スクウェア・エニックスノベルス『スタンプ・デッド』1~5巻&コミック版(完結)、『太陽で台風』1・2巻(完結)発売中!
ガンガンノベルズ『魔法少女アーヤ☆アミー』発売中!
徳間デュアル文庫『魔王さんちの勇者さま』1~4巻(完結)発売中!
徳間文庫『欠陥妖怪住宅』、『パラレル家族計画』発売中!
ぽにきゃんBOOKSライトノベルシリーズ『ブチ切れ勇者の世界征服』1~2巻発売中!

2017年4月、第11回HJ文庫大賞にて『銀賞』をいただきました!
2017年5月、ジャンプ小説新人賞’16 Winterにて 小説フリー部門『銀賞』受賞をいただきました!
2017年9月、第30回ファンタジア大賞にて 『金賞』をいただきました!

第11回HJ文庫大賞"銀賞"受賞作『カンスト勇者の超魔教導 ~将来有望な魔王と姫を弟子にしてみた~』
1・2巻、HJ文庫より発売中!
第30回ファンタジア大賞 "金賞"受賞作『お助けキャラに彼女がいるわけないじゃないですか』
3巻、8/18(金)ファンタジア文庫より発売です!

2018-07

«  | ホーム |  »

魔王が家賃を払ってくれない

どうも、はむばねです。
なんだかんだ、今年涼しくないですか?
例年、6月ともなればもう汗だっくだくでクーラー大活躍くらいのイメージだったのですが。
まぁ流石にちょっと出歩いたりすると汗かきますが、クーラーはまだ全然必要ないし、なんだったら家でじっとしてる分には扇風機すら不要かもってレベルです。
福岡だけ?
まぁ、噂によると今年の夏は猛暑になるそうですが。
でも、なんかここ数年毎年言ってる気がするよね!
実際、毎年クッソ暑くはあるわけですけども。
……とか書いてるうちに、夕方になるにつれなんかめっちゃ暑くなってきた\(^o^)/

さて、そんなこんなで感想です。
ネタバレは、特に(気にする作品では)なし。

魔王が家賃を払ってくれない (ガガガ文庫)
伊藤 ヒロ
小学館 (2011-09-17)
売り上げランキング: 630,489


あらすじは、amazonより抜粋。
>「魔王、出て来い! 今日こそ年貢の納め時だぞ!」
>俺はドンドンと扉を叩いた。
>扉の向こうは“魔王”の棲み家だ。
>強大な魔力を持ち、杖から放たれる雷は都市を一撃で廃墟に変えるという。
>かつて、十万余の魔物を従え、たった一ヶ月で地上の六割を制圧したといわれる恐怖の魔王、その名もアーザ一四世……。
>だが今、俺が『おい魔王』と叩いているその扉は、毒の沼に造られた悪の城砦のものでもなく、モンスターに守護された地下ダンジョンでもない。
>安アパートの木製の引き戸だ。
>叩いてる俺も“勇者”じゃない。
>ただの大家の息子。伝説の鎧ではなく制服を着た高校生。
>隣の部屋からは『魔王の部屋からヘンな臭いがする』という苦情まで届いている。
>「開けろ、魔王! 部屋にいるの分かってるんだ! 居留守使ってるんじゃない!」。
>もと魔王(17歳女子)と大家の息子による日常系貧乏コメディ登場。
>主人公・高良多ヨシツネは今月こそニート魔王から家賃を徴収できるのか!?

お、おぉぉぉぉぅ……?
え、なにこれめっちゃ面白かったんですけど。
正直、正直に言わせていただくとあんま期待してなかっただけにすげぇ不意を突かれた気持ちです。

ただ、これはたぶん凄く好みが分かれると思います。
まず、メタい。
めっちゃメタい。
「もしライトノベルだったら」とか平気で言ってくるライトノベル。
現実の商品やら漫画やらキャラやら2chやらの名前もわんさか出てきます。
まぁ端的に、悪い言い方をすると、凄く「ネットくせぇ」。
2chのSSスレなんかでありそうな感じ。
ただ個人的には、それによってなんか妙なリアル感が出てて凄く好きです。
「こういうの出しとけば面白いんやろ」的な出し方をする作品が多い中、本作ではそれが上手いこと生かされてる印象。
うん、いや、まぁ、「こういうの出しとけば面白いんやろ」感も無くはないですけれど。
ていうか、魔王様のニート描写がリアルすぎィ!?
あと、色んな方面(というか主に下北沢方面)に喧嘩売りすぎィ!?

また、文体でも結構遊んでます。
フォント弄りとかはないですが、途中で脚本形式になったりとか。
そしてシモネタ連呼。
正直、私も最初は半笑いで読んでたんですよね。
あぁはいはい、そういう感じのやつね(笑)……と。
ただ、これは突き抜けてるわ。
ここまでやられると、もう笑うしかない。
ある種の敗北感すら感じる。
く、こんなのに笑ってしまうなんて……悔しい!(ビクンビクン

ほんで、基本的に作中でやってることもクッソしょうもないんですよね。
家賃払うだの払わないだの、学校行くだの行かないだの、1冊通してそんなことばっかやってます。
なんだったら、行動という意味ではほとんど何もしてなかったりする。
基本、ダベりがメインです。
だが、それがいい。
魔王という設定を投げ捨ててるように見えて、しかし(元)魔王だからこそこのコミカルさが出てるんですよね。
うん、まぁ、というか、これで魔王で美少女じゃなかったらマジでただのクズですからね……。
しかし描写的からガチで汚い様子が伺えるのに、「美少女」という記号だけで許せるというか「あれ、アリかも……?」と思えてくるところが凄いな……。
美少女万能説!

……えー、冒頭で「面白い」っつった割にやたらディスる感じになってしまいましたが。
まぁ、それほど人を選ぶということで。
案の定、amazonのレビューも真っ二つに分かれててワロタw
とりあえず最初の数ページ読んで、「アカンな」と思ったらそこで読むのを止めた方が良いかもしれません。
大体そんなノリでずっと続きます。
逆に、「イケるかも?」と思ったら読み進めることをお勧めします。
なんか、変な方向にどんどん加速していきます。
私は、いつの間にか引き込まれてました。

ライトノベルの中でも、殊更ライトなノベルだったと思います。
難しいことなぞ何一つ必要ねぇ! とにかく頭空っぽにして笑いてぇんだ! という方に大変オススメです。
とりあえず、ここら辺とかで最初の方を試し読みしてみるのがオススメですかね。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://hamubane.blog.fc2.com/tb.php/4429-9091b015
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | ホーム |  »

プロフィール

hamubane

Author:hamubane

たぶんライトノベル作家的なもの


Twitter

既刊情報

上の方は絶版じゃないよ!

お助けキャラに彼女がいるわけないじゃないですか2 (ファンタジア文庫)

最新コメント

最新記事

カレンダー

06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR