FC2ブログ
ファンタジア文庫『世話好きで可愛いJK3姉妹だったら、おうちで甘えてもいいですか?』11/20発売!
JK文庫『異世界からJK転生した元妹が、超グイグイくる。』11/30発売!
JUMP j BOOKS『ぼくたちは勉強ができない 未体験の時間割』12/4発売!

スクウェア・エニックスノベルス『スタンプ・デッド』1~5巻&コミック版、『太陽で台風』1・2巻発売中!
ガンガンノベルズ『魔法少女アーヤ☆アミー』発売中!
徳間デュアル文庫『魔王さんちの勇者さま』1~4巻発売中!
徳間文庫『欠陥妖怪住宅』、『パラレル家族計画』発売中!
ぽにきゃんBOOKSライトノベルシリーズ『ブチ切れ勇者の世界征服』1~2巻発売中!
HJ文庫『カンスト勇者の超魔教導』1~3巻発売中!
ファンタジア文庫『お助けキャラに彼女がいるわけないじゃないですか』1~3巻発売中!
JUMP j BOOKS『ぼくたちは勉強ができない 非日常の例題集』発売中!

受賞歴:
2004年、第1回スクウェア・エニックス小説大賞『入選』
2008年、第5回トクマ・ノベルズEdge新人賞『徳間デュアル文庫特別賞』
2017年、第11回HJ文庫大賞『銀賞』
2017年、ジャンプ小説新人賞’16 Winter 小説フリー部門『銀賞』
2017年、第30回ファンタジア大賞 『金賞』

2019-12

  • «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »

«  | ホーム |  »

これまでのあらすじ

みゃーみゃーみゃんころじーで人類みゃ?

どうも、はむばねです。
はい、というわけで一昨日あたりから振り返っていきましょうか。

一昨日昼、ガンダム君を呼び出しファミレスで打ち合わせ。
ガンダム君のプロットをみんなで考える会その1。
というのも、以前からガンダム君は「小説書きます」と言っているにも関わらず、毎度毎度「(途中で)話が破綻しました」とかいう書く書く詐欺を最早年単位で続けてきていまして。
そういったことを前日夜に(酒飲みながら)雪魔氏と話し合った結果、「これはもう他の誰かと協力してプロットを立てるしかないだろう」という結論に至ったのですね。
というわけで、1時間ほどかけてこれまでのガンダム君のプロット(というか話のイメージ)を聞き出しそれを繋ぎ合わせる作業。
しかし1時間ちょい後にガンダム君は授業があるということだったので、そこから先は2時間ほどかけて私と雪魔氏で詳細を煮詰める作業に。
結果、プロローグ~3章、7・エピローグのプロットがほぼ完成。
どのくらい煮詰めたかというと、各章で書いたプロットの量が完全に私が普段書く1冊分のプロットの量を凌駕する程度に。
ちょっと書きすぎたかと少し反省する。
いや、でもこれはあれだよ。
「ガンダム君が聞いた話を成り立たせようとすると(必然的に)こういう展開になるはず」という、行間を読んだというかある種「ガンダム君の書きたいであろうこと」を予測したというか。
ほら、なんてーの? 詰め将棋みたいな?
だからこれはきっと、まだぎりぎりガンダム君のプロットと言っても語弊はないはずだ。
たぶん。

そして一昨日の夜、M-1を見ながら酒を飲む。
つっても、飲んでるの私だけですけど。
実にいつもの光景である。
ここで、ビール(的なもの)5.5本、梅酒500ml。
なお、後に聞いたところ2006~8の計3本を見たらしいが、私の記憶に残っているのは2007までである。

昨日、(昼過ぎに)ガンダム君からの電話で起こされる。
まぁ常識的に考えれば起きてる時間なので文句は言うまい。
んで、前日の続きをやるべくこの日もファミレスに。
ガンダム君のプロットをみんなで考える会その2。
前日の反省を生かし、極力こっちからは能動的にアイデアを出さないようにしていたらものすごく難航する。
それでも甘やかしてはいけないと、心を鬼にし……と見せかけて、素でグロッキーになってきたため私は後半は半分寝ながらgdgdやってた。
それでも4時間半ほどで、どうにか形にはなった様子。
ぶっちゃけ5・6章の詳細を私はあんまり把握していなかったりするのですが、まぁそのあたりで破綻することは流石にないでしょう。

その後は研究室の飲み会。
テーマ発表の打ち上げ・兼12月の誕生日飲み会。
なわけですが、開始前から私はスーパーグロッキー。
焼肉屋行ったのに、結局4枚くらいしか肉食べてない気がする。
アルコールの方も、二次会まで行ったのに最終的に生中4杯で終了ですよ。
我ながら、なんであの体調で二次会まで行ったんだろうね。
まぁでも流石に二次会まで行くとそれなりに体調も回復し、お酒までは入れられないものの会話は普通にこなせる程度に。
楽しかったので良しとしよう。
ちなみに一次会はもちろん二次会にまで雪魔氏は参加されたわけですが、相変わらず順応性がパねぇな。
ほとんどが初対面の人の飲み会に放り込まれて、あそこまで溶け込むのは私にはまず不可能。

そんなこんなで深夜二時過ぎ頃に、二次会もお開き。
はむばねさんは寝るために自宅へ、雪魔氏は麻雀をするため研究室に行ったのでした。
わけがわからんな。
スポンサーサイト



コメント

1. 若いっていーなー(笑)

小若菜もただいま心身共に疲れ果ててますが(笑)

そこまでの無茶はできない…というより

したくない(笑)

ガンダム君さんの小説完成祈ってます☆

2. れすぽんす

>小若菜モトカさん
なんというか、私も最近は「翌日」のことを意識して行動するようになってきています(苦笑
それでも、まだ無茶できる方ではあるのでしょうけれど……

ガンダム君の小説に関しては、最早我々も祈ることしかできませんw

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://hamubane.blog.fc2.com/tb.php/1930-7ca0c5ba
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | ホーム |  »

プロフィール

hamubane

Author:hamubane

たぶんライトノベル作家的なもの


Twitter

既刊情報

最新コメント

最新記事

カレンダー

11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月別アーカイブ

カテゴリ

ジャンルランキング

[ジャンルランキング]
日記
68位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
29位
サブジャンルランキングを見る>>

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR