FC2ブログ
スクウェア・エニックスノベルス『スタンプ・デッド』1~5巻&コミック版、『太陽で台風』1・2巻発売中!
ガンガンノベルズ『魔法少女アーヤ☆アミー』発売中!
徳間デュアル文庫『魔王さんちの勇者さま』1~4巻発売中!
徳間文庫『欠陥妖怪住宅』、『パラレル家族計画』発売中!
ぽにきゃんBOOKSライトノベルシリーズ『ブチ切れ勇者の世界征服』1~2巻発売中!
HJ文庫『カンスト勇者の超魔教導』1~3巻発売中!
ファンタジア文庫『お助けキャラに彼女がいるわけないじゃないですか』1~3巻発売中!
JUMP j BOOKS『ぼくたちは勉強ができない 非日常の例題集』発売中!

受賞歴:
2004年、第1回スクウェア・エニックス小説大賞『入選』
2008年、第5回トクマ・ノベルズEdge新人賞『徳間デュアル文庫特別賞』
2017年、第11回HJ文庫大賞『銀賞』
2017年、ジャンプ小説新人賞’16 Winter 小説フリー部門『銀賞』
2017年、第30回ファンタジア大賞 『金賞』

2019-10

«  | ホーム |  »

九州卒業旅行記2 ~まさかの復活・奴は地獄より舞い戻った編~

どうも、はむばねです。
旅行記2つ目。


・3日目(3月11日)
この日のメインはスペースワールドです。



着いてみてビックリ。
なんか、去年末にジェットコースターの事故があったそうな。
「ちょwww」と思いつつも、むしろwktkしながら入場。
事故の影響+普通に点検? で、いくつかのアトラクションが動いていないのは若干ショボンです。

けどまぁ、私的にはザターンに2度乗れたので満足だったり。



なんといいますか、普通のジェットコースターに比べて爽快感がバツグンに強い感じ。
逆に、落下感はそんなに強くないです。
また、頂上まで一気に昇るため徐々に昇っていく恐怖もなし。
個人的な印象ですが、見た目の割にジェットコースターが苦手な人でも大丈夫なんじゃないかな? と思います。
頂上で一回ターンするのですが、その時の景色も絶景。
スペースワールドに行った際には、乗ってみることを強くお勧めしてみます。

他には、4Dでおじゃる丸見たり、ウォータースライダー的なものに乗って女性陣の被害が甚大だったり(私はそうでもなかった)、ティーカップをアホみたいに回してみたり。
いやものすごく久々にティーカップに乗ったからなのかスペースワールドクオリティなのか、こんなにも回るもんなのかってくらい回しましたね。
あとはエイリアンパニックとかいうお化け屋敷的なものにも行ってみたり。
怖い怖くない以前に、どうも”想定外の刺激”による反応が異常に強いらしい(普通に歩いている時に、何の他意もなく肩を叩かれただけでビクッとなる)私は、若干ビクビクしながら歩いていたのですが。
TAKKON氏が先頭でズンズン進んでいっていたこともあり、結局何もなかった。
おいおい、肩透かしかよー。
でも後ろの集団からはリタイア者も出てたみたいですし、人によってはヤバいのでしょうか?
雰囲気そのものに弱い人には結構キツいのかもしれませんね。


実のところ大して期待していなかったりしたのですが、なんかものすげぇ楽しかったですスペースワールド。
遊園地行ったのも高校の修学旅行以来なので4年ぶり? ですが、たまにはいいものですね。
まぁ、普段どう考えても行く機会はないわけですけれど。
ちなみに、平日ということもあり人はかなり少ない感じでした。
目玉のアトラクション以外はほぼ待ち時間がないくらい。
客層としては、恐らく我々と同じ層(学生)がメインだったように思います。




ちなみにこの時、スペースワールド内で雪魔氏からメールがあってですね。
その後に移動した小倉駅で、雪魔氏まさかの合流。
おまwww「ノロかもしれない」とか言ってませんでしたっけ?www
でも、個人的は素直に嬉しかった。
やはり雪魔氏がいないと始まらないぜ!


というわけで、雪魔氏と共にホテルへ。
ビジネスホテルっぽいのですが、なんか思ったよりいいホテルで若干ビビる。
夕食はホテルのバイキング。
有機野菜云々言ってるだけあり、なんか健康的そうなラインナップ。
でも薬膳カレーは普通のカレーでした。

なお、ひろき氏は所用のためここは離脱。
残念そうでしたが、私も残念でした。
またいつかこういう機会も持ちたいものです。
互いに来年以降も学生だしな!




・4日目(3月12日)
朝食は、前日に引き続きホテルのバイキング。
なんか、薬膳カレーが前日よりも薬膳っぽくなっている気がしました。
あと、ここで雪魔氏より明かされた驚愕の事実。
なんかこの夜、私は寝言で「ちょ、待ってくださいよ!」とか言ってたらしい。
どこの若手芸人だよ。
ちなみに、TAKKON氏もなんか(なんて言ってたかこっちは聞き取れなかったらしい)言ってたらしいです。
体調が芳しくない上、同室の二人に睡眠妨害される雪魔氏キングカワイソス。
どうも申し訳ありませんでした。


そっからは、なんかローカルな感じの電車(JRですが)でゆったり大富豪などしつつ移動。
車内の人も少なく、本当に旅番組の様相を呈してた感なきにしもあらず。

そんな感じで別府駅到着。
まずは昼食をとることに。
別府名物はとり天&だんご汁らしいので、私はだんご汁を選択。
肉団子的なものが入っていると予想していた私テラ恥ずかしス。
そうか、だんごって普通におだんごだったのか……
うん、でも普通においしかったです。
味としては、けんちん汁みたいな感じ?
ただ、個人的嗜好としては若干薄味だったかな? という気も。


昼食後は、別府名物地獄巡り。
まず最初は坊主地獄。




なんか泥がボコボコしてた(小学生的感想)。



080312_1328~0001.jpg

湯気がもくもく出てた(続・小学生的感想)。



続いて海地獄。


080312_1344~0001.jpg







いわゆるコバルトブルー(実際、コバルトの色らしい)。







温泉卵も茹でてあったよー。



ついでに、熱海の時はついに果たせなかった足湯。


080312_1349~0001.jpg

リベンジは果たしたぜー!
ちなみに、ちょびっと写ってる足は私の足。
メインで写っている柑橘系の物体は、(後に判明することですが)ざぼんというらしいです。
なるほど、これがザーボンさんの元ネタなのか。



続いて、かまど地獄……は、写真も撮ってなかったので省略。



地獄ラストは、鬼山地獄。
地獄っていうか、ワニ。
地獄そっちのけで、ワニばっかり見てたよー(一応地獄もチラ見したよ)。
















あぁ、ワニはいいねぇ……
いいけど、動いてないワニって偽者かと思うほど作り物っぽいんですね。
なんでしょう、あの無機質っぽい感じが。
本当に、何匹か普通に作り物だと思ってましたよ。










↑が、世界最大のワニの剥製だそうな。
確かにものすげぇでかかったです(続々・小学生的感想)。
大きいものって、ただそれだけでワクワクするよね!
ワニっていうか、最早ドラゴンでした。
KAKKEEEEEEEEEEEEEEE!!!
しかもこのワニ、75歳くらい(だったかな?)まで生きたらしいです。
ワニって長生きするもんなんですねぇ……
でも、どうせならこの巨大ワニが生きているうちに対面してみたかったものです。
普通に飼育されていたようですが、これ飼育員さん何人か食べられててもおかしくないですよね。


というわけで、ワニを見れて私的には大満足な感じで次は温泉。


080312_1657~0001.jpg

なんかレトロな外装。
内装もレトロで、本当に浴槽と洗面器くらいしかありません。
温度は結構熱めで、出たり入ったりしてたら茹蛸に。
ちなみにここの脱衣所、窓が開いており前の道路から丸見えです。
ちょwww


そんなこんなで、ホテルに移動。
特に別府名物も思いつかなかった(し、付近にそれらしい店もなかった)のでロイヤルホストで夕食。
なんかネタ振りが来たのでジャワカレーを食べざるをえなかった。
いいんだ、よく考えれば私カレー好きだった気がするし。
普通においしかったですしね。
ちょっとルーの割合が少なかった気もしますけど。


夕食後はホテルの大浴場で再びお風呂。
お風呂はいいですね、やはり。

温まった後、最後の夜はトランプタイム。
時間的には一番長くやってた大富豪は、久々にやってみると意外と自分が弱かった。
うーん、攻めの姿勢が足りなかったのだろうか……?
普通に、あの引きでよく戦えたって気もしないではないですが。
ばば抜き、じじ抜きは普通。
神経衰弱は、ニアピン多すぎで私の記憶力の曖昧さが証明されました。
んで、7並べではまさかの3回中3回トップドボン。
ちょwww作戦の入る隙さえねぇよwww


というわけで、熱く最後の夜は更けていったのでした。





・5日目(3月13日)
少し遅めに出発し、またゆったり電車に揺られて小倉へ。
途中はしりとりで時間を潰したわけですが、思っていたよりもガッツリ時間が潰れてビックリ。
る行の言葉の奥深さにもビックリ。

小倉駅到着後は、昼食だったりお土産だったりでしばし自由行動。
我々の昼食はマクドナルドで、マクドナルドで始まりマクドナルドで終わった旅が熱海を彷彿とさせたというのは前述の通り。
そうそう、そういえば熱海といえばですね。
熱海は坂だらけ(というか坂しかなかった)わけですが、別府もこれまた坂だらけでした。
温泉地としては、まぁ普通のことっちゃ普通のことですね。
でも、一つ違う点といえばですね。
別府は、駅周辺はちゃんと平地だったし自転車も走っていたよ。


ま、それはともかく。
その後は新幹線で移動。
新大阪で皆様に別れを告げ、私は滋賀に戻って来たわけです。

……ふぅ。
結構流し気味で書いたのに、旅行記かくだけで3時間くらいかかってしまいましたぜ。
思い出して書くだけでそれだけ時間がかかる、濃厚な時間だったってことですね。
うん、大変楽しかったです(最後まで小学生的感想)。

みなさま、機会があればまた行きましょうぜ!






スポンサーサイト



コメント

1. 巨大ワニ

生きてるうちに目撃しましたよ。目の前にあるものが信じられない感じでした。まあ、もう、年寄りだったのかピクリとも動かなかったんですがね。

2. なんと

それはうらやましい。
本当に、ゲームに出てくるレベルでしたからね……
あれが元気に動き回っていたら、それこそ檻ごしでも恐ろしいw
うーん、でも動かなくてもいいから生で見たかった……

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://hamubane.blog.fc2.com/tb.php/1029-b46e03c2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | ホーム |  »

プロフィール

hamubane

Author:hamubane

たぶんライトノベル作家的なもの


Twitter

既刊情報

最新コメント

最新記事

カレンダー

09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

月別アーカイブ

カテゴリ

ジャンルランキング

[ジャンルランキング]
日記
374位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
157位
サブジャンルランキングを見る>>

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR