スクウェア・エニックスノベルス『スタンプ・デッド』1~5巻&コミック版(完結)、『太陽で台風』1・2巻(完結)発売中!
ガンガンノベルズ『魔法少女アーヤ☆アミー』発売中!
徳間デュアル文庫『魔王さんちの勇者さま』1~4巻(完結)発売中!
徳間文庫『欠陥妖怪住宅』、『パラレル家族計画』発売中!
ぽにきゃんBOOKSライトノベルシリーズ『ブチ切れ勇者の世界征服』1~2巻発売中!

2017年4月、第11回HJ文庫大賞にて『銀賞』をいただきました!
2017年5月、ジャンプ小説新人賞’16 Winterにて 小説フリー部門『銀賞』受賞をいただきました!
2017年9月、第30回ファンタジア大賞にて 『金賞』をいただきました!

第11回HJ文庫大賞"銀賞"受賞作『カンスト勇者の超魔教導 ~将来有望な魔王と姫を弟子にしてみた~』
1・2巻、HJ文庫より発売中!
第30回ファンタジア大賞 "金賞"受賞作『お助けキャラに彼女がいるわけないじゃないですか』
2巻、5/19(土)ファンタジア文庫より発売です!

«  | ホーム |  »

高校が学区制だった奴ちょっと来い

どうも、はむばねです。
さぁ、やって参りました。
はむばね先生の、ググりゃわかるけどめんどいので知ってる人がいたら教えてもらおう のコーナー!
今回は、高校の学区制についてです。

私は、奈良県出身です。
奈良県は学区という制度がなくて、公立高校は県内全域から選ぶようになっています。
大学に行って、学区という制度があることに驚いたものです。
そして、今まで創作物で「ねーよwww」と思っていた事象も、もしかすると他の県ではありうることなのではないか? という疑問が湧いてきました。
通学手段がほぼ全員徒歩、とか天才とバカが同じ学校に通っている、とかですね。
まぁよく考えれば奈良県でも、だいぶ奥の方に行けば(他の高校に行くという選択肢が厳しいので)そういう状況もあるのかもしれませんが。

閑話休題。
というわけで、学区制度が存在する所に住んでた方は色々教えてね!
質問は全部答えてもらわなくてもおk。
できれば、都道府県も書いていただけると嬉しいです。
基本、学区内でも自分の高校にだけ当てはめてもらえればおk。

【質問】
・実質的な選択肢はどの程度あるのか?(同偏差値帯で複数の選択肢が存在するのか?)
・上に伴って、一つレベルを落とすとどの程度下がるのか?(偏差値でいうとどの程度?)
・大体、どの程度の距離帯が選択肢として存在するのか?(電車で◯分?)
・同校内で、どの程度レベルの差があるのか?(東大レベルから、Fラン不合格レベルまで、とかありうるのか?)


まぁなんでこんなことを聞いてるかというと、当然ながら高校舞台の話を書こうとしてるからなんですね。
スタンプの時とか、学区制度とか全く知らんかったからな……。
まぁ、あれは私立なんで関係ないんやけども。

というわけで、ご存知の方は教えていただけますと幸いです。
スポンサーサイト

コメント

1. 来ました(●∀●ゞ)

もう20年以上前のことで、若干うろ覚えですが……
私の場合、ちょと選択肢が少なかったです。
学区内(埼玉県の所沢市とか狭山市とか入間市とか新座市とか日高市とか川越市とか、そのあたり。田舎の地方都市的エリア)の公立高校、少なくはなかったのですが。
私自身の偏差値が中途半端(通常60、Max65)だったので。
ちょと背伸びして、偏差値62くらいの高校に入りました。
もう一つ上のランクだと、65~66だったので。
ある意味、危険なカケでしたし。
一つ下だと55で、低すぎましたし(あったかもしれませんが、通うには遠かったなぁ……私立だと程よいとこがあり、受かってはいました)。
だから、ある意味、一択でした。
通学時間は、私は自転車で20~30分程度、電車でも20分くらい。遠くの人だと電車で4、50分、家から学校まで一時間かかる人もいたかと思います。
ちなみに。
前記したように、公立高校の数は少なくなかったので。
偏差値70越え、まさに東大を狙うような高校から。
偏差値40以下、大学なにそれ美味しい物?的な高校まで。
各種取り揃えられておりました。
こんな感じですね。
もっと質問がありましたら、また来ます(ノ●▽●)ノ

2. あ、間違えました(●∀●;ゞ)

同校内の偏差値格差でしたてへぺろf(●▽●;)
うん、ありましたね。
1年の時、入学して直ぐに学力テストがありましたが。
偏差値65~60の差が既にありますので(上記のコメントで書きました偏差値65~66の高校に入れるような人が安全策でランク落として受験してたり、前記の高校がちょっと荒れていたので、ワンランク下だけど平和な高校だったうちに入ったり、逆に私のように背伸びしてアタックしたら入れちゃった人もいる)。
なかなかに差が出来ていた気がします(←ちなみに、私は300人くらいの中で100番台後半でした)。
んで。
2年生、3年生と学年が進みますと。
学力差は明確でして。
それこそ、東大を目指す人から(私の1つ上の学年では、実際に入学した人がいました。私と同じ学年でも、新潟大や明治大に入った友人がおりました)。
偏差値40で大学(東洋大夜学)に入った、言わば運だけで大学受験に挑んだ奴もいました(←私です)。
ただ、校内学力差は、最初の学力差がそのまま反映されていたわけではなく。
当初は出来ててもズルズル落ちていく人もいましたし。
逆に這い上がった人もいました。
もちろん、ずーっと上の人もいましたし。
ずーっと低空飛行な人もいました(←私)。
そんなところでしょうか。
わかりにくい文章ですみませんm(●_●)m

3. 多少思い出しながら調べてみました。

 神奈川県での話ですが、自分が受験をする数年前(2005年)に学区制がなくなって全県一学区(学区なし)に変わってしまいましたが、その程度の話でよければ。

【返答】
・実質的な選択肢はどの程度あるのか?(同偏差値帯で複数の選択肢が存在するのか?)
・上に伴って、一つレベルを落とすとどの程度下がるのか?(偏差値でいうとどの程度?)
 自分の住んでいた学区は県で一番頭のいい高校があったので偏差値にはばらつきがありました。具体的には71、66、61、60、58、56、53、50、47、42のような感じでした。(現在の偏差値を使用してますが当時も似たような感じでした)
 また、一応学区外を受験することはできましたが、神奈川県の学区制は自分の住む「学区」の高校を志願するのが基本で、学区外受験者は定員の25%までしか受け入れられませんでした。
 ちなみに、学区制は公立校のみです。

・大体、どの程度の距離帯が選択肢として存在するのか?(電車で◯分?)
 自分は旧学区内(廃止されたため)でしたが電車で20分でした。神奈川県は18の区域に分割されていたため、1時間あればほとんどの学生が登校できたと思います。

・同校内で、どの程度レベルの差があるのか?(東大レベルから、Fラン不合格レベルまで、とかありうるのか?)
これに関しては実際に体験していないためわかりかねます。


また、話は変わりますが、神奈川の公立高校の入試制度は前期入試(内申点と面接)と後期入試(内申点関係なしの筆記のみ)の2種類でした。しかし、2013年からそれらを一本化して内申点と面接と筆記を見るようになったため、実質的に公立入試の機会が1回減ったようです。

4. れすぽんす

>小若菜 隆さん
おぉ、詳細にありがとうございます!
なるほどなるほど、読んだ感じ奈良県全域よりはちょい選択肢少なめかな? って感じました。
とはいえ、通学の関係で実質もっと範囲は狭まるんで結局は同じくらいっぽいですね。
同高校内で、格差が出来てくるというのもやはり当然ですよね。
とはいえ、入り口で天秤にかけられてる以上、ある程度の下限は高校によってあるのだとは思いますけれど。
大変参考になりました、ありがとうございます!

>徒影さん
わざわざ調査までやっていただき、ありがとうございます!
ほぅほぅ、学区外で受験することもできるのですか。
通学に関しても、やはり比較的短めの人が多いんですね。
また、入試の話までありがとうございます!
世代の違いなのか地域の違いなのかわかりませんが、私の時とは制度が違うんですね。
ウチの場合は、内申+筆記の一本勝負でしたので。
これまた、他の方式があるとは知りませんでした。
大変参考になりました、ありがとうございます!

5. もう四半世紀前のお話ではございますが(笑)

超特殊な環境だった京都府の公立高校生の場合。当時京都府は完全に学区がガッツリ分かれてまして自分で行きたい高校は選べませんてました。私が受験する前年までは高校のレベルはマジ一律だったのです(笑)偏差値は42から55くらいかなー。どの学校も。合格したら学校間格差がつかないように振り分けられたのです。某先生の組合の方々が「15の春は泣かせない」とそういうシステムになさいましたそうで。必然的に公立高校のレベルはそこそこ。進学率は致命的でした。そこで私の年から「類型」が設けられ特進クラスが誕生。そこから緩やかに学区制が緩和され、後々学校で格差がつきました。いま気づいたら母校は賢い方の高校になってます(笑)当時試験が特殊で五科目で100点満点、つまり一科目20点満点。これ、一点の間に何人もひしめき合う楽そうに見えて結構厳しい状況でした(笑)三問答えて一点配当もあったりするし(笑)行きたい高校を選べなかった小若菜は高校ネタを語り始めると止まりませんよー(笑)今はかなり緩和されたと→学校の特色が出てるので賢い子は選べるようになったと思います。特進で上位10%普通で3%は好きな高校入れましたから。→私は振り分けられ組(笑)結果オーライですけど、変な高校でしたから(笑)長すぎコメントしかも役立たこゴメンナサイ(苦笑)

6. 入試について追記みたいな

入試は多分神奈川県の特色だったんだと思います。

ちなみに、自分は中学の時、入試の問題は勉強しなくてもそこそこできるけど、内申点は壊滅的っていう特殊なタイプだったんで、入試の時は後期入試のみに絞って勉強してました。
私立の併願入試(すべり止め)は内申点のみ加味する形態だったので、内申点が壊滅的だった自分は他の人と比べると選べる道が狭かったですね。

また、筆記のみの試験だったので、例年の成績データがある塾などは偏差値55の○○校なら「合計点が8割あれば確実に合格できる」という教え方をしていた場合もありましたね

7. れすぽんす

>小若菜モトカ さん
ご説明ありがとうございます!
なるほどなるほど。
そういえば、前にもチラッと覗いましたね。
受験なのに選択肢がないというのも、凄い話ですね……(苦笑
けどそれだと、まさしく漫画みたいに天才から落ちこぼれまで同じ高校にいる可能性もあるわけですか。
そういうケースもあったということで、参考にさせていただきます!

>徒影さん
補足ありがとうございます!
筆記のみというのは、特定の人にとっては救済措置なのかもしれませんね。
ウチの場合、内申が悪いとどうしても効率のレベルは下げざるをえなかったですから。
まぁその分、テストの点数に比して成績の良い人にはそっちの方が良かったのでしょうけれど。
私立だとそれこそ筆記のみなので、確かに合格圏内点数は出てた所もあったような気がしますね~。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://hamubane.blog.fc2.com/tb.php/3823-ebee22ba
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | ホーム |  »

プロフィール

hamubane

Author:hamubane

たぶんライトノベル作家的なもの


Twitter

既刊情報

上の方は絶版じゃないよ!

お助けキャラに彼女がいるわけないじゃないですか2 (ファンタジア文庫)

最新コメント

最新記事

カレンダー

05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR