スクウェア・エニックスノベルス『スタンプ・デッド』1~5巻&コミック版(完結)、
『太陽で台風』1・2巻(完結)発売中!
ガンガンノベルズ『魔法少女アーヤ☆アミー』発売中!
徳間デュアル文庫『魔王さんちの勇者さま』1~4巻(完結)発売中!
徳間文庫『欠陥妖怪住宅』発売中!
ぽにきゃんBOOKSライトノベルシリーズ『ブチ切れ勇者の世界征服』1~2巻発売中!
徳間文庫『パラレル家族計画』発売中!

2017年4月、第11回HJ文庫大賞にて『銀賞』をいただきました!
2017年5月、ジャンプ小説新人賞’16 Winterにて 小説フリー部門『銀賞』受賞をいただきました!
2017年9月、第30回ファンタジア大賞にて 『金賞』をいただきました!

2017年9月30日(土)、『カンスト勇者の超魔教導 ~将来有望な魔王と姫を弟子にしてみた~』HJ文庫より発売!
第11回HJ文庫大賞『銀賞』受賞作です!

2017-10

«  | ホーム |  »

2013年に読んだ本全部感想書いてやんよ その7

どうも、はむばねです。
はやくしろっ!! 間にあわなくなってもしらんぞーーっ!!
というわけで、消化消化。
今回は、なんか以前にチョロっと感想書いたことあるのが多い気がするな。
ところどころ適当になってる部分もある気がするけど、まぁ気にしない!

毎度の通り、巻数は既刊数じゃなくて私が読んだ巻まで。
前にも数字が入ってるのは、2012年以前にそこまで読んでたやつです。
そういや魔法科高校の劣等生とかも2013年に読み始めたわけじゃなかった気がするけど、まぁいいや。

・ソードアート・オンライン(8~14巻)
ソードアート・オンライン〈1〉アインクラッド (電撃文庫)
川原 礫
アスキーメディアワークス
売り上げランキング: 3,339


だいぶ早期段階でソードアート・オンライン関係ねぇな!
アリシゼーションになってからは、既存キャラほぼ完全退場でワロタw
いやまぁ、それまでもそんなに出てなかったっちゃ出てなかった気もしますが……。
ていうかこれ、完全別の物語になってるような気がしないでもない。
ちょっとした番外編かと思いきや、すげー長いし。
これ、もうネットで公開されてた分に追いついてんの?
それとも、ネット上ではもう完結してたの?


・ここから脱出たければ恋しあえっ1 (~4巻/完結)
ここから脱出たければ恋しあえっ1 (角川スニーカー文庫)
竹井 10日
角川書店(角川グループパブリッシング) (2012-04-28)
売り上げランキング: 414,801


4冊に凝縮されたことにより、ある意味竹井10日先生のトンデモ展開がとんでもない速度で展開されている一作。
ていうか最後の方、説明されてもなんかよくわかんねーよ。
というのは、置いといて。
二人の女の子に告白されて、両方を選ぶとか地味に新しいな。
……とか思っていた1巻。
2巻以降、そんなレベルではないことが明らかに。
ものすげー速度でハーレムが形勢されていくな!
……と当時は思っていましたが、今思えばむしろハーレム形勢速度は(竹井10日先生作品の中では)遅い方かもしれぬ。
恋愛するのがメインの物語なので、一応まともにその過程が描かれてるからですかね。
なんかよくわかんねーうちにハーレムが形勢されている竹井10日作品の中では、ある意味珍しいのかもしれぬ。


・アクセル・ワールド(~16巻)
アクセル・ワールド〈1〉黒雪姫の帰還 (電撃文庫)
川原 礫
アスキーメディアワークス
売り上げランキング: 48,067


なんか、巻ごとの切れ方がすげー中途半端な印象。
むしろこっちの方がネットで連載してたと言われた方が納得できる。
というのは、置いといて。
話の進め方としては、なかなかに王道というか、RPGっぽい感じですね。
敵と戦って強くなって、また新たな戦いに巻き込まれていく的な。
アホみたいに強いモンスターとか隠しダンジョン的な所とか、なかなかにオンラインゲーム感が出てますね。
それにしても、16巻まで至ってもまだまだ回収されてない伏線が多いですな。
四元素さんはいつになれば揃うのか。
あと、ハルユキ君が反応速度以外もなんか色々チート級なのはそのうち説明されるのか。
それとも、単にリアルラックが凄いだけなのか。


・僕と彼女のゲーム戦争(~7巻)
僕と彼女のゲーム戦争 (電撃文庫)
師走 トオル
アスキーメディアワークス (2011-06-10)
売り上げランキング: 96,552


異常に集中力が高く、半ば物語の中に溶け込める異能力者と化している主人公がひたすらゲームするお話。
スペランカーでも主人公に感情移入できるよ!
という感じ。
ラブコメ成分もありますが、基本的にはマジでただひたすらゲームしてるお話。
主人公がゲーム素人設定ということもあり、出てくるゲームの説明もかなり詳しいです。
まぁ私はゲームがほぼプレステで止まってるので、説明されたところであんまり想像できないのですが。
火の国、風の国物語の師走トオル先生ですが、それとはだいぶ雰囲気が違うのでそこに期待してるとちょっと微妙かも。
大会とかもありますが、まったり路線です。
まぁ、ゲームですしね。
主人公のチートっぷりも、そこまでではありません。
まぁ、そこまでじゃないだけでチート気味ではあるのですけれど。
先述の能力除いても、初心者なのに地味に勝率高い気がする。
集中力が高いからね、仕方ないね。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://hamubane.blog.fc2.com/tb.php/3807-941e3612
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | ホーム |  »

プロフィール

hamubane

Author:hamubane

たぶんライトノベル作家的なもの


Twitter

既刊情報

ほぼ全部絶版だけどな!

カンスト勇者の超魔教導 ~将来有望な魔王と姫を弟子にしてみた~ (HJ文庫)

最新コメント

最新記事

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (0)
ブログ (4379)
スタンプ・デッド (73)
情報系 (23)
短ネタ (35)
太陽で台風 (2)
しゅーかつ (18)
レパートリー確認PJ (27)
自著を無理矢理褒める (7)
感想 (306)
天神周辺グルメ (47)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR