FC2ブログ
スクウェア・エニックスノベルス『スタンプ・デッド』1~5巻&コミック版、『太陽で台風』1・2巻発売中!
ガンガンノベルズ『魔法少女アーヤ☆アミー』発売中!
徳間デュアル文庫『魔王さんちの勇者さま』1~4巻発売中!
徳間文庫『欠陥妖怪住宅』、『パラレル家族計画』発売中!
ぽにきゃんBOOKSライトノベルシリーズ『ブチ切れ勇者の世界征服』1~2巻発売中!
HJ文庫『カンスト勇者の超魔教導』1~3巻発売中!
ファンタジア文庫『お助けキャラに彼女がいるわけないじゃないですか』1~3巻発売中!
JUMP j BOOKS『ぼくたちは勉強ができない 非日常の例題集』発売中!

受賞歴:
2004年、第1回スクウェア・エニックス小説大賞『入選』
2008年、第5回トクマ・ノベルズEdge新人賞『徳間デュアル文庫特別賞』
2017年、第11回HJ文庫大賞『銀賞』
2017年、ジャンプ小説新人賞’16 Winter 小説フリー部門『銀賞』
2017年、第30回ファンタジア大賞 『金賞』

2019-09

«  | ホーム |  »

欠落フェティシズム

どうも、はむばねです。
一日遅れになってしまいましたが、欠落の感想いくよー\(^o^)/
具体的なことは書いてないつもりですが、一応ネタバレ注意?


あなたに送る独り言byはむばね
欠落フェティシズム



さてとりあえず、内容に触れる前にどうしても言っておきたいことがある。
それすなわち……全体的に、小さいよ! ということ。
うん、何がとは言いませんけど。
まぁ冷静に考えると、(とりあえずイラストありキャラだと)5分の3であり所詮過半数程度に過ぎないはずなのですが。
にも関わらずこんなに「小さい」という印象が残るのは、果たして日野氏の業なのか私の業なのか。


ま、それはともかく。
「ロールプレイの時から変わらずの理詰め」という感想もチラホラ見かけましたが、個人的には逆の印象でしょうか。
(もちろん雰囲気は継承しているものの)どちらかといえば少年漫画的? のような雰囲気が強くなっているように感じました。
文章的にもノリ的にも。
もっともこれは終盤になるにつれてより強くなっていった傾向な気がするので、こう思うのは私が単行本読みで一気に読んだからかもしれませんね。
まぁぶっちゃけ、ロールプレイが今手元になく確認できないので、私の中での印象と実際が違ってる可能性もあるわけですけれど。
少なくとも、前回感じた「西尾っぽさ」(西尾作品読んだことないから勝手なイメージだけどな!)は今回あまり感じなかったように思いました。

あとは、「これはそういうもんだから」ってことで割り切ってるところもそれっぽい印象でしたね。
物語の根底もそうですし、それに関谷とか関谷とか関谷とか。
関谷を見ていると、なんとなくクロスチャンネルのラバを思い出しました。
変態で主人公のことが好きで変態で時折いいこと言う変態なところが。
出番と、(それに比例して)実際の行動としての変態成分が少なめだったのが悔やまれるところですね。
奴ならばラバに逼迫するかもしれぬ……と思うほどの可能性を感じていたのですが。
とまれ、最も重要なところであんま重要っぽくない顔で重要なことを言ったあたりは流石です。


……あれ? ここまで書いてほとんど話の本筋に触れてないような?
まぁ気のせいということにしておきましょう。
一応、その辺にも触れておきますと。
これが「連載を意識した」というところなのか、割と伏線⇒回収のスパンが短い感じがしましたね。
記憶力がない上いちいち読み返すのが面倒派の私としては、大変わかりやすくてよろしかったと思います。

また、一冊全体の感想として「始まりから終わりの物語」というよりも「大きな物語から切り取った一部分」という印象でした。
それ散るでも似たような印象を受けましたね。
この一冊のためにキャラがいるのではなく、その前にも後にもキャラたちの物語はあり、その中の一部を切り取ったのが今回語られたお話、という感じ。
ただそれゆえに、「あれ、結局この話はないのか……」というような部分があるのも事実ですね。
具体的に言えば関谷t(ry


うん、結局内容に触れてないですね。
まぁいっか、変に触れるとネタバレしそうですし。
あぁちなみにラストに関しては賛否両論ありそうですが、私は賛の方ですね。
おっちゃん、あぁいうの嫌いじゃないぜ?
私が書くようなのを好きな人なら、割かし受け入れられる側の人が多いのではないでしょうか。

あとは……そうそう、初見での感想は「イラスト多すぎワロタwww」でした。
日野氏から聞いてはいたものの、実際本になってみるとこら確かに多いわ。
シェラと依藤さんが、個人的には後半になるほど可愛くなっていったと思います。
でもここは、あえて幼女少女を押しておくぜ!
裏表紙での可愛さは異常。


そんなわけで。
とりあえずはこんなもんでしょうか。
結局感想にもレビューにもなってねーけど、そもそもそういうのは私に求めることが間違ってると思うの。
ちゃんとしたレビューが見たけりゃ他のところをググレカス。

感想のまとめとしては……「ちっちゃくて関谷」だったかな!
わけわからないね!
そして自分でも私はちょっと関谷が好きすぎると思うね!
あぁあと、私のこれまでの作品を読んでくださっている方ならちょっとニヤリとできる部分もあるかもね!



余談。
これはマジでネタバレになる可能性があるので、一応白字にしておきますね。
まぁたいしたことでもないんですけど。
個人的に、5章のタイトルには痺れました。
まぁよくよく考えてみりゃあ予想できてしかるべきだったのですが、何も考えずに読む読者の典型である私としては全然そんなこと考えてませんでした。
ラストのセリフが来た後の左のページに章タイトルが来て、「なるほどそういうことか!」と膝を叩きましたね。
まぁ日野氏本人としては、そもそもそこにサプライズなど潜ませてなかった(気付いて当然という前提で書いてた)のかもしれませんけれど。
ここまで。



スポンサーサイト



コメント

1. はぅあっっ!!

日野先生の本、出てたんですか!!
買わなくちゃですね!!
記事読んでますます興味わきまくりです。

そういえばはむばねさんの「太陽で台風」はまだ続き出ませんか??
あれ、大好きなんですよ♪

2. れすぽんす

>のぞみうすさん
やはり前作とはまた違った味わいですが、きっとご満足いただける内容になっていると思いますよー!
是非ともご購入を!
私は金払ってねーですけど!(ぉ

ちなみに、太陽で台風2は毎月ラストの木曜更新予定です(たぶん)。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://hamubane.blog.fc2.com/tb.php/1762-7714e78c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | ホーム |  »

プロフィール

hamubane

Author:hamubane

たぶんライトノベル作家的なもの


Twitter

既刊情報

最新コメント

最新記事

カレンダー

08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

月別アーカイブ

カテゴリ

ジャンルランキング

[ジャンルランキング]
日記
377位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
146位
サブジャンルランキングを見る>>

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR