スクウェア・エニックスノベルス『スタンプ・デッド』1~5巻&コミック版(完結)、
『太陽で台風』1・2巻(完結)発売中!
ガンガンノベルズ『魔法少女アーヤ☆アミー』発売中!
徳間デュアル文庫『魔王さんちの勇者さま』1~4巻(完結)発売中!
徳間文庫『欠陥妖怪住宅』発売中!
ぽにきゃんBOOKSライトノベルシリーズ『ブチ切れ勇者の世界征服』1~2巻発売中!
徳間文庫『パラレル家族計画』発売中!

2017年4月、第11回HJ文庫大賞様にて『銀賞』をいただきました!
2017年5月、ジャンプ小説新人賞’16 Winter様にて 小説フリー部門『銀賞』受賞をいただきました!

2017-07

«  | ホーム |  »

厨房

どうも、はむばねです。
台所の話じゃないです、中学生の話です。

さて突然ですが(切り出しが突然でなかったことなどほとんどありませんが)、私は中学生が主人公の物語がなんか苦手です。
なんだろう、「そんな中学生おらんやろ」って感じがしてしまうのですよね。
いやまぁそれを言うと、大体はそんな高校生も大学生も社会人もおらんやろって話にはなるんですけどね。
特にライトノベル界隈では。

たぶんなんですが、自分が中学生の頃に何も出来なかったからなのかなーと思うんですよね。
まぁ、高校生になって何が出来るようになったわけでもないですけれど。
でも中学生の頃なんて、一人で電車に乗って梅田に行くだけでも大冒険でしたからね。
#なお、電車で一時間程度である。
それが高校生になると、まず通学で普通に1時間電車に乗りますし。
その途中下車だけでも、格段に行動範囲が広がりますよね。
中学生の頃の行動範囲っつーと、基本町内に限定されてた気がします。

なんだろうな、私の中で中学生というのは庇護対象というか明確に「子供」なんですよね。
高校生も「大人」ではないんだけど、「子供」って感じがだいぶ薄れる感があるのです。
言うて、昔やったらもう元服してる頃やん?
まぁぶっちゃけ、創作物において高校生主人公が多いのでそう感じるだけなのかもしれませんけれど。

これが小学生だと、逆に受け入れられるんですけどね。
なんつーか、小学生だと流石に「子供」として描写されるじゃないですか。
子供らしい活躍だったらそれでもいいし、大人顔負けの活躍するにしてもあぁハイパー小学生なんだと納得できる(気がする)。
そう考えると、中学生主人公が大概高校生主人公と同じような活躍をすることに違和感があるのかもしれませんね。

ちなみに、小学生主人公なら受け入れられるとは言いましたが。
だが少女漫画(ガチ恋愛メイン)の小学生主人公、てめぇはダメだ。
以前、妹君が買ってたのでりぼん読者だったことがあるのですが。
一時期のりぼん、なんかやたらと小学生主人公の恋愛読み切り載ってませんでした?
当時小学生だった私ですらも、「お、おぅ……」と思ってたわ。
少女漫画(りぼんだけかもしれませんが)のデビューって無茶苦茶若い人が多いイメージなので、自分の経験してない世代の話は描けなかったとかなのかな……。
まぁ確かに、私も高校生の頃に大学生活とか描けなかったと思うし、例えば今老人ホームの生活を描こうと思ってもキッツいもんがあるしな……。


話がだいぶ逸れましたが。
私の中で、「主人公=高校生」という図式はかなり強固に出来上がっている気がします。
特に意識しないと、ナチュラルに主人公は高校生設定になります。
だから私の書く話の主人公は全員高校生。
#一部、実年齢とか精神年齢とかが乖離してる人もいますが。
そして、特に意識しないと魔王は幼女になる。
#魔王さんちは姫様が幼女なだけで、現役「魔王」はおっさんでしたが。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://hamubane.blog.fc2.com/tb.php/4308-d3dcb40c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | ホーム |  »

プロフィール

hamubane

Author:hamubane

たぶんライトノベル作家的なもの


Twitter

既刊情報

最新コメント

最新記事

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (0)
ブログ (4316)
スタンプ・デッド (73)
情報系 (23)
短ネタ (35)
太陽で台風 (2)
しゅーかつ (18)
レパートリー確認PJ (27)
自著を無理矢理褒める (7)
感想 (282)
天神周辺グルメ (41)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR