FC2ブログ
ファンタジア文庫『世話好きで可愛いJK3姉妹だったら、おうちで甘えてもいいですか?』11/20発売!
JK文庫『異世界からJK転生した元妹が、超グイグイくる。』11/30発売!
JUMP j BOOKS『ぼくたちは勉強ができない 未体験の時間割』12/4発売!

スクウェア・エニックスノベルス『スタンプ・デッド』1~5巻&コミック版、『太陽で台風』1・2巻発売中!
ガンガンノベルズ『魔法少女アーヤ☆アミー』発売中!
徳間デュアル文庫『魔王さんちの勇者さま』1~4巻発売中!
徳間文庫『欠陥妖怪住宅』、『パラレル家族計画』発売中!
ぽにきゃんBOOKSライトノベルシリーズ『ブチ切れ勇者の世界征服』1~2巻発売中!
HJ文庫『カンスト勇者の超魔教導』1~3巻発売中!
ファンタジア文庫『お助けキャラに彼女がいるわけないじゃないですか』1~3巻発売中!
JUMP j BOOKS『ぼくたちは勉強ができない 非日常の例題集』発売中!

受賞歴:
2004年、第1回スクウェア・エニックス小説大賞『入選』
2008年、第5回トクマ・ノベルズEdge新人賞『徳間デュアル文庫特別賞』
2017年、第11回HJ文庫大賞『銀賞』
2017年、ジャンプ小説新人賞’16 Winter 小説フリー部門『銀賞』
2017年、第30回ファンタジア大賞 『金賞』

2019-12

«  | ホーム |  »

2013年に読んだ本全部感想書いてやんよ その13


どうも、はむばねです。
結局ほぼガッツリ一年かけてやってしまったこの企画も、今回が最終回となります。
全12回か……平均すると月一ペースですね。
正直、この企画が数々のネタのない時期を救ってくれたのは事実です。

今、万感の思い……という程の思いは蓄積してないけど、まぁそんな感じの思いを込めて。
巻数は、既刊数じゃなくて私が読んだ巻まで!

・ハイスクールD×D(~18巻)
ハイスクールD×D1  旧校舎のディアボロス (富士見ファンタジア文庫)
石踏 一榮
富士見書房
売り上げランキング: 215,369


    _  ∩
  ( ゜∀゜)彡 おっぱい!おっぱい!
  (  ⊂彡
   |   | 
   し ⌒J
おっぱい好きの主人公は数あれど、かつてここまで直接的におっぱいを戦闘力に反映させた主人公がいたであろうか。
おっぱいで気力・能力が上昇するくらいは当たり前として、おっぱいに聞くことで相手の思考を読むとかどういうことなの……。
しかしエロいだけでなく、好感度が高いラノベ主人公スレでは常連、今どき珍しい(?)熱血系主人公でもあります。
確かに最近はひねた主人公が多い中、ここまで真っ直ぐに正義を貫く主人公も珍しいですよね。
その正義を執行する手段が、概ねおっぱいなわけですけども。
おっぱいが目的じゃなくて手段って、そう考えると新しいな。
いや、目的でもあるわけだけど。
あと、ハーレム築いてるのに正妻(恋人)がいるというのも新しいというか一周回ってるというか。
ま、これも人気なのはわかりますわって作品ですね。
ラブコメもバトルも、上手い具合にまとまってると思います。


・デート・ア・ライブ(~10巻)
デート・ア・ライブ 十香デッドエンド 富士見ファンタジア文庫
KADOKAWA / 富士見書房 (2012-09-01)
売り上げランキング: 16,761


もう鳶一さんとくっつけばいいなじゃないですかねぇ(適当
精霊をデレさせる(ことによって無力化する)ことを目的としているため、出てくるヒロインの大半がデレることを約束されているという稀有な作品。
いやまぁ公式設定がそうなってるってだけで、実質ラブコメだったら大体そんなもんという説もあるけど。
ある意味、元来の意味のツンデレ(はじめツンツンいずれデレ)から今の意味のツンデレ(普段ツンツン時折デレ)まで幅広いツンデレを搭載しているとも言える。
大体主人公を殺しに来ますからね。
しかし、それでありながら所謂暴力系ヒロインがいないというのはある意味凄いな。
琴里だけちょっとその気もあるか?
なお、監禁系ヒロインはいる模様。
あと作者さんもあとがきで触れている通り、名前が読みにくいシリーズ。
七罪(なつみ)辺りはともかく、狂三(くるみ)ってどういうことなの……。


・鳩子さんとラブコメ(~4巻/完結)
鳩子さんとラブコメ (富士見ファンタジア文庫)
鈴木 大輔
富士見書房 (2012-02-18)
売り上げランキング: 357,027


タイトル通り、鳩子さんとラブコメ。
……と見せかけて、鳩子さん以外ともラブコメしてる。
表紙は鳩子さんオンリーやけど、ちゃんとサブヒロインもいるんやで……。
まぁ主人公が鳩子さんに想いを寄せている以上、鳩子さんが約束された正ヒロインであることに違いはないのですが。
それもあってか、デレ成分はめっちゃ少ない。
反面、サブヒロインのデレは結構多い。
なお、鳩子さんはハトコではなくイトコな模様。
雰囲気的には、おにあいにだいぶ近いですね。
主に、割と起伏の少ない主人公語りで淡々と進んでいく感じが。
個人的には、ご愁傷様二宮くんの雰囲気も結構好きだったのですが……。
主人公が地味に高スペック(しかし周りがそれ以上に高スペック)という辺りは二宮くんの辺りから変わってない気はしますね。
閑話休題。
4巻完結でサクッと読めますし、(鳩子さん以外とは)それなりに正統なラブコメやってるので、サクッとラブコメ読みたい人にはオススメですね。
おにあいが長くて手を出すのを躊躇している方は、お試しでこっちを読んでみるのも良いかもしれません。
たぶん、両作品の合う人合わない人はほぼ共通する気がする。


はい、そんなこんなでね。
全53シリーズ293冊。



2013年に読んだ本全部感想書いたったwwwww
スポンサーサイト



コメント

1. 大変参考になった企画でしたm(_ _)m

何作かは既読でしたけど、知らない作品がほとんどでした。
ラノベ専門店やブックオフに足を向けた時にははむばね氏の
ブログを開いて探したりしています。

もうお読みになっているかもしれませんが、先程伏見つかさ氏の
「エロマンガ先生」2巻を読了しまして、なんか自分の襟首を
摑まれて怒られた様な熱い作品でしたw
もし未読でしたら
2巻だけでも(笑)お勧めします。

2. れすぽんす

>anokoさん
ただのネタ企画でしたが、ご参考にしていただけたのでしたら幸いですw
エロマンガ先生は読んだことないですね~。
2巻だけでもオススメですかw
次にポチる時の参考にさせていただきます~!
実は、俺妹が去年から積ん読状態で残っていたりもするのですが(苦笑

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://hamubane.blog.fc2.com/tb.php/3841-26bf3f1b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | ホーム |  »

プロフィール

hamubane

Author:hamubane

たぶんライトノベル作家的なもの


Twitter

既刊情報

最新コメント

最新記事

カレンダー

11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月別アーカイブ

カテゴリ

ジャンルランキング

[ジャンルランキング]
日記
229位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
90位
サブジャンルランキングを見る>>

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR