スクウェア・エニックスノベルス『スタンプ・デッド』1~5巻&コミック版(完結)、『太陽で台風』1・2巻(完結)発売中!
ガンガンノベルズ『魔法少女アーヤ☆アミー』発売中!
徳間デュアル文庫『魔王さんちの勇者さま』1~4巻(完結)発売中!
徳間文庫『欠陥妖怪住宅』、『パラレル家族計画』発売中!
ぽにきゃんBOOKSライトノベルシリーズ『ブチ切れ勇者の世界征服』1~2巻発売中!

2017年4月、第11回HJ文庫大賞にて『銀賞』をいただきました!
2017年5月、ジャンプ小説新人賞’16 Winterにて 小説フリー部門『銀賞』受賞をいただきました!
2017年9月、第30回ファンタジア大賞にて 『金賞』をいただきました!

第11回HJ文庫大賞"銀賞"受賞作『カンスト勇者の超魔教導 ~将来有望な魔王と姫を弟子にしてみた~』
1・2巻、HJ文庫より発売中!
第30回ファンタジア大賞 "金賞"受賞作『お助けキャラに彼女がいるわけないじゃないですか』
2巻、5/19(土)ファンタジア文庫より発売です!

2018-06

«  | ホーム |  »

中古でも恋がしたい!

どうも、はむばねです。
今年ももう残り1ヶ月とか何の冗談なんですかねぇ……?
いやまぁ勤めてた頃と違って、半期四半期単位のタスク(大抵この時期になっても全く終わってない)があるわけでもないので、年が終わろうとどうということもないんですけどね。
それでもなんか、落ち着かないというヘコむというか……。

そんな気分を振り払うためにも、今日も感想いってみよう。
別に、感想書いたからって気分が上がるわけでは全くないけども。

ネタバレは、あんまりないと思います。

中古でも恋がしたい! (GA文庫)
田尾 典丈
SBクリエイティブ
売り上げランキング: 10,652


ディープヲタで処女厨な主人公が(割とたまたま)助けた不良少女に惚れられ、熱烈アピールを受けるお話。

なんか、久々に直球ど真ん中な作品見たなって印象です。
主人公がヲタだから三次の女性を拒絶するって設定とか、もはや懐かしさすら覚える。
ヒロインの主人公に対する恋愛感情表現も、ストレートど真ん中豪速球な感じ。

うん、ていうかね。
ぶっちゃけ、構図は太陽で台風に似てる。
華さんが素直ヒートだったのに対して、どちらかといえば(あくまでもどちらかといえば)本作ヒロインは素直クールに近いですが。
あと、主人公の抱えてる闇が陸くんよりもだいぶ深いですが。
しかしコンセプトというか、目指す所は凄く似ている気がする。
太陽で台風を好いてくれた方なら、結構な確率で本作もお気に召すのではないかと。
無論それは、(太陽で台風を面白いと思って書いてた)私も例外ではないぜ!
ていうか、もし10年前に本作が発売されてたら太陽で台風は執筆されていなかったかもしれないとすら言える。
私の基本コンセプトは、「自分が読みたい(けど世の中に存在しない)ものを書く」だからな……。

しかし、(自分で言うのもアレですが)良くも悪くもかなり真っ直ぐな物語展開だった太陽で台風に対して、本作は結構入り組んでます。
主に人間関係で。
主人公からして、単なるテンプレキモヲタだから三次拒否ってわけでもなくちゃんとしたバックボーンがありますしね。
というか、作中では割とサラッと流されてるけど結構この主人公の過去って重いよね……。
しかし、それで主人公の印象が「普通にキモい」から「可哀想」に変わったので巧いもんだと思いますけれど。

あとは、友人ポジションの外崎くんが何気にいい人なのも個人的には好ポイント。
必ずしも善人ってわけでもないんですが、なんというかこう、リアルな人の良さを感じる。
自分の不利益になるようなことも、ちょっとだけならやってもいいよ、くらいの。
あんまりいい人過ぎてもなんだか嘘くさくなるので(それはそれで好きなんですけどね)、この程良くいい人な感じが心地よかったです。

とはいえ、本作の最大の魅力はやはり「物凄くストレートに好意を伝えてくるヒロイン」綾女さんにあると言えるましょう。
主人公に好かれるために、全力で主人公の好みに合わせようとする綾女さんが可愛いです。
しかもこの人、煮物が得意だったりと何気に嫁スペック高い。
ちゃんと常識もあるし、空気も読めるし、素直に謝れるし。
なんだったら、主人公より常識人まである。
エロゲ的常識に、一般的な常識で切り込んでいくスタイルも面白いですw
#逆に言うと、読者サイドにある程度エロゲの常識があることが前提となりますが。

そんな綾女さんに対して、主人公サイドも徐々にデレてくるのがいいですね。
主人公攻略ゲーっぽい。
基本的にまぁ大体情けない主人公なのですが、要所でキメてくれる所は流石でした。
まぁ、そのキメ方もちょっと情けないものではあるのですけれどw
だが、それがいい。
あと、なんだかんだでデレきらないところももどかしくて逆に良かったり。

なんというか、ストレートなヒロインとちょっとヒネた主人公。
それぞれ過去に傷を持った二人が、徐々に距離を縮めていくお話です。
若干、一方的に距離感を詰めにいってる感はありますがw
ボーイミーツガールから始まる、王道ラブコメっぽいものが読みたい方にオススメの一作ですね。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://hamubane.blog.fc2.com/tb.php/4202-59ef49c1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | ホーム |  »

プロフィール

hamubane

Author:hamubane

たぶんライトノベル作家的なもの


Twitter

既刊情報

上の方は絶版じゃないよ!

お助けキャラに彼女がいるわけないじゃないですか2 (ファンタジア文庫)

最新コメント

最新記事

カレンダー

05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR