スクウェア・エニックスノベルス『スタンプ・デッド』1~5巻&コミック版(完結)、
『太陽で台風』1・2巻(完結)発売中!
ガンガンノベルズ『魔法少女アーヤ☆アミー』発売中!
徳間デュアル文庫『魔王さんちの勇者さま』1~4巻(完結)発売中!
徳間文庫『欠陥妖怪住宅』発売中!
ぽにきゃんBOOKSライトノベルシリーズ『ブチ切れ勇者の世界征服』1~2巻発売中!
徳間文庫『パラレル家族計画』発売中!

2017年4月、第11回HJ文庫大賞にて『銀賞』をいただきました!
2017年5月、ジャンプ小説新人賞’16 Winterにて 小説フリー部門『銀賞』受賞をいただきました!
2017年9月、第30回ファンタジア大賞にて 『金賞』をいただきました!

2017年9月30日(土)、『カンスト勇者の超魔教導 ~将来有望な魔王と姫を弟子にしてみた~』HJ文庫より発売!
第11回HJ文庫大賞『銀賞』受賞作です!

2017-10

«  | ホーム |  »

少年陰陽師

どうも、はむばねです。
ヒャッハー、女性向けライトノベルを読み進めてるぜー!
読んだら(感想を)書く、これ鉄則ね!
というわけで、しばらくはまた感想ブログと化すかもしれません。
むしろ、感想ブログと化すよう頑張って読んで書く所存。

今回は、ちょいちょいネタバレあり。

少年陰陽師 異邦の影を探しだせ (角川ビーンズ文庫)
結城 光流
角川書店
売り上げランキング: 90,181


女性……向け……?
正直、今まで読んできた男性向けライトノベルと変わらない印象でした。
本文も表紙もそのままに、同時期のスニーカー文庫でやってても何も違和感はない感じ。
主人公男の子だし、(少なくとも1巻では)恋愛要素もほとんどないし。
え、ていうか女性向けライトノベルでもこんなに恋愛要素少ない奴もあるんだ。
1巻時点では、彰子さんとちょっとフラグ立てかけたくらい。
むしろもっくん(表紙で主人公っぽい子の方に乗ってる獣っぽい彼)とのフラグ立ての方が全力じゃねーか!

とまれ、これまでに読んできたのとほとんど変わらないというのは精神的ハードルが低くて良かったです。
最初に読むのをこれにして正解だったかもしれぬ。
ということを踏まえて。

安倍晴明の孫、昌浩くんがじい様に煽られたり自主的だったりで妖的なものと戦ったりするお話。
実は現代部隊の陰陽師ものだと思ってたんですが、ガチ平安部隊でした。
とりあえず、表紙裏のあらすじに言いたいことはですね。
「おちこぼれ陰陽師は都を救えるか!?」って書いてあるけど落ちこぼれてなくね?
むしろ、血筋、環境、才能、全て揃ったエリートオブエリートやんけ!
その上、稀代の大陰陽師安倍晴明の手ほどきで「幼い頃から陰陽道に必要なことを全てたたきこまれて」いるにも関わらず陰陽寮に入ってからも勉強を欠かさぬ勤勉っぷり。
……お、おぅ。
こうやって要素だけ並べると改めて凄いな。
主人公の強力なライバルポジションでもなかなかここまでは持ってないで。
本編でも「未熟」に見える箇所はあっても「おちこぼれ」感はなかったし周りにも認められてたような。
その「未熟」も晴明に比べればとかいう話で、そこが比較対象に出てくる時点で最早未熟ってレベルじゃねぇ。
え、この「おちこぼれ」ってホントに公式設定なの……?
今後、巻を重ねるとおちこぼれ設定が出てくるの……?
それとも、星見や作暦が苦手な所が落ちこぼれ要素なの……?

……えー、まぁそれはともかく。
作中で再三昌浩くんの才能について言及されてたのでイヤボーン(能力覚醒)あるかと思いましたが、(少なくとも1巻時点では)なかったですね。
能力覚醒も好きですが、「どんだけ才能あっても現時点での実力じゃ無理なもんは無理」というこの感じも好きです。
実に、「英才教育を施されてきた天才陰陽師の卵」に見合った活躍っぷりだったと思います。
逆に言うとこれまでに培ってきた地力だけで才能爆発させずとも、地元妖怪を余裕で蹴散らせる舶来妖怪に隙を作れるレベルではあるわけで、やっぱ落ちこぼれってレベルj(ry

ちなみに戦闘パートばっかじゃなく日常パートも結構あるのですが、こっちはほのぼのとしてていいですね。
#戦闘パートすらも、中盤まではほのぼのしてると言えるかもしれませんが。
昌浩くんともっくんのやり取りは、表面上ツンツンしてても信頼関係が見える感じがする。
あと、成行様いい人いじられキャラすぎワロタw

それと、全体通して嫌な奴がいないというのもいいですね。
まぁそら舶来妖怪さんたちは何の罪もない地場妖怪さんたちを惨殺する鬼畜ではあるけども、それも弱肉強食の世界だからね、仕方ないね。

全体的に、ストレスフリーで軽く楽しめる作品でした。
そして、男女関係なく楽しめる作品だと思います。
オススメいただき、ありがとうございました!
スポンサーサイト

コメント

1. いえいえ

はむばねさんのこの作品の感想が聞けて(読めて?)満足です。
まぁ、落ちこぼれ要素は退魔調伏以外が苦手かつなかなかやらないところなんじゃないでしょうか?
恋愛要素は後半の方が強いですね。

2. れすぽんす

>杯 愛さん
確かに苦手項目はあるようですが、あくまで「苦手項目がある」レベルの印象で全然落ちこぼれてはない気がしてしまうんですよね……。
むしろ、見習い時点で「出来る」時点で凄いんじゃね? という印象です(一般的な見習いのレベルが今のところ出てないので何ともですけど)。
例えるならば、高校入学時点で大学入試戦えるレベルの学力は持ってるけど、英語はちょっと苦手(でも平均ちょい下くらいは取れる)、みたいな?
とまれ、ある程度タイトル数こなしたら続刊にも手を出してみようと思います!
改めまして、オススメありがとうございました!

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://hamubane.blog.fc2.com/tb.php/4073-0f2a4140
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | ホーム |  »

プロフィール

hamubane

Author:hamubane

たぶんライトノベル作家的なもの


Twitter

既刊情報

ほぼ全部絶版だけどな!

カンスト勇者の超魔教導 ~将来有望な魔王と姫を弟子にしてみた~ (HJ文庫)

最新コメント

最新記事

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (0)
ブログ (4377)
スタンプ・デッド (73)
情報系 (23)
短ネタ (35)
太陽で台風 (2)
しゅーかつ (18)
レパートリー確認PJ (27)
自著を無理矢理褒める (7)
感想 (304)
天神周辺グルメ (46)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR