スクウェア・エニックスノベルス『スタンプ・デッド』1~5巻&コミック版(完結)、
『太陽で台風』1・2巻(完結)発売中!
ガンガンノベルズ『魔法少女アーヤ☆アミー』発売中!
徳間デュアル文庫『魔王さんちの勇者さま』1~4巻(完結)発売中!
徳間文庫『欠陥妖怪住宅』発売中!
ぽにきゃんBOOKSライトノベルシリーズ『ブチ切れ勇者の世界征服』1~2巻発売中!
徳間文庫『パラレル家族計画』発売中!

2017年4月、第11回HJ文庫大賞にて『銀賞』をいただきました!
2017年5月、ジャンプ小説新人賞’16 Winterにて 小説フリー部門『銀賞』受賞をいただきました!
2017年9月、第30回ファンタジア大賞にて 『金賞』をいただきました!

2017年9月30日(土)、『カンスト勇者の超魔教導 ~将来有望な魔王と姫を弟子にしてみた~』HJ文庫より発売!
第11回HJ文庫大賞『銀賞』受賞作です!

2017-10

«  | ホーム |  »

魔王なオレと不死姫の指輪

どうも、はむばねです。
24時間耐久読書&感想更新 第4弾です!
フ、フフ……ようやく、半分まで来たぜ……。
なんとなく日も昇った辺りから終わりが見えてきたような気になりますが、それ錯覚だって、はむ知ってる。

魔王なオレと不死姫の指輪 (HJ文庫)
柑橘 ゆすら
ホビージャパン (2012-06-29)
売り上げランキング: 424,095


あらすじはAmazonより抜粋。
>「おめでとうございます。あなたは栄誉ある“魔物使い”に選出されました!」
>そんな謎のメールとともに高校生の男の子・久住千春あてに送られてきたのは、下着姿のクールな不死姫だった!
>これをきっかけに、千春の周囲には魔物の力を宿した美少女が集まりハーレム状態に。
>最強の魔物使い“魔王”の素質を持つという、千春の争奪戦が始まるが…。
>第6回HJ文庫大賞“大賞”受賞作。


主人公(との契約)を巡るヒロイン3人、プラス変態ブラコン妹。
なんだろう、この故郷に帰ってきたかのような安心感のある構成は。
テンプレというとちょっとイメージが悪いかもしれませんが、至極基本に忠実なキャラ配置って感じですね。
しかし基本形だからこそ、そこから無数の発展形に展開できる。
ゆえに私は、このキャラ配置は結構好きですよ。

とはいえ、中でも本作はかなり基本に忠実な設定って感じですね。
主人公を巡って美少女が争うけども、目的は主人公そのものではなく主人公の力。
……だったはずなんだけど……?
って感じで展開されていく、ハーレム系ラブコメです。
本作の場合、主人公の力ってのが魔物使いの力ですね。
魔物使いっつーとド○クエのイメージですが、本作は作中でもあとがきでも書かれている通りモデルはポ○モンのようです。
#さっきは思いっきり普通に書いてたのに、なぜ今回は伏せ字にしたし。
初代ポ○モンからのお馴染みでその後幾多の派生を生み出してきた、「ここに3匹の~がおるじゃろ?」というやつですね。
本作に当てはめると、「ここに3匹の美少女魔物がおるじゃろ? この中から好きな魔物を選ぶんじゃ」ってところですね。
その問いかけが、携帯へのメールってところがなかなかにアレですがw
しかも、無視って着拒してたらバグって(?)3人共が選ばれた状態になったという。
システムのエラー制御ガバガバすぎィ!?

……と思ったら、どうも上からの意向? っぽい感じみたいですね。
どうやら、主人公には特別なパゥワーが秘められていると。
しかも、それが血脈故とあっさり明かされるのはなかなかに潔いですね。
1巻時点では、両親は直接は出てきませんが……ん? 血縁?
今のところ、実際に出てきてる血縁者っていうと妹だけですが……。
え、もしかしてアレ伏線なの?
マジで?
しかし、「妹に鎖等で束縛されまくっている」状況が「拘束からの脱出が得意(なお、脱出方法は主に拘束物を噛み千切ること)」への伏線として繋がってたからな……。
妹のあの変態性が伏線でも一向に驚かん!

いや実際、この妹ちゃんは結構作中でも(メタ的な視点で見て)異質な存在でですね。
なんだかんだ、物語は結構終始真面目な感じなんですよ。
ヒロイン(魔物)サイドも一族を背負って魔物使いとの契約に臨んでますし、一部は一族を皆殺しにされた過去とかまで持ってますし。
そんなシリアスな空気を、尽く壊していくのが妹ちゃん。
主人公を捕らえたまま一族の復讐に向かったヒロインを助けに向かうぞ! ってシーンで、主人公の(尿に濡れた)パンツを持ってどっかに消え去るレベル。
……うん、そんなシーンの手前でおしっこ漏らしてる主人公サイドにも問題はなくもないと言える。
いやまぁ、不可抗力なんで許してあげて欲しい。

しかし、この構成で大賞受賞って凄いな。
完全なるプロローグ感なんですが。
主人公が魔王っていうのも、なんというかめっちゃサラッと流されただけだし。
流石に、受賞してから続刊見越して改稿したのかな?


とまれ、総論としては。
ちょっとシリアス傾倒なハーレムラブコメが読みたい、という地味にニッチなニーズに応えられる作品の一つ、という感じかもしれません。
特段尖った箇所があるわけでもないですが、それゆえにある種の安心感を持って読むことができる作品だと思います。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://hamubane.blog.fc2.com/tb.php/4243-dc48cd02
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | ホーム |  »

プロフィール

hamubane

Author:hamubane

たぶんライトノベル作家的なもの


Twitter

既刊情報

ほぼ全部絶版だけどな!

カンスト勇者の超魔教導 ~将来有望な魔王と姫を弟子にしてみた~ (HJ文庫)

最新コメント

最新記事

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (0)
ブログ (4379)
スタンプ・デッド (73)
情報系 (23)
短ネタ (35)
太陽で台風 (2)
しゅーかつ (18)
レパートリー確認PJ (27)
自著を無理矢理褒める (7)
感想 (306)
天神周辺グルメ (47)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR