スクウェア・エニックスノベルス『スタンプ・デッド』1~5巻&コミック版(完結)、
『太陽で台風』1・2巻(完結)発売中!
ガンガンノベルズ『魔法少女アーヤ☆アミー』発売中!
徳間デュアル文庫『魔王さんちの勇者さま』1~4巻(完結)発売中!
徳間文庫『欠陥妖怪住宅』発売中!
ぽにきゃんBOOKSライトノベルシリーズ『ブチ切れ勇者の世界征服』1~2巻発売中!
徳間文庫『パラレル家族計画』発売中!

2017年4月、第11回HJ文庫大賞様にて『銀賞』をいただきました!
2017年5月、ジャンプ小説新人賞’16 Winter様にて 小説フリー部門『銀賞』受賞をいただきました!

«  | ホーム |  »

2014年に読んだ本全部感想書いてやんよ その2

どうも、はむばねです。
実に7ヶ月ぶり今年3回目の当タイトルである。
わ、忘れてたわけやないから……。
ただ、時間が経つにつれてどんどん取り掛かるハードルが高くなって放置してただけやから……。
今年中には終わらせます(キリッ

というわけで。
読んだ本っつーか、ここからは全て小説家になろうに掲載されている作品です。
各作品のタイトルにリンクを貼っておきますので、ご興味がおありの方はリンク先で読んでみてください。
今回(=2014年に)私が読んだ作品は全てランキング上位ですので、たぶん全部書籍化もされていると思います。
紙で読みたい方は、そちらでどうぞ。
たぶん、書籍版は加筆修正とかもされていると思います。

ぶっちゃけどこまで読んだか覚えてない作品が多いので、何話まで読んだとかは書きません。
大体、去年末の最新話くらいまでは読んだ上での感想だと思っていただければ。
あと、大して読み直すことなく書いてるので、印象だけで実際違うって場合もあるかも?
全体的に、ややネタバレあり。


無職転生 - 異世界行ったら本気だす -
総合ランキング1位も納得の一作。
クソな前世、異世界転生、チート級の才能、ハーレム。
なろうの流行全てが詰まっているといっても過言ではない。
そして、全てが高いレベルで纏まっている。
この作品を読んで合わなかったら、なろうの大半の作品は合わないであろうと言ってもいいかもしれない。
よくないかもしれない。
こないだ(つっても、もう結構前ですが)完結したので、今読むとちょうどいいかもですね。
長期化につれて当初のコンセプトがずれてきて(鬼畜主人公がやたら軟化したり)ダレる作品が多い中、比較的最後まで緊張感が保てた稀有な作品なのではなかろうかと思います。
まぁ、それを言うと本作でも前世でクソニートだった経歴は途中からほとんど触れられなくなった感はありますけれど。
しかし、途中からの家族は何が何でも守らんとする姿勢は最後まで変わらなかったですしね。
自身と両親がだいぶハードモードな感じの人生だったのも影響しているのでしょうか。
明るい幼年期から徐々にハードモードになっていく感じが、なんか上手いこと誘導されてんなーって感じがしました。
生まれ変わり、現世でこそ頑張ろうと努力し、妻を(複数)娶り、子を成し、父として家族を守らんとする、まさしく一人の人生を描く作品だったと思います。
人間としてはかなり上位クラスの力を持つ主人公が、より大きな存在に振り回されていくってところもなかなかに皮肉というか上手い。
なろう作品で、初めて読むのに迷ったらとりあえずこれを読め! と言えるくらい個人的にオススメですね。
基本的にマジョリティへの迎合を嫌う典型的オタク気質の私も、これは認めざるを得ない。


謙虚、堅実をモットーに生きております!
転生モノは転生モノでも、転生先が少女漫画の世界(?)という変わりダネ。
しかも漫画の中では最終的に破滅する悪役お嬢様に転生してしまったため、そうならないように>謙虚、堅実をモットーに生きるという、あらすじだけで面白そうな感じですね。
これもまた幼少時代からを描いてるわけですが、地味に凡スペック+割と中の人ポンコツなのに結構きっちりお嬢様して派閥作れてる点が笑える。
なんだろう、新しいタイプの俺TUEEEEE? とも言えるかもしれない。
基本的に金持ちキャラって敵役サイドにいることが多いと思うのですが、主人公がガッチガチにそのサイドにいるというか。
基本的に元庶民なのに、結構的確に権力使いこなしてる。
そしてその元庶民の感覚(食の好みとか)も、成長するにつれて普通にお嬢様感覚に塗り替わってきててワロタw
まぁ、言うて幼少の頃からのお嬢様としての経験は蓄積されてるわけですからね。
とはいえ基本的には周り(というか主に元漫画における主人公のお相手役の金持ちイケメン)に振り回される主人公さんが苦労しつつどうにか立ちまわる感じのほのぼのストーリー(?)なのですが、元の設定が設定だけに謎のハラハラ感がある。
特に、高校に入って元の漫画の主人公が登場するようになってからはそのハラハラ感が凄い。
そんなもん感じてるのは私だけかもしれませんが。
あとは、脇を固めるキャラが凄くいい味を出してます。
基本的には主人公の一人称視点なんですが、時折サブキャラの視点で描かれる話があり、それが凄く好き。
主人公は超級お嬢様なので基本的に周りはビビりまくってるわけなのですが、その誤解の様であったり誤解が解ける様であったりをサブキャラ視点で語られるのが面白いです。
無論、それも普段の主人公視点での物語があってこそなんですけどね。
ぶっちゃけ大した事件もなく、タイトル通りのコンセプトで生きていこうととするもなかなか上手くいかない主人公の日常が描かれるだけなのですが、なんかずっと読んでられる楽しさがあります。


異世界迷宮で奴隷ハーレムを
大体タイトルが内容を全て表している。
一応、異世界召喚モノかな?
今の所(私が読んだ所までだと)、召喚された理由的なものは無く単純にポコッと異世界に行っただけですが。
一人だけステータス確認とスキル振り直しという能力、及び(リセマラで獲得した)ボーナスポイント99ポイントを持ったチート主人公が奴隷ハーレム築いたり迷宮攻略したりドロップした食材で料理したりする話。
似たような能力を持つ設定の作品は結構あるんですが、個人的には一番これが「RPGしてる」感が強い気がします。
仲間加入イベントとかのサブイベントとかもあるけど、基本的にはダンジョン攻略だし。
#というか、サブイベントもなんか特定条件を満たす発生するRPGみたいな感じがする。
ドロップアイテム(主に食材)狙って周回するし。
安全マージン取って、仲間をしながら徐々に攻略進めるし。
新しい仲間(低レベル)が入ったら、弱い階に戻って徐々にレベル上げするし。
なんつーか、ハック&スラッシュ感が凄い。
ぶっちゃけ、ダンジョン攻略してる理由があんまりないって点も逆に評価ポイント。
今の所(私が読んだ所までだと)、とにかく世界救うとかそんなのに繋がる事は一切なくただ生活のためにダンジョン攻略してる感じ。
リアルRPG(ただし主人公(盛大な物語に巻き込まれる)ではない)的な?
なんか、すっごいワクワクする。
まさしく、新しくRPGを始めた時の「次はどんなスキルが手に入るんだろう」「どんな仲間が加入するんだろう」的なワクワクです。
結構長いのに、ずっと新しいスキルや仲間を手に入れた時のワクワクが続くってのも凄い。
ゲームでいうと大体中盤辺りでその感覚はダレてくると思うのですが、200話超えてもまだワクワクが続いてると感じます。
無機質にダンジョン攻略してるだけなく、ハーレム要素も上手いこと融合してるからでしょうね。
パーティメンバーは(タイトルに違わず)奴隷ばっかなんですが、好感度の爆上がりっぷりも面白いです。
流石、胃袋を握ったもんは強いでぇ……!
貪欲に主人公が(モンスタードロップから)新しい料理に挑戦していく様も、アイテム融合要素みたいな感じで面白いです。
総じて、新しく買ったRPGへのワクワクを感じたい人に強くオススメの一作ですね。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://hamubane.blog.fc2.com/tb.php/3951-0ef1da3e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | ホーム |  »

プロフィール

hamubane

Author:hamubane

たぶんライトノベル作家的なもの


Twitter

既刊情報

最新コメント

最新記事

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (0)
ブログ (4304)
スタンプ・デッド (73)
情報系 (22)
短ネタ (35)
太陽で台風 (2)
しゅーかつ (18)
レパートリー確認PJ (27)
自著を無理矢理褒める (7)
感想 (266)
天神周辺グルメ (41)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR