スクウェア・エニックスノベルス『スタンプ・デッド』1~5巻&コミック版(完結)、『太陽で台風』1・2巻(完結)発売中!
ガンガンノベルズ『魔法少女アーヤ☆アミー』発売中!
徳間デュアル文庫『魔王さんちの勇者さま』1~4巻(完結)発売中!
徳間文庫『欠陥妖怪住宅』、『パラレル家族計画』発売中!
ぽにきゃんBOOKSライトノベルシリーズ『ブチ切れ勇者の世界征服』1~2巻発売中!

2017年4月、第11回HJ文庫大賞にて『銀賞』をいただきました!
2017年5月、ジャンプ小説新人賞’16 Winterにて 小説フリー部門『銀賞』受賞をいただきました!
2017年9月、第30回ファンタジア大賞にて 『金賞』をいただきました!

第11回HJ文庫大賞"銀賞"受賞作『カンスト勇者の超魔教導 ~将来有望な魔王と姫を弟子にしてみた~』
1・2巻、HJ文庫より発売中!
第30回ファンタジア大賞 "金賞"受賞作『お助けキャラに彼女がいるわけないじゃないですか』
3巻、8/18(金)ファンタジア文庫より発売です!

2018-07

«  | ホーム |  »

ひきこもりパンデモニウム

どうも、はむばねです。
Twitterで感想記事更新に関して書いたツイートを、作者さんご本人にRTされたりふぁぼ(今は「いいね」か?)されたりすると、なんか「申し訳ない」気持ちになるのってなんでなんでしょうね。
私も感想書いていただいた時にする側に回ることもあるので、別段そんな特別な意味を持った行動ってわけでもないってわかってるんですけどね。

ところで発売直後の作品ならともかく、結構経ってる作品でも光の速さで反応いただくケースがあるんですが、なんか常にエゴサかけといて最新情報を拾えるようなツールがあったりするんです?
まさか、毎日毎日自分の名前や作品名で検索かけているわけでもあるまい?
「面倒くさい」を改善の母とせず「面倒くさいけど、改善するのも面倒くさいからこのままでえぇや」で済ますSEにあるまじき態度を基本とするはむばねさんは自力で探す気は(あんまり)ないけど、知ってる方がいらっしゃったら教えてくれてもえぇんやで?

そんなこんなで、作者さんに届くのかはわかりませんが今日も感想です。


ひきこもりパンデモニウム (MF文庫J)
壱日 千次
メディアファクトリー (2013-08-22)
売り上げランキング: 339,114


退魔師として史上最強クラスの力を持つ妹・久遠と、才能はないものの格闘技と組み合わせた鍛錬によって悪魔と戦う力を磨く兄・春太。
しかし明治以降悪魔の出現がないため、退魔師自体がペテン師扱い。
学校でもバカにされ、久遠は不登校の引き篭もりとなっていた。
そんな折、ついに念願の悪魔……しかも、悪魔王サタンが襲来。
……したはいいものの、久遠の力が凄すぎてあっさり悪魔軍降伏。
なんだかんだ現世に残る事になってしまった悪魔王サタンも織り交ぜた、ドタバタハートフルコメディ。

……という感じのストーリーなんですが。
これすげぇな!? 登場人物全員ヨゴレじゃねーか!
主人公もヨゴレ、美少女妹もヨゴレ、美少女悪魔王もヨゴレ、気弱な美少女転校生もヨゴレ、思い出の美人お義姉さんもヨゴレ!
ヨゴレ芸人枠しかいねぇじゃねーか!
全員、下ネタぶっ込むのに躊躇なさすぎィ!?

いやいや、このキャラ構成はなかなか斬新かもしれませんね。
主人公とメインヒロインくらいまではまぁわかるとして(メインヒロインをヨゴレ枠にする時点で結構な英断ですが)、普通は一人二人くらいに収めて残りは常識人枠にするもんですが。
全員がボケでありツッコミでもあるという、私の目指す理想の一つと目標を同じくする作品なのかもしれません。

しかし、ヨゴレなのに全員可愛いっていうのも卑怯というか巧いですね。
特に、なんだかんだ久遠ちゃん可愛い。
メンヘラ気質でヤンデレ気質でSでMでと属性盛々ですが、結局メンタル虚弱可愛い。
あと、己の欲望に忠実可愛い。
それと、なんだったら兄様も可愛い。
ていうかこの人、懐広すぎじゃね?
妹の全てを受け入れすぎワロタw
あと、己のフェチにも忠実すぎワロタw
この兄妹、闇深すぎ問題である。

ただですね。
バカみたいにドタバタギャグして女の子に萌え萌えするだけの作品かと思いきや、意外とちゃんと伏線貼ってあって意外とどんでん返しがあって意外と綺麗に締まってて(失礼ながら)ちょっとビックリしました。
途中までは「頭わりーなwwww」って思いながら読んでましたからね(それはそれでいい意味で)。

まーでも、本作の最大の魅力はやっぱそのコメディ部分ですかね。
前半の、やたら悪魔軍を歓迎する様子も良し。
中盤の、サタンさんとの異文化(?)コミュニケーションも良し。
後半の、幼児プレイも良し(恣意的な記述)。
そんだけふざけ倒したからこそ生きる、終盤のシリアス展開ですね。
なんというか、懐かしさすら感じる凄く「MFJらしい」作品だったと思います。
……と思ったらこれ、刊行2013年か。
意外と最近だな……。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://hamubane.blog.fc2.com/tb.php/4201-060fd0b5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | ホーム |  »

プロフィール

hamubane

Author:hamubane

たぶんライトノベル作家的なもの


Twitter

既刊情報

上の方は絶版じゃないよ!

お助けキャラに彼女がいるわけないじゃないですか2 (ファンタジア文庫)

最新コメント

最新記事

カレンダー

06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR