステータス異常”花粉症”が発動。
正直油断してたというか、想定さえしてなかったのでろくにティッシュさえも持っていない。
グロッキー度さらに上昇。



昼食は、ラーメンスタジアムに行くことに。
せっかくなので、九州のだるまラーメンで。
とんこつラーメンということでちょっとビクビクしてた感はあったのですが、思ったよりもあっさりめでした。


080310_1304~0001.jpg

おかげでグロッキー度が上昇することもなく、このあたりで比較的元気を取り戻してきます。
また、TAKKON氏が購入してくれた鼻炎の薬のおかげで花粉症も抑圧。
正直、薬の効果なめてました。
「どうせこころなしマシになる程度なんだろ?」とずっと思っていたんですが、ほとんど気にならないレベルまで症状を抑えてくれました。
噂によると効果と引き換えに眠くなる副作用もあるそうなのですが、それも私は実感レベルでは感じず。
よし、今度から花粉症が辛い時は素直に薬を服用しよう。
そんな、旅とはまったく関係のないところで新たな決意を固めるはむばねさんなのでした。


その後、ラーメンスタジアムと同じ建物内でスイーツ買ってみたりちょっとゲーセンうろついてみたり。
しているうちに、今度は普通に体力的にきつくなってきます。
ほどなくしてバスでホテルに移動したわけですが、ガン寝してしまいましたぜ。

ホテル到着後、夕食には少し早いので2時間ほどの自由時間。
なんかもう色々限界だった私はとりあえず寝ようかとも思ったのですが、やはりその前に大浴場に行くことに。
一番風呂&一人風呂で、のびのびと入浴。
本当はその後寝ようと思っていたのですが、お風呂だけで驚くほどに体力が回復。
お風呂すげぇ!
そりゃRPGでも温泉に入れば体力全快になるわけだよ!

というわけで、体力回復した私は他の男性陣と共に屋台の下見に行ってみることに。
余談ですが、この時女性陣の部屋では眠り姫が二人ほど発生したり刑事がはぐれていたりしたとかしないとか。
んで、夕食用にちらほら出始めの屋台を見て回ったわけですけどね。
飲み屋的なものが多く、男性陣のみ・かつ体調が万全ならば行ってみたいところではありますが今回はどうだろうという感じ。
結局屋台では食べず、適当なもの買って帰ってホテルで食べることと相成りました。

ちなみにこの時の歩行で私は明らかに回復した分以上の体力を使いきり、ホテルに戻ってからもう一度入浴。
ギリギリ体力回復して、皆と夕食に臨みましたとさ。
あとは寝るだけ。



さて、ところで今更ですが本旅行のメンバーを少し紹介。

雪魔氏:電気班の人。ご存知、当ブログにおける登場率(たぶん)ダントツナンバー1。今回欠席……と、みせかけて……?
TAKKON氏:電気班の人。ぷにぷに。
ひろき氏:放送部の人。ええ声。今回は2日目で退場。
美雨さん:放送部の人。姉御。
お嬢さん:電気班の人。お嬢さん。
ともちゃんさん:放送部の人(らしい)。今回、私とは半ば初対面。

というメンツだったわけですけれど。
TAKKON氏の日記でも触れられている通り、ともちゃんわーるどに私もビックリですぜ。
地のボケ力があまりに高すぎて、あらゆるボケ返しを許さず、全ての存在をツッコミに変えてしまうという恐ろしい能力の持ち主。
私の人生の中では、コアン、某氏に続いてこの手の能力者は3人目かな?
一緒にいると大変楽しく、私のツボでもあります。





というようなところで、2日目は終了。
なんかやたら長くなりましたので、続きは次の記事に分けますねー。

スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://hamubane.blog.fc2.com/tb.php/1028-1c831411
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | ホーム |  »

プロフィール

hamubane

Author:hamubane

たぶんライトノベル作家的なもの


Twitter

既刊情報

最新コメント

最新記事

カレンダー

09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

月別アーカイブ

カテゴリ

ジャンルランキング

[ジャンルランキング]
日記
379位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
158位
サブジャンルランキングを見る>>

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR