スクウェア・エニックスノベルス『スタンプ・デッド』1~5巻&コミック版(完結)、『太陽で台風』1・2巻(完結)発売中!
ガンガンノベルズ『魔法少女アーヤ☆アミー』発売中!
徳間デュアル文庫『魔王さんちの勇者さま』1~4巻(完結)発売中!
徳間文庫『欠陥妖怪住宅』、『パラレル家族計画』発売中!
ぽにきゃんBOOKSライトノベルシリーズ『ブチ切れ勇者の世界征服』1~2巻発売中!

2017年4月、第11回HJ文庫大賞にて『銀賞』をいただきました!
2017年5月、ジャンプ小説新人賞’16 Winterにて 小説フリー部門『銀賞』受賞をいただきました!
2017年9月、第30回ファンタジア大賞にて 『金賞』をいただきました!

第11回HJ文庫大賞"銀賞"受賞作『カンスト勇者の超魔教導 ~将来有望な魔王と姫を弟子にしてみた~』
1・2巻、HJ文庫より発売中!
第30回ファンタジア大賞 "金賞"受賞作『お助けキャラに彼女がいるわけないじゃないですか』
2巻、5/19(土)ファンタジア文庫より発売です!

«  | ホーム |  »

魔法使いの嫁

どうも、はむばねです。
今日はちょっとだけ暑かったですねー。
福岡的には、最高気温が29℃ですか。
屋内にいるとそうでもないですが、外に出た瞬間にブボボ(`;ω;´)モワッモワッと蒸し暑い空気に包まれる感じでした。
そうそう、梅雨ってこんなだったよねーと思い出します。
まぁ、別に望んでねーけど。
別に、涼しいなら涼しいままでもいいのよ……?
とはいえ、今日レベルでもぜんぜん涼しい方だったとは思いますけども。
マジで、夏っていつからだっけ……? って感じ。

さて、それはそうと。
本日の感想は、『魔法使いの嫁』です。
前から気になってはいたのですが、ある程度巻数溜まってから一気に読もうと思って情報をシャットアウトしていたのですけれど。
アニメ化が決まったということで、まぁまず間違いなくどっかでネタバレ食らうだろうなと思って今のうちに読んどくことにしました。
結局アニメ化決定の報からも、だいぶ経ってしまいましたが。
あと、アニメつってもTVアニメじゃなくて劇場アニメだったのですね。
まぁ、どちらでも良いのですけれど。

そして結論から言うと、ネタバレ云々言うような漫画でもなかったですね。
というわけで、ネタバレは多少ありますがそんなに気にする程の事ではないと思います。
なお、4巻まで読んでの感想です。

魔法使いの嫁 1 (コミックブレイド)
マッグガーデン (2014-06-14)
売り上げランキング: 186


おぅ、めっちゃ「雰囲気」あるなぁ……。
なんだろう、本格ファンタジーをライトにした感じ?
なんか矛盾する表現ですが、それが私の印象です。
これは確かに、こういうのが好きな人には堪らんだろうなーって感じ。
かなり早々に話題になったのも納得ですね。

ただ正直に言わせていただくと、私としては序盤はあんまり面白さがわかりませんでした。
ホントに、「ほーん、好きな人は好きそうだな」って思った程度。
なんつーかですね、全てがわからなさすぎるんですよね。
夜の愛し仔って何? 魔法使いって何? 弟子って何? 妖精って何? 舞台はどこ? 時代はいつ? 嫁って何? チセはどういう立場なの? エアリスの正体は? 意図は?
もう、5W1H全部が最初は不明です。
そして、わからないものがわからないままわからないものがどんどん増えていく。
もちろん最初から全部説明する作品が良い作品だとは全く思いませんし、この構成にしている意図もわかるし、こういうのが好きな人も多いのだろうな、とも思います。
けどまぁ個人的にはあんまり好きじゃないかな、ってのが読み始めの印象でした。

が、しかし。
いや、やっぱ有名になるには理由があるなって感じです。
正直私はこの作品のメインターゲットからは外れている層だと思うのですが、それでも話が進むにつれてガンガン引き込まれていきました。
ホント、話が進む毎にガンガン面白くなっていく。
まぁ元々私は「わからない」ことがあんまり気に入らなかったわけなので、「わかって」くると本来の面白さがより純粋に感じられるようになってくるというのは自明なんですけどね。
でもその部分を除いても、尻上がりに面白くなっていってると思います。

まぁというか、たぶんそれを意識しての構成なんでしょうしね。
今更ながらに、あらすじを説明すると。
競りにかけられていた「特別な体質」を持つ少女チセが、弟子兼嫁として「魔法使い」エアリスに競り落とされ、そこからお互いを知っていく物語……という感じでしょうか。
そう、お互いを「知っていく」物語なんですよね。
だから、物語開始時点では二人ともお互いのことを知らない。
チセに関しては、魔法に関することも知らない。
本作に関しては、主人公がどちらかというよりもどちらも、という感じでして。
そして、読者はチセでありエアリスでもあるのでしょうね。
だからチセのことを、エアリスのことを、魔法のことを、世界のことを、新しく「知る」度にその魅力も知っていく。
そして彼ら彼女らの強さ弱さも知って、チセとエアリスが惹かれ合っていくように、読者もチセとエアリスに惹かれていくのでしょう。
ホント、読めば読むほど出てくるみんなのことが好きになっていきます。

そういう構成なので、展開は割とゆっくりめではあります。
しかし、そちらも話を追うごとに加速していくように感じられました。
特に、3巻辺りで大きく話が動き始める感じでしたかね。
エアリスの過去にも踏み込んできますし。
もっとも、まだ物語の着地点というかどういう方向に進んでいくのかは全然わかりませんけども。
個人的には、その辺りから「うわこれ面白ぇな」と思い始めました。
なので序盤で「うーん……?」と思った方も、是非読み進めていただきたいですね。

ホント、読めば読むほど引き込まれていく物語だと思います。
続きが楽しみ。
そして読み始めてしまった以上は続きが出たら早く読みたい気持ちと、やっぱある程度溜まってからガッツリ読みたい欲求の板挟みになる呪いがまたもかけられたのあった……。
オゴゴゴゴ……。
スポンサーサイト

コメント

1. お待ちしておりましたw

はむばね氏がいつまほ嫁の感想を書くか、僕だけがいない街を
気に入ってるとコメントされた時はまほ嫁は苦手意識あるかも
と不安になったりもしましたが、待っていた甲斐がありましたw

私自身もシリアスファンタジーをマンガで読むのは萩尾望都さん
以来で、ファンタジーと言えば東京創元社の文庫本が主でした。
ですからまほ嫁の導入部分は説明が少なくて、文章にしたら
娘とか異形の魔法使いになってたんじゃないかと明後日のこと
を考えたりしてましたw

2. れすぽんす

>anokoさん
正直、読み始めは「ん、ちょっと苦手かな……?」と思いましたw
好きな人は好きそうだなー(苦笑)というのが序盤の感想でしたね。
しかし話が動き始めて、徐々に説明がなされてくると加速度的に面白くなってきましたね~。
続きも楽しみです!

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://hamubane.blog.fc2.com/tb.php/4335-f4033096
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | ホーム |  »

プロフィール

hamubane

Author:hamubane

たぶんライトノベル作家的なもの


Twitter

既刊情報

上の方は絶版じゃないよ!

お助けキャラに彼女がいるわけないじゃないですか2 (ファンタジア文庫)

最新コメント

最新記事

カレンダー

05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR