スクウェア・エニックスノベルス『スタンプ・デッド』1~5巻&コミック版(完結)、『太陽で台風』1・2巻(完結)発売中!
ガンガンノベルズ『魔法少女アーヤ☆アミー』発売中!
徳間デュアル文庫『魔王さんちの勇者さま』1~4巻(完結)発売中!
徳間文庫『欠陥妖怪住宅』、『パラレル家族計画』発売中!
ぽにきゃんBOOKSライトノベルシリーズ『ブチ切れ勇者の世界征服』1~2巻発売中!

2017年4月、第11回HJ文庫大賞にて『銀賞』をいただきました!
2017年5月、ジャンプ小説新人賞’16 Winterにて 小説フリー部門『銀賞』受賞をいただきました!
2017年9月、第30回ファンタジア大賞にて 『金賞』をいただきました!

第11回HJ文庫大賞"銀賞"受賞作『カンスト勇者の超魔教導 ~将来有望な魔王と姫を弟子にしてみた~』
1・2巻、HJ文庫より発売中!
第30回ファンタジア大賞 "金賞"受賞作『お助けキャラに彼女がいるわけないじゃないですか』
3巻、8/18(金)ファンタジア文庫より発売です!

2018-07

«  | ホーム |  »

Kindle Unlimited

どうも、はむばねです。
Kindle Unlimitedの開始が今日からだそうですね。
一応ご説明しておくと、Kindle Unlimitedとは月額980円で対象となっている本が読み放題というサービスです。
Kindle端末無しでも、PCでも利用可能とのこと。
これにより出版業界が云々という懸念はありますが、まぁ一読者としては非常に興味深いサービスではあります。
対象になってる本のラインナップ次第ですけどね。

というわけで、とりあえず登録してみた。
今なら、30日間無料だそうですしね。

んで、差し当たりライトノベルのジャンルをクリックしてみました。
正直、ライトノベルをこのサービスで読む気はビタイチないのですけれど。
小説を画面で読むのが嫌い……というか、PCを見る体勢で小説読みたくないので。
とはいえ、まぁ当然一番ラインナップに興味があるジャンルではあります。

といわけで軽く眺めてみたところ、やたら同じシリーズばっかが上位に出てくるすげぇ偏った表示……なのはまぁ、この際いいとして。



オススメの一番先頭にフランス書院が出てくるってどういうことなの。
Amazonでフランス書院なんて表示したことないでしょってかフランス書院にお世話になったことがそもそもねぇよ。


え、ていうか……。



フランス書院の割合高っ!


い、いや落ち着け。
それよりも更に多い、キルタイムコミュニケーションという出版社もある。
まぁ聞いたことない会社だけdこれ二次元ドリーム出してるとこじゃねーか!


あー、うん、ていうか、全体で見ても……。
※見やすいように整形してますが、出版社一覧で表示された結果です。



講談社 → 講談社ラノベ文庫
小学館 → ガガガ文庫
一迅社 → 一迅社文庫
ホビージャパン → HJ文庫
マイクロマガジン社 → GCノベルズ

ここまではわかる。
普通に割と有名というか、広く知られてる男性向けライトノベルレーベルですね。


PHP研究所 → スマッシュ文庫
インプレス → impress QuickBooks
ディスカヴァー・トゥエンティワン → NOVELiDOL / Right Novel

聞いたこと無いけど、たぶんこれも一般(男性)向けラノベっぽい。


スターツ出版 → ベリーズ文庫
フロンティアワークス → アリアンローズ

ここらへんは、女性向け一般ライトノベル……なのかな?

んで。

海王社 → えちかわ文庫(アダルト)
竹書房 → 蜜猫文庫(女性向けアダルト?)
イースト・プレス → ソーニャ文庫(女性向けアダルト?)
キルタイムコミュニケーション → 二次元ドリーム(アダルト)
コスミック出版 → マリーローズ文庫(女性向けアダルト?)
パラダイム → ぷちぱら文庫(アダルト)
フランス書院 → フランス書院(アダルト)
プランタン出版 → プランタン出版(女性向けアダルト?)

以上が(たぶん)アダルト。
実に出版社数で約44%、冊数で約52%。
半数以上がアダルトじゃねーか!

お、おぅ……。
いやまぁ、別にいいんですけどね……。


あと、一応私の主目的であったコミックの方も一通り見てみたんですが……。
こちらも、お、おぅ……って感じでしたね……。
なんつーか、なんかの待ち時間とかでホントに何もやることがなければ読むかな……くらいのラインナップ。
あとmusicの時も思ったけど、検索性というかザッピングがめっちゃしづらい。
普通のAmazonのページはそうでもないのに、どうしてこうなった……。

総じて今んとこ、このままだったら継続はないかな……って感じですかね。
Kindle Unlimitedで日本の出版業界が危ないとかいう話もありましたが、これならあんま影響ないんじゃね? とすら思うレベル。
まーでも今後ラインナップが充実してきたら(色んな意味で)どうなるかわからん、って感じですかね。

まぁとりあえず言えることは、Kindle Unlimitedの開始によって私の今日のブログ更新にかかった時間が久々に結構なもんになったということだな!
ライトノベルの出版社、一応知らんとこ(ていうかほとんど知らなかったけど)ちゃんと一社一社調べたんやで……。
最初はちょろっと触れる程度のつもりだったのに、どうしてこうなった……。
スポンサーサイト

コメント

1. 電子書籍扱いのラノベ雑感

はむばね氏の今夜の記事、読んでいて作家さんの立場から
見ると哀しいのではないかと思います。
ただ、読者側視点で見ると「ああやっぱり」と感じます。

つまり、フランス書院系アダルトノベルは、書店で買ったり
試し読みするにはハードルが高いので電子書籍で済ませたい
訳です。私は書店で読むし買いますがw

逆に全年齢ラノベ、しかも有名作品なら手許に置いて気の済む
まで読めるし、出先まで読みたい時に電子書籍で買えば
問題ないのではないでしょうか。

2. 追補

更に付け加えるなら、30日無料に月額980円で読み放題と
いうのは、ラインナップに話題作や有名作品の新刊を並べると
いうのはいかにも無理があると思います。

マンガ、ラノベの賞味期限を決めるのは出版社や売り手なので
買い手や作家さんがどうこう出来ないのはわかってはいるつもり
なのでせめて読者に好い形で受けとめて欲しいものです。

3. れすぽんす

>anokoさん
まー最新作が並ぶとは最初から思っていなかったのですが、流石に昔の作品含めてラノベでいうと電撃・ファンタジア・スニーカーが一冊もなく、少年漫画に至っては四大誌がないどころかそもそも対象が100冊もないというのは「お、おぅ……」という感じでした……。
ガガガ辺りは新しい作品や話題になってる作品も多少は並んでたので、出版社によって大きく対応が異なるのでしょうけれど(割に小学館の漫画は全然見かけなかった気もしますが)。
その辺り、アダルトは取りやすいんですかね……。
なんにせよ、現状からだと相当漫画のラインナップ拡充してくれないと個人的に継続はないかなーって感じでしたねー。
本文中にも書いた通り、ラノベは端からこれで読む気はないので正直(読者の立場としては)どちらでも良いのですけれど。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://hamubane.blog.fc2.com/tb.php/4474-a76bf75b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | ホーム |  »

プロフィール

hamubane

Author:hamubane

たぶんライトノベル作家的なもの


Twitter

既刊情報

上の方は絶版じゃないよ!

お助けキャラに彼女がいるわけないじゃないですか2 (ファンタジア文庫)

最新コメント

最新記事

カレンダー

06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR