スクウェア・エニックスノベルス『スタンプ・デッド』1~5巻&コミック版(完結)、『太陽で台風』1・2巻(完結)発売中!
ガンガンノベルズ『魔法少女アーヤ☆アミー』発売中!
徳間デュアル文庫『魔王さんちの勇者さま』1~4巻(完結)発売中!
徳間文庫『欠陥妖怪住宅』、『パラレル家族計画』発売中!
ぽにきゃんBOOKSライトノベルシリーズ『ブチ切れ勇者の世界征服』1~2巻発売中!

2017年4月、第11回HJ文庫大賞にて『銀賞』をいただきました!
2017年5月、ジャンプ小説新人賞’16 Winterにて 小説フリー部門『銀賞』受賞をいただきました!
2017年9月、第30回ファンタジア大賞にて 『金賞』をいただきました!

第11回HJ文庫大賞"銀賞"受賞作『カンスト勇者の超魔教導 ~将来有望な魔王と姫を弟子にしてみた~』
1・2巻、HJ文庫より発売中!
第30回ファンタジア大賞 "金賞"受賞作『お助けキャラに彼女がいるわけないじゃないですか』
3巻、8/18(金)ファンタジア文庫より発売です!

2018-07

«  | ホーム |  »

悪魔のソネット

どうも、はむばねです。
なんか頭が痛いです。
頭っつーか、右耳の裏辺り?
ちょいちょいズキッとくる。
割と外側っぽい痛みですが、頭はちょっと不安になりますね……。
メガネ擦れ辺りであることを願う。

そんなこんなで、毎度の事ながら特に前後の文章に繋がりはありませんが感想です。
今回は、ネタバレ要素はそうでもないかな?

悪魔のソネット    美形悪魔は契約しない!? (角川ビーンズ文庫)
栗原 ちひろ
角川グループパブリッシング
売り上げランキング: 675,711


シェルズバーン伯爵の娘、ジャスティンは父と共に世界中を旅していた。
が、祖母の体調が崩れたとの報せにより父より一足早く帰国することに。
しかし帰ってみれば城は父の友人オルムステッドに乗っ取られ、全寮制の男子校になっていた。
自分が伯爵の娘であると主張すると(というか一旦したところ)危険だと判断したジャスティンは、身分を偽り住み込みの使用人になることに。
しかし当然のごとくオルムステッドにはバレており、本格的に危険が及ぼうとした時、父から送られてきた古い本から悪魔が飛び出してきた。
飛び出した悪魔、レクスさんは超絶美形だが……ジャスティンは、大の「美形嫌い」だった。
ダルーンな感じでやる気なく契約を迫ったり迫らなかったりするレクスさんと、その顔を嫌うジャスティンさん。
果たして、彼女たちは城を取り戻せるのか……!

……的なお話?

とりあえず、ジャスティンさん前向きすぎワロタwww
乗っ取られた自分ちの城で使用人として働いてるのに、毎日めっちゃ充実してる感じじゃねぇかwww
ポジティブシンキングってレベルじゃねーぞ!
代表を外された時に2秒で選手辞めて少年サッカーの監督になることを閃いたユーシさんばりのポジティブさを感じる。
#誰がライトウィングのキャラで例えてわかるというのか。

しかし、そんなジャスティンさんも過去のトラウマにより美形嫌いだけは治らないというのも面白いですね。
ていうか主人公カップルが最初険悪ムードな事はままあれど、嫌いな理由が「顔」っていうのも逆に新しいのではなかろうか。
「顔が嫌い」とか、ストレートすぎワロタw

ちなみに、舞台は男子校ですが今んところあんまり男子校要素はないです。
イケメンは出てくるけど、ほとんど悪魔。
自由な悪魔さんたちに振り回される主人公の図……と見せかけて、割と早々に順応するため若干ジャスティンさんの方が振り回してる場面も。
適応早すぎィ!
……と思ったけど、他の従業員の皆さんも途中で慣れているのでそんなもんなのかもしれない。

あと、嫌な人は出てくるけど割と早々にざまぁされるのでそんなに不快感はないですね。
まぁ、あんまりいい人も出てこないですが……。
メイベルさん(年下先輩メイド)辺りはギリいい人枠か……?
ジャスティンさんですら、いい人というよりはド天然が割といい方向に働いてるだけな気がするからな……。
というか、いい人悪い人関わらず、とりあえず自由人が多いですね。
多いっていうか、主要人物大体自由人ですね。
半分くらい人じゃねーけど。
各々が割と自分の好きに振る舞ってる感が凄い。
ある意味自然な描写なのかもしれない。

ちなみにサブタイで「美形悪魔は契約しない!?」って書いてあるけど、正確には「美形悪魔は契約し(ようという気があまり)ない!?」な気がする。
この人契約取る気ゼロ……とまでは言わないけど、積極的に取る気はゼロだよ。
寂れた商店街で、じーさんが趣味でやってるような開いてんだか開いてないんだかわかんないお店程度のやる気もあるか疑わしい。

あと、1巻時点では微妙に世界観がよくわからんかった気がしないでもない。
どこまでリアル寄りの世界観なのだろう。
まぁ悪魔が出てくる時点でそれなりにファンタジーなんですが、呪いの人形とかおまじないとかはガチなのか。
父様の謎もあるし、その辺りも続刊で明かされていくのかな?

ちなみに恋愛要素は極薄。
顔がNGだからね、仕方ないね。


ところで今更ながら、男主人公におけるお相手は「ヒロイン」ですが、女主人公の場合のお相手って何て言うんだぜ?
スポンサーサイト

コメント

1. お相手

あとがきで、うちのヒーローくん、みたいな表現は見た覚えがありますけど…しっくりこない作品はありますね。気になります。

2. れすぽんす

>菫さん
言葉の意味合い的にはヒーローで間違いないのでしょうけれど、ちょっとイメージ違いますよね。
「ヒロイン」に比べて、だいぶ狭義の印象で固定化されているといいますか。
しかしだからといって、じゃあ何て呼ぶのかというとしっくりくる表現がないんですよね……。

3. お相手その2

私は「攻略対象」がしっくりきます。恋愛に限らず。

4. れすぽんす

>セチさん
なんか別媒体っぽくてワロタw
確かに間違ってはないですが……。
……いや、よく噛みしめると確かに意外と結構しっくりくるような気もしてきたwww

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://hamubane.blog.fc2.com/tb.php/4087-4dfdfd92
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | ホーム |  »

プロフィール

hamubane

Author:hamubane

たぶんライトノベル作家的なもの


Twitter

既刊情報

上の方は絶版じゃないよ!

お助けキャラに彼女がいるわけないじゃないですか2 (ファンタジア文庫)

最新コメント

最新記事

カレンダー

06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR