スクウェア・エニックスノベルス『スタンプ・デッド』1~5巻&コミック版(完結)、『太陽で台風』1・2巻(完結)発売中!
ガンガンノベルズ『魔法少女アーヤ☆アミー』発売中!
徳間デュアル文庫『魔王さんちの勇者さま』1~4巻(完結)発売中!
徳間文庫『欠陥妖怪住宅』、『パラレル家族計画』発売中!
ぽにきゃんBOOKSライトノベルシリーズ『ブチ切れ勇者の世界征服』1~2巻発売中!

2017年4月、第11回HJ文庫大賞にて『銀賞』をいただきました!
2017年5月、ジャンプ小説新人賞’16 Winterにて 小説フリー部門『銀賞』受賞をいただきました!
2017年9月、第30回ファンタジア大賞にて 『金賞』をいただきました!

第11回HJ文庫大賞"銀賞"受賞作『カンスト勇者の超魔教導 ~将来有望な魔王と姫を弟子にしてみた~』
1・2巻、HJ文庫より発売中!
第30回ファンタジア大賞 "金賞"受賞作『お助けキャラに彼女がいるわけないじゃないですか』
3巻、8/18(金)ファンタジア文庫より発売です!

2018-07

«  | ホーム |  »

ツッコミに見るヒロインの性格

どうも、はむばねです。
パラレル家族計画、発売中です。

パラレル家族計画 (徳間文庫)
はむばね
徳間書店 (2015-03-06)
売り上げランキング: 72,239


唐突に宣伝から始めてみた。
せっかくなので(?)、今日は本作について言及していきましょう。
発売から少し経って既に読んでいただいた方もいるかと思いますので、少し内容についても触れていきます。
まぁ、今日はっつーか直近で言うと言及してない日の方が少ないけどな!
あと、むしろ発売前の方が積極的に内容に触れてたけどな!

さて、パラレル家族計画には6人のヒロインが登場します。
主人公である大和くんが割と強力なボケ属性持ちなので、必然ヒロインズは基本ツッコミ属性持ちとなります。
しかし、それぞれの性格によってツッコミにも差が出てきます。
別段意識してそういう風にしたわけではない(のでそれなりに例外もありますが)のですが、ふと読み返すとそこそこ如実に現れて面白いですね。


結衣:半疑問ツッコミ
ボケに対して「なぜそうなのか」「どういうことなのか」を尋ねる、あるいは訂正を懇願する系のツッコミ。
たとえボケであろうと安易に否定せず、その言葉を理解しようとする愛の表れである(適当)
ex)
「なんだ結衣、分裂する性質があったのか」
「単細胞生物みたいに言わないで!? ていうか、なんで徐々に私を徐々に原始的な生命体に近づけようとするの!?」

凛:断定ツッコミ
ボケに対して強く否定、ないし命令する系のツッコミ。
たとえボケであろうと間違ったことは間違っていると断定する、強い正義感の表れである(適当)
ex)
「ち、違うよ? 私のはほら、お母さんの匂いが落ち着く的なアレで、性的な目的じゃないから! 西園寺さんとは違うよ!?」
「勝手に人の目的を性的なものにすんな!? 拾っただけだって言ってるでしょ!」

翔子:冷静ツッコミ
ボケに対して淡々と否定、あるいは訂正する系のツッコミ。
たとえボケであろうと決してSAN値を削られない、精神的防御力の高さの表れである(適当)
ex)
「まぁ娘がこんなだし、お宅のお母さんも結構大きいし、お前もまだ希望があるんじゃないか?」
「胸の話はしていません」

弥生:呆れツッコミ
ボケに対して半ば義理のように訂正したり疑問を投げかけたりする系のツッコミ。
たとえボケであろうと最後までちゃんと付き合う、隠れた優しさの表れである(適当)
ex)
「それこそ、そんな指環なんてそこらに生えてるレベルだろ?」
「いや、生えてはないでしょ……」

真琳:ボケツッコミ
ボケに対して、更にボケを重ねる系のツッコミ。
たとえボケであろうとより高みへと昇華せんとする、意識の高さの表れである(適当)
「まぁ、実際鈴木は二人に増えてるしな」
「というかお母様も将来鈴木になるのですから、潜在的鈴木率も含めればこの部屋の中は今鈴木率一〇〇パーセントですわ」

琴代:スルーツッコミ
ボケに対して、普通に感想や意見を述べる系のツッコミ。
たとえボケであろうと全てを受け入れる、懐の深さの表れである(適当)
「わたくし、この時代のお父様を見て、そのくらいでないとお父様のお相手は務まらないのではないかと思い始めておりますわ」
「あはは、確かに~」



こうやって改めて見ると、絶叫系ツッコミストは最初の二人だけですね。
なんかすげー勢いで絶叫ツッコミが入ってるイメージだったのですが。
いや、単にほとんどのツッコミをその二人が担当しているだけか。
つーか、最後の二人とかもうただのボケじゃねーか!

最近、ボケだのツッコミだのという単語を(文面上で)連呼しすぎてボケとツッコミがゲシュタルト崩壊を起こしてきている。
スポンサーサイト

コメント

1. 読後にピッタリの記事です(^o^)/

勿論、読む前にヒロインズの特長?を知る意味でも楽しい一文だと思います。

拙い文ですけど、Amazonさんのレビューに感想を書かせて頂きました!
私の脳内評価でいいますと、例えばバクマンの亜城木夢叶が
PCPの連載を始めたレベルに感じています!まだ未読の方は是非
購入して読みましょう!!

2. れすぽんす

>anokoさん
amazonレビュー、ありがとうございます!
恐縮です!
作者自身も続編希望していますw
むしろ1巻は顔見せ設定見せのプロローグ感すらあるので、続編出せるといいんですけどね~^^;
まだどうなるかわかりませんが、構想はしっかり練っときます!

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://hamubane.blog.fc2.com/tb.php/3944-c088063b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | ホーム |  »

プロフィール

hamubane

Author:hamubane

たぶんライトノベル作家的なもの


Twitter

既刊情報

上の方は絶版じゃないよ!

お助けキャラに彼女がいるわけないじゃないですか2 (ファンタジア文庫)

最新コメント

最新記事

カレンダー

06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR