FC2ブログ
HJ文庫『異世界からJK転生した元妹が、超グイグイくる。』既刊2巻発売中!
ファンタジア文庫『世話好きで可愛いJK3姉妹だったら、おうちで甘えてもいいですか?』既刊2巻発売中!
JUMP j BOOKS『ぼくたちは勉強ができない 未体験の時間割』発売中!

スクウェア・エニックスノベルス『スタンプ・デッド』全5巻&コミック版、『太陽で台風』全2巻発売中!
ガンガンノベルズ『魔法少女アーヤ☆アミー』発売中!
徳間デュアル文庫『魔王さんちの勇者さま』全4巻発売中!
徳間文庫『欠陥妖怪住宅』、『パラレル家族計画』発売中!
ぽにきゃんBOOKSライトノベルシリーズ『ブチ切れ勇者の世界征服』全2巻発売中!
HJ文庫『カンスト勇者の超魔教導』全3巻発売中!
ファンタジア文庫『お助けキャラに彼女がいるわけないじゃないですか』全3巻発売中!
JUMP j BOOKS『ぼくたちは勉強ができない 非日常の例題集』発売中!

受賞歴:
2004年、第1回スクウェア・エニックス小説大賞『入選』
2008年、第5回トクマ・ノベルズEdge新人賞『徳間デュアル文庫特別賞』
2017年、第11回HJ文庫大賞『銀賞』
2017年、ジャンプ小説新人賞’16 Winter 小説フリー部門『銀賞』
2017年、第30回ファンタジア大賞 『金賞』

2020-08

«  | ホーム |  »

はむばね式就職活動~よくある勘違い編~

どうも、はむばねです。
本日3回目の更新。
俺、この更新終わったら帰るんだ……



× 最悪、レベルの低い(規模の小さい)企業ならば入れる


むしろ、小規模な企業ほど門戸は狭いです。

採用一人二人なんてのもざら。

そして例年ならばその一人でも来てくれれば恩の字、というような企業にも今年はめっちゃ募集が来ます。

下手こくと大企業より倍率高い場合だってあるでしょう。

「最悪小さいところに行けばいいや」などという考えでいると、ガチで就職逃す可能性すらありますよ。

ただし、入りやすい企業・入りにくい企業があるのは純然たる事実だと思います。

もっといえば、(その年に)入りやすい企業・入りにくい企業、かな。

たまたまその年応募が少なかったとか、そんなので。

ただし、これはほとんど受けてみるまでわからない場合がほとんどだと思います。
よって、手当たり次第受ければどこかは受かる、ならばある程度正しい。

あと、(これは割と余談ですが)時期も重要。

今年はどうだかわかりませんが、去年は選考してても合格者が全然出ないという時期がありました。

例年だと辞退者が出てくるような時期に全然自体がなく、枠があかなかった模様。

そういう時期は、どんだけ質のいい面接しても結構落とされます。

去年で言うと、4月の後半くらい。

結構最終面接が重なってくる時期ですね。

まぁこれもこちらから明示的にはわからないので、どうしようもないっちゃないのですが。
そういう時期もある、ということでくじけないようにしましょう。




× 最終面接まで行ければ安心


「最終面接なんてただの確認だから、そこまで行ったら大抵受かるよ」なんて話を昔よく聞きました。

しかし、それは一昨年までの話である。

前にも書きましたが、私の最終面接戦績は4勝6敗。

余裕で5割切ってるぞ!

まぁでも上の話と合わせて、時期さえ良ければもうちょっと良かったんじゃないかという甘い幻想は持っています。




× 一つ内定が出れば後はトントン内定が出る


これもよく聞いた話ですが、無論一昨年までの話である。

たぶん意味的には、「どこにも受からないのは、受かるだけの能力がないから。それが身に付けばどこでも受かる」的なところなんでしょうが、今はそんな状況じゃねぇから。

実際私は29回目の面接が初内定の面接だったわけですが、その後も余裕で13敗してますからね。




× 緊張しなければ受かる


正直、こんなこと言ってるうちはまだまだマンモーニです。

確かに、過度の緊張は成功を阻害する原因です。

が、全く緊張しないというのもそれはそれでNGなのです。

なぜならば、緊張するということはイコール体が準備をしているということなのですから。

準備もなしにいきなり面接が始まったら、体が反応しきれません。


ちなみに、緊張を完全に消し去るのは無理だとしてもある程度慣れれば制御することは可能です。

ついでなので、一応私の緊張制御法も載せておきますね。

正直自分でも引くほど概念的な話なので、まぁたぶん他人の役には立たない。


1.自分を観察するもう一人の自分を作る

「あー、緊張するなー」とか思っている意識から、『自分』を切り離しましょう。

緊張しないようにする、と言っているわけではありません。

『緊張している自分』を認識しつつ、もう一人の自分が「おぉ、緊張しとる緊張しとるw」と笑いながら観戦している感じ。

まぁ、一般的な言葉に直すと「自分を客観視する」という感じかな?


2.緊張をお腹に集めるイメージ

こっちはより概念的。

緊張すると、胸のあたりがヒュイっとなる感覚が生まれたりしませんか?

それを、意識してより強く感じ取ります。

そして、それをおへその上あたり(いわゆる丹田)のあたりに押し込めるようイメージします。

成功するとあら不思議、胸のあたりの緊張感がなくなります。

逆に丹田から少しずつ緊張を開放していくイメージをすると、任意のレベルで緊張することが可能となります。

始めの頃は、深呼吸と併用すると成功しやすかったように思います。


これらの手法に慣れれば、面接1分前だろうが眠れるほどのリラックス状態になれますし、前日から死ぬほど緊張することも可能です。

ただまぁ、待合室などでは基本的に緊張を押し込め、5分前くらいから適度な緊張を調整しつつ待つようにするのくらいが最適ですかね。

そうすれば、面接が始まる頃には最適な緊張感に☆




× 早期に内定が出れば安心


無論、その瞬間の安堵感はあります。

しかし早期に内定が出た人は、他の人より長い間日程調整に気を割かねばなりません。

「精神論編」で言うなら、第四期が短い代わりに第五期が短くなる感じですね。

ベストは期間内に次々とより志望度の高い企業から内定をもらって乗り換えて行くことですが、世の中そう上手くはいきませんね。




× 就活中は体に気を付けねばならない


はい、甘っちょろいです。

むしろ、体を壊す気でいけ!

大体ね、少々の体調不良なんて面接すれば治るんですよ。

このあたりは、リアルタイムで私の就活を観戦していた方にはお馴染みの概念ですね。

実際私も、電車の中で視界がホワイトアウトして思わず電車降りたこともありましたが、その後にあった面接はきっちり受かってきましたよ。

あの日の面接は、むしろ他の日より調子が良かった気がするね。

ともあれ、ガチで体が壊れた場合はどうしようもありません。

そうならないためには……壊すな! と、許斐先生ばりのアドバイスをしておきます。




△ 奇跡は起こる


実際、就活を行ってると「これは奇跡だな」と思えるような結果が出てくることもあります。

しかしそれは、あくまでも全力を尽くして尽くした結果にほんの少しだけのプラスアルファが付加されるだけにすぎません。

就活における奇跡は、愚鈍にただ奇跡を待つだけの醜悪な豚の元に訪れるものではないのです。





× 就活はお金がかかる


はい、ここ重要です。

就活にはお金がかかる。

世間一般ではそんなことがまことしやかに囁かれていますが、まずはそのふざけた幻想をぶち殺す!


とはいえ、出費が多いのは事実です。

ここで、ざっと就活にかかった費用を概算してみましょう。


-交通費
通学定期(草津ー大阪):14,890 ×3 =44,670円


大阪駅からの移動費用を平均400円×25日/月と仮定
=30,000円


東京への往復費用(新幹線)は約22,500円
×10回=225,000円
うち1回はバスで帰ったため,-8000=217,000円


東京への往復費用(夜行バス)は約8,000円

×4回=32,000円


-食費

1日平均、増加分が500円×25日/月と仮定

(基本私は就活中昼ごはんを食べなかったので、たぶん実際はここまでの増加分はない)

=37,500円


-その他

東京での宿泊費を1日平均5,000円(かなり多め)と仮定

×6回?(若干適当)=3,0000円


総計:391,170円



実に、40万円近くの出費があった計算ですね。

が、しかし忘れてはいけない。

就活には、交通費という名の収入があることを。

なんだかんだで、IT業界(に限らないだろうけど)は東京本社が多いです。

んで、最終面接は大抵本社で行います。

その際、大抵の場合交通費は向こうが負担してくれます(会社によっては大阪でも出ます)。

会社によっては二次面接や一時面接、社員懇親会などでも交通費を出してくれるところがあります。

加えて、これもリアルタイム観戦していた方はご存知の通り、私の就活後期は週の半分くらいが東京でした。

1回行って、複数個の面接を東京で受けることもしばしば。

しかしそんな場合でも、交通費は各社から満額いただけます。

つまり、例えば1回の東京遠征で3社受けた場合、2社分が丸々お得となるわけですね。

そんな事情も鑑みつつ、今度は収入の部を見てみましょう。

「×」表記が入ってるのは、同じ会社から複数回受け取っているということ。


25,000×5=125,000
25,000
27,000

2,000
27,840
27,000
15,000×2=30,000
27,000
15,000
24,000×2=48.000

25,500

2,000

30,000

25,000

2,200


総計:438,540円


はい、というわけで収入は40万オーバー余裕でした^^


支出は結構多めに見積もってるので(収入は割と正確な数字)、少なくとも5万は儲けが出ている計算となるはずです。

ただまぁ、交通費が発生しない2月3月とかはバリバリ赤字ですけどね。

というわけで結論として。

就活は、一時的な支出は必要だが最終的には黒字で終了する。


ちなみにこれは、ごくナチュラルに受けていった結果でこれです。

なので、交通費もらえる会社を狙い撃ちしてそれこそ東京で出来る限り固めて行けば、つまり儲けるための就活をすればもっと黒字は増えると思います。

あと、私は生まれも育ちも関西なので東京でネカフェ等に泊まるしかなく必然的に滞在日数も限られますが、関東に住処があって関西在住の人ならより効率がいいでしょうね。

ただ、やはり去年から交通費を出してくれる会社も少なくなっているみたいですね。

例年だと、就活で儲けたお金で車を買った、なんて人もいるとか聞くんですけどね。


スポンサーサイト



コメント

1. 面接はほんとに大変ですし緊張するものですよね。この時に

なんの緊張感もないよ…という人は落とされます(笑)

こう見えても?実際に取る側に回ったことがあるのですよ(笑)→小さな会社だったから面接は上司がして最終決定は実質仕事をする人が決めるという!→小さい会社&中途採用ならではですね(笑)


余裕綽々な人はちょと損すると思う(笑)と上司の話。


でも何人か面接すれば見えてくるんですってば。本物か付け焼き刃かってところは(笑)→来社した人に最初に応対したり、会社の実務を紹介したりしていたのですよ…何人もの人に挨拶したり説明の際の態度とか見たりしてると…その能力が極まってきます(笑)

私は完全に平社員だったので何気にタメ口とかきかれたりして苦笑したことありました。→上司には流暢な敬語ですた。もちろんその方は不採用(笑)


トリッキーな質問も回答の内容より考えている表情や態度を観察されてるかもしれません(笑)


あといくら人材として優秀でも

その時の必要性というのが重要になります。


特に中小企業になればなるほど

先に勤めてる人間と如何にマッチするか

が最重要課題(笑)



就活ほんとに大変でしょうけど仕事を真っ白な状態で探すことができるってほんとに貴重ですし→中途採用は「実務経験」と「内容」が「人物」よりも優先されることがありますからね。


これからの方は
是非頑張って欲しいです☆

なーんか

でしゃばったコメントでゴメンナサイ☆

このコメント読まれた方へ:小若菜の書いた内容は中小企業の中途採用の場合ですからネ。

2. れすぽんす

>小若菜モトカさん
やはり、多少の緊張感は必要ですよね。
余裕を持って話せている人を見ると、格好よくも見えるのですけれど。

やはり、中の人のお話も聞いてみると面白いですね。
人数が少ないほど、確かに既存の人間との相性は重要そうです。
「ダメだったらはう次」というのもやりにくいでしょうしね。
そういう意味でも、やはり新卒カードは重要というところでしょうか。

参考になるコメント、ありがとうございました!

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://hamubane.blog.fc2.com/tb.php/1960-69ecc64b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | ホーム |  »

プロフィール

hamubane

Author:hamubane

たぶんライトノベル作家的なもの


Twitter

既刊情報

最新コメント

最新記事

カレンダー

07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

月別アーカイブ

カテゴリ

ジャンルランキング

[ジャンルランキング]
日記
272位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
107位
サブジャンルランキングを見る>>

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR