FC2ブログ
スクウェア・エニックスノベルス『スタンプ・デッド』1~5巻&コミック版、『太陽で台風』1・2巻発売中!
ガンガンノベルズ『魔法少女アーヤ☆アミー』発売中!
徳間デュアル文庫『魔王さんちの勇者さま』1~4巻発売中!
徳間文庫『欠陥妖怪住宅』、『パラレル家族計画』発売中!
ぽにきゃんBOOKSライトノベルシリーズ『ブチ切れ勇者の世界征服』1~2巻発売中!
HJ文庫『カンスト勇者の超魔教導』1~3巻発売中!
ファンタジア文庫『お助けキャラに彼女がいるわけないじゃないですか』1~3巻発売中!
JUMP j BOOKS『ぼくたちは勉強ができない 非日常の例題集』発売中!

受賞歴:
2004年、第1回スクウェア・エニックス小説大賞『入選』
2008年、第5回トクマ・ノベルズEdge新人賞『徳間デュアル文庫特別賞』
2017年、第11回HJ文庫大賞『銀賞』
2017年、ジャンプ小説新人賞’16 Winter 小説フリー部門『銀賞』
2017年、第30回ファンタジア大賞 『金賞』

2019-10

«  | ホーム |  »

病ミノ中ニ佇ンデ

どうも、はむばねです。
相変わらず遅いけど、病ミノ中ニ佇ンデ読んだよー\(^o^)/
というわけで、恒例の特に意味もない感想。


あなたに送る独り言byはむばね
病ミノ中ニ佇ンデ (ガンガンノベルズ)



うん、ぶっちゃけ、(失礼ながら)ちょっとビックリするくらい面白かった。
文章も構成も、めっちゃレベル高い。
もし応募時にこのレベルだったんだとすれば、私が審査員だったら大賞に押してたと思います。

何より、引き込む力がマジパねぇ。
基本的に各章、タイトルに出ている人物を中心に描写されていくのですが、ぶっちゃけ、1章読み終わるごとに「あぁ、なんか次の人の話とかあんま興味ないわ……」と思うんですね。
でも、1ページくらい読んだらもう引きこまれてる。
ホントは会社への行き帰りだけ読むつもりだったのですが、ついつい昼休みにまで読んでしまいましたよ。
ちなみに、全てを読み終わった後で改めて見なおせば章タイトルにさえ仕掛けが用意されてたことに気づけます。
なるほど、そういうことか! って感じ。

ただ、ミステリとかではないのでそういうつもりで読むとちょっと期待を裏切られるかも。
どっちかっつーと、人間模様を楽しむ作品ですね。
展開的にも、三歩先は読めないけど、一歩先は読めるかな? って感じ。
個人的にはとっても好きなバランスです。
その一歩先の展開も、期待通りの展開を、予想よりも上のレベルで描写してくれてる感じ。
予想の斜め上を行くのではなく、予想の真っ直ぐ上を行ってくれます。

ちなみにしかし、私が最初この作品を読み始めた時の感想は「なんという中二臭さwwww登場人物全員が中二病とかwwwwタイトルももしかしてそういう意味なん?wwwww」って感じでした。
「行く先々で事件を起こす探偵こそが最大の殺人者」なんて話も出てきますし、ぶっちゃけ本気でそういうネタのコメディ作品なのかとさえ思った。
しかし、1章を読み終わる頃にはそんなことどうでも良くなってましたね。
なんつぅか、凄く正しく中二病してるというか、それ自体がこの作品の魅力になってる。

本来私は、人がバンバン死んでく作品ってあんまり好きじゃないはずなんですよね。
でもそんな私がこの作品を本当に楽しめたのは、死をドラマティックに描くのでもなく、ただ当然の如く、淡々と死んでいくからなのかもしれません。

確かに人は死んでくし、めっちゃ陰鬱な空気ではあるんですが、あんまり……うーん、なんて言うんでしょう?

嫌な気持ちにならないんですよね。

もしかするとそれこそ、ミステリーで人が死んだところで別段思うところがないのに近いのかもしれませんが。


少なくとも言えることは、私がこの作品をここまで楽しめたのは、前述の通り謎解きの間隔が私の好みに完璧に合致してたからって部分はあると思うんですよね。
だから、正直他の人が読むとどう感じるのかはわかりません。
でも最初から最後まで二転三転じゃ効かないほどにコロコロ転がり、新たな真実がわかったかと思えばすぐにまた新たな真実が出てくるこの構成は、割と楽しめる人は多いんじゃないかと思ったり。


うん、相変わらず全く魅力を伝えられてる気がしませんね。
こんな時は、自分の表現力のなさが恨めしく思います。

ただ本作に限って言えば、ちょっと感想が書きにくいところもあるんですけれど。

内容に触れると、ネタバレしてしまいそうですしねー。

だから本当に、皆さん買って読んでください。

私の言ってることも、多少は理解してもらえるんじゃないかな。

まぁ別に私の言ってることなんてどうでもいいんですが、きっと楽しめるはず。

オススメの一冊です。

何より、(この作品の続編が出るかはともかくとして)私はこの方の作品がもっと読みたいんだ。

本屋さんに行ったら私の本は立ち読みでパラ見してもらえれば良いので、代わりにこれ買って帰ってください。

スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://hamubane.blog.fc2.com/tb.php/2502-b2df21f8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | ホーム |  »

プロフィール

hamubane

Author:hamubane

たぶんライトノベル作家的なもの


Twitter

既刊情報

最新コメント

最新記事

カレンダー

09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

月別アーカイブ

カテゴリ

ジャンルランキング

[ジャンルランキング]
日記
402位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
165位
サブジャンルランキングを見る>>

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR