FC2ブログ
スクウェア・エニックスノベルス『スタンプ・デッド』1~5巻&コミック版、『太陽で台風』1・2巻発売中!
ガンガンノベルズ『魔法少女アーヤ☆アミー』発売中!
徳間デュアル文庫『魔王さんちの勇者さま』1~4巻発売中!
徳間文庫『欠陥妖怪住宅』、『パラレル家族計画』発売中!
ぽにきゃんBOOKSライトノベルシリーズ『ブチ切れ勇者の世界征服』1~2巻発売中!
HJ文庫『カンスト勇者の超魔教導』1~3巻発売中!
ファンタジア文庫『お助けキャラに彼女がいるわけないじゃないですか』1~3巻発売中!
JUMP j BOOKS『ぼくたちは勉強ができない 非日常の例題集』発売中!

受賞歴:
2004年、第1回スクウェア・エニックス小説大賞『入選』
2008年、第5回トクマ・ノベルズEdge新人賞『徳間デュアル文庫特別賞』
2017年、第11回HJ文庫大賞『銀賞』
2017年、ジャンプ小説新人賞’16 Winter 小説フリー部門『銀賞』
2017年、第30回ファンタジア大賞 『金賞』

2019-09

«  | ホーム |  »

2013年に読んだ本全部感想書いてやんよ その10

どうも、はむばねです。
順調に昼夜が逆転していってます。
夜の方が作業が捗るからね、仕方ないね。
しかし、何なんでしょうねこの現象。
起きてからの時間とかじゃなく、単純に夜の方が捗る気がする。
そして、別段昼夜逆転していようが特に問題ない生活なのになんか罪悪感というか問題な気がするのはなぜなのか。
まぁ、開いてるお店が限定されるのは問題っちゃ問題ですが。
もうちょっとで一段落つく(といいなぁ)と思うし、このまま昼夜逆転でラストスパートや!

で、感想の方もラストスパートや!
たぶんあと2~3回で終わる予定。
毎度の通り、巻数は既刊数じゃなくて私が読んだ巻まで。

・嘘つきみーくんと壊れたまーちゃん(~1巻)
嘘つきみーくんと壊れたまーちゃん―幸せの背景は不幸 (電撃文庫)
入間 人間
メディアワークス
売り上げランキング: 128,602


おぅ、これが入間人間作品か……。
確かに、人を選びそうなところはありますね。
しかし、構成力については流石というか何というか。
いわゆる叙述トリック系になるのかな?
ライトノベルでは珍しいかもしれませんね。
つーか、感想書きづれぇな!
流石に、これをネタバレするわけにもいかないし。
しかしこれ、2巻以降どんな感じなんだ……?
気にはなるものの、ちょっとポチるのを躊躇してしまいますね。
これが、入間人間作品か……。


・なれる!SE(~1巻)
なれる!SE 2週間でわかる?SE入門 (電撃文庫)
夏海 公司
アスキー・メディアワークス
売り上げランキング: 30,029


オゴゴゴ……か、過去の嫌な思い出が……。
正直に言おう。
作品そのものの評価とは別次元で、私はこの作品を好きになれない。
いや、私はネットワークエンジニアではなかったし、こんな扱い受けたこともなかったですけどね。
そもそも、SEだったのかすら疑問ですし。
それでも、なんか過去の嫌な部分を刺激されるんや……。
読んでた当時、リアル修羅場ってたというのも関係あるかもしれませんが。
一応内容にも触れておくと、かなり現実に近い次元でネットワークエンジニアの仕事が描かれていると思います(そのブラック度は別として、業務内容としては)。
作者さんが元SEなだけはありますね。
若干ブラックすぎね? という気もしないではないですが、会社によってはありうるのだろうし、昔はこんなもんだったという話も聞きますね。
結構細かい設定の話とかも出てきますので、自分の知ってる(一般人にとっては)マニアックな知識が出てきたらテンション上がる系の人には垂涎ものではないでしょうか。
残念ながら私は、逆にテンションだだ下がりましたけどね。
あと、ヒロインはデレ少なめのツンデレ上司です。
その辺も、若干私と相容れなかった部分である。



・女帝・龍凰院麟音の初恋(~4巻)
女帝・龍凰院麟音の初恋 (一迅社文庫)
風見 周
一迅社
売り上げランキング: 705,812


続刊はよ。
よりにもよって、物語的にも修羅場的にも一番盛り上がってるところで止まってるとかどういうことなんだよ……。
他のシリーズは普通に書いてるみたいだし、出版社と揉めでもしたのか……?
まぁそれは置いといて、殺×愛 -きるらぶ-の風見先生の書くラブコメです。
登場人物が、主人公含め大体ツンデレ。
4巻で、ようやくデレヒロインが出てきたというのに……。
ていうか、主人公を殺しに来た殺×愛 -きるらぶ-のヒロインより、こっちのヒロインの方が主人公への攻撃が多いってどういうことなんですかねぇ。
正直1巻は麟音さんが傍若無人すぎてちょっとキツい感が個人的にありましたが、1巻は公式にプロローグ扱いですからね。
2巻ぐらいからは、程よいツンデレっぷりになってると思います。
でも個人的には、生徒会長くらいのツンデレっぷりが好きです。
まぁあれ、最早ほとんどツンってないけど。
それにつけても、続刊はよとして言えない。


・この中に1人、妹がいる!(~1巻)
この中に1人、妹がいる! (MF文庫J)
田口 一
メディアファクトリー
売り上げランキング: 133,429


主人公が女の子に手を出さない(出せない)理由が、「妹かもしれないから」というのはなかなか新しいな。
そして、ヒロインズの主人公に対する初期好感度の高さが凄い。
流石に何か理由があるだろうと予測し、実際終盤でその理由も語られるのですが。
イラストがCUTEGさん(=がをられの印象)ということもあり、まさか何の理由もなくここまで惚れているのではなかろうか……? という謎の緊張がある。
最後の方は、怒涛の解答編。
怒涛すぎて、最後の展開には普通に騙された。
まぁ、続刊出てるの知ってたんで、ホントに……? という疑問はありましたが。
というか全体的に、フェイント(ミスリード)多すぎィ! ですしね。
(メタ的に見て)主人公がヒロインズに手を出せないのはわかっているので、ヒロインズの好意は割と駄々漏れです。
デレデレ系のヒロインが読みたい方にはオススメ。
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://hamubane.blog.fc2.com/tb.php/3832-9a24cd5b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | ホーム |  »

プロフィール

hamubane

Author:hamubane

たぶんライトノベル作家的なもの


Twitter

既刊情報

最新コメント

最新記事

カレンダー

08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

月別アーカイブ

カテゴリ

ジャンルランキング

[ジャンルランキング]
日記
438位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
176位
サブジャンルランキングを見る>>

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR