FC2ブログ
HJ文庫『異世界からJK転生した元妹が、超グイグイくる。』既刊2巻発売中!
ファンタジア文庫『世話好きで可愛いJK3姉妹だったら、おうちで甘えてもいいですか?』既刊2巻発売中!
JUMP j BOOKS『ぼくたちは勉強ができない 未体験の時間割』発売中!

スクウェア・エニックスノベルス『スタンプ・デッド』全5巻&コミック版、『太陽で台風』全2巻発売中!
ガンガンノベルズ『魔法少女アーヤ☆アミー』発売中!
徳間デュアル文庫『魔王さんちの勇者さま』全4巻発売中!
徳間文庫『欠陥妖怪住宅』、『パラレル家族計画』発売中!
ぽにきゃんBOOKSライトノベルシリーズ『ブチ切れ勇者の世界征服』全2巻発売中!
HJ文庫『カンスト勇者の超魔教導』全3巻発売中!
ファンタジア文庫『お助けキャラに彼女がいるわけないじゃないですか』全3巻発売中!
JUMP j BOOKS『ぼくたちは勉強ができない 非日常の例題集』発売中!

受賞歴:
2004年、第1回スクウェア・エニックス小説大賞『入選』
2008年、第5回トクマ・ノベルズEdge新人賞『徳間デュアル文庫特別賞』
2017年、第11回HJ文庫大賞『銀賞』
2017年、ジャンプ小説新人賞’16 Winter 小説フリー部門『銀賞』
2017年、第30回ファンタジア大賞 『金賞』

2020-08

«  | ホーム |  »

ブルースカイ・シンドローム2

どうも、はむばねです。
一の倉先生の『ブルースカイ・シンドローム2』。
東京行ってる間に読み終わりました。
発売から半月経ってしまっていますが、感想書かせていただきます。

あなたに送る独り言byはむばね
ブルースカイ・シンドローム 2 (2) (TOKUMA NOVELS Edge)



ビックリした。
まず最初に浮かんだ感想が、それでした。
ホントにビックリした。
きっと、M-1GP2003で紳介が笑い飯を見た時がこんな感じだったんじゃないかと思います。
曰く、「持ち味そのままで技術アップさせてきた」。
非常に上から目線になってしまい申し訳ないのですが、私はそのように感じました。
もっともこの場合、「技術をアップさせてきた」というよりは「最適化してきた」というのが正しいでしょうか。
前作は正直、よくも悪くも「ライトノベルっぽくない」印象を受けました。
しかし、今回は見事に「ライトノベル」してる。

そう感じる最も大きな要因は、やはりキャラの見せ方でしょうか。
すごく生きてる。
ロンの平凡だけど底抜けの優しさ、シレンの凄さ、それゆえのプライド、ロンに素直になれないけど抱いている好意。
そういうのが、ものすごく感情レベルで伝わってきます。
私の中で、全キャラの好感度がガンガン上がりました。
特にシレン(これは、私がツンデレはデレ分多めが好みである、というのが大いに関係していると思いますが)。
グレンのおかげかもしれませんが、なんか全体的に丸くなったような印象を受けました。
もっともこれは、逆に言うとツン分多めが好みの方にとっては物足りないのかも? しれませんが。

また、(これは私がそう感じただけなので、ご本人がどう思っていらっしゃるのかはわかりませんが)ストーリー主体の魅せ方からキャラクター主体の魅せ方に変わったように思います。
ストーリーのためにキャラが動くんじゃなくて、キャラが動いてストーリーができる感じ。
ちなみに私は、(少なくとも自分の中では)ぶっちぎりで疑う余地もなく後者のタイプです。
魔王さんちは、多少前者的なところもあったのですけれど。
閑話休題。
ライトノベルのライトの部分を強めれば強めるほど、後者に偏っていくのではないかと個人的には思います。
なので、そういう部分もライトノベルしてると感じた要因なのかも。

そして、構造の美しさは前回通り。
全ての要素要素に意味がある、という美しさ。
「これなんの意味があるんだよwww」と思いきや、そのすぐ後、もしくはずっと後に意味が出てくるところが憎らしい。
1章読み終わって2章に入ったときに「ん? あ、今回そういうこと?」と思ったのですが、その時点で既に作者の手の平だったというわけですね(笑
また、2回同じような展開が続いた後、3回目でまた似たような展開がきたので「またかよ!」って思ってたら「今度はそっち側だったの!?」みたいな。
この、作者の手の平の上を転がされていることに対して感じる心地よさ、というのは日野氏の『ロールプレイ』に通ずるものがあるような気がします(余談ですが、日野氏の『欠落フェティシズム』が現在ガンガンONLINEで連載中だよ!)。
全てに意味がある、というのはそれだけで美しい。
ちなみに私の場合はまったくの逆で、概ね意味のない部分の方が多いよ!
読んでてわかると思いますが、これ前半丸々なくても話通じね? ということがあったりします。
もっとも、これは私にとっては『読者を引き込む期間』なので意味がないといってしまっては語弊があるのかもしれませんけどね。
そういう意味でも、意味がある展開で、かつ読者を引き付けられる導入部を書けているのも素晴らしい。
また、伏線のばらまき方も、私は沢山のニセモノの中にたまーにホンモノを混ぜ込んでおく感じ。
一の倉さんや日野氏は、ニセモノに見せかけたホンモノを沢山散りばめる感じでしょうか。
またも閑話休題。
どうも私が(特に知り合いの)感想を書くと自分の話が混じってきていけませんね。
最後の最後で全てが一つに繋がる展開は、ある種のカタルシスを感じます。

あと、文章もなんか(前回に比べれば)簡潔になった気がします。
総じて、「ライトノベルっぽい」読みやすさになったのではないかと。
もっとも、それも一長一短ではあると思いますけどね。
私なんかは、水素さんさえ土下座して謝るほどドクソ軽い文章を常々目指す一方向としておりますので、どんどんライトな方向に行けばいいと思うんですけどね。
エッジといういわゆる一般的なライトノベルとはちょっと違う? 読者層の方々がそれを望んでいるのかは、ちょっとよくわかんないところではあります。
前述の通り、「私好み」にはなったというだけで。

さて、ここまで全般の話ばかりになってしまったのでちょっと内容的な細かい話も少ししてみましょうか。
もっとも、ネタバレを避けるため読んだ人以外にはさっぱりわけわかんねーだろうけどな!

・リアンが幸せになってよかった
最初は「え、その展開!?」と思ったけど、幸せなリアンを見てたらそれでいい気がしてきた。
それぞれの幸せを見つければいいと思うよ。
しかしリアンはいい子だなぁ。

・グレン先輩マジかっけーっす!
ちょwwwうぜぇwwwから一転、魅せてくれました。
シレン関連は読んでてヤキモキするところもありましたが、とりあえずグレンは格好良かった。
そりゃモテるよ。

・ロリっ子ktkr
たまにはロリもいいよね!

・キューブ食べてみたい
私の中ではういろうのイメージ。
おいしそう。

・ロンかっこいいよロン
今回は、ロンがシレンを想ってるのがよくわかる描写が多かった気がします。
優しさすなわち格好良さではないですが、今回のロンは優しいゆえに格好よかった。
特にラストとかね。


さて、だいぶ長くなってしまいました。
しかも、概ね上から目線で申し訳ありません。
前回面白かったと思った方はもちろん、前回イマイチだった方も今回ならばお楽しみいただけるのではないでしょうか。
それほどに、高いレベルで最適化が行われていると思いました。
少なくとも私は1巻より好きです。
もちろん、あくまで相対的な話ですけどね。
なんだかんで言いたいことは、面白いからみんな読もうぜ! という当たり前のことなんですけどね。




スポンサーサイト



コメント

1. 無題

読者という立場から見た場合、感想が上から目線になるのは仕方がないことのような気がしますね。
ツンデレはバランスが難しいですねぇ。私のヒットはツン台詞の中にデレがあるタイプですね。見方によっては全部ツンですけど。
リアンがまた出てくるのもおいしいですねー
いやぁ早く読みたいですねぇブルスカ2。
今在庫もないようですし・・・
アマゾンさんにでも頼みましょうかねぇ。

2. れすぽんす

>メムノムさん
まぁ正直、立場的には読者>作者だとは思いますしねー。
私の場合、読者であり創作者でもあるからややこいのかもしれませんね。

今回、リアンの出番もかなり多いですよ!
最初から最後まで出てきます。
なかなかご苦労なされているようですが、苦労の価値はあると思いますよー!

3. おれい 

身に余るお言葉、ありがとうございます。
大変に励まされました。
またいつかご恩返しを。
それでは!

4. れすぽんす

>一の倉さん
いえ、こんな感想でよろしければ。
すごく面白かったですよ~!

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://hamubane.blog.fc2.com/tb.php/1576-10be8363
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | ホーム |  »

プロフィール

hamubane

Author:hamubane

たぶんライトノベル作家的なもの


Twitter

既刊情報

最新コメント

最新記事

カレンダー

07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

月別アーカイブ

カテゴリ

ジャンルランキング

[ジャンルランキング]
日記
272位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
107位
サブジャンルランキングを見る>>

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR