スクウェア・エニックスノベルス『スタンプ・デッド』1~5巻&コミック版(完結)、
『太陽で台風』1・2巻(完結)発売中!
ガンガンノベルズ『魔法少女アーヤ☆アミー』発売中!
徳間デュアル文庫『魔王さんちの勇者さま』1~4巻(完結)発売中!
徳間文庫『欠陥妖怪住宅』発売中!
ぽにきゃんBOOKSライトノベルシリーズ『ブチ切れ勇者の世界征服』1~2巻発売中!
徳間文庫『パラレル家族計画』発売中!

2017年4月、第11回HJ文庫大賞様にて『銀賞』をいただきました!
2017年5月、ジャンプ小説新人賞’16 Winter様にて 小説フリー部門『銀賞』受賞をいただきました!

«  | ホーム |  »

僕の学園生活はまだ始まったばかりだ!

どうも、はむばねです。

祝☆テーマ「感想」100記事目!


……いや、この場合これは果たして本当におめでたいのだろうか?
一体何がおめでたいというのか。

い、いやまぁなんというか、何にせよキリのいい数字というのはおめでたい感が漂いますよね!
たとえ、それが私の逃避の積み重ねの結果であったとしても!


そんなこんなで、記念すべき(?)100回目の感想記事は異世界修学旅行が面白かったため読んだ同作者さんの『僕の学園生活はまだ始まったばかりだ!』だよ!
ネタバレは、微妙になくもないかな?


僕の学園生活はまだ始まったばかりだ! (ファミ通文庫)
岡本タクヤ
エンターブレイン
売り上げランキング: 75,702


あぁ、これは頭おかしいな(褒め言葉
異世界修学旅行の感想では、頭のおかしさが感じられないとか書いてすみませんでした(褒め言葉
岡本先生は、立派に頭がおかしいです(褒め言葉だっつってんだろ!

ストーリーとしては、あらゆるジャンルにおいて無類の才能を発揮する天才であるも、コミュ力が皆無すぎてぼっちな主人公・高橋君が、生徒会長の座を狙うため各部活に恩を売りたい腹黒女子高生・佐藤さんと共に「高橋部」を作って他の部活を救済したりドタバタに巻き込まれたりするお話。

このお話の何が凄いって、高橋君のぼっち設定と佐藤さんの腹黒設定に一切嘘がない。
普通この手のコミュ障ぼっちキャラって、コミュ障(笑)ぼっち(笑)って感じで普通にコミュニケーション能力たけーしなんだかんだ美少女と恋仲になったりするわけなんですけども。
高橋君、マジで普通に空気読んでない(事が多い)。
特に昔の高橋君、普通に性格悪い。
知り合いと話してる時に別の知り合いが混じると話せないとか、こらぼっちも納得ですわ、という負の方向への異常に強い説得力がある。
佐藤さんは佐藤さんで、実はいい人だったとかそういうことが基本ない。
ただある意味高橋君の一番の理解者であり、(高橋君本人も述べている通り)高橋君のクズさを誰よりも理解しているのが佐藤さんでもあるわけで。
そんな二人ゆえに、ピンクな空気は微塵もありません(高橋君は一方的に期待してるけど)。

なお本作は高橋君の一人称視点であり、であるからこそ高橋君のクズっぷりが如実にわかる作りとなっています。
あ、ちなみにクズクズ言ってますが、なんというか不快な方向のクズではないです。
ただただコミュ障ぼっち思考というか、人して駄目というか。
少なくとも囚われのヒロインを助けに行くか真剣に迷った結果、帰ろうとするも周りの空気に流されて嫌々行く程度には駄目人間。
間違っても主人公の器ではありません。
才能だけ見たら俺TUEEEEEE系主人公やっててもおかしくないレベルですが。

他の登場人物も、一癖も二癖もあるというか癖しかないような連中でめっちゃアクが強いです。
ていうか、基本的に人の話を聞く奴がほとんどいねぇ。
そう考えると、根本的な価値観は自己中心的ではあっても対話可能で(一応)他人の事情も考慮できる佐藤さんはむしろだいぶマシな部類なのかもしれない。
というか、こんなにもツッコミ不在の作品もなかなかないのではなかろうか。
いや、一応高橋君がツッコミの役割ではあるのですけれど(たまにツッコミ放棄するけど)。
自分より自己中心的な人に対しては常識側からのツッコミに回る(by佐藤さん)高橋君より自己中心的な人が多いからね、仕方ないね。


まーしかし、これも「一度読んでみてください」としか言えませんね。
なにせギャグの面白さを言葉で伝えるのは非常に難しい。

ただ、割と尖った感じはあるので人を選ぶ所はあるかもしれません。
ちょっとどころではない変わったメンツがドタバタする感じであったり、一人称で滔々とネガティブな事を語る感じが苦手な人はいるかもですね。
異世界修学旅行の方は、やっぱ結構マイルドになってた方だったんだな……。
そんなにノリが変わるわけでもないのに、主人公を平凡モブ系ツッコミにするだけでここまで変わるものなのか。
まぁ、あっちはあっちでメタネタ盛々なのでその点で人を選ぶ所はありますけれど。

個人的にはこれも凄く好きな感じでしたが、『異世界修学旅』ほど人に薦めやすい作品ではない気がしますね……。
ただそれだけに、ハマる人はめっちゃハマるのではなかろうかと思う作品でした。
無論、私はハマった派です!
スポンサーサイト

コメント

1. 購入しました!

異世界修学旅行が面白かったんで、新田周右氏のφの方石②
(メディアワークス文庫)と一緒に購入しました。はむばね氏の
感想では異世界~とはまた違うイメージだとコメントしていた
ので多少ドキドキしながら先にφの方石②を読んでいます。


2. れすぽんす

>anokoさん
異世界修学旅行を楽しめたなら、きっとこちらも楽しめる可能性が高いと思いますよ~!
φの方石、電撃大賞受賞作ですか~。
そちらもチェックしてみます!

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://hamubane.blog.fc2.com/tb.php/4196-1c163d05
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | ホーム |  »

プロフィール

hamubane

Author:hamubane

たぶんライトノベル作家的なもの


Twitter

既刊情報

最新コメント

最新記事

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (0)
ブログ (4308)
スタンプ・デッド (73)
情報系 (22)
短ネタ (35)
太陽で台風 (2)
しゅーかつ (18)
レパートリー確認PJ (27)
自著を無理矢理褒める (7)
感想 (268)
天神周辺グルメ (41)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR