スクウェア・エニックスノベルス『スタンプ・デッド』1~5巻&コミック版(完結)、『太陽で台風』1・2巻(完結)発売中!
ガンガンノベルズ『魔法少女アーヤ☆アミー』発売中!
徳間デュアル文庫『魔王さんちの勇者さま』1~4巻(完結)発売中!
徳間文庫『欠陥妖怪住宅』、『パラレル家族計画』発売中!
ぽにきゃんBOOKSライトノベルシリーズ『ブチ切れ勇者の世界征服』1~2巻発売中!

2017年4月、第11回HJ文庫大賞にて『銀賞』をいただきました!
2017年5月、ジャンプ小説新人賞’16 Winterにて 小説フリー部門『銀賞』受賞をいただきました!
2017年9月、第30回ファンタジア大賞にて 『金賞』をいただきました!

第11回HJ文庫大賞"銀賞"受賞作『カンスト勇者の超魔教導 ~将来有望な魔王と姫を弟子にしてみた~』
1・2巻、HJ文庫より発売中!
第30回ファンタジア大賞 "金賞"受賞作『お助けキャラに彼女がいるわけないじゃないですか』
3巻、8/18(金)ファンタジア文庫より発売です!

2018-07

«  | ホーム |  »

異世界修学旅行

どうも、はむばねです。
最近、本屋で迷子になる件について。
いや迷子っつーか流石に迷子にはならないんですが、目的の棚までなかなか辿りつけないんですよね。
入り口のすぐ左にある大判ライトノベルの棚に辿り着くのに、結局店内1周してもうたわ。
以前は、初めて行く本屋さんでも大体本棚の配置とかすぐ把握できたんですけどね……。
これは私の感覚が鈍ってるのか、昔と配置の法則性が変わったのか。

そんなこんなで、今回はネタバレあんまり無しですかね。
もはや、前置きとの関係を合わせる気は一切ない。


異世界修学旅行 (ガガガ文庫)
小学館 (2015-10-30)
売り上げランキング: 3,371


京都への修学旅行の最中、雷に打たれて異世界に飛ばされた主人公一行(クラス全員?)。
しかし、魔王はつい先週倒されたばかり。
特に何か役割があるわけでもなく、元の世界に帰る方法もきっちりわかっているため、城でダラダラとセレブ生活を続ける日々。
そんな折、主人公たちと同じタイミングで異世界に飛ばされたにも関わらず、違う時間、違う場所に飛ばされたクラスメイトの存在を知った主人公たちは、まだ見ぬクラスメイトを探す旅に出るのであった。
チート無し、特殊能力無し、ハーレム無し、内政無し、戦闘無し、なんだっった主人公の活躍無しの異世界修学旅行!

……という感じのストーリーなんですが。
端的に言って、めっちゃ面白かった。
そして、端的に言ってめっちゃ感想書きづらい。

正直な話、ストーリーだけ見たらそれほど惹かれるお話ではありません。
異世界行ったけど何の役割もありません、なんて10年前ならともかく今となっては何ら珍しいものではありませんからね(ちなみに、めっちゃなろうっぽいあらすじですがなろう作品ではないです)。
実際私も、「は、また変わり種異世界モノ(笑)っすかw」ってな感じで読み始めたものです。

が、しかし。
本作の魅力はとにかくエッジの効きまくった会話文に集約されていました。
もうね、終始笑いっぱなしですよ。
かなりメタネタも混じってるんですが、そのメタネタを更にメタ処理することで上手く消化してる。
ちょいちょい日本から転移してくる人がいるせいで、異世界人にも関わらずやたらクールジャパンに詳しい姫様がツボ。
どうやったら伝聞のみでここまでバラエティに詳しくなるんだよw
そして、異世界行ったにも関わらず結局(姫様以外の)困ったちゃんたちが元の世界のクラスメイトというのもw
自ら全裸になることで勝手に難易度スーパーハードにして大冒険を繰り広げた木村くんとか、クッソワロタw
現代日本ギャグとファンタジーギャグが、ものっそいいい感じに融合してる。

そして何より驚くべき事に、これだけ笑えるにも関わらず頭のおかしさが感じられなかったのである。
私が言う「頭おかしい」というのは大体「天才」と似たようなニュアンスで、「この発想は凡人には無理だな」と思うような(狂気すら感じる面白さに触れた)時に使う言葉なのですけれど。
本作におけるギャグはなんというか、いくつかくらいなら自分にも思いつくかな? という感じのものなんですよね。
そう言うとなんかディスってる感じに聞こえちゃうかもしれませんが、(ある種の)奇抜さがないというのは汎用性が高いってことだと思うんですよね。
例えば竹井10日先生とか王雀孫先生とかの作品を私は大好きでクッソ笑っているけども、ある程度以上自分と同じ感性を持ってる人に対してじゃないとオススメはできないかなとも思うわけです。
しかし本作は、もっと万人受けする面白さなんじゃねーかなと思います。
なんつかーか、深夜にコアなファン向けにやってる番組と、ゴールデンで大衆向けにやってる番組の違い、みたいな?
……うん、この例えはあんまり正しくない気もするな。
とにもかくにも、さしたる奇抜な発想も無しにただただレベルの高いギャグをここまで詰め込むというのは、端的に言って頭がおかしい(結局言った)。

惜しむらくは、初見での引きがあまりにも弱いという点ですかね。
正直ストーリーラインだけ見ると、最近の作品にそれなりに触れた読者からすると「またか……」という印象は拭えないと思います。
実際私もそう思ったし、「でもまぁ最近出たやつだし優先して読んどくか……」くらいの気持ちで読み始めました。
そして、ぶっちゃけて言うと読み終わった今でもストーリーに関する印象としてはさほど変わりません。
しかしそれでも、これを読まないのは勿体無い。
読めばわかる面白さであり、未読の方にこの面白さを伝えられないのは大変もどかしい(そして作家としてどうかと思う)思いなのですが、とにかく読んでみてくださいとしか言えません。
こちらで試し読みもできるけど、うーん……この後からがホントに面白いところなんだよなぁ……。
スポンサーサイト

コメント

1. 早速仕入れに行ってきます!

はむばね氏がこんなに面白かったという作品は珍しいので、
何とか読みたいと思います。最近は自宅待機の引きこもり生活が
続いているため、掃除洗濯料理に明け暮れる日々です>_<

2. れすぽんす

>anokoさん
自分が面白く感じた作品でも「これは人に薦めるのはどうかなぁ……」と思うことが多いのですが、本作は結構幅広い方に面白いと思って貰えるのではないかな~と思っております。
読んで損はないと思いますね!
私は最近(というかずっと)引き篭もり生活ですが、家事はだいぶおろそかになっているため自宅を警備できているのかも若干微妙です(苦笑

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://hamubane.blog.fc2.com/tb.php/4195-ffe63fd3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | ホーム |  »

プロフィール

hamubane

Author:hamubane

たぶんライトノベル作家的なもの


Twitter

既刊情報

上の方は絶版じゃないよ!

お助けキャラに彼女がいるわけないじゃないですか2 (ファンタジア文庫)

最新コメント

最新記事

カレンダー

06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR