スクウェア・エニックスノベルス『スタンプ・デッド』1~5巻&コミック版(完結)、『太陽で台風』1・2巻(完結)発売中!
ガンガンノベルズ『魔法少女アーヤ☆アミー』発売中!
徳間デュアル文庫『魔王さんちの勇者さま』1~4巻(完結)発売中!
徳間文庫『欠陥妖怪住宅』、『パラレル家族計画』発売中!
ぽにきゃんBOOKSライトノベルシリーズ『ブチ切れ勇者の世界征服』1~2巻発売中!

2017年4月、第11回HJ文庫大賞にて『銀賞』をいただきました!
2017年5月、ジャンプ小説新人賞’16 Winterにて 小説フリー部門『銀賞』受賞をいただきました!
2017年9月、第30回ファンタジア大賞にて 『金賞』をいただきました!

第11回HJ文庫大賞"銀賞"受賞作『カンスト勇者の超魔教導 ~将来有望な魔王と姫を弟子にしてみた~』
1・2巻、HJ文庫より発売中!
第30回ファンタジア大賞 "金賞"受賞作『お助けキャラに彼女がいるわけないじゃないですか』
3巻、8/18(金)ファンタジア文庫より発売です!

2018-07

«  | ホーム |  »

日野氏の結婚式二次会に参加して参りました(本編)

どうも、はむばねです。
はい、そんなこんなでね。
昨日の予告編(?)で書きました通り、日野氏の結婚式の二次会に参加して参りましたよっと。

そろそろご存知ない方もいらっしゃるかもしれないので説明しておきますと、当ブログで「日野氏」という場合、作家の日野イズム氏を指します。
#どこにリンクすべきかわかんなかったので、とりあえずTwitterのリンクを貼っときます。
#ついでに、最新作の商品リンクも貼っときます。



日野氏は、大学のサークルの後輩でありまして。
更に、スクウェア・エニックス小説大賞出身の作家さんとしても後輩に当たるのであります。
まぁぶっちゃけ私はサークルの方はほぼ幽霊だったので、後者としての繋がりの方が強いイメージですけれど。
なんだかんだ、10年来くらいの付き合いですね。
なお、ご結婚されることを知ったのは先月の模様。
他の参加者の方も(そして半ばご本人も)おっしゃっておられた通り、秘密主義的なところがありますからね……。
新婦さんの情報も、当日になるまで一切知らなかったぜ……。

閑話休題。
ついでに、これまたそろそろご存知ない方もいらっしゃるかもしれないので補足しておきますと。
私は、関西の某R命館という大学を卒業しておりまして。
アホみたいに毎年学部を増やしているせいもあってか生徒数も膨大で、日本で3番目くらいに生徒数が多い大学なのであります。
なので、割と日本各地から生徒が集まるわけなのですけども。
今回の大学友人枠、ガチで北は北海道から南は沖縄まで各地から京都に集合しててワロタw
福岡とか結構近い方やんけ……と思うレベルでした。
#実際、最近は東京以西の本州であれば福岡から結構近いんじゃないかと思い始めている。
私みてーな自由業なんてほとんどいないだろうと思うのに、この三連休ですらないタイミングでこんだけ集まるってすげーな……。
流石の人望でありますね。

ちなみに、私は(当然)サークル枠でのお席でした。
しかしほぼ幽霊だったわけなので、「おいおいこれアウェー感やべぇんじゃねーのかよ……誰か私のこと覚えてんのかよ……つーか私は誰のことを覚えてんだよ……」ってな感じで戦々恐々としていたのですが。
これが意外と皆さんの事覚えてたし、皆さんも私の事覚えててくれてて、なんか嬉しかったです。
結婚式にありがちな、ちょっとした同窓会気分ですね。
まぁ、私の本名を覚えてる方はほとんどいなかっただろうけどな!
#サークル加入時既にプロデビュー済みだったためPNも名乗ってたので、たぶんそっちの印象の方がバカ強い。
#というかぶっちゃけ、もはやリアルの知り合いで私の本名覚えてる人がどれだけいるのか怪しい。


んで、会そのものは、マイクを持った人ほぼ全員がどっかではウケを狙いに行くという大変和やかな雰囲気でした。
会場が関西だからね、仕方ないね。
しかも「どや!」という大阪的な(吉本的な)テンションではなく、さりげなく、同じ調子でネタを織り交ぜていくスタイルが個人的に大変好ましかったです。

再び閑話休題。
基本的に構成・進行は、友人方の有志によるものだったようです。
その中で、テーブル対抗クイズ大会みたいなのもありまして。
まぁ新郎新婦の馴れ初めとか、初デートの場所とか、そういうのが基本的な設問なんですけども。
いくつか観客参加型(?)的なものがありまして。
その中の一つが、会場から挑戦者を選んでコーラ一気飲みを行い、誰が一番かを予想するレースだったわけです。
んでですね、(会場入りした際に撮った)写真をボックスから抜き出して挑戦者を選ぶわけなんですけども。
その、第一挑戦者選定に当たって。
日野氏、写真を引く。
なんかちょっと笑う。
こっちを見る。
あっ……(察し


はい、というわけでね。
第一挑戦者、はむばね。
ちなみに、第二挑戦者はウチの大学の後輩の方。
第三挑戦者は新婦友人? だったかな?
ほんで第四挑戦者は新郎(日野氏/無論ウチの大学)。
ほぼ同大学メンバーじゃねぇか。

ちなみに、私はコーラ一気飲みに挑戦するのは初めてです。
ただ私がまだ社会人だった頃、最後に勤めてた部署では飲み会におけるコーラ一気飲み大会が結構常設化されてた感がありまして。
なので、その恐ろしさはある程度知ってるつもりではあったのですよ。
正直、あ、これは私には無理やな、とは思っていたのですが……まさか、会社辞めてからその機会が巡ってくるとはな!

しかも第三挑戦者の方が、見るからに爽やか青年でガタイもよさ気な感じでして。
ほんで、ウチら文系サークルやん?
見た目も、まぁあんまりそういうのに向いてそうには見えないメンバーなのですよ。
もうね、ほとんどの方が第三挑戦者の方が一番だと予想してました。
というか、私に賭けてたのは私が座ってたテーブルの身内だけだったね。
ぶっちゃけ私も、彼が勝つだろうと思ったしね。

ここで、「あはは、僕には無理っすよー」って感じでゆる~くやるのも一つの選択肢ではありました。
とはいえ、一応私もエンターテイナーを自称する(つもりがなくもない)者。
レースが盛り上がるためには、対抗馬が必要でしょう。
ならばせめて、その役割を果たしてみせようじゃないか。
そして、何より。
なるほど、確かに私はコーラ一気飲みの経験はねぇ。
だがしかし。
ビール一気飲みの経験ならば、人並み以上にはたぶんある!
恐らくビールよりも炭酸がキツいだろうコーラ、苦戦は免れないだろうがせめて無様な戦いだけはしないようこれまで飲んできたビールたちよ力を貸してくr500mlかよ!?
普通に500mlペット渡されて思わず二度見したわ!
え、こういうのって普通氷入りのコップに入ったコーラじゃねぇの!?
ぼくのしってるこーらいっきとちがう!

待て待て、落ち着け。
ぼくのしってるこーらいっき、とは言っても所詮それは外野から見た風景を知っているだけに過ぎない。
死中に活を求むるは、常に己の経験からこそよ。
えーと、私がこれまでに一気してきた戦場は主に「生中」。
生中ってあれ、どんくらい量があるんだ?
500ml……はたぶんない。
つーか、私が普段飲んでるビールが500ml缶。
明らかに生中よりは多い。
というか思い返してみれば、生中のジョッキって中瓶から注いだら2杯分くらい埋まらなかったっけ……?
あれ、もしかして生中って意外と少ない?
これやっぱ無理ゲーなんじゃね?

などといった考えが、次々脳裏をよぎります。
一応言っておきますが、今作ったわけじゃなくガチでこんな思考がグルグルしてました。
しかし最終的に、私は一つの結論に至ります。
そうだ、私には……ピッチャー一気の経験があるじゃない!
いくらなんでも、あれより量が多いということはあるまいて。
まぁピッチャー一気した時は流石に一気しきれなかったけども、あれを思えば500mlは辛うじて飲み切ることだけは出来そうな気がする。
大丈夫だ、思い出せはむばね。
何より、お前が毎日飲んでいるビールの量はどれだけだと思っている(赤城キャプテン風)。
なお再度断っておきますが、ここまでもガチでリアルタイムにて考えていたことです。

ようやく覚悟が決まるか決まらないかのところで、「スタート」の合図。
とりあえず飲む、まずはそれからだ。
なんだ、結構会場が盛り上がってるぞ?
「速い速い!」?
そうか、三番の人はそんなに速いのか。
なるほど、流石だ。
私は今、どれだけ飲んだのだろう?
もう限界が近い。
いや、しかしどうにか飲み切るだけは飲み切きろうじゃないか。
スピードはいい、とにかく完走を目指すのだ。
やばい、マジもう限界。
いやでも、視界の端に映るペットボトルの残量は目に見えて減っている。
『喧嘩商売』で金田相手に二回目の煉獄を放ってた時の十兵衛のセリフを思い出すんだ。
やべぇなんだっけ、思い出せねぇわ。
えーい、とりあえずなんか地球に隕石が落ちるからもうちょっとだけ頑張れ!
あれ、なんか会場の様子がおかしいような気がしなくもないぞ?
とにかくもうちょっとだ、飲み切れ!
ん? なんか目の前のテーブル(私が座ってたテーブル)がめっちゃ盛り上がってんな?
あれ、これもしかして……。
えーいままよ、とにかく飲みきれ!
なおしつこいようですがここまでリアルタイムで考えt(ry


そして……その時は、訪れました。
結果。

                                 ,.へ
  ___                             ム  i
 「 ヒ_i〉                            ゝ 〈
 ト ノ                           iニ(()
 i  {              ____           |  ヽ
 i  i           /__,  , ‐-\           i   }
 |   i         /(●)   ( ● )\       {、  λ
 ト-┤.      /    (__人__)    \    ,ノ  ̄ ,!
 i   ゝ、_     |     ´ ̄`       | ,. '´ハ   ,!
. ヽ、    `` 、,__\              /" \  ヽ/
   \ノ ノ   ハ ̄r/:::r―--―/::7   ノ    /
       ヽ.      ヽ::〈; . '::. :' |::/   /   ,. "
        `ー 、    \ヽ::. ;:::|/     r'"
     / ̄二二二二二二二二二二二二二二二二ヽ
     |優勝|     は む ば ね         │|
     \_二二二二二二二二二二二二二二二二ノ




大穴出したったwwww
なお、タイムは17秒ちょいだった模様。
これが速いのか遅いのかは、正直よくわかりません。
しかし、冷静に考えれば17秒間液体を摂取し続けるというだけでなかなかのもんですよね。
実際、どうやら完全に「一気」でいけたのは私だけだった模様。
ふはは、見たか!
これが、さして強要もされていないにも関わらず一気し続けてきた男のパワーよ!
ぶっちゃけ飲み終わった後結構死にそうだったけどな!
流石に、ここ数年は一気とかしてなかったしな……。
ガチ涙目でした。
しかし数分後、そこには元気にビールを飲むはむばねさんの姿が!
なーに、よくよく考えて見れば炭酸を500ml入れる程度、いつもの事オブいつもの事だったぜ。


ふー……。
やっべ、コーラの下りで長く書きすぎた。
この話の何がアレって、既に昨日Twitterでオチを書いてるところですよね。


まぁ、それはともかくとして。
いやなんというか、二次会とはいえここまで緩い雰囲気の披露会は初めてだったかもしれません。
大変和やかで、非常に楽しく過ごさせていただきました。
ちなみにこの後サークルメンバーでの三次会にも参加させていただき、そこでガチャで10万やら15万やら注ぎ込んだ話とか、好きな女性に告白したら「彼女いるから」と言ってフラレた話とか、めっちゃ興味深いというか面白い話も沢山聞けたのですが、プライバシーに関わるためここでは割愛させていただきます。

結婚式系のイベントに参加する度に書いてますが、私はそもそも結婚式系のイベントが凄く好きなのですよね。
なんつーか、幸せな主役二人を見てるだけでもなんか幸せな気持ちになれますし。
そんな主役二人が参加者の皆を楽しませようとし、逆に周りも二人を楽しませようとするような、なんかこう幸せな連鎖みたいなのを感じるのです。

日野氏、素敵な会(とネタ)をありがとうございました!
改めまして、ご結婚おめでとうございます!
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://hamubane.blog.fc2.com/tb.php/4313-9b2873d8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | ホーム |  »

プロフィール

hamubane

Author:hamubane

たぶんライトノベル作家的なもの


Twitter

既刊情報

上の方は絶版じゃないよ!

お助けキャラに彼女がいるわけないじゃないですか2 (ファンタジア文庫)

最新コメント

最新記事

カレンダー

06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR