スクウェア・エニックスノベルス『スタンプ・デッド』1~5巻&コミック版(完結)、
『太陽で台風』1・2巻(完結)発売中!
ガンガンノベルズ『魔法少女アーヤ☆アミー』発売中!
徳間デュアル文庫『魔王さんちの勇者さま』1~4巻(完結)発売中!
徳間文庫『欠陥妖怪住宅』発売中!
ぽにきゃんBOOKSライトノベルシリーズ『ブチ切れ勇者の世界征服』1~2巻発売中!
徳間文庫『パラレル家族計画』発売中!

2017年4月、第11回HJ文庫大賞様にて『銀賞』をいただきました!
2017年5月、ジャンプ小説新人賞’16 Winter様にて 小説フリー部門『銀賞』受賞をいただきました!

2017-05

«  | ホーム |  »

疾走れ、撃て!

どうも、はむばねです。
昨日は、なんかやったら調子が良くてですね。
あまりに調子良すぎてなんかテンションがおかしくなり気味だったんで、調子こいたペースで走りに行ったりなんかしまして。
ほんでお風呂にもゆっくり浸かって、私的に最大限に身体を疲労させた状態にしたんですね。
んで、おクスリも飲んで準備万端。
おっしゃ、今日は寝る準備完璧オブ完璧やで! ってな感じで布団に入ったんですけども。
まさかのスキル「不眠」発動である。
え、この条件でも眠れねぇの!?
こんなもん、もう(眠る手段が)ないじゃん……。

そしてもう一つ驚きなのが、この条件下で起床後36時間は経過してるにも関わらずめっちゃ元気という点だな!
もしかして、単にまだ体力有り余ってるから眠れなかっただけなの……?
それはそれで、どういうことなんだってばよ……。
誰か、私の食べ物にドーピングコンソメスープでも混ぜた……?

まぁ何にせよ、私の「健康診断を目標に、多少健康的に見せかけた生活を送ろう計画」は最後の最後でなぜか謎の綻びを見せ始めております。
はてさて、明日の健康診断の結果や如何に。
というかそれ以前に、まず今日は寝れるのか。
乞うご期待。
あ、歯医者はネタに出来ないくらい特に何もなかったです。

それでは、以下感想です。
ネタバレは、少しあり。

疾走れ、撃て!<疾走れ、撃て!> (MF文庫J)
KADOKAWA / メディアファクトリー (2012-09-01)
売り上げランキング: 55,619


あらすじはamazonより抜粋。
>中学を卒業した田神理宇。
>これから夢も希望もいっぱいの日々が待ち受けている、なんてことはなく、学生兵士、通称「学兵」となるべく、訓練の日々が待ち受けていた。
>辛い辛い訓練期間も終わり、自分の配属先に思いを馳せる理宇は、指導教官に呼び出しを受ける。
>ドキドキしながら向かった理宇がその場で受けた指令は…「護衛士官」への任命。
>それも魔導士官直々の「要望」で!なぜ自分がと疑問に思う理宇を待ち受けていたのは、服装もアンバランスなとても可愛らしい―少女!?
>「あそびにいくヨ!」の神野オキナが贈る、新感覚アクションラブコメ、開幕。

いや、面白かった。
「あそびにいくヨ!」は、読んだことないのですが。
なんとなく緩いドタバタコメディと思ってたんですが、本作を見る限りそういうわけでもないのかな?
……と思ったけど、あとがきを見る限りやっぱこの作品の毛色が違うだけか。

閑話休題。
異世界(?)から異形の化物が侵略してくるようになって、中学卒業後の徴兵が義務付けられた世界。
新たに学生兵士となる主人公と、戦場で超強力な切り札となる存在である魔導士官(まぁ大体魔法使い的なもの?)の少女の物語です。

序盤の展開は、結構スローリィです。
ボーイミーツガールなのに、ボーイがガールとミーツするのが1巻も3分の1以上が経過してからという。
まぁヒロイン自身は1ページ目から出てくるし、ヒロインサイドからは一方的に主人公を知覚しているわけですけれど。
しかし、メインヒロイン登場前にガンガンとヒロイン力を上げていくサブヒロインがいてですね……。
言葉として表しこそしないものの、行動に主人公へのラブが溢れている(なお主人公は気付かない模様)。
主人公も、彼女のおかげで前向きになれている場面が何度もあって、相棒感が凄い。
そんで軍人の娘さんなので、軍にも詳しくその面でも主人公をサポートしてくれます。
というか、もはやサポートってレベルじゃない。
グイグイ引っ張ってる。
主人公が護衛士官(最前線に行くのでめっちゃ危険)に選ばれた時には自ら副隊長に名乗りを上げて部隊を編成するレベル。
本編でも「好きでもない男のために命をかける女なんていない」と言われてますが、いや実際好きな男のためでも命かけれる女性は希少ではなかろうか。
なんだこの、男前な乙女は……。

もうこの子がメインヒロインでいいじゃん……と思い始めたものですが、メイン(?)ヒロインが本格的に絡み出すとこっちも物凄い勢いでヒロイン力を高めてきた……だと……?
このまま、どっちかに優劣付けずダブルヒロイン体制で行っていただきたいところですね。

と、いきなりほぼヒロインの話しかしてないしあらすじにも「アクションラブコメ」って書いてありますが。
ラブコメ要素がそこまでメインってこともなかった印象です。
少なくとも1巻においては、学兵の日常を描写するって部分が結構多かったですね。
展開が遅いというのは、言い換えれば描写が丁寧ということ。
凄く丁寧に訓練の様子とかが描写されてます。
正直かったるくなってもおかしくないレベルなのですが、これは神野先生の技量でしょうね。
ぶっちゃけメインヒロインが出てくる3分の1くらいまでほぼ何も起こらない(というかそれすらもイベントとしては大したものではない)のに、グングン読まされました。
結構設定の話とかも多く出てきて、私そういうのあんまり好きじゃない方なのですが、全然読み飛ばす気も起きなかった。
上手いなー。
これは見習いたいところだけど、具体的にどういう要素がそうさせているのかイマイチわからない……。
変に難しい言葉を使わず、わかりやすく説明してくれてるからなのかな……?

再び閑話休題。
とにかく丁寧に説明してくれるのでこの世界のことがよくわかって、自分がその世界にいるような気分になってきます。
また、キャラクターの描写もまた丁寧で、出てくる人出てくる人凄く好感が持てます。
厳しく接してくる教官も教官室では普通だったりして可愛いし、学兵への愛が凄く伺える。
主人公に突っかかってくる子も彼女なりの理由と覚悟を持っての事だし、ちゃんと自分の間違いは自省も出来る。
ヒロインの好感度の高さは先述の通りですが、登場人物全体の好感度がここまで高くなる作品っていうのも珍しいのではないでしょうか。
うん、この作品も皆が凄く「生きてる」。

全体としてそこそこ淡々とした雰囲気なのですが、不思議と退屈な感じもありません。
異世界(?)からの侵攻で学生強制徴兵というそこだけ聞くと割と悲壮な感なのですが、なんか全体的に「前向き」さが感じられるのもいいです。
これには、やっぱ周りのキャラクターの存在も大きいかな?
主人公自身は最初やっぱちょっとネガティブな感情抱いてもいたんですが、周りのおかげで前向きになってく感がありますし。

あえて、もしかすると不満に思う人がいるかもしれないという点を挙げるとすれば、主人公の特別感がマジで一切感じられないところでしょうか。
ライトノベルの主人公としては異質とも言えるレベルの、嘘偽りない「平凡な少年」です。
メンタルの強さの片鱗はちょっと見せかけてるけど、それもこの世界においては珍しい部類ではないのでは? という気も。
とはいえ主人公の過去も「選ばれた」理由も一切明かされてないので、それも続刊では解消しそう。
個人的には、そこも全然作品の面白さを減じる要素ではなかったですしね。
むしろ(少なくとも1巻時点では)「普通の少年が頑張る物語」が好きな方に凄くオススメです。
いや、最後の方でちょっと普通ではなくなるけども……。

ミリタリ系ということでちょっと敬遠して積んでたんですが、もっと早く読んどきゃ良かったと思うレベルでした。
ミリタリ要素が作品の根底ではあるけどもそれが前面に出まくってる感じでもないので、ミリタリ系苦手な方(私のように)でも全然問題なく楽しめる一作だと思います。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://hamubane.blog.fc2.com/tb.php/4403-c501ab85
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | ホーム |  »

プロフィール

hamubane

Author:hamubane

たぶんライトノベル作家的なもの


Twitter

既刊情報

最新コメント

最新記事

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (0)
ブログ (4293)
スタンプ・デッド (73)
情報系 (21)
短ネタ (35)
太陽で台風 (2)
しゅーかつ (18)
レパートリー確認PJ (27)
自著を無理矢理褒める (7)
感想 (250)
天神周辺グルメ (38)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR