スクウェア・エニックスノベルス『スタンプ・デッド』1~5巻&コミック版(完結)、『太陽で台風』1・2巻(完結)発売中!
ガンガンノベルズ『魔法少女アーヤ☆アミー』発売中!
徳間デュアル文庫『魔王さんちの勇者さま』1~4巻(完結)発売中!
徳間文庫『欠陥妖怪住宅』、『パラレル家族計画』発売中!
ぽにきゃんBOOKSライトノベルシリーズ『ブチ切れ勇者の世界征服』1~2巻発売中!

2017年4月、第11回HJ文庫大賞にて『銀賞』をいただきました!
2017年5月、ジャンプ小説新人賞’16 Winterにて 小説フリー部門『銀賞』受賞をいただきました!
2017年9月、第30回ファンタジア大賞にて 『金賞』をいただきました!

第11回HJ文庫大賞"銀賞"受賞作『カンスト勇者の超魔教導 ~将来有望な魔王と姫を弟子にしてみた~』
1・2巻、HJ文庫より発売中!
第30回ファンタジア大賞 "金賞"受賞作『お助けキャラに彼女がいるわけないじゃないですか』
3巻、8/18(金)ファンタジア文庫より発売です!

2018-07

«  | ホーム |  »

無双嘘術の天才詐欺師<ハイスクール・チープトリック>

どうも、はむばねです。
おっしゃ、徹夜+アルコールの強制再起動コンボを実施したおかげで今日はクッソ元気やで!
……果たして、それで元気になった状態を「元気」と呼んで良いものなのだろうか。
強制再起動コンボを発動しなくとも済むよう、生活リズムはきちんと保ちたいものですね(願望


そんなこんなで、本日も感想です。
微妙にネタバレありかなー。

無双嘘術の天才詐欺師<ハイスクール・チープトリック> (HJ文庫)
志茂文彦
ホビージャパン (2014-03-29)
売り上げランキング: 803,066


とりあえず、あらすじをAmazonより抜粋。
>高校2年の生方真一は、自分を兄と慕う幼なじみの美少女、恋ノ原瑠奈と10年ぶりに再会した際に、世界的VIP・アリシア王女の誘拐事件を目撃する。
>正義感にかられて王女を助けたため、国際的な陰謀に巻き込まれてしまう真一だが、そこで彼を助けたのは瑠奈だった。
>実は彼女は裏社会でも恐れられるような天才サギ師に成長していたのだ――。

裏表紙に記載されたあらすじも、上記と同じ。
……なん、です、が。
……え、本文中に瑠奈が「サギ師」っていう表記が特に無いんですが……。
いやまぁ、吸収した二つ名の一つには入ってるんですけども……。
いつ明かされるんだろう、と思いながら読んでたら結局明かされなかったでござる……。
ま、まぁ、あらすじは編集さんが纏めるもんやし多少の齟齬は、ね……。
……と思ったけど、タイトルにも冠しちゃってるんだよなぁ……。
うん、まぁ、確かに詐術は大いに用いてるし、そういうことなのかな?
「嘘術」というオリジナル(ですよね?)の単語を用いてる辺り、続編で本作独自の「サギ師」の定義が出てくるのかもしれませんが。

というのは、ともかくとして。
内容としては、「映画っぽい」というのが最初に浮かんだ感想ですかね。
なんだろう、アクション映画? スパイ映画?
いや、映画ほとんど見ねー私が言っても全然説得力はないんですけども。
なんつーか、未熟なカンフーボーイが凄腕のスパイガールと協力して異国のお姫様を助けるぜ! みたいな印象を凄く受けました。
うん、そう、「サギ師」っつーよりは「スパイ」っぽいんですよね。
それもガチのスパイじゃなくて、秘密道具とかアクションとかが得意なタイプの。
(ほとんど観た記憶がないので印象論だけですが)007っぽい、のかな?
ある意味真逆かもしれませんが、ルパン三世っぽい、と言ってもいいのかもしれない。
どっちにしろ、ほとんど観た記憶がねーのだけれど。

という風に書くとハードボイルドっぽい印象になってしまうかもなのですが、そういう風でもないんですよねー。
うーん、なかなか言語化するのが難しい雰囲気だ。

タイトルからは騙し合いとか頭脳戦的な印象を受けましたが、そういうわけではないですね。
どちらかといえば、瑠奈さん無双(物理)な感じ。
裏社会で色々なスキルを学んだ(らしい)従姉妹に主人公がグイグイ引っ張られます。
一応お姫様を助けたいというのは真一くんの主体であり、瑠奈さんはそのお手伝いという体ではあるんですけどね。
ぶっちゃけ、真一くんあんまりなんもしてないよね。
たぶん肉体担当ではあるんですが、ぶっちゃ瑠奈さんの方が身体能力も高いよね説が……。
一応、自主的に危険な場面では矢面に立つようにはするんですけどね。
ちなみに自称「ちょっと格闘技が使えるレベル」ですが、作中では地味にほぼ無敗。
格闘系の部活のレギュラーの練習相手が務まる(自称)ってレベルじゃねーぞ!

あとは、割かし大人の方々がちゃんと子供(主人公)たちのことを心配しているのは良かったですね。
もうちょっと頼りがいがあった方が個人的にベターでしたけれど。
まぁ、というか、瑠奈さんが頼れすぎてほぼ一人だけでド安定なんだよな……。
ちょいちょいポカはするけど、あれも計算に見えてしまうレベルで頼れる。
実際計算なのかもしれませんが。

あとがきで「ツインテールの妹が書きたい」ということで書いた物語と書いてらっしゃる通り、ツインテールの妹キャラがガンガン活躍するお話が読みたい方にオススメの作品かもしれませんね。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://hamubane.blog.fc2.com/tb.php/4283-8272d9d3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | ホーム |  »

プロフィール

hamubane

Author:hamubane

たぶんライトノベル作家的なもの


Twitter

既刊情報

上の方は絶版じゃないよ!

お助けキャラに彼女がいるわけないじゃないですか2 (ファンタジア文庫)

最新コメント

最新記事

カレンダー

06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR