FC2ブログ
スクウェア・エニックスノベルス『スタンプ・デッド』1~5巻&コミック版、『太陽で台風』1・2巻発売中!
ガンガンノベルズ『魔法少女アーヤ☆アミー』発売中!
徳間デュアル文庫『魔王さんちの勇者さま』1~4巻発売中!
徳間文庫『欠陥妖怪住宅』、『パラレル家族計画』発売中!
ぽにきゃんBOOKSライトノベルシリーズ『ブチ切れ勇者の世界征服』1~2巻発売中!
HJ文庫『カンスト勇者の超魔教導』1~3巻発売中!
ファンタジア文庫『お助けキャラに彼女がいるわけないじゃないですか』1~3巻発売中!
JUMP j BOOKS『ぼくたちは勉強ができない 非日常の例題集』発売中!

受賞歴:
2004年、第1回スクウェア・エニックス小説大賞『入選』
2008年、第5回トクマ・ノベルズEdge新人賞『徳間デュアル文庫特別賞』
2017年、第11回HJ文庫大賞『銀賞』
2017年、ジャンプ小説新人賞’16 Winter 小説フリー部門『銀賞』
2017年、第30回ファンタジア大賞 『金賞』

2019-09

«  | ホーム |  »

ネトオク男の楽しい異世界貿易紀行(完結)

どうも、はむばねです。
風邪の状況は……うーん。
悪くはない……良くもないが、な(日向師匠並感)。
って感じでしょうか。
症状は、だいぶ緩和してきてる(ような気がしなくもない)。
しかし、治ったとは言い難い。
まぁ、もう(あんまり)作業に支障をきたすレベルではなくなってきてるので、基本的には平常運転でしょうか。

そんなこんなで感想です。
しばらく感想記事が続いてますが、まだまだ続くぞ!
プロ感想書きはむばね、復活や!(復活しなくていい

ここしばらく、そこそこ読んでいたにも関わらず感想書くのをサボってた弊害がここに表れ始めた形ですね。
まぁそもそも、読んだ本の感想は必ず書かなければいけない、という制約自体g(ry
でもまぁ実際、自分の中での消化にも役立ってるので感想は続けたい所存です。

というわけで。
今回は、以前に感想書いたことある作品が完結したので追加の感想を書く感じです。
ズバリのネタバレはないつもりですが、雰囲気的なネタバレは流石に不可避だったのでご注意ください。



ネトオク男の楽しい異世界貿易紀行

以前書いた(130話くらいまでの)感想はこちら

前の感想にも書きましたが、前に読んだとこ辺りまでがちょうど転換期でしたね。
以降はエピローグ感すらある。
しかし、全てを失った(と思っている)主人公がこれまで培ってきた絆を再認して再起するという展開は王道ですが熱いです。
まぁ本作の場合、相手がほぼ女の子なのでなかなかにアレな感じになってますがw

ピンチこそが最大のチャンス、というのもまた王道ですね。
本作の場合、通常のチャンスとはまたちょっと異なった展開ですけれど。
ここで世界の秘密をぶっ込んでくるんですね。
かなり初期から伏線が張られていたということもあり、個人的に明かされた内容についてはスルリと納得することが出来ました。
設定好きの方々がどの程度納得出来るのかはわかりませんけれど。

また、私としてはかなり初期からちょいちょい出てきたBBSがここでキーになるというのが凄く熱かったです。
一見関係ない設定とか、ネタ枠だと思っていた奴が活躍する展開とか好きなんですよねー。
まぁ今回の場合、キャラではないわけですけれど。
いや中の人もいるわけだし、一応キャラでいいのか?
彼らのこれまでのやり取りが、まさしく最後に繋がったわけですしね。

しかし、夢幻さんいい人すぎワロタw
でもまー確かに、異郷の地で同郷(に関連している)人に会ったら多少の世話も焼きたくなるという感覚はわかるかなー。
海外で会った日本人同士みたいなもんでしょう。
しかも、自分ら以外一人も日本人がいないような場所で。
更に、自分の側に相当な余裕があるとなれば尚更ですよね。
地味に上手い動機付けだ。
まぁ私はそんな状況……というか海外に行ったことすらほとんどねーので、実感としてわかるとは言い難いけどな!

閑話休題。
戻って以降は最後の日常、そしてラストバトル! って感じですね。
ラストバトルは、そこネタでいくんかいwwwと思わせてからの~、でいい感じのスカシ方でした。
決着も、個人的には納得の結末。
ガチバトルを全くやらないというのもなんだかなーって感じになっちゃいますし、しかしガチバトルで決着というのも本作らしくないっちゃない。
上手い落とし所だったのではないかと思います。
ご都合主義との批判も出るかもしれませんが、個人的にはその点も特に気になりませんでした。
設定……というかシステム的に、伏線はあったわけですしね。

ラストは、王道の大団円!
実にいいと思います。
物語全体としてもダラダラと続けるわけでもなく、いい感じの長さでまとまりましたね。
一気読みにも徐々に読み進めていくのにも、オススメの作品として有終の美を飾った感じなのではないでしょうか。
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://hamubane.blog.fc2.com/tb.php/4415-fc4f3dc2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | ホーム |  »

プロフィール

hamubane

Author:hamubane

たぶんライトノベル作家的なもの


Twitter

既刊情報

最新コメント

最新記事

カレンダー

08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

月別アーカイブ

カテゴリ

ジャンルランキング

[ジャンルランキング]
日記
377位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
146位
サブジャンルランキングを見る>>

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR